« 雪・圧雪・凍結 | トップページ | 消雪パイプ »

2006年2月 3日 (金)

風雪、凍結

 今日の予報は暴風雪。久しぶりに朝の出発が早い
かと思っていましたが、朝はそれほどでもなく、通常
より5分程度早く出ただけでした。

 しかし風雪の予報は外れではなく、昼前から降り
出した雪が午後から吹雪混じりに。
 帰宅時は雪は止んでいましたが凍結状態。会社の
駐車場に車を置く時は運転席側が海側になるので、
海風で冷やされたドアはベリという音とともに開きま
した。車に付いている外気温の温度計は「-3度」で、
道路凍結は確実に。

 1月24日「雪・圧雪・凍結」とは逆に今度は会社前の
道から国道へ。やはり国道は雪がないと思いました
が渋滞。ガソリンを入れたかったものの、混んでいる
道から一度逸れると戻るのが大変そう。ましてや路面
状況からしてゆっくり出ないと車がクルッと滑るのは
確実。そんな時、走ってきた車も止まれない。そんな
ことを想像してしまい、ガソリンは後でということに。

 渋滞はどうやら新新バイパスのインターから続いて
いる、つまりバイパスも混んでいると思ったので、バイ
パスより1本海寄りを走っている国道へ曲がりました。
曲がった途端、その道がアスファルト色のまま路面
が光っていることに気づきました。最悪の路面である
ブラックアイスバーンです。そこにところにより道路
横の雪が地吹雪となって道路に入ってきていました。
さらに車自身も横風を受けている感じ。万が一のこと
があってはと30km/h走行となりました。何度か交差
店を曲がりましたが、1月24日の記憶もあり、ゆっくり
と曲がりました。まるで教習所の第1段階の時のよう。

 そんな感じにバイパスをバイパス?でき、いつもの
通りへ。海から離れれば、海風の影響が少しは減り、
ちょっとはマシかと思っていたら、変わったのは気温
が1度上がり-2度になったことぐらい。ブラックアイス
バーンは続いていました。その関係でゆっくり走って
いることもあり、やたらに信号にひっかかります。
その度にブレーキが心配。幸い止まることはできま
したが、横滑りしているのも感じました。

 平らな道でさえ心配なのにこの先に難関が。白新
線を越える坂があります。登る方はそんなに心配
ではなかった(それでも途中で止まってしまったら、
4WDでも滑ったかも)のですが、問題は降りる方。
悪いことに坂を下りたところに交差点があります。
今日は交差点の信号から坂の上まで車がつなが
っていたため、坂の上で止まり、あとは前の車の
後ろをゆっくりと降りていきました。ちなみに渋滞の
原因は交差点手前の右折レーンにいた車で、斜め
を向いていました。

 無事に坂を降り、アパート前の道へ。なんとか
帰宅できました。アパートに入る時、交差点でない
ところでウィンカーを出して一旦止まるわけなので、
ぴったり後ろにくっついてくる車がいないことを祈っ
ていました。幸い、今日はいなかったです。

 結局、横道に逸れるのも嫌だったのでガソリンも
入れず、寄り道して食事することもしませんでした。
食事は車を置いてから歩いていきましたが。

 ちなみに帰宅にかかった時間は45分(通常は20
分以内)でした。

p10505171

  ↑ 路面凍結はわかりにくいかも

|

« 雪・圧雪・凍結 | トップページ | 消雪パイプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風雪、凍結:

« 雪・圧雪・凍結 | トップページ | 消雪パイプ »