« 横軽時代の名残 | トップページ | 引き続き204とA320 »

2006年12月17日 (日)

高崎機関区へ

 昨日は関東の天気も良さそうだったので、高崎機関区を見に
行くことにしました。今回もえちごツーデーパスを買いましたが、
この切符は上越線は越後中里までがエリアなので飛び出しが
随分大きくなるものの、帰りの飛び出し分(帰りは長野経由)
を含めても普通に切符を買うよりは安くなるようなので、この
切符+飛び出し分で行きました。

 その前に、いつもの3881レです。先週の3重連で妙な期待を
持つようになってしまいましたが、今回は-1022+-1045の更新
色重連でした。

P10402141

 

 3881レの通過直後にタイミングよく上越線水上行きがやって
きます。この列車、通常は越後中里行きなのですが、休日は
水上行きになります。上越線の列車はほとんどが長岡始発で
ある中、この列車は信越本線から直通、しかも始発は越後線
吉田で吉田発新潟経由水上行きというさりげない長距離普通
列車だったりします。
 水上で高崎行きに乗換え高崎へと向かいました。

 高崎ではさっそく高崎機関区へ。横軽通いをしていた頃に、
歩いていったことがありますが、駅からはちょっとあるかなと
いう場所にあります。訪れるのはたぶんその頃以来かと思い
ます。

 踏切があり、踏切にいちばん近いあたりにいれば正面から
撮ることができるものの、そこにはEF65しかいませんでした。
EF65の向こうにEF64-1000の溜りがあったので、眺めながら
いちばん端(駅から遠い方)まで行き、戻りながら撮影をして
きました。

 まずは-1034(左)+-1028(右)の更新コンビ。手前に高崎
線の本線があるため、柵が入ってしまったり架線柱が入った
りしますがこれは仕方ないです。

P10402251

 

 続いて何両か集まっている溜りに。左から-1009、-1014、
EF65-1022、-1005です。-1009とつながっているのは番号を
見てくるのを忘れました。

P10402301

 

 微妙に塗装が違う-1009は初登場です。

P10402381

 

 この溜りを反対から見たのがこちら。-1023と-1006です。
間に挟まっているのを案外撮っていないことに気づきました。

P10402431

 

 そして、この溜りから少し離れたところに1両ポツンと、1両
しか存在しない塗装機-1015がいました。この塗装機の撮影
も初めてです。いい場所にいてくれたかなと思います。

P10402571

 

 奥の方にも何両かいましたが、更新機ばかりだったことも
あり撮らなかったです。溜りの中にもう1両原色がいたように
も見えましたが確認できなかったです。原色は朝の時点で
東新潟にも1両いました。

 ここまではEF64-1000ですが、せっかくなのでそれ以外も
撮りました。
 唯一のEF60であるEF60-19。横軽廃止直後にレインボー
色のEF65とプッシュプルで横川にやってきたのを撮ったこと
がありますが、意外と写真は少ないです。

P10402241

 

 EF64-1015の横にはEF65-501が。この塗装は貨物を含め
ても減ってしまいましたね。

P10402491

P10402521

 

 帰りに踏切のところから3両のDD51を撮影してきました。

P10402581

 

 本線が間に入ってしまうものの、道路から眺められるので、
結構いろいろ眺められることがわかりました。

 時間的にちょうどよかったので、帰りに新津で3880レを撮影
しました。3881レの返しなので更新重連が来るのはわかって
いたものの、先週と同じアングルで撮影しました。

P10402921

|

« 横軽時代の名残 | トップページ | 引き続き204とA320 »

コメント

1009、1015。抑えられましたか。
おめでとうございます。

次は走行を抑えられるといいですね。
1009は山運用にいるので可能性は高いかと思われます。

投稿: HANSEN | 2006年12月19日 (火) 02時30分

 こんにちは。
 これで撮影済EF64-1000は38両になり、岡山を除くとあと
9両となりました。走行シーンで先頭に立つという条件
になるとまだまだ少ないです。
 3881レで後ろにつながっていたのが3880レで撮ることが
できることがわかったので、残しやすくなったかもしれま
せん。

投稿: GO | 2006年12月20日 (水) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/13096993

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎機関区へ:

« 横軽時代の名残 | トップページ | 引き続き204とA320 »