« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

あゆ年末コンサート

 2000年から行われている年末のあゆコンサートには2001年以降
毎年12月30日の公演に行っていますが、今年も行くことができま
した。

  12/30 浜崎あゆみ 代々木競技場第一体育館

P10708241

 

 毎年31日の23時からカウントダウンライブが同じ会場で行われ
ていますが、都合により行けたことがないです。もちろん30日の
公演だけでも充分満足です。

 今年のブログへの書き込みはこれが最後になるかと思います。
みなさん、よいお年を。来年もよろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

ラストはダリアビアTu-154M

 昨日29日は休みだったので、金曜に運航されているダリアビア
航空、ハバロフスク便を撮影してきました。

 28日から天候が悪く、風が強い状態が続いています。そこに雨と
あられ、土手には行かずに空港に向かいました。その空港も予想
はしていましたがデッキ閉鎖。ということでデッキ入口横でガラス
越しに撮影することに。ガラスがあるので雨が降ってくると最悪な
状態になります。

 到着案内板によると定刻14:05着に対して早着の13:50着予定。
その案内通り13:50頃にやってきましたが、来たのはTu-154M。
個人的には2ヶ月前に見たウラジオストク航空以来の154となりま
した。ダリアビアは月、金運航ということで時々しか見にいけない
のですが、秋に見に行った時はTu-214のみ。ダリアビアの154は
夏以来の撮影です。

 到着時、残念ながら雨。ガラス越しに撮った写真はぼやけた
ものになってしまいました。

P10403551

P10403631

 

 空港で食事後、離陸は土手に行ってみようかとも思い、空港の
外に出てみたものの、吹き飛ばされそうな風。結局、空港でガラス
越しに撮ることにしました。帰宅後、アメダスで調べてみたら空港
から近い地域の風速は20mだったとのこと。吹き飛ばされそうに
なったわけです。

 出発は15:30ですが、若干遅れて出発。風が強い時は牽引車を
切り離す位置が変わるようで、切り離してから飛行機自身で旋回
するみたいです。

P10403831

P10403841

 

 離陸は流してみました。離陸の時は雨が降っていなかったのが
幸いでした。

P10403881

P10403891

 
 2ヶ月ぶりの154は雲の中へ。

P10403901

 

 年内のロシア便は30日のウラジオストク便がラストですが、30日
は行けないので個人的には29日がラストになりました。ラスト便を
154とすることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

ブログ、この1年

 こちらのブログを始めたのが昨年6月。昨年は半年間でしたが、
今年は1年間を通じて続けることができました。

 今年のこちらでの話題を振り返ってみると、前半は豊栄駅橋上
化やあゆツアー遠征を話題にしていましたが、その他特にテーマ
がない話題もありました(もちろん鉄道の話題はあり)。

 そこに少しずつ現れてきたのが「空」というカテゴリー。最初は
あゆライブ遠征に利用した時に登場するぐらいだったのが、5月
9日の「ふるさと雷鳥~空」が後に大きく影響を及ぼしました。
ここに初めてウラジオストク航空Tu-154Mが登場します。この時
は、この機体がどんなものかわかっていません。

 6月、3ヶ月間のあゆツアー遠征が終了した翌週、初めて阿賀
野川土手に行き、そして翌週成田へ。ツアー遠征が終わるのと
入れ替わるように「空」が登場するようになりました。そして7月、
望遠はあるけどパソコンには取り込みにくいフィルム一眼とパソ
コンには取り込みやすいけど、遠くへは届かないコンパクトデジ
カメをあわせたカメラを購入。カメラを買った→撮影に行きたい、
そこにやってきた夏のシベリア航空。といった相乗効果でツポ
レフ等の飛行機の写真が大幅に増え、こちらの「空」カテゴリー
の登場回数も増えました。

 鉄道も負けず、同じ頃にEF64-1000という被写体が登場。フォト
アルバムも作成しましたが、後半はツポレフとEF64-1000がこちら
のブログを占めるようになってきました。

 年が変わるといっても趣味が変わるわけではないので、引き
続きこのテーマは続きそうですが、来年はまた別な何かがあるか、
ひょこっと何かが現れるかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

今年最後のウラジオストク便撮影

 年内の新潟~ウラジオストク便も残すは24日、28日、30日のみ。
28日、30日は見に行けないので、撮影するのは年内最後となった
昨日24日に、Tu-154Mが来ることを少し期待しながらデッキへと
向かいました。

 晴れ間も見えたこの日、久々に飛行機雲を眺めることができ、
4本の筋の先端にはB747らしき機体も見えました。

P10403231

 

 ウラジオストクからの便が見えてきましたが、残念ながら黒煙は
なく、年内最後の撮影をTu-154Mで締めくくることはできずでした。
でもTu-204。結局、A320の登場を気にしながら見ていた12月の
日曜の便は全てTu-204でした。

P10403261

P10403271

 
 この日はRA-64040。写真に変化をつけるのがだんだん難しくな
ってきましたが、いつも機体優先だったのでたまには誘導シーン
も撮影してみました。

P10403331

 

 年内はあと28日木曜と30日土曜のみ。31日が運休になるので
代わりに30日に運航するようです。あとダリアビアが29日金曜に
あります。もしかすると29日は見にいけるかもしれません。
 もっとも年が変わったからといって、何か変わるわけではなく、
年明けも引き続き撮り続けることになるかと思います。

 来年は富山空港のヤコブレフなんかも撮りに行きたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

70系新潟色、ようやく入線

 先週、知人より、新潟駅近くに鉄道模型店ができたという話を
聞き、今日、行ってきました。場所は新潟駅万代口から歩いて
5分ほどの場所です。

 さらに、これまで一度も目撃することができなかったマイクロ
エースの70系新潟色があり、お店の人に(探している人がいる)
と声をかけておいたと、その知人が教えてくれたので、お店に
行ってそのことを言ってみたら、ちゃんと残してくれていました。

 ということで、発売された頃、何店見ても手に入れることが
できず、すっかり諦めていた70系新潟色を手にすることができ
ました。

 帰宅後、早速レイアウトに入線。今回はすでにうちにあった
グリーンマックスの70系と並べてみました。グリーンマックスの
方はお見苦しい状態になっています。こちらは塗装済みキット
だったのですが、黄色がオレンジに近かったので上から黄色
を塗ったものの、やり慣れないことをやった上に、汚い手で窓
を触ってしまい、かなり雑な仕上がりになってしまいました。
というわけで同じ70系ながら随分と違う姿になっています。

P10403371

 

 マイクロエースは両端クハ76の6両編成、グリーンマックスは
片側がクハ76、もう一方がクハ68の4両編成です。反対も先頭
を並べてみました。

P10403471

 

 この70系、子供の頃にかすかに乗った記憶があるぐらいの
車両ですが印象は強いです。ただ、クハ76以外の先頭である
クハ68やクハ75は全く覚えていません。

 うちにある車両で、70系と並べたくなる車両は181系「とき」、
EF15、EF58青等があります。これらの車両とも一緒に走らせて
みようかなと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

軽井沢のEF63-2

 風邪ということで、今日は64撮影という状況ではなくカメラも
休みとなりました。
 今日も寝ていたので話題はないのですが、先週の話題が1つ
残っていたので続けます。

 先週の土曜16日に新幹線で軽井沢に到着後、しなの鉄道に
乗り換えたのですが、軽井沢にはEF63が1両保存されている
ため、乗り換え時間の間、そちらを撮影することにしました。

P10402631

 

 このEF63-2、横川~軽井沢の最終日詳細が掲載されていた
当時の鉄道誌によると、最終日の午後に他のEF63、2両ととも
に3重連で軽井沢に到着したのが最後で、そのまま軽井沢での
保存機となりました。横川にも何両か63が保存されていますが、
大半の63が解体されてしまった中、残ったのはよかったかなと
思います。
 保存状態はそれほど悪くはないようですが、色あせてはきて
いるようです。
 長く保存されればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

かぜ

 一昨日から急にのどが痛くなって、昨日医者に行ったものの、
今朝は熱が出てしまったので今日は休んで1日寝ていました。
幸いにしてのどの痛みもよくなり、熱も下がっています。

 そういえば1年前も今頃、熱を出して1日寝てた日がありまし
た。どうもこの時期はこうなりやすい時期のようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

長野新幹線開業時の名残?

 先日、直江津で見た115系から横軽時代の名残を感じてしまい
ましたが、今度は高崎で横軽廃止直後というか新幹線開業当初
のできごとを思い出してしまいました。

 今では「長野新幹線」で定着したと思われる長野までの新幹線
ですが、開業当初は「長野行新幹線」という呼び名がありました。

 現在、高崎から分岐して長野まで走っている新幹線は、この先、
富山、金沢方面に伸びる区間とあわせて本来は「北陸新幹線」と
呼ばれる路線。富山あたりまで同時に開業していればおそらく
何事もなく「北陸新幹線」で開業したのかと思いますが、1997年
に開業したのは長野まで。この区間を「北陸」と呼ぶには地域的
に違うようだし、と言って「長野新幹線」では長野から先が続か
ないのでは?という印象もできてしまうといったことから「長野行
新幹線」という名が登場したかと思います(経緯については曖昧
な記憶で書いています)。

 その後、いつの間にか「行」がなくなり、うちにある交通新聞社
の小型全国時刻表も「長野新幹線」になっています。
 そんないつの間にか使われなくなった言い方ですが、高崎駅
の下り新幹線ホーム上の案内に残っていました。

P10402591

 

 長野から先の工事も場所によっては進んでいるようで、もはや
長野から先へ伸びないということはないと思いますが、富山方面
まで伸びた時に全区間を「北陸新幹線」とするのか、定着した
「長野新幹線」も残し、「長野・北陸新幹線」とするのかは今は
わかりません。
 「長野行新幹線」は長野までの開業の頃を思い出させる名前と
して、どこかに残る?名前になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

もう1つのロクヨン

 土曜は高崎から同じルートを戻っても、と思い軽井沢まで長野
新幹線で向かい、しなの鉄道に乗りました。えちごツーデーパス
エリアからは大幅に飛び出てしまいましたが、エリア内の新潟県
内区間をかなりの距離貫通するので、結構安くなります。

 長野新幹線を使わなくても信越本線~バスで軽井沢まで行け
ますが、日程的に無理そう。ということで結局は軽井沢での乗り
換えとしました。
 小諸でも乗換えになりましたが、小諸まではしなの鉄道の115
系、小諸からはJRの115系でした。

 このまま長野まで乗っていく予定でしたが、西上田でタンク車
の入換が行なわれているのが見え、先頭にはEF64が。しかし
気づくのが遅く列車は発車してしまいました。
 この貨物の発車時刻はわからなかったものの、篠ノ井で下車
して1本後の長野行きに乗り換えても予定には影響なさそう。
ということを考えていたら、少し行った駅にまたも貨物がいて、
その先頭にもやはりEF64が。こちらはすでに発車待ちしている
ように見えたので、期待できそうということで篠ノ井で降りまし
た。

 予想通り、乗ってきた長野行きの後を貨物が追いかけてきて
いました。牽引機はEF64-20。EF64を撮影するようになってから
こちらの64(0番台)の貨物は初登場です。EF64-0にも更新色
がいる中、原色が撮れました。

P10402771

 

 篠ノ井で停車後、64が切り離されました。篠ノ井線塩尻方面
に入るため、反対側に連結されるのかと思って待っていたら、
塩尻側からEH200が見えてきて編成の塩尻側に連結されまし
た。EF64はその横を通過し、塩尻方面に向かっていきました
(たぶん篠ノ井の基地に入ったのかと)。

P10402841

P10402861

 
 EH200は中央線用という印象が強いですが高崎所属なのです
ね。残念ながら西上田にいた貨物は見ることができなかったです
が、予定外だったEF64-0の貨物を撮影することができ、しなの
鉄道経由は結果的に正解でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

引き続き204とA320

 今日もいつも通りウラジオストク便チェックへ。我ながらよく
続いています。今日は天気が悪かったので空港のデッキへと
向かいました。

 先々週、先週とA320に変わっていた中国南方航空は今日も
A320。それもB-6276、B-6277、B-6279と毎週、番号が違いま
す。ということはMD-90が1機、不都合になって使用できなく
なった代わりにA320が来たというわけでもなさそう。やはり正式
な機材替えなのかもしれません。
 同じような写真になるのでたまにはアップで。

P10402961

 

 出発直前から雨が降り始め、視界は悪くなりました。

P10402981

 

 ウラジオストク便は今日はほぼ定刻にやってきました。こちら
はTu-204。今日もツポレフでやってきました。番号はRA-64039
で、先々週、先週と全く同じ。これまでウラジオストク便は同じ
機材が連続的に来ること(日曜の便に限り)が少なかったので
すが、3週連続で同じ機材がやってきました。

P10403031

P10403111

 
 こちらもアップで。

P10403161

 

 ふと、空港内を見てみたら除雪車が準備されていました。

P10402951

 

 いよいよ冬態勢になったようですが、こんな車両までもが冬
スタイルに変わっていました。

P10403191

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高崎機関区へ

 昨日は関東の天気も良さそうだったので、高崎機関区を見に
行くことにしました。今回もえちごツーデーパスを買いましたが、
この切符は上越線は越後中里までがエリアなので飛び出しが
随分大きくなるものの、帰りの飛び出し分(帰りは長野経由)
を含めても普通に切符を買うよりは安くなるようなので、この
切符+飛び出し分で行きました。

 その前に、いつもの3881レです。先週の3重連で妙な期待を
持つようになってしまいましたが、今回は-1022+-1045の更新
色重連でした。

P10402141

 

 3881レの通過直後にタイミングよく上越線水上行きがやって
きます。この列車、通常は越後中里行きなのですが、休日は
水上行きになります。上越線の列車はほとんどが長岡始発で
ある中、この列車は信越本線から直通、しかも始発は越後線
吉田で吉田発新潟経由水上行きというさりげない長距離普通
列車だったりします。
 水上で高崎行きに乗換え高崎へと向かいました。

 高崎ではさっそく高崎機関区へ。横軽通いをしていた頃に、
歩いていったことがありますが、駅からはちょっとあるかなと
いう場所にあります。訪れるのはたぶんその頃以来かと思い
ます。

 踏切があり、踏切にいちばん近いあたりにいれば正面から
撮ることができるものの、そこにはEF65しかいませんでした。
EF65の向こうにEF64-1000の溜りがあったので、眺めながら
いちばん端(駅から遠い方)まで行き、戻りながら撮影をして
きました。

 まずは-1034(左)+-1028(右)の更新コンビ。手前に高崎
線の本線があるため、柵が入ってしまったり架線柱が入った
りしますがこれは仕方ないです。

P10402251

 

 続いて何両か集まっている溜りに。左から-1009、-1014、
EF65-1022、-1005です。-1009とつながっているのは番号を
見てくるのを忘れました。

P10402301

 

 微妙に塗装が違う-1009は初登場です。

P10402381

 

 この溜りを反対から見たのがこちら。-1023と-1006です。
間に挟まっているのを案外撮っていないことに気づきました。

P10402431

 

 そして、この溜りから少し離れたところに1両ポツンと、1両
しか存在しない塗装機-1015がいました。この塗装機の撮影
も初めてです。いい場所にいてくれたかなと思います。

P10402571

 

 奥の方にも何両かいましたが、更新機ばかりだったことも
あり撮らなかったです。溜りの中にもう1両原色がいたように
も見えましたが確認できなかったです。原色は朝の時点で
東新潟にも1両いました。

 ここまではEF64-1000ですが、せっかくなのでそれ以外も
撮りました。
 唯一のEF60であるEF60-19。横軽廃止直後にレインボー
色のEF65とプッシュプルで横川にやってきたのを撮ったこと
がありますが、意外と写真は少ないです。

P10402241

 

 EF64-1015の横にはEF65-501が。この塗装は貨物を含め
ても減ってしまいましたね。

P10402491

P10402521

 

 帰りに踏切のところから3両のDD51を撮影してきました。

P10402581

 

 本線が間に入ってしまうものの、道路から眺められるので、
結構いろいろ眺められることがわかりました。

 時間的にちょうどよかったので、帰りに新津で3880レを撮影
しました。3881レの返しなので更新重連が来るのはわかって
いたものの、先週と同じアングルで撮影しました。

P10402921

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

横軽時代の名残

 信越本線横川~軽井沢が廃止になってから来年で早いもので
10年。当時、横川~軽井沢を走っていた車両であるEF63やEF62
は一部が横川や軽井沢に保存され、「あさま」塗装の189系は
長野~直江津の「妙高」として残っているものの、当時の記憶は
徐々に薄れていっています。

 先日、直江津で並ぶ115系を見て、そんな時代の名残を感じて
しまいました。

P10401301

 

 長野の115系は横川~軽井沢でのEF63対応のため、高崎側
(写真のこちら側)がクモハとなり、高崎側がクハとなっている
新潟の115系とは逆になっています。3両編成が並ぶとパンタの
位置ではっきりとそれがわかるのですが、写真ではわかりませ
ん。他にジャンパー線の配列でも逆向きであることがわかります。

 横川~軽井沢が廃止され、もはや向きの制約はなくなったわけ
ですが、と言ってわざわざ他地区の車両と向きを合わせる必要も
ないのか、今も当時のまま走っています。
 細かいことですが、ふと名残を感じてしまいました。

 せっかくなので97年7月に撮った写真を。

Ef6317_11

Ef6310_21

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

9日の北陸本線普通

 直江津、糸魚川では何本かの北陸本線の普通列車を目撃、撮影
しましたが、残念ながら国鉄色475系を見ることはできませんでした。

 直江津

  554M        475系
  539M~556M 475系
  541M~560M 475系

 糸魚川

  545M~566M 475系
  547M        419系
  549M        475系
  564M        475系

 細かく編成チェックをしたわけではないので、475系には457系も
含まれています。419系は1本だけで、この時間帯の直江津口に
限ってしまうと、なかなか目撃できないことがわかりました。

 何枚か写真もあげておきます。

P10401201

  ↑ 554M

 

 北陸地区の475系は原形ライトのものが多いですが、シールド
ビーム車を久しぶりに見かけました。右に写っているDE10はDE10
-1701。元シルフィード機です。

P10401271

  ↑ 556M

 

P10401451

  ↑ 560M

 

 556Mも560Mも原形ライトの編成でした。560Mの横に「はくたか」
が入ってきて、ちょうど赤と黒の連結部だったので並べてみまし
た。

P10401651

  ↑ 547M

 

 この日唯一の419系ですが、手抜きして改札口から撮ろうと思っ
てしまったのがやはりダメだったようです。

 直江津だと1時間に1本ですが、富山まで行けば本数も増えるの
で撮影機会も増えそうです。近くはないのでそうは行けないと思い
ますが、富山空港とあわせて行くのもいいかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

糸魚川の青いキハ52

 磐越西線、羽越本線、米坂線の気動車には、昨日のところにも
登場している国鉄色に塗られているキハ52がいますが、同じ新潟
県内にはもう1ヶ所、大糸線に国鉄色キハ52がいます。

 直江津まで行ったので、475系にも乗りたかったし、糸魚川まで
行くことにしました。
 大糸線のキハ52は3両いますが、1両が朱色とクリーム色塗装、
もう1両が朱色一色、そしてもう1両が最近青とクリーム色っぽい
色に塗り替わりました。この青いキハ52-125を見るのも糸魚川に
行く目的にもなっていました。

 時刻表を見てみたら、行く時間帯は1両が大糸線を走っている
時間。残りは車庫にいるだろうと思いながら糸魚川に到着したら、
目的のキハ52-125が手前側にいました。

P10401621

 

 この塗装の気動車はかつていたらしいですが、初めて見ます。
クリーム色っぽいと書きましたが、イメージよりも茶色っぽく見え
ました。
 奥には朱色とクリーム色のキハ52もおり、綺麗には並ばなかっ
たですが、何とか2ショットを撮影しました。

P10401551

 

 そして、赤レンガの車庫と。

P10401641

 

 キハ52-125は、この後の432Dで平岩に向けて出発していきま
した。この日、まだ見ていないのが朱色一色のキハ52。17:08着
の431Dで糸魚川に戻ってくるのが朱色のキハ52であるのは確実
だったため、直前までホームで待っていたものの到着が2分遅れ、
乗りたい直江津行きが17:12発だったため、入線してくるところを
見つつも撮影できずに糸魚川を離れました。

 大糸線はいつ以来だろう?というぐらいしばらく乗っていません
が、たまにはこのキハ52に乗ってみるのもいいかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

いつもと違う新津のキハ

 9日に新潟から越後石山に向かう時に、ちらっと見えたキハが
ちょっと気になる組み合わせになっているのに気づきました。
この列車は新津発新潟行きの2521Dで、この編成が「べにばな」
になるため、越後石山での撮影後、新潟に戻ることに。

 「べにばな」の編成には国鉄色のキハ52-122が連結されて
おり反対側はキハ58-677。一見、何も特徴のない新潟色と国鉄
色の組み合わせですが、この組み合わせはこれまで見てきた中
では結構珍しい組み合わせです。

P10401151

P10401171

 
 新潟地区のキハ(キハ110系以外)にはキハ40、47、48、28の
1エンジン車とキハ52、58の2エンジン車があります。運転区間
は磐越西線、羽越本線、そして米坂線なのですが、このうちの
磐越西線と羽越本線は一部を除き、1エンジン車のキハ40、47、
48の組み合わせで走っています。
 米坂線は勾配の関係か2エンジン車が入りますが、基本的に
は2エンジン車+1エンジン車の2両編成か、この2両にもう1両、
1エンジン車を加えた3両編成となっています。つまり2エンジン
車だけの2両編成はあまり見ることができない編成となっている
ようで、この日の編成は珍しい組み合わせではないかと思い
ます。

 直江津方面から戻ってきて、新津でEF64を待っている間に
やってきた羽越本線832Dにはタラコ色のキハ40が入っていまし
た。

P10401841

 

 同じく新津で見た磐越西線馬下行き2244Dは、またも国鉄色
キハ52でやってきました。-122はまだ新潟に戻ってきていない
時刻だったので、もう1両の国鉄色、キハ52-127の方です。

P10401901

 

 この列車、磐越西線に何本かある2エンジン車組込みの列車
のようですが、キハ52、キハ47、キハ47と続いた後ろにもう1両、
キハ52が連結されており、これもまた2エンジン車が2両入って
いる編成になっていました。ただこちらはキハ47+キハ52という
編成を2組合わせただけの編成なのかもしれません。

P10401911

 

 キハ58+キハ52の組み合わせは一時的なのか、気になる組
合わせでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

今日は土手で

 昨日の遠征のこともまだ続きますが、ひとまず、日曜の日課
になってしまっている話題から。

 今日は天気は曇り。土手にするか空港にするか迷いながらも、
雨が降っていないということで土手へと向かいました。

 到着はいつもと同じぐらいで13時半ぐらい。雨は降ってない
ものの風が強かったのでしばらく車の中にいました。14:00に
ハルビン行きが出発するため、14時まで車の中で待っていよう
と思ったら14時の2、3分前にハルビン行きがやってきました。
 そのハルビン行き、先週、いつものMD90からA320に機材が
変更されていたということで、こちらでも話題にあげましたが、
今日もA320でした。公式的にはMD90のままになっているだけ
に、こちらも気になる便になってしまいました。

P10402001

 

 離陸後、風が強かったので再び車の中へ。車内から着陸便
がやってくる方向を見ていたら、14:10頃、ちょっと早かったです
がライトの光が見えてきたので外へ出て撮影体勢に。
 こちらもA320の登場が気になっているウラジオストク便です
が、少なくとも見えている排ガスの量からして154ではないのは
わかりました。あとは204かどうかというところ。

P10402041

 

 結局、独特なエンジン音とともに204がやってきました。来た
のはRA-64039。先週もRA-64039だったので2週連続同じ機材
となりましたが、12月に入って2週目もツポレフを保ちました。

P10402111

 

 今日はこの2便を見ただけで撤収しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EF64-1000、3連シーン

 遠征していたり、逆に出かける元気がなかったりして、2週間
程、早朝の3881レなどの貨物の撮影をしていなかったのですが、
昨日(9日)は撮影に出かけました。

 9日はそのまま列車で出かけるつもりだったので、駅撮りする
ことにして、逆光の心配がない天気だったので越後石山で一旦
下車して撮影することに。今は午前7時でも暗く、感度を上げて
なんとか撮影できました。
 まずは4059レ。白帯入りのEF81-115です。

P10400901

 

 続いて3881レですが、見えてきたのは原色機らしかったので、
後ろも原色であることを期待しながらカメラを望遠にして構えて
いたら、後ろの貨物が変。というか機関車が1両多いことに気が
つきました。

 EF64-1016(原色)+EF64-1010(更新)

の重連にEF64-1007(更新)が無動力でぶらさがってきたみたい
です。1007号機はパンタが下がっていたものの見た目はEF64
-1000の3重連でした。

P10400921

P10400941

 
 475系の撮影をしたかったので直江津へ。となれば、二本木
貨物も撮るように行動してしまうのですが、二本木に行くことより
も475系を優先したため、9日は二本木から来た4381レを直江津
で撮影しました。
 直江津での貨物撮影は初めて。何番線に入るかわからなかっ
たものの、20分前に来たEF510の貨物が6番線横の側線に入っ
たため、4381レも側線に入るだろうと予想して、6番線で待つこと
にしました。

P10401291

 

 結果は正解で14時頃に側線に4381レが入ってきました。今日
はなかなか巡りがいいようで、こちらも原色が見えてきました。
それもナンバープレートが白。ということで貸出機である長岡機
(1051号機)が先頭でやってきました。後ろは1042号機(更新)
です。

P10401311

 

 直江津では1、2分停車するので停まっている間、撮影できま
したが、ほくほく線の車両が一緒に写ります。

P10401361

 

 最後に新津で3880レを撮影しました。1010号機(更新)と1016
号機(原色)の重連で、3881レでは先頭だった1016号機が後ろ
に連結されてきたので、3881レの組み合わせが戻ってくるの
かなと推測できました。逆にチェックできなかった朝の3881レの
2両目が1010号機であることが予想できてしまいました。

P10401921

P10401931

 
 3880レは初撮影ですが、新津では1、2番線間の中線に入って
きて1、2分停車することがわかりました。夜になってしまいます
が、こちらもこの先、撮影できそうです。

 今日は3本見て、3本とも原色が入っているという状態で、さら
に3連まで見ることができてしまい、なかなか良い結果でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

新潟駅のマックスコーヒー

 もうだいぶ前(とは言っても今年の夏ぐらいからだったかと)
からになりますが、北関東でしか売っていないと言われていた
ジョージアのマックスコーヒーを新潟でも見るようになりました。
 いちばん最初に気づいたのは、会社の敷地内にある自動
販売機だったのですが、こちらからは今はなくなっています。

 下の写真は11月の終わり頃に新潟駅で撮ったものですが、
新潟駅では今でも買うことができます。

P10400521

 

 以前、宇都宮に住んでいたことがあるのでマックスコーヒー
は飲んだことがありますが、とにかく甘い、です。最近は砂糖
を減らすようにしており、おかげで普通の缶コーヒーでも甘く
感じてしまいます。新潟でマックスコーヒーを見るようになった
ものの、まだ飲んではいません。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

中国南方航空も?

 システムのメンテナンスのため、5日、6日と投稿、コメントが
できない状態でした。
 3日ぶりとなりましたが、日曜の話題続けます。

 日曜にウラジオストク便を見に行くと、ほぼ必ず見ることが
できるのがハルビン行きの中国南方航空で、3日の日曜も見る
ことができました。
 が、3日はデッキに向かう途中から見え始めた機体がいつも
と違いました。通常使用されているMD90なら垂直尾翼がT型
なのに、この日は普通の尾翼。明らかにMD90ではないことが
わかり、デッキに行ってみたらそこにはA320がいました。正直、
中国南方までもA320か、って思ってしまいましたが。

P10400721

 

 まさか今月から機種変更かと思い、新潟空港HPの時刻表で
調べてみたら時刻表ではMD90。おそらくこの日だけ機材変更
になったのかもしれません。
 1月の時刻表も発表されていたので見てみたら、4日の時点で
は1月はMD82になっていたのが、5日にまた見てみたらMD90に
なっていました。

 中国南方航空のMD90はしばらくは見ることができそうです。

P10400271

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

初雪でありながら

 すでに書いた通り、昨日、新潟市も初雪となりました。もと
もと雪の予報はあったものの、日曜朝になっても雨だったので
このまま雨なのかなと思いながらも、昼頃、いつのまにか雨の
音が聞こえなくなったので、もしやと思い外を見てみたら雪に
変わっていました。

 それでも初雪だし降ってもたいしたことないだろうと、出かけ
たのですが、夕方には昨日のところにある写真のような状況
になっていました。ちなみにお昼に出かける頃はこんな感じで
した。

P1040066_x

 

 今朝は雪のため念のため5分早発しましたが、会社には定刻
到着。つまり5分余計にかかったわけです。凍結はしてなかった
ものの、これまでの冬に体験してきた記憶もあるので気持ちが
スローになってしまいます。実際に車の流れも遅かったです。
突然の積雪だったのでまだ普通タイヤの車もいたみたいです。
うちの車は今年スタッドレスを買い替え。そのタイミングの関係
で2週間前からスタッドレスになっていました。でもまだワイパー
を冬用に変えていません。ギーコギーコうるさいです。

 今日も雪は降ったり止んだり。雪としては気温が高かったの
でべちゃべちゃした雪が夕方の時点で5~10cm程積もっていま
した。
 上の写真を撮ったアパートの駐車場ですが、帰宅時には結構
白くなっていました(車の中から撮影)。

P10707921

 

 スタッドレスで4WDっていうこともあり、さすがにこの程度では
走れますが、わだちがあったり、新しく作ってしまったり、駐車場
内で随分と滅茶苦茶な動きをしてしまいました。

 明日以降は気温が上がるようで雨になるみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

今日もツポレフはやってきた

 ウラジオストク航空のホームページによると、12月1日から
ウラジオストク~バンコク線就航、ウラジオストク~ソウル線
増便とのこと。増便となれば機材運用にも何らかの変化が
あるのでは?ということになり、さらに同じホームページに
よると、ロシア国内便や日本以外への国際便は機材がTu-
154、Tu-204、YK40が個々に記載されているのに対し、新潟
便だけはA320/Tu-204/Tu-154の3機種となっています(富山
便はYK40)。

 3機種記載されているということは204や154も来るものの、
A320も来るということ。さらに他地域への便にはA320の記載
がないところからするとA320は新潟便に優先的に使用されて
しまうのでは?と考えてしまいます。

 A320は定員的に手ごろなのか、新潟発着のANA便はプロ
ペラ機を除き、全てA320となっており、さらに新潟~上海の
中国東方航空もA320となっています。つまり新潟ではメジャー
となっている機材で、ここでウラジオストク便がA320になると、
ツポレフという注目機材から一気にメジャーな機材になって
しまうわけです。

 そんな12月1日以降、初のウラジオストク~新潟便となった
今日、やはり気になるということで空港へと向かいました。
(毎週行ってますが)

 午後から雪が降り始め、もしかするとデッキ閉鎖かもと思い
思いながらも今日はデッキに入れました。が、寒い。とても外
にいられる状態ではなく、ギリギリまで中にいました。

 14:15頃、黒い雲の中に光が見え始め、白い機体も見え始
めました。これだけ雲が黒いと白い機体はよく目立ちます。
ただ、この時点では154ではないことはわかるものの、はた
してA320なのか204なのか、という状態でした(写真の時点
では何となく204っぽい気がしましたが)。

P10400751

 

 近づくにつれ、今日は空港内に他に何もいなかったことも
あり、ツポレフ独特な音が聞こえてきて、204であることが
確信できました。そして着陸。ここまで来ると204とわかりま
す。

P10400791

 

 やってきたのはRA-64039。204がよく来るようになってから
まだ1回しか来たことがない機材がやってきました。

P10400811

P10400841

 
 12月になってからの初日となった今日はツポレフTu-204で
やってきましたが、ウラジオストク航空は日曜だけ見ていて
も機材を入れ替わりに使う傾向があるようです。なのでA320
が来る日も近々ありそうな気もします。逆に言えば204や154
も来る可能性があるということで、結局は日曜の日課は続く
ことになりそうです。

 余談ですが、空港デッキは屋根があるとは言え正面は日本
海。これから3ヶ月程は撮影が困難になるかもしれません。
今日はそんな冬を感じさせる日でした。
 初雪が降り始めたと思ったら、買い物を終えた時の新発田
市内の風景は・・・。
P10400861

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

白新線の3881レ

 昨夜、帰宅したのが遅かった関係で今朝は朝寝坊。いつも
のEF64重連の3881レは撮ることができませんでした。さらに
起きた時の天気は風雨。おそらく早起きしていたとしても今朝
は撮影は厳しかったかもしれません(天気に関してはこれから
3ヶ月程はつらいですが)。

 早朝の3881レは撮影できなかったものの、3881レはお昼頃
に白新線を通過する列車なので、通過時刻の11時頃を目指
して豊栄駅へと向かいました。

 天候の影響か若干ダイヤが乱れており、10:48発の「いなほ
6号」が8分遅れてやってきました。上沼垂色の485系です。

P10400581

 

 「いなほ6号」が8分遅れたため、豊栄で交換する下り普通
列車はずっと待たされていました。豊栄から新潟方面も、2駅
区間は単線なので、「いなほ6号」の8分の遅れは3881レにも
影響ありそうでした。もしも3881レが隣の早通まで来ていれば
早通で「いなほ6号」と交換となるので、6、7分後にやってくる
はず、と予想したものの、やってくることはなく、3881レより後
の下り普通列車と「いなほ3号」が先にやってきました。

 結局、「いなほ3号」通過後に、「貨物列車が通過します」と
いう放送が入り、30分近く遅れて3881レがやってきました。

P10400621

 

 牽引機は赤塗装のEF81-109で、後ろはコキばかりでした。
64区間の3881レに比べると変わり編成ではなかったですが、
コンテナが6個しか乗っておらず、ほとんどコンテナなしコキ
ばかり。意外と見ない編成かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »