« 今年最後のイルクーツク便 | トップページ | 朝の貨物と珍客? »

2006年9月12日 (火)

この夏最後の大地の芸術祭号

 7月23日から週末に運転されていた「快速ほくほく大地の芸術
祭号」が先週末で運転終了となりました。
 最初の週末は高崎の115系で運転、その後の2週間は新潟の
485系で運転され、全く予期していなかった国鉄色編成の登場と
なりましたが、お盆明け以降は再び高崎の115系での運転と
なったようです。考えてみたら全ての運転日が国鉄色編成で
運転されていました。

 9日の朝、越後石山でEF64とEF81を撮影後、越後石山と新潟
車両センターの間でこの115系を撮影しました。

P10108941

 

 ほとんどの普通列車が115系で、かつては湘南色も珍しくは
なかった新潟地区でも今は湘南色は目立ちます。ダイヤ情報
によると、お盆明けの115系運転初日に新潟へ回送されてきた
編成がずっと帰らずに残っていたみたいです。4週間ほどの間、
高崎地区から115系が1本減っていたわけですが、もしかすると
E231系の影響等により余裕が出た211系によって115系にも余裕
ができてしまったのでしょうか。このまま余裕があれば、今後も
こういう列車が運転される時に、また新潟地区で湘南色115系が
見られるかもしれないです。ただ、首都圏の車両の動きにより、
今、115系が走っているところにも影響が出てしまうと余裕では
なくなってしまうかもしれません。
 新潟で211系も見てみたい気もしますが・・・。

 ちなみに写真に写っている右側に分岐していく線路が東新潟
への貨物線。115系の後方にはわかりにくいですが浪漫が写って
います。

|

« 今年最後のイルクーツク便 | トップページ | 朝の貨物と珍客? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この夏最後の大地の芸術祭号:

« 今年最後のイルクーツク便 | トップページ | 朝の貨物と珍客? »