« 吉田駅、3色の115系の並び | トップページ | 北越急行HK100、新潟へ »

2006年8月 5日 (土)

長岡まつり・世界の花火ショー

 例年、8月2日と3日に行なわれている長岡まつり花火大会、
今年は長岡市市制100周年ということで、2日、3日の他に
昨日4日にも花火大会がありました。
 可能な限り毎年休暇を取ってどちらか1日花火を見に行って
いるのですが、今年は2日、3日はアウト、4日に行ってきま
した。

 4日は世界の花火ショーという内容で、毎年行なわれている
2日、3日の花火とは内容が異なるものでした。
 今回はアメリカ、中国、韓国の花火師も参加し、この3ヶ国
の花火が順に打ち上げられ、その間にも長岡の単発花火が
打ち上がっていたのですが、花火ショーとしての長岡の花火
は最後に打ち上げとなり、そしてその中でも大トリはやはり
正三尺玉でした。

P10009531

  ↑ 正三尺玉

 

 長岡市制100周年ということで1日多くなった花火大会です
が、もう1つ大きなことがあります。ずっと長岡まつりの花火
を作ってきていた嘉瀬さん(嘉瀬煙火工業)という長岡の
花火師さんが今回で引退。来年からは別なところで作るよう
なので花火自体は続きますが、長岡の花火の1つの区切り
の年にもなったようです。

 今日は正三尺玉が2発連続で打ち上がる(と言っても1発が
消えてからもう1発)という今までにないことがあったのですが、
そのことを知らず1発目の打ち上げで周辺の人達も帰り支度
を始めてしまい、2発目が打ち上がった時はみなさん慌てて
いたようでした。
 というわけで上の写真は嘉瀬さん最後となる2発目の正三尺
玉ではなく1発目の方です。

 長岡からの帰りは2本運転された新潟行き快速「三尺玉1号」
と「三尺玉3号」のうちの3号の方で帰ってきました。1号は485系
3000番代6両、3号は485系3000番代8両でした。夏の多客輸送
対応で1ユニット追加した8両が存在しているようです。
 ホームには「三尺玉号」の案内がしっかりとぶら下がっていま
した。使われなくなった案内の上に紙で貼ってあるようなことは
ありそうですが、「三尺玉号」の案内は年に2日(今年は3日)
しか運転されない列車でありながら、ちゃんとした案内がぶら
下がっていました。

P10009621

P10009651

  ↑ 8号車です

 

 混雑していた1号に比べると3号は空いていたので新潟まで
ゆったりと帰ってくることができました。行きが快速「くびき野」
だったので往復とも485系でした。

|

« 吉田駅、3色の115系の並び | トップページ | 北越急行HK100、新潟へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/11271833

この記事へのトラックバック一覧です: 長岡まつり・世界の花火ショー:

« 吉田駅、3色の115系の並び | トップページ | 北越急行HK100、新潟へ »