« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

電球?

 巨大電球点灯!

P10205841

 

・・・では、もちろんありません。新潟空港管制塔と夕日です。

 阿賀野川河口に飛行機撮影で来ている人達が、着陸機が来る
方向と全く逆方向を向いてこのシーンを撮っていたので、一緒に
撮影してみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EF81で珍記録?

 今朝も朝の貨物を撮りに出かけました。

 新津~越後石山は線路が南北に走っていて、下り列車は北
に向かう関係で晴れると撮りにくいため、地図を見て、線路が
南西から北東を向いている加茂付近まで行ってみることに。
EF64-1000重連の3881レは加茂付近通過が6:20頃となるため、
加茂で撮るなら今のうちに(もうすぐ撮影不可の季節に)とも
思いました。
 光線状態は・・・、こんな日に限って曇りだったりします。

 場所は加茂~羽生田の加茂寄りの場所で、以前、下り列車
(または上りの後追い)に限り1~2人で撮影できる空間を見つ
けていたので、そちらに行ってみることに。

 到着してまもなく、「ばんえつ物語」回送用のEF64-1053が
通過(単8421)しました。

P10205561

 

 普通列車が1本通過後、3881レが通過。今日はEF64-1045
+EF64-1018の更新色の組み合わせ。原色は見れずでした。
ここのところ原色が遠ざかっています。

P10205591

P10205601

 
 ちなみにこの場所に写っている盛土ですが、蒲原鉄道跡です。
1年程前、加茂付近の廃線跡を見に行った時にこの場所を知り、
信越本線が直線からカーブに入る位置であり、直線の突当たり
から撮ることができそうだったので、撮りに行ってみたかった
場所でした。

 今日はEF64-1000重連よりも、この後のEF81で珍記録?が
できてしまいました。
 まず、3881レを新津で追い抜く4059レ。白い帯が見えたので、
また白帯か、と思いながらも、やってきたEF81-26を撮影。
実はこれを撮った時、後方からもEF81の音が聞こえ、もう少し
で被られるところでした。

P10205611

 

 25分後、4071レが通過。白帯なしローズピンクのEF81-31が
やってきました。

P10205631

 

 さらに20分後、羽越線直通の4053レが通過。今度は赤いEF
81-77がやってきました。

P10205651

 

 そして15分後、同じく羽越線直通の4075レが見えてきたのです
が、なんか白いのが接近。一瞬、EF64-1000の更新機に見えま
したが、羽越線直通でそれはありえない。よく見たら貨物塗装の
EF81-500(EF81-502)でした。

P10205681

 

 約1時間の間に4本のEF81の貨物が来たのですが、4本全ての
81の塗装が異なり、しかもダブリなしという、ある意味珍記録が
できてしまいました。

 それにしても、この時間、15分~30分間隔で貨物が来るので
64、81狙いには良い時間帯のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

大韓航空777-300、新潟に

 今日18時に大韓航空のB747が新潟空港にチャーター機として
来るという情報があったので、定時あがって空港に向かいまし
た。

 いつもの土手に行ってみようか、空港に直行しようか迷って
いましたが、17時半頃はまだ何とか明るかったのが、17:50頃
にはもはや土手での撮影は不可能な暗さに。さらに渋滞があり、
時間的にも土手で着陸を撮るのには間にあわない時間になって
いました。
 そんなことで空港に直行することにしましたが、土手近くの
阿賀野川の橋を渡っている時に、空港の向こう側に明らかに
飛行機らしい光が見え、しだいに低くなっていくのがわかりま
した。土手から見て反対側からの着陸だったので、結局は土手
では着陸は撮れなかったことになります。

 空港に到着し、デッキに上がる途中で大韓航空の機体が見え、
明らかに普段は見ることができない巨大な機体が見えましたが、
2階席があるB747のずんぐりとしたスタイルではなさそう。デッキ
に着くとすぐに「777-300」という声が聞こえてきました(767、777
になると滅多に見ないこともあり、すぐには判別できません)。

P10205051

 

 8月に新潟でB747を見た時も巨大さを感じましたが、B777-300
も巨大で、特に全長が長いことを感じます。-300だとB747よりも
長いようです。
 暗い時間帯ということで空港の照明を利用して撮りましたが、
このぐらいだと、さすがにピンボケしてしまうこともあるようで、
何枚も同じ写真を撮ってみました。やはりピントが合っていない
いないのも多かったです。

 出発は19時とのことでしたがなかなか動き出しません。出発
しないうちにソウルからの定期便が到着し、大韓航空のB777-
300とB737(-900?)が並びました。

P10205321

 

 19:20頃に動き出したので再び撮影開始。ただ、照明の範囲
から出てしまうと撮影がかなり困難になりました。さすがに
シャッタースピード1秒だと無理があるようで、こちらの写真は
1/3秒で何とか撮っています。

P10205421

 

 滑走路を離陸に向けて動き出した時、明らかに普段聞けない
音であることがわかりました。
 明るさ的に無理とわかっていながらもシャッタースピード1/2
秒で流し気味に撮影。機体も空港のランプも流れてしまいまし
た。

P10205491

 

 明日も大韓航空のチャーター機が来るようです。今度はB747
かまたもB777か。どちらでも新潟では貴重です。できれば早着
して、17時半前に来てもらえると撮りやすそうです。と勝手に
思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

10年前の宮崎空港駅

 最近、こちらのブログの話題は鉄道と飛行機が半々ぐらいの
比率になってきましたが、何回か書いたように1年前は飛行機
は(拒否してしまい)全く乗れない乗り物でした。

 そういうこともあり、飛行機に乗ることができなかった頃の
2004年12月の羽田空港の写真(本ブログ2006年7月14日掲載)
は、ある意味貴重なのですが、アルバムを見ていたらもっと
前の飛行機写真が出てきました。それも鉄道との共演です。

Ec485019291

 

 1996年8月12日、宮崎空港駅で撮影した写真で、ANA(という
より全日空というべきか)のB747とJR九州の485系が一緒に
写っています。○○空港駅は全国にいくつかありますが、鉄道
が地下にあったりと、鉄道と飛行機が並ぶシーンはなかなか
見られないようです。

 フェンス等ができてなくて、今もこのままであれば、鉄道、
飛行機とも撮影できそうな駅です。いつかはわからないものの、
南九州訪問の機会があれば行ってみたい駅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

栃尾駅跡のバス営業所

 土曜日の続きです。

 栃尾まで来たので、かつては越後交通栃尾線の栃尾駅だった
栃尾営業所に行ってみることに。初めてなので場所がわからな
かったものの、こんな時、ナビが威力を発揮しました。

 無事に栃尾営業所に到着しましたが、どうも車を停めておく
ところがなさそう。仕方ないので車の中から写真を撮っていたら、
ちょうどバスが来てしまったので一旦移動することにしました。

 こちらが車の中から撮った写真です。営業所の建物は当時
の駅舎とのことなので、ここは廃線跡であるわけなのですが、
ここにどのように線路が敷かれ、どんな風に列車がいたのか
想像もできません。

P10204331

 

 建物と反対側を見るとバスが4台。何となく懐かしさを感じる
バスが停まっていました。特に左端の元観光バスカラーの5E
には注目してしまいましたが、ここで後ろにバスが来てしまい
移動することに。

P10204341

 

 移動後、グルッと近くを周ってきてから再び戻り、今度は何
とか車を停めることができました。ちょうど先程の5Eが営業所
の方に移動しており、しばらくして発車。

P10204421

 

 他にも元観光バスカラーの7Eもいましたが、バスそのものだけ
でなく、旧駅舎を使用した、どこか落ち着いた感じのバス営業所
になんか懐かしさを感じてしまいました。

P10204401

 
 あまり車も置いておけそうもなかったので、ここまでにして移動
しましたが、途中で違う道を経由してきた先程の5Eが目の前に
現れ、しばらく後ろをくっついていくことになってしまいました。

 栃尾からは国道290号線経由でうちの方に戻りましたが、以前
に発見し、この日、只見線に向かう時にも目にした風景を何とか
撮影することができました。
 それはこちらです。

P10204471

 

 国道290号線沿いに越後交通のバスの廃車体が2台、もはや
埋もれたと言ってもいいような状態で置かれています。以前発見
した時に撮りたかったのですが、やはり国道だけあって車もそこ
そこ通り、退避する場所もなかったので、その時は諦めました。
今回は後続の車がいなかったので何とか撮ることができました。
 しかし、何のために置いたのでしょうね。奇妙な風景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

守門の保存SLと栃尾油揚

 土曜日の只見線での急行「奥只見」撮影後、気になる場所が
あったので行ってみました。

 その場所は只見線沿いの国道から国道290号線を栃尾方面に
向かい、しばらく行ったところにある守門温泉青雲館というところ。
290号線からその場所に入るところに「SLランド」という案内が見え
ます。その名の通り青雲館の建物横にはSLと客車が保存されて
います。

 ここを訪れるのは2年前の5月か6月以来2回目、実のところ特別、
この車両や形式に縁があるわけではないのですが、前回の訪問後
に中越地震が起きており、その後、何回もあった震度6や震度5の
余震に守門の地名もあったため、あの車両達はと気にしていました。

 行ってみたら、2年前と同じ場所にSL(29657)と客車(オロネ10
2085とオロネ10 2083)はちゃんと残っていました。

P10204171

P10204221

 
 保存状態は元々あまりよくなかったのですが、貴重な保存車両
でもあるので無事でよかったです。
 扉からデッキの中までは入ることができ、SL側のオロネ10 2085
の方はガラス越しに車内を覗くことができます。

P10204241

 

 オロネ10 2083の方は妻面の表記が見え、「49-7 新津車管」と
あります。いつからこの場所にいるかはわかりませんが、車両
自身は昭和50年頃に廃車になったのではないかと思われます。

P10204281

 

 せっかくの温泉だったので入ってから、290号線を栃尾へと向かい
ました。昼食は道の駅とちおで栃尾名物あぶらげ(油揚)を食べる
ことに。食べたのは油揚定食。写真のようにあぶらげがおかずです。
一見、重そうですが、カラッとしていてあっという間に食べ終わって
しまいました。さすが名物となっているだけあります。

P10204291_1

 

 栃尾(今は長岡市になっているため、市町村名での栃尾は出てき
ません)は鉄道路線から外れているため、公共交通はバスのみと
なりますが、このあぶらげは食べに行く価値はあるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

トワイライトエクスプレスを撮影

 16日に新津駅で「トワイライトエクスプレス」(の車両を使用した
臨時)を目撃しましたが、23日も同じダイヤで走ることがわかった
ので、3881レの後、撮影に向かいました。

 「トワイライトエクスプレス」は羽越本線の京ヶ瀬に7:34に到着し
20分程停車するダイヤになっていたため、7時頃の3881レの通過
後の移動となると京ヶ瀬より新発田側に移動するのは難しそう。
ということで京ヶ瀬に向かいました。
 駅撮りするつもりでしたが、京ヶ瀬のすぐ下り方に撮れそうな
場所があったのでそちらで待ちました。
 115系の新津行き普通が1本通過してから10分程して、トワイ
ライトカラーのEF81に牽引された「トワイライトエクスプレス」が
見えてきました。

P10203761

 

 京ヶ瀬では6月に寝台特急の「トワイライトエクスプレス」と
「日本海3号」の交換を撮影していますが(本ブログ6月4日掲載)、
日の長い6月でもさすがにやや薄暗い時刻だったので、うちの近く
の地域でこの車両をこれほど明るい時間に見るのは初めてでした。

 後方は京ヶ瀬停車中に撮影できました。

P10203941

 

 20分停車ともなると、単線ということもあり、先程の115系の戻り
が来ることが予想できましたが、踏切が鳴りカメラを構えていたら、
来たのはEF81の貨物。それもヒサシ付の元長岡機142号機でした。

P10203961

 

 この貨物の通過後、すぐにまた踏切が鳴り、予想通り115系が
やってきました。新潟ではごく普通に見ることができる115系です
が、新津~新発田は電化区間でありながら電車は1日に2往復しか
通りません。ある意味貴重な列車です。

P10203971

 

 115系が通り過ぎるのとほぼ同時に「トワイライトエクスプレス」
は新津へ向かって発車していきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

ツポレフ、急旋回の着陸

 今日も午後はウラジオストク便を見るために空港横の土手へ。
時刻表の到着時刻の40分ぐらい前に到着し、すっかり顔なじみに
なった人達と喋っていました。

 どの空港でも天候、風向きにより離着陸の向きが変わり、新潟
空港の場合も土手(阿賀野川)の方から着陸(離陸)する日、浜の
方から着陸(離陸)する日があることは、何回かこちらでも触れて
いますが、土手の方から着陸する日でも、日本海から陸地上空に
入る位置が場合によって変わるようです。札幌からの便に乗った
時に空港よりだいぶ北の位置で陸地上空に入り、新発田付近の
風景が機内から見えたということもあるし、白新線で撮影していた
ら上を飛行機が飛んでいったということもあります。このコース
だと土手から見ていると一見、山の方から飛んできたようにも
見えます。

 今日はこのコースではなく、空港の目の前の海上を通過し(土手
からも一旦、目の前を通過していくところを発見)、目で見える
位置で急旋回し空港に向かって降りてきました。今日はすっきりと
した青空だったこともあり、この状況がしっかりと確認できてしまい
ました。かなりの急旋回をしたようです。

P10204511

  ↑ 上の方にいます(左が空港)

 

P10204551

P10204561

P10204581

P10204611 

P10204621

 

 降りてきたのはTu-154MのRA-85710。この機体を見るのはこれ
で3回目です。

 離陸まで1時間半ぐらいありましたが、やはり離陸シーンも見た
かったので、土手の人達と喋ったり、上空の飛行機を見たりして
いました。今日も上空はよく見えたものの、飛行機雲がなかった
ので見つけにくかったです。

P1020473_1

  ↑ JALのB747(トリミング済)

 
 離陸は10分程度遅れ、その前に札幌からの便が降りてきました
が、やはり目で見える位置で旋回してきました。
 今日の場合、離陸は後方から見るということになりますが、空港
の空気が震えるような音を響かせながら離陸していく154の姿は
後方からの方がいいかもしれません。

P10204871

 

 逆光になってしまうものの、離陸後もしばらく姿が見え続けまし
た。

P10204901

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3881レ、更新色続く

 土曜朝の64撮影が続いています。今月に入ってから毎週なので、
今月の土曜日は毎週5時~5時半起きしていたいうことになります。

 ただ、原色との巡り合わせが悪くなってきたようで、今回も更新
色の1027+1010。号機からすると毎週、同じ車両が来ているわけ
ではなさそうです。

P10203701

  ↑ 信越本線 さつき野~荻川

 もう1つ、全体的に北に向かっている新津~新潟での逆光が
つらいところ。この場所は以前も撮っていますが、反対側は家が
できており、こちら側のような道がないので入ることができま
せん。
 地図で見てみると東新潟は順光になりそうなものの、はたして
撮ることができる位置に入ってくるかどうか・・・、一度確認して
みるのもいいかもしれませんね。

 午前7時となると、冬っぽいどんよりとした天気になると撮影は
難しくなりそうです。10月までが狙い目かもしれません。

 と言いつつ、今日は、起きることができなかったです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

急行「奥只見」、ようやく

 急行「奥只見」を撮影してきました。前回は大雨の影響で中止、
今日はその分、すっきりとした晴れでしたが暑かったです。

 只見線の場合、先行列車で先回りして撮影するということが
本数的になかなか難しいので今回は車で出かけました。車の場合、
国道290号線を行けば入広瀬のあたりに行けるし、国道49号線を
行けば会津坂下のあたりに行けます。距離的にもあまり差がない
ので迷いましたが、結局は290号線を行くことに。

 撮影場所は魚沼田中~越後須原の鉄橋。後追い撮影になって
しまうものの、ちょうど道路沿いに休憩所があり、車も置けるように
なっていたのでこの場所に決めました。
 心配だったのは太陽の位置で、天気がよかっただけに逆に気に
なったのですが、どうも列車の真後ろに太陽がくる感じ。最悪、頭
(後方)だけが明るく写ってしまうことを気にしながら、何回かその
場所を列車なしで撮影してみました。本数のある路線だと事前に
1、2本試し撮りができるのですが、只見線はこれができないのが
つらいところです。
 結局、最後は一発勝負で撮りました。ちょっと明るすぎたかも。

P10204081

P10204091

  ↑ 急行「奥只見」 只見線 魚沼田中~越後須原

 

 種別はちゃんと「急行」になっていました。

 ひとまず過去2回延期となっていた急行「奥只見」をようやく見る
ことができてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

64の過去のシーン

 EF64の古い写真をスキャンしてみました。撮影する回数や1回
あたりの撮影枚数が少なかったので、古い時代のはそれほど多く
なかったです。

 まずは1984年8月14日(子供の頃、コンパクトカメラで撮った
写真には日にちが入っています)の1038号機。

El64001341

  ↑ 信越本線 北長岡

 

 続いて1984年12月10日の1033号機です。

El64001851

  ↑ 信越本線 北長岡~押切

 

 どちらも現在、高崎所属で残っているようで、最近の写真の
中に1038号機が写っていました。まだ原色で残っていますが、
ナンバーが青いので、この時代とはスタイルが若干変わっている
ようです。コキフがすぐ後ろに連結された編成は今は見られない
懐かしい編成です。

 こちらはJRになったばかりの1987年4月26日に長岡運転所の
公開があり、その日に撮った1029号機で、この号機はその後廃車
になってしまったようです。

El6481003121

  ↑ 長岡運転所

 

 国鉄時代やJRになったばかりの頃の写真はこのぐらいしか
なく、今度は2001年と最近になります。2001年10月27日にEF55と
EF64が14系を牽引してしなの鉄道を軽井沢まで入線した時の写真
です。戻りは見ることができなかったですが、EF64を篠ノ井側に
連結して戻ったのかと思います。

El5564044071

  ↑ しなの鉄道 中軽井沢~軽井沢

 

 最後は2002年5月20日に常磐線カラーのE231系を牽引してきた
1031号機と、ゆとりを牽引してきた1001号機を湯檜曽で撮影した
写真です。両方ともホーム通過時の写真ですが、ループの上を
通過している写真もあります。湯檜曽のループを越える通勤型
車両はなかなかなシーンでした。

El64046471

El64046501

  ↑ 上越線 湯檜曽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

架空のB747

 B747にシベリア航空の塗装、どんなイメージになるのか想像
ついでに昨日の真っ白なB747を塗ってみました。

P10202211_1

P10202261

 

 形が違うとはいえ飛行機同士。そんなに違和感は感じなかった
です。しかし窓が多いです。
 エアバスやボーイングの小型機がこの塗装になることは、今後
あるかもしれませんが、さすがにジャンボはないかなって思って
しまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

成田空港で撮影

 17日日曜日は成田の航空科学博物館から離着陸する飛行機を
撮影しました。

 撮影場所に到着してまず最初に見えたのが真っ白なB747。別な
航空会社へ売却するかなにかで塗装を落としたのかと思いますが、
新潟でキュウリと呼ばれていたシベリア航空の緑のTu-154M塗装
になったら、まるでヘチマのようになってしまうかも・・・。

P10202211

 

 ここからはひっきりなしに離着陸する便を撮り続けました。全部
をこちらに載せるわけにはいかないので一部を紹介します。
 最初にやってきたのがアエロフロートのB767。アエロフロートは
ロシアの航空会社ですが、ボーイングを使用している便もあるよう
です。しかし、最初にロシアからの便を撮ってしまうとは、なんか
ロシア縁があります。

P10202241_1

 

 この時間は離陸機が多かったようで、1機、離陸すると数分間は
次が離陸できないので渋滞が起こっていました。写真は2機だけ
ですが、5機ぐらい並んだ時もありました。新潟では見ることができ
ない光景です。

P10202321

 

 ツポレフ154のおかげでエンジンが3機の機体を注目するように
なってしまいました。やってきたのはフィンランド航空のMD11、
ムーミン塗装。そこへ成田ではやたらにやってくるFedExの貨物
便が。こちらもエンジン3機のMD11。一瞬並びました。

P10202461

P10202481

P10202501

 

 こちらはJALの貨物機。貨物機の窓のないスタイルは珍しく感じ
てしまいます。

P10202561

 

 午後も撮りましたが、風向きが変わったらなんていうことを言って
しまったら本当に向きが変わってしまい、ずっと着陸側だったのが
離陸側になってしまいました。離陸を何枚か撮ってみたものの、
滑走路が長いせいか、かなり高く上がってしまい見上げるような
写真になってしまいました。

P10202921

 

 さらに冗談で、前回の成田撮影時に偶然見ることができたアエロ
フロートの貨物機のことを噂していたらやってきてしまいました。
残念なことに反対側からの着陸。ターミナルに向かうところを望遠
で何とか撮るのがやっとでした。

P10202981

 

 このあたりまで撮り、時間の関係もあったし、雨も降ってきたので
引き上げることにしました。
 新潟はレアな機体が来るものの待ち時間が長いのに対し、成田
は数分おきにやってきます。なかなか飽きないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

455、717、417系撮影

 土曜日にSLで会津若松まで行った後、仙台まで磐越西線、
東北本線経由で向かいましたが、455系などの国鉄車を撮影
しながら行きました。

 まずはSLに接続していた磐越西線の郡山行き臨時快速。
こちらの列車にはクロハ455が連結されており、ロのシートには
座れなかったものの、ボックスではないシートに座ることができ
ました。

P10201371

 

 郡山では後続の定期列車と並びました。

P10201461

 

 郡山にはED75が1両だけパンタを下ろして停まっていましたが、
これがヒサシ付のED75-90。ED75を見るのも久々ですが、ヒサシ
付は数年ぶりかもしれません。以前、何回かED75重連の貨物を
撮ったことがあるものの、ヒサシ付が先頭になった貨物は撮れた
ことがないです。

P10201411

 

 1時間ほど滞在し福島行きに乗車。455系6両でやってきました。
角ライトと丸ライト、両方の編成が連結されており、2種類とも
撮影できました。

P10201661

P10201691

 

 福島からは719系に乗車。翌日乗る予定の空港行きバス時刻
を確認するため、館腰で下車し1本後の列車に乗り換えましたが、
こちらも719系でした。

 仙台ではひとまずチェックイン、食事後、再度ホームへ。417系、
717系といった2ドア車も何回か見ることができ撮影もできました。
いずれも15両、30両と他の形式と比べ少ないので、見ることが
できるかどうかわからなかったですが、思ったより見かけました。

P10201911

 

 417系は翌朝にも見ています。

P10202011

 

 日曜朝に仙台から館腰まで列車に乗りましたが、この区間のみ
今回唯一の701系となりました。
 途中の長町は高架駅への切替工事日の朝ということで、新しい
高架駅を眺めつつ地上駅を発車していきました。

 北陸地区は敦賀までの直流区間延伸と新型車投入により419系
や475系が減るかもしれない状況ですが、東北も仙台空港までの
路線のための新型車投入で455系などに影響があるのかもしれま
せん。そんなこともあったため、今回は意識しての撮影となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

久々の214、と中華航空

 今日は月曜日の休みということで、月曜運航のハバロフスク
からのダリアビア航空を見に行きました。

 台風の影響で山方向からの風が強く、おそらく土手の方に
向かって離陸するパターンかなと思い、今日は土手はやめて
空港の展望デッキに向かったのですが予想は当たりでした。

 今日は14:05の到着と15:30の出発を見たら帰る予定だった
のが、到着案内に「中華航空 台北 17:30」という表示が。
どうもチャーター機が飛んでくるようで、見ないわけにはという
ことになり、17:30まで空港にいることにしました。

 展望デッキに着いた時に赤い小型機(CRJ?)が見えたの
ですが、機体に読めない漢字と「金鹿航空」の文字が。あとで
調べたらどうやら中国の航空会社の機体のようでした。

P10203081

 

 ハバロフスク便は30分早く着いたこともあるし、30分遅れた
こともありますが、今日は10分程度の遅れでした。見えてきた
もののいつもの排気ガスが見えず、カメラを望遠にして覗いて
みると翼の下にエンジンらしきものが。久々のTu-214でした。
 Tu-154Mなら目でわかるぐらいに排気ガスを出し、ものすごい
音を響かせて着陸してくるのですが、Tu-214はそれに比べると
非常に静かでした。

P10203181

P10203291

 

 前回、Tu-214が来た時は到着時と出発時で天候が変わり、離
着陸の向きまで変わってしまい、どちらも目の前では滑走路を
走るシーンしか撮れなかったのですが、今回は向きは変わらず、
目の前で離陸がちゃんと撮れました。

P10203401

 

 15:30の出発でありながらも、実際に離陸していったのは16時
近く。16時台になると少し離着陸が増えます。17時前に一連の
離陸が終わるかという時に着陸機が見えてきました。その時間
に定期便はないので、まさかと思っていたらその通りで、台北
からの中華航空でした。40分も早くやってきました。
 機種が気になっていましたがB737-800。新潟ではボーイング
はグアム便とソウル便のみ。それもあまり見に来ない時間帯な
ので、新潟でのボーイングは珍しく感じてしまいました。

P10203621

 

 離陸は撮影不可の時間になりそうだったので、今日は見るの
をやめて、ここまでにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SLとプロペラ機に

 土曜から日曜にかけて遠出しましたが、元々の目的地は成田
空港。土曜のうちに近場まで行って宿泊してもよかったのです
が、何回も乗車している上越新幹線では、ということと1年前では
考えられなかったことを思いついてしまい、こんなルートになって
しまいました。

 新潟→会津若松→郡山→仙台(泊)
 仙台空港→成田空港→東京→新潟

 1年前は飛行機嫌いだったのですが・・・。でも仙台から成田
に直行便があることを先週まで知りませんでした。
 新潟→会津若松は、近場にいながらも毎週走っていることも
あって乗ったことがなかったSL「ばんえつ物語号」に乗車。
今回はSLと飛行機が乗車するものとしてはメインでした。

P10201011

 

 連休だったせいかSLは混雑していました。切符を取る時に
相席になるとは言われていたものの、3人連れのボックスに1人
ポツンと座ることに。そんなことも予期して通路側を指定して
あったので完全に囲まれることはなかったです。
 新津までは展望車にいて、新津から日出谷まで自分の席に
いましたが、日出谷で近くのボックスが空いたので移動。そこ
も山都から乗ってきたので、それ以降は再び展望車に移動し、
会津若松まで過ごしました。
 SLは久しぶりで、もしかすると10年近く乗っていなかったかも
しれません。今は数少なくなった客車列車で、さらにSLという
こともあってかなりゆっくり走り、そういう意味では今はなかなか
味わえない列車でしたが、車内の雰囲気はどちらかというと
イベント性が強いようで賑やかでした。
 途中の新津、津川、山都では10分程度の停車時間があり、
その度にホームで撮影することができ、かなりの人が降りて
いました。

P10201141

  ↑ 新津で

 

P10201231

  ↑ 津川で

 
 会津若松は2番線に到着。ということで最後に反対ホームから
撮影できました。

P10201341

 

 土曜日はこの後、455系などを撮影しながら仙台まで向かった
のですが、そちらは後程。

 仙台で1泊し、17日日曜に仙台空港から成田空港へ。こちらは
50人乗りのプロペラ機。飛行機に乗ることができるようになって
からも、目の前でプロペラがグルグル回っているプロペラ機には
抵抗がありましたが、8月の新潟→中部に続くプロペラ機となり、
それも今度は50人乗りという小型機に乗ることになりました。
 さすがに空港ターミナルから直接機内に入ることはできない
ので仙台空港ではバスで移動。ターミナルから見えない位置に
機体がいたのでバスの中から何とか撮影しました。

P10202181

  ↑ 仙台空港内のバス

 

P10706711

  ↑ 今回のフォッカー50

 

 8月に中部に行った時は大気が不安定な日で、かなり揺れが
ありましたが、今回は雨模様だったものの雲はあっさりと抜けま
した。ジェットと違いあまり高くは上がらないようで、雲の切れ間
から地上が見えましたが、どこであるかはさすがにわかりません
でした。
 成田着陸のため再び雲の下に。ちょうど海から陸に入るあたり、
ただ、雲がかなり低い位置にあったようで陸に入ったところで
また雲の中に。まさか雲の中のまま着陸するのでは、って思って
しまいましたが滑走路は雲の下でした。
 成田空港といえば国際便が発着する印象が強く、しばらく縁は
ないと思っていたのですが、そんな空港に国内線で降りてしまい
ました。それもプロペラ機で。
 成田空港でもバス移動でした。

P10202201_1

  ↑ バス車内から

 

 この機体、中部~成田でも飛んでいるようで、成田空港付近で
撮影中に降りてくるところを撮ることができました。

P1020285_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝の貨物と珍客?

 16日土曜日は遠征したのですが、結局は早起きして遠征前に
いつもの貨物撮影となりました。

 まずはEF81の4059レ。こちらは白帯入りのEF81-21。

P10200791

 

 続いて3881レ。EF64-1003+EF64-1006で前寄りが更新色、
後寄りが原色。またも原色が挟まれてきました。このパターン
も結構多く、なかなか原色が先頭に立ってくれないようです。
 ということで後方からも撮ってみました。

P10200811

P10200821

 
 その次の4071レ。こちらも白帯入りのEF81-126。EF81もなか
なかローズピンク一色のカマが来てくれないようです。

P10200841

 
 土曜日はSLに乗車予定だったので、ここまで撮影して移動
しましたが、SLまではまだ時間があったので一旦、新津に
向かい、「きたぐに」で戻ることにしました。
 新津には下り貨物が停車していて、それがローズピンク一色
のEF81-31。前方から撮ることができなかったのでなんとか側面
から撮影しました。どうも羽越線に入る4075レのよう。東新潟に
入る貨物に注目していたので信越~羽越の方を忘れていまし
た。

P10200931

 

 新津より長岡側は朝の時間帯、下り貨物が結構あるようです。

 その4075レを撮っていたら、なぜかトワイライトエクスプレスが
到着。ヘッドマーク、テールマークとも通常の「トワイライトエクス
プレス」が出ていたものの、側面幕は列車名だけで行き先表示
なし。列車の遅れではなく、団体列車のようでした。

P10200921

P10200951

P10201001

 
 側線には、この後乗車する予定の「ばんえつ物語」の12系が
EF64-1053と連結されて停車中。

P10200891

 

 新津ではそんな予想外の収穫があったため、乗る予定だった
「きたぐに」が発車してしまいました。結局、後続の普通列車で
新潟に戻ることに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

3回目の急行「奥只見」

 来週末の23日、24日になりますが、浦佐~会津若松に急行
「奥只見」が運転されるようです。車両はもちろんキハ58系国鉄
色です。
 この「奥只見」は7月15日、16日に走る予定だったものの、
大雨で運休。2ヶ月過ぎて再度走ることになったようです。2年
前の11月にも運転される予定だったのが中越地震により中止。
なかなか走ることができない列車になってしまっていますが、
3回目の今回は無事に走ることができれば、と思います。
 7月の時と同じく、23日が浦佐→会津若松、24日が会津若松
→浦佐と片道ずつの運転のようです。

 23日には金沢~米原で475系急行「くずりゅう」が走り、そちら
も気になりますが、7月に浦佐まで行ったところで運休を知り、
撮り損ねている「奥只見」も気になります。
 思いついたら行くぐらいにしておきますが・・・。

P10001771

  ↑ 同じく7月運転の快速「只見SLリレー号」

 

 快速「只見SLリレー号」も雨の影響を受けた列車でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

新潟上空の飛行機

 新潟上空は航空機のルートにもなっているようで、上空を
飛行機が通り過ぎていくのが見えることがあります。以前にも
何枚かこちらに掲載したことがありますが、先週の土曜日は
天気もよく、上空の飛行機もよく見えたため何枚か撮影しまし
た。

 ちなみに今使っているカメラは光学12倍(420mm)となって
いますが、それは最大の800万画素で撮影した場合のことの
ようで、画素を落としていくともっとズームされていき、300万
画素より落とすと光学19.1倍になるようです。ちなみに普通の
写真サイズでは差をあまり感じないので100万画素程度に
して撮影しています。

 下の写真は、そのカメラで撮った写真をさらにトリミングして
あります。

P1010918_1

P1010936_1

P1010952_1

P1010953_1

P1010960_1

P1010970_1

P1010971_1

 

 これらの写真で共通しているのは飛行機雲ができていること
で、さすがにこれがないと上空を行く飛行機を見つけるのは
容易ではありません。
 地上からこれだけ見えるということは、機内から地上を行く
列車を見つけることができれば同じように列車の写真を撮れる
のでは、と思ってしまいます。問題は機内でのデジカメ使用の
方ですが(いちおう上空は大丈夫みたいで)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

この夏最後の大地の芸術祭号

 7月23日から週末に運転されていた「快速ほくほく大地の芸術
祭号」が先週末で運転終了となりました。
 最初の週末は高崎の115系で運転、その後の2週間は新潟の
485系で運転され、全く予期していなかった国鉄色編成の登場と
なりましたが、お盆明け以降は再び高崎の115系での運転と
なったようです。考えてみたら全ての運転日が国鉄色編成で
運転されていました。

 9日の朝、越後石山でEF64とEF81を撮影後、越後石山と新潟
車両センターの間でこの115系を撮影しました。

P10108941

 

 ほとんどの普通列車が115系で、かつては湘南色も珍しくは
なかった新潟地区でも今は湘南色は目立ちます。ダイヤ情報
によると、お盆明けの115系運転初日に新潟へ回送されてきた
編成がずっと帰らずに残っていたみたいです。4週間ほどの間、
高崎地区から115系が1本減っていたわけですが、もしかすると
E231系の影響等により余裕が出た211系によって115系にも余裕
ができてしまったのでしょうか。このまま余裕があれば、今後も
こういう列車が運転される時に、また新潟地区で湘南色115系が
見られるかもしれないです。ただ、首都圏の車両の動きにより、
今、115系が走っているところにも影響が出てしまうと余裕では
なくなってしまうかもしれません。
 新潟で211系も見てみたい気もしますが・・・。

 ちなみに写真に写っている右側に分岐していく線路が東新潟
への貨物線。115系の後方にはわかりにくいですが浪漫が写って
います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

9日のEF64とEF81

 先週の土曜日(9日)朝の貨物の写真です。今回は対向式の
越後石山駅で撮ってみました。

 まずは4059レ。こちらはローズピンク白帯入りのEF81-35で
やってきました。越後石山に限らず新津~新潟は基本的に南北
を向いているため、北に向かう下り列車の撮影はつらいものが
あります。この81も黒ずんでしまいました。

P10108861

 

 続いて、いつもの3881レ。今回はEF64-1023+EF64-1004の
更新色重連でやってきました。長岡機含む原色重連を見て以来
なかなか原色が先頭になる写真が撮れていない状態です。

P10108891

 

 反対側も撮ってみました。こちらは逆に綺麗に順光になって
います。

P10108901

 

 ちなみに越後石山を通過すると、駅のすぐ下り方の渡り線を
渡り上り線に入ります。そして上り線を横断する形で右側の貨物
線へと入り、東新潟へと抜けていきます。このため、越後石山で
下りの貨物を撮る場合は上り列車との被りはあまり考えなくても
いいようです。

P10108911

 

 続いて4071レ。こちらもローズピンク白帯のEF81-120で、今回
はEF81は2台とも白帯入りとなりました。

P10108921

 

 この日は上沼垂の基地に浪漫がいましたが、機関車も一緒に
長野から来たようで茶色のEF64-41もいました。こちらは越後石山
から少し歩いて基地沿いの道路から撮ったものですが、とにかく
撮影ができないこの基地、せっかくの車両でありながら、こういう
風にしか撮れないのが残念です。

P10108961

 

 この後は一旦新潟駅に戻り、友人と合流後、さつき野に向かい
ました。こちらでも対向式のホームを利用しての撮影です。久し
ぶりにSLを撮りました。停車駅が近いということもあり煙もない
状態です。

P10109121

 

 もちろん後を追いかけてくるEF64も撮っています。EF64-1052
で先週と同じでした。

P10109151

 

 SL通過の前にもEF81の貨物が通過しましたが、こちらも白帯
入りのEF81-21でした。
 EF81の方は3台とも同じ塗装でしたが、逆に赤の長岡機、青系
の500番台も撮りたくなってしまいました。

P10109081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

今年最後のイルクーツク便

 7月15日から毎週土曜日に運航されていた新潟~イルクーツク
便も昨日9月9日の運航でこの夏の運航が終了しました。今年最後
ということで友人とともにいつもの阿賀野川の土手へ。
 到着は15:30であるものの12時半頃には土手へ。13時台に離着
陸する便を眺めたり、土手に集まっている人達と喋ったりしている
うちに15:30にはなったものの、またもイルクーツク便は遅れている
ようで姿を見せません。結局、土手での撮影は諦め、空港の展望
デッキへ向かいました。
 ちなみに昨日は空の日イベントで、空港でもイベントを行なって
いました。土手からも頻繁に小型機が離着陸しているのが見え
たり、消防車が放水しているのが見えたり、空港バスが空港外周
を周ったりしているのが見えました。

P10109401

P10109441

P10109451

P10109541

 

 イベントで日中は空港が混雑していたらしいですが、夕方には
空いていました。普段なら100円かかる展望デッキがイベントと
いうことで無料になっていたのはありがたかったです。

 空港には到着便案内がありますが、そちらにはイルクーツク便
到着19:30となっており、4時間の大幅遅れとなっていました。
3週間前にも大幅遅れだったことがありましたが、この時は3時間
遅れ。さらに1時間の遅れのようでした。

P10109741

 

 もはや明るい時間での撮影は無理。空港の展望デッキが20時
までなので、あとはそれまでに来てくれることを祈るのみでした。
 3週間前にも同じ時刻にデッキにいましたが、18時台、19時台
は結構離着陸が多くなります。その一連の離着陸も一段落し、
次に来るのはイルクーツク便というのが確実でありながら、19:30
をすぎても姿が見えてきませんでした。このまま20時でデッキが
閉鎖になってはと心配しましたが、19:45過ぎにようやくライトの
光が見えてきました。ただ近い時刻に伊丹からの便が到着する
のでまだ安心できません。それがイルクーツク便であることが
確実となったのは、暗闇の空港に響く非常に大きい逆噴射の音
を聞いてからでした。

 イルクーツク便は今年は9回運航されましたが、最初は緑色の
機体だったのが最後の頃は白い機体に変わっていました。最後
はどちらが来るかというのも注目されていましたが、暗闇の中
から現れたのは緑色の方。20時まであと10分ほどしかなく、この
10分で今年最後となるシベリア航空Tu-154Mを撮りまくりました。

P10109901

  ↑ 暗闇の中、着陸

 

P10200141

P10200161

  ↑ またも大韓航空と並びました

 

 20時でデッキ閉鎖ということで今年最後のイルクーツク行きの
便の出発を見送ることはできませんでしたが、おそらく21時頃に
出発していったかと思います。イルクーツクまで4時間かかるよう
なので到着は深夜になったのかと思いますが、おそらく無事に
到着、この夏の運航を終えたのではと思っています。

 一夜明けて、今日はいつものウラジオストク便を撮影。土手も
昨日に比べ空いていました。今日は土手方向からの着陸だった
ので土手上で着陸を撮影後、空港に向かい展望デッキで離陸を
撮影しました。晴後雨の天気予報が当たったようで、雨の中での
離陸撮影となりました。

P10200311

P10200601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

2日のEF81

 先週土曜日のEF81の写真です。

 3881レが新津に停車している間に追い抜いていく貨物(たぶん
4059レ)ですが、こちらは通過。撮る位置が悪く真っ黒になって
しまいました。EF81も白帯入りです。
 ちなみに隣のキハ58は新発田から120Dで新津に到着し、折り
返し水原行き2121Dになる列車です。水原では2122Dとなり、すぐ
に戻ってきます。前日の「べにばな」で新潟~米沢を往復した
編成がこの列車に入るようです。新津~新発田の2エンジン車
運用はもしかするとこの早朝深夜の列車だけかもしれません。

P10107501

 

 続いて4071レ(と思う)。こちらは短時間ですが停車します。
白帯の入っていないローズピンクのEF81がやってきました。元々
色あせているようにも見えやすいローズピンク塗装、さらに塗装
の状態がよくない感じでした。

P10107581

 

 3881レを撮りに行けば、一緒に撮ることができる4059レ。3回
ほど撮影していますが全て白帯入り。結構帯なしは少なくなって
いるのかもしれないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

区バスに乗車

 先日、こちらで紹介した区バスですが、2日に乗ってみました。
ちなみにこの日は朝、EF64-1000を撮影し、午後は空港に
行った日で、その間にバス乗車が入っています。鉄道、バス、
飛行機と1日に3つ揃いました。

 車で新津駅に行き64撮影→車で新潟駅へ→列車で豊栄→
 区バスに乗車し北部営業所→新潟交通バスで新潟市街→
 車で新潟空港

と移動しています。

 さて、区バスですが、これまでバス停がなかった場所には
オレンジ色のバス停が新たに置かれていました。

P10107811

 

 列車からの乗換え時間は10分。バスも早めに着いてしまった
ようで、駅前で10分近く停まっていました。新潟市はバスを
持っていないのでバス自体は新潟交通グループの新交貸切
バスで、マイクロバスでした。

P10107821

 

 豊栄駅発車時の乗客は5、6人。2人は途中で降り、駅以降は
乗ってこなかったです。この日は終点までは行かずに新潟交通
のバス路線と接続している北部営業所で降りましたが、ここで
一緒に降りた方が1人いました。時間的に、駅に向かう人の流れ
の方が多そうな時間であったこともあり、あまり乗っていなかった
ですが、折り返しの便がどうだったか気になるところです。

 すでに新潟交通のバス路線がある北部営業所のようなところ
には、新潟交通のバス停に「区バス」のプレートが追加されて
いました。

P10107831

 

 この北部営業所にはナンバーが外されたバス車体が時々置か
れていますが、この日も1台置かれていました。

P10107851

 

 北部営業所から新潟市街方面の新潟交通の定期バスに乗換え
ましたが、心配だった3分乗換も区バスがほぼ定刻だったために
間にあいました。定期バスは空港の近くを経由して新潟市街方面
へと向かうのですが、空港より手前の地域をこまめに周るルート
になっており、結構時間がかかりました。ちなみに空港最寄の
空港入口バス停まで豊栄駅出発から50分。現在、豊栄駅から
空港に公共交通で向かうには新潟駅まで列車に乗り、新潟駅から
バスという遠回りなルートしかなく、区バスと路線バスの組合わせ
にちょっと期待したのですが、思ったより時間がかかったし、空港
入口バス停から空港までは800mあるので、その時間を含めると
あまり時間的な差はないことがわかりました。

 空港以降もバス停にこまめに停まり、結局、北部営業所から
1時間、豊栄駅からは1時間20分程のバス旅になってしまいました。

 今月1ヶ月間、社会実験を行なう区バスですが、何らかの形に
なればと思います。

 こちらは翌日に撮ったバス停ですが、区役所になる予定の
豊栄支所(以前は豊栄市役所)、バス停の名前も変わるかなと
思い撮ってみました。

P10108431

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

越後交通栃尾線の跡

 今日は長岡へ行ってきました。
 長岡には栃尾~上見附~長岡~悠久山を越後交通栃尾線と
いう鉄道が走っていましたが、昭和48年から昭和50年の間に
廃止になっています。
 この栃尾線、沿線に住んでいながら幼年期に廃止になって
いるのでほとんど覚えていませんが、あったことはかすかに
覚えています。
 今日は長岡駅近辺と長岡駅から上見附方面に向かった途中
の区間の跡を眺めてみました。

 現在の長岡駅は表口側の3階に新幹線ホームがあり、その下
に1番線から5番線のホームがあります。5番線側の口を東口と
言っていますが、栃尾線のホームはこの5番線の東口側にあり
ました。現役時代のホームは覚えていないものの、子供の頃、
東口でバスを待っていた時の待合場所が高くなっていた記憶が
あります。おそらくホーム跡が待合場所になっていたのかと思い
ます。現在、東口はすっかり整備され、ここに栃尾線があった
形跡は全く残されていません。

 東口を出て、駅を背に右側に向かうと遊歩道になっている道
がありますが、こちらが悠久山に向かう線路跡です。後で本を
見て知ったことですが。高校時代は非常に近くに通っていたもの
の、意識は全くしてなかったです。
 762mmの単線路線だったので、こんな広い空間である必要は
なかったと思いますが、おそらく整備された時に拡張されたの
かと思われます。緩やかなカーブが線路跡であることを感じ
させてくれます。

P10108591

 

 長岡駅からバスでうちの方に向かうと最寄バス停付近で再び
栃尾線跡(上見附方面)を眺めることができます。下新保と
小曽根(こぞね)という駅の間の区間で、下の写真は線路跡に
立って、小曽根方向を眺めてみたものです。草に埋もれてしま
っていますが、山の方に向かい線路がありました。ここも現役
時代は覚えていませんが、うちからそれほど遠くなかっただけ
に線路があった場所としては知っていました。

P10108601

 

 ここから下新保側に小さな川があり、ここに鉄橋跡があった
のは覚えています。今は鉄橋跡はありません。川も含め撮った
のが下の写真ですが、川自体を整備しているようで、しばらく
するとまた風景が変わるかもしれません。

P10108631

 

 以前も栃尾線跡を辿ったことがあるのですが、アルバムを
見たら97年5月のことで、すでに9年も前のことになっていまし
た。その時、同じ場所で撮った写真をデジカメで撮影したのが
こちらです。

P10108831

  ↑ 1997.5に撮影

 この場所から下新保方向を今日撮ったのが下の写真で、前
は土の道だったのが遊歩道になっていました。

P10108641

 

 今日は行かなかったですが、この先に下新保駅があり、97年
当時はホーム土台や架線柱が1本だけ残っていたり、下新保
より長岡駅方面にも架線柱が1本残っていたりしましたが、一緒
に遊歩道になってしまったと思われます。

P10108721

P10108781

P10108771

  ↑ 3枚とも1997.5に撮影

 さらに長岡駅方向に向かうとやや大きな川があり、そこには
最近まで橋脚跡が残っていました。上りの新幹線に乗っている
と新幹線車内からも跡が見えたのですが、いつ頃からかこの
橋脚を利用した橋ができていました。下新保のあたりの遊歩道
と一緒に橋が架けられたのかと思われます。

P10108691

  ↑ 1997.5に撮影

 今日、撮影した場所から橋までは2kmぐらい距離で、遊歩道に
なっていれば廃線跡らしさは失われたかもしれませんが跡上を
歩けるかもしれません。続きはまた長岡に行く時に眺めてみよう
かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

今日の64とツポレフ

 特に予定が入っていない休日はEF64-1000とツポレフの
組み合わせになることが多くなってきましたが、今日もその
組み合わせ(+バス)でした。

 今朝は新津駅でEF64-1000を撮影。まずは到着するなり
EF64-1000の音が。「ばんえつ物語号」回送牽引用のEF64-
1052でした。

P10107411

 

 ターゲットの3881レは更新色の-1024と原色の-1038の重連
で、更新色が先頭になってきました。これまで更新色+原色、
更新色同士、原色同士は見ていますが、原色+更新色だけは
まだ目撃してないです。あと一時、東新潟でよく見た-1015は
どこへ行ったのでしょう。

P10107471

P10107541

 

 よく見たら-1038って窓枠のゴムが白みたいですね。
 以前、新津駅で撮影した時は、番線の予想が外れてしまい、
後方撮影しかできなかったですが、今日はそのあたりはうまく
いきました。

 この後、新潟駅に移動し「ばんえつ物語号」の回送を撮影。
新津で目撃したEF64-1052が牽引してやってきました。
相変わらず、SLサイドより64サイドを撮ってしまいます。

P10107751

 
 午後は新潟空港でイルクーツク便撮影です。夏のみ運航の
イルクーツク便、今年は来週がラストです。
 今日はまずは空港で到着待ち。ほぼ定刻でやってきました。
ロシア便は先々週の3時間遅れは別としても、30分早着から
30分遅れまで経験ありなので、最近は30分前から待ちです。
 イルクーツク便は緑色のTu-154Mが定番かと思っていたら
先々週は白い機体。今日も先々週と同じ白い154(RA-85653)
がやってきました。

P10108001

P10108111

 

 離陸は土手で撮影。ツポレフの離陸を土手から見るのは
初めてかもしれません。後方から眺めていても独特な音で、
その音を響かせ、排ガスを出しながら飛んでいきました。

P10108331

P10108371

P10108411
  

 イルクーツク便は今年は来週あと1回のみとなり、緑か白か
っていうことになりましたが、ウラジオストク航空がA320を
購入するなど、ロシア機にも変化ありなので来年ははたして
154?なんて思ってしまいます。

 今日の写真の一部もマイフォトに登録しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »