« あゆの地元福岡へ | トップページ | 蒲原鉄道村松付近跡 »

2006年4月 4日 (火)

福岡の103系

 今回の福岡遠征、移動距離にしてみるとかなりの距離
であるものの、飛行機利用だったし、新潟、福岡とも空港
からの移動距離がそれほどなかったので鉄道の登場が
わずかでした。実際、白新線と福岡地下鉄しか乗って
いません。

 そんなわけで鉄道の話題はないかなと思っていたら、
帰りに博多から福岡空港まで乗った地下鉄の車両がJR
からの乗り入れの103系でした。
 JR東日本からは3月で103系がなくなり、残りの多数は
JR西日本ですが、ここ福岡にも103系が残っています。
でも形式は103系ではあるものの顔は105系、107系、
119系に近いもの。製造時期の主流?の顔つきなのかも
しれませんね。

P10601961

P10601971

 
 この103系、登場時は水色に白帯でしたが、今は赤い
顔になっています。先頭の塗り分に違いがあることは
初めて知りました。

P10601981

 

 せっかくなので地下鉄車両も撮影。

P10601951

 

 地下鉄と直通運転しているJR筑肥線には、直通運転
区間ではないですが「浜崎」という駅があります。以前、
入場券を買いに行ったことがあります。
(美咲が丘なんていう駅もあるんですね)

P10601821

|

« あゆの地元福岡へ | トップページ | 蒲原鉄道村松付近跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡の103系:

« あゆの地元福岡へ | トップページ | 蒲原鉄道村松付近跡 »