« 出雲 | トップページ | コンサート会場までの足 »

2006年3月20日 (月)

23年ぶりの風景

 週末は長野にいました。

 長野は以前、祖母が住んでいた地、子供の頃は夏休み
に祖母宅に遊びに行ったものですが、それも20年以上も
前の話。その後は長野には行くことはあったものの、
子供の頃訪れたあたりはずっと行っていませんでした。

 今回は19日のお昼に時間があったため、その場所に
行ってみることにしました。その場所は県庁の近くと
いう記憶があったので県庁付近に行ってみると、大通り
の標識にかつて訪れていた場所の地名が。その標識の
あたりから細い道に入っていくと、しばらくして長野商業
高校へ。近くに商業高校があったのは覚えていたので、
高校の横を抜けていくと旭山を背後にした懐かしい風景
が現れました。たぶん23年ぶりになるかと思います。
ちなみに子供の頃は車で祖母宅に直接向かい、帰りも
車で帰るだけ。長野市のどのあたりかということは県庁
の近くということと旭山という山があること以外は知らず、
実は今回初めて知りました。

 懐かしい風景が現れたところで、まずはそこから旭山
の方に向かったところにある川へ。こちらにはかつて
(たぶん25年以上前になるかと)吊橋があり、吊橋に
遊びに行くのも楽しみでした。最後の頃は吊橋は普通の
橋に架け替えられていた記憶があります。

 川に向かう道は細い川に沿った細い道で、それはほぼ
記憶のままでした。ただ、記憶と違ったところは、その
細い川が別な川に一旦合流してから、その別な川が吊橋
の川(裾花川という名前であることを今回初めて知りま
した)に合流すると思っていたことで、それは記憶違い
だったようで、細い川がそのまま裾花川に合流していま
した。その裾花川も当時のイメージと異なり荒々しい川
でした。旭山の麓はこの川でかなり削られているよう
にも見えました。

p10600051

  ↑ 道の突き当たり付近で

 

p10600081

  ↑ そこから下流方向

 

p10600121

  ↑ 下流方向から最初の地点方向を

 

 もう1つ記憶と違ったのが橋のあった場所で、今来た
道をまっすぐ来て裾花川とぶつかった場所に橋があると
思っていたら、橋はそこになく、そこからやや上流方向
に見えました。記憶にある発電所も見えたので、たぶん
橋の位置は昔から違いはないと思います。ただ、護岸
工事も行なわれたようで、実際、当時とは川の形状も
変わっているかもしれません。今回は時間もなく橋まで
は行けませんでした。

p10600011

  ↑ 上流方向の発電所

 

p10600021

 

 この後、来た道を戻ることに。道に沿った細い川が
裾花川が近づくに連れ深く(道路が高くなっている?)
なっていくという記憶のままの風景がありました。
(戻り道の場合はだんだん浅くなっていくのですが)

p10600151

  ↑ 下の写真より川が深い

 

p10600171

  ↑ 旭山は印象強く記憶に残ってます

 

 最後に祖母宅に遊びに行った時のもう1つの遊び場
だった近くの神社へ。ここの神社には遊具があって、
ここでよく遊んでいたと思います。思うというのは、
来る途中にもう1つ別な神社があり、そこには大きな
滑り台が。その滑り台も覚えているようなないような。
もしかするとどちらでも遊んでいたのかもしれません。

p10600221

p10600231

 

 この後、ビッグハットに行ったのですが、ビッグ
ハットという最近知った場所、長野駅のように前から
あるものの、当時とすっかり風景が変わってしまった
場所、そして23年ぶりに眺める懐かしさを感じる風景、
同じ長野でも印象が違うことに気づきました。
 裾花川の橋は訪れてみたいです。

p10600291

|

« 出雲 | トップページ | コンサート会場までの足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 23年ぶりの風景:

« 出雲 | トップページ | コンサート会場までの足 »