« 大雨で「はくたか」、長岡へ | トップページ | ダリアビアはTu-214が »

2006年10月 8日 (日)

荒天の中、Tu-204再び

 長岡からの帰宅後、日曜の午後ということで空港に向かい
ました。海に近いだけあって長岡よりも風が強く、雨もまだ
時々強く降る天候だったので、さすがに土手はやめました。
(阿賀野川も茶色い水の流れだったし)

 空港に到着し、いつも通り展望デッキに向かうと、デッキ
入口に張り紙が。天候不良のためデッキ閉鎖でした。

P10207651

 

 これまで雨が強い日でも入れたのに、と外を見てみると、
空港の向こうにある海が・・・、

P10207751

 

 空港との境目の堤防を波が越えるぐらいの大荒れでした。
おそらくデッキ上はまともに立っていられないぐらいの風が
吹いていたのかと思います。

 ということで、デッキ入口でガラスごしに撮影することに。
それほどガラスの存在は気にならないものの、雨が降ると
さすがにガラスが濡れて外が見えなくなります。一時、そう
なったのですが、ウラジオストク便の到着時は、幸い雨も
止み、ガラスも乾いてくれました。

 目的のウラジオストク便ですが、先週に続きTu-204-300
がやってきました。

P10207831

P10207851

 
 先週とは機体番号が異なるので、新潟~ウラジオストク
便に少なくとも2機のTu-204が使われたことになります。Tu
-204が2週連続でやってきたことで、逆にTu-154Mは2週間
来ていないことになりますが(木曜の便は未チェックである
ものの)、Tu-204と交互でもいいので来てほしいものです。

 この便と入れ替わりにハルビン行きの中国南方航空が
離陸しましたが、このぐらいの天候でも欠航しないことを
知ってしまいました。もっとも冬はこういう環境も結構あるの
かと思います。ただ、こういう日に乗るのは遠慮してしまい
そうですが・・・。

P10207881

P10207911

 
 展望デッキの1階下に展示室があるのですが、そこから
だと正面に見ることができます。もちろんここもガラスあり
です。晴と雨が混ざったような天気のおかげで、背景に虹
を入れることができました。

P10208071

P10208101

  ↑ 虹が出たと思えば、一転、雨

 

 風が強いせいか、出発時はいつもとは違う動きでした。他
の便のことは後日にしますが、通常はターミナルの建物側
に真横を見せた状態で牽引車両を切り離すのが、今日は
こんな斜めの状態で切り離しました。海風が直撃してしまう
のを避けてのことかと思います。ちなみに、この後写真の左
方向に向かったのではなく、左にグルッと旋回して写真の右
方向へ向かいました。

P10208171

 

 荒れた天候のことが話題の中心になってしまいましたが、
Tu-154Mの今後が気になる2週連続のTu-204でした。明日は
ハバロフスクからダリアビア航空の便が来ますが、こちらも
9月の3連休の時はTu-214が来ています。こちらのTu-154M
もはたして?という状況かもしれません。

|

« 大雨で「はくたか」、長岡へ | トップページ | ダリアビアはTu-214が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/12204575

この記事へのトラックバック一覧です: 荒天の中、Tu-204再び:

« 大雨で「はくたか」、長岡へ | トップページ | ダリアビアはTu-214が »