« ラーメン:越後来々軒と温泉 | トップページ | 写真:82年12月東京へ(続き) »

2005年7月20日 (水)

F編成代走+250円のいなほ

 こんにちは。
 今日(19日)は東京へ出張でした。行き帰りのルート
としては白新線、上越新幹線、山手線または京浜東北線
だけだったのですが、いきなり200系F編成に乗れてしまう
などしてしまいました。

 行き:豊栄→新潟  115系
    新潟→東京  200系 F8編成
    東京→最寄駅 209系

 帰り 最寄駅→東京 E231系
    東京 →新潟 E1系
    新潟 →豊栄 485系

 朝、新潟6:38着の普通列車に乗っていると、新潟駅の
手前で新幹線回送線を行く緑帯の200系が見えました。乗る
予定の「MAXとき304号」は文字通りMAXですが、この普通
列車と304号の回送の併走はいつもの見られるので、もしや
とは思いましたが、新幹線ホームに上がったらやはりでし
た。時刻表を見てみたら今日を含む2ヶ月半ほどの期間が
MAXではない「とき304号」での運転になっており、もしか
するとE1系がリニューアル改造に入っているのかもしれま
せん(となればE1系旧カラーは消滅かも)。

P1000772_1

 ↑ 「とき304号」 100系顔のF8編成

 200系緑帯編成は被写体としては来てほしい編成ですが、
乗るとなるとシートピッチが狭かったり3列シートの一部が
後ろ向きだったりと今となってはちょっとつらい編成。ただ
100系顔の編成だったので改造車の可能性が高い1号車に
向かったら3列シートも全て前を向いていました。
 最近は上越新幹線ではMAXに乗ることが多いので、リニュ
ーアル編成でも同じですが、200系だと風景が低く(という
より防音壁が高く)感じます。
 燕三条~長岡で長岡始発の「とき491号」とすれ違いまし
たが、あちらも緑帯編成。一瞬ですが緑帯編成同士がすれ
違いました。

 帰りは新潟駅で白新線を待つのなら東京で時間をつぶそう
と時刻表を調べてみたら、直後の新幹線だと新潟駅で30分
以上待つことになることがわかりました。では、その次では
と思って調べると新潟駅からの接続列車が「いなほ」でした。
「いなほ」に乗らないとやはり新潟駅で30分待つことに。と
いってそれより遅くすると帰りの時間も遅くなるので、結局
「いなほ」に乗ることにしました。
 新潟→豊栄の自由席特急券は500円。12分の乗車時間にして
は勿体無い気もしましたが、新幹線特急券と一緒に買えば
乗継割引で半額になることに気づき、新幹線に乗る前に新幹
線特急券と一緒に買ってしまいました。結局、新潟→豊栄を
250円の自由席特急券で「いなほ」に乗れました。同じ485系
を使用している「らくらくトレイン村上」の乗車整理券は300
円なので、それより安いことになります。新幹線の乗り継ぎ
の時なら今後も乗るかもしれません。

P1000810_1

 ↑ 「いなほ13号」 ヘッドマークのLマークは隠されてます

P1000813_1

 ↑ 12分間の乗車のための自由席特急券。すでに検札が

 豊栄駅では20人ほどの人が下車しました。その後の普通列車
まで時間がある影響かもしれませんが、短距離の利用者も多い
ようです。

|

« ラーメン:越後来々軒と温泉 | トップページ | 写真:82年12月東京へ(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F編成代走+250円のいなほ:

« ラーメン:越後来々軒と温泉 | トップページ | 写真:82年12月東京へ(続き) »