« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

羽田撮影、続き

 日曜の羽田撮影はいきなりチャングム塗装のアシアナ航空の
撮影から始まりましたが、引き続き第1ターミナルのデッキから
撮影をしました。

 この日は着陸側となった第2ターミナル側滑走路にリゾッチャ
塗装B747が着陸。

P10608211_1

 

 第1ターミナル側滑走路から黒いA320が離陸。

P10608251

 

 これも女優さん塗装機と言えないこともないサキトク塗装機。
この塗装機、羽田、伊丹に行くとたいてい見ることができます
が、何機かいるのでしょうか。

P10608291_1

 

 こちらはSTAR ALLIANCE塗装機。

P10608341

 

 離陸機の方を見てばかりいましたが、第1側をふと見るとポケ
モンカラーが降りてきていました。

P10608441

 

 この後も多数撮影しました。ひとまず、その中からの3枚です。

P10608581_1

P10608631

P10608671_1

 

 ここで気分を変えて第2ターミナルに行ってみようということに。
地下通路を通って第2ターミナルのデッキへと上がりました。
こちらのデッキはフェンスが高いので穴からカメラを出しての
撮影になります。
 目の前に金色のB737がいたので撮影。

P10608741

 

 鶴丸です。

P10608801

 

 第1ターミナルにいる時は見かけなかったのがB777-300。この
日、初の撮影です。

P10608831_1

 

 ANAの方も。

P10608861

 

 ここで失敗に気づきました。チャングム塗装のアシアナ航空が
動き出していたのです。動き出した機体は第2ターミナルの前を
通らずに第1ターミナル側の滑走路へ。このままでは見ることが
できないので、ここで無駄なチャレンジャーをしました。きっと
誘導路が渋滞して離陸まで時間がかかるはずだと、勝手に無駄
な期待をして再び第1ターミナルのデッキへ。

 デッキへ上がると、そこにはアシアナ航空が・・・、いるわけあり
ません。代わりに大韓航空がいたので離陸を撮影し、この日の
撮影を終えました。

P10608911_1

 

 この日はANAのシステムトラブルで空港は混乱していたのです
が、そんな混雑に気づかずにターミナル間を1人往復していまし
た。

 チャングム塗装機、次は目の前で撮れればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

羽田撮影、チャングム塗装機

 日曜の午前中、羽田空港で撮影をしました。

 羽田空港は第1ターミナルと第2ターミナルがあり、それぞれ
に展望デッキがあります。どちらも滑走路に面した部分は柵が
高く、撮影は柵の穴からという撮りにくい環境になっているの
ですが、第1ターミナル側には滑走路からはちょっと遠くなる
ものの、柵が低く、第1側、第2側両方が撮影できる場所があり
ます。今回はそちらへと向かいました。

 撮影場所に着いて撮影開始というところで、第2ターミナル側
に着陸機が見えました。過去2回の羽田撮影時は第1側に着
陸、第2側から離陸でしたが、今回は初の逆パターンでした。

 その着陸機はあまり馴染みのない塗装。ひとまず撮影して
みましたが、どうやらアシアナ航空の新塗装機のように見えま
した。到着するなりいきなり国際線でした。

 そのアシアナ航空、新塗装機の撮影も初めてでしたが、機体
後部に何か描かれていました。人のような・・・。なんと韓国
ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」の主役、チャングムの姿
をしたイ・ヨンエが描かれている塗装機でした。チャングムは
昨年、毎週見ていた番組だけにいきなりこの塗装機を見ること
ができたのはラッキーでした。

 残念だったのは1機目ということでアングル慣れする前だった
ので、まともなアングルで撮影できなかったということです。

P10608121

P10608151

P10608171_1

 

 この後、2時間以上撮影をしました。続きは後日に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

EF64~大宮工場公開

 26日土曜は大宮工場の公開でした。新横浜でのライブは夕方
からということで、大宮で下車し工場へと向かいました。

 その前に朝早いうちに出かけるのならと、いつもの3881レの
撮影と東新潟のEF64-1000チェックをしました。
 東新潟のチェックは走行中の白新線車内からです。2ペア4両
のEF64-1000がいました。どちらも原色+更新で、原色は-1053
と-1006。バラバラに来るのなら一緒に来てほしいですが。

P10607061

P10607071_1

 
 3881レは越後石山で撮影です。こちらは更新色重連、-1045と
-1020でした。

P10607101

 

 撮影後、新潟に戻り新幹線に乗車。この時間だと1本ずらして
後から出る「Maxとき310号」に乗った方が先に東京に到着する
ものの大宮は通過。これでは工場に行けないので「とき308号」
に乗車しました。308号は高崎までの各駅と熊谷、大宮、上野の
停まります。と放送が入りますが、本庄早稲田以外の各駅停車
です。

 大宮に到着、工場へと向かいましたが、駅を出るとすぐ入場
列に追いつきました。まさか列ができているとは思わず、結局
入場まで30分ぐらいかかったかと思います。

 入場後、イベント関係は素通りし車両展示場所へ。その展示
場所に入るとEF66-11とEH500-2がいました。EH500-2にはコキ
が連結されていてコキには懐かしい塗装のコンテナが。

P10607171

 

 注目車両はその隣にいました。昨年末、原色塗装を撮影でき
たものの、最近、更新改造のため工場入りしていたEF64-1040
です。ボディだけの状態でボディもほとんど無塗装状態でした。

P10607311

 

 その隣にEH500-3が半分だけいました。連結面は普段はなか
なか見ることができないですね。

P10607341

 

 EF75-1034は片側だけナンバープレートが外されており、何か
物足りない顔に。

P10607411

 

 EF65-1082には「あけぼの」のマークが付いていました。

P10607441

 

 先程のEH500-3の残り半分です。

P10607561

 

 EF64-61は更新色。工場内に入っていました。

P10607611

 

 工場内の端にEF64-1008がいました。ATS-PF改造のために
入場しているみたいです。

P10607751

 

 屋外ではDD13-1、ED17-1、C57+旧客が展示されており、離
れた場所に455系がいました。

P10607851

 

 なんやかんやで1時間半ぐらいいて、工場を離れました。

 大宮からは新宿に向かい、新宿からは別な目的もあったため、
八王子経由で新横浜へと向かいました。
 八王子にはEF64-1002がおり、横浜線ホームの先端から撮影
することができました。

P10608081

 

 ようやく-1002撮影でEF64-1000は42両撮影。なかなか抜けて
いる号機が撮りにくくなってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

ライブ、鉄、空な2日間

 この2日間はライブメインの遠征でしたが、前日の時点で土曜
に大宮工場の公開があることを知り、急遽日程に組み込みまし
た。写真は後日紹介しますが、機関車が普段見ることができ
ない姿で展示されていたりしました。注目は更新改造中のEF64
-1040で原色、更新色のどちらでもない状態に。

 土曜のライブ前はこういった鉄道趣味をしてましたが、今日
日曜は飛行機撮りに羽田空港に行っていました。こちらも写真
は後日紹介します。

 ライブはあゆ横浜アリーナ2連チャンで、土曜の公演はすでに
書いたように接近。今日はやや離れたものの、もちろん充分な
ライブでした。
 今日は17時スタートと夜の公演にしては早かったのですが、
公演時間はいつもだいたい2時間半で今日も終了は19時半。終演
後、会場でのんびりしてしまうと1万人の波が押し寄せてきて駅
までが混雑してしまい時間がかかってしまうので終演とともに
ダッシュで会場を離れました。余韻を味わう暇もなかったです
が、日曜公演はたいていこうなります。

 乗っている上越新幹線、とても混んでいてデッキ立ちです。
ライブ、鉄道、飛行機と満載な2日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

1年ぶりド接近

 ライブチケットに1列と記載があれば、その席はほぼ間違い
なく最前列ですが、そうでない場合でもステージ構成によって
は最前列になることがあります。

 今日はそれに近いパターンで、チケット見ただけではピンと
こない席でありながら実質前から2列目でした。

 ていうわけで約1年ぶりにあゆにド接近。たぶん半径5mの円内
には入ったかと。

 姿くっきりでした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

ダリアビア、ギリギリ

 今日もダリアビア撮影にチャレンジしました。

 会社を出たのが17:20過ぎで、以前行った時よりも遅く出たの
ですが、この影響か渋滞が長かったです。もちろん交通事故
にはあいたくないので、だめだったら諦めというペースで行き
ました。

 ハバロフスク便の出発は17:40ですが、この時刻には絶対に
出発しないだろうと思ってしまえるのは、ある意味、ロシア便を
信じているというか・・・。

 渋滞が続く中、最後の難関、空港にいちばん近い阿賀野川
の橋(松浜橋、900m程あります)にさしかかったあたりで、空港
の中をT型尾翼の機体が動いているのがちらっと見えました。
土手の方に向かって移動しているように見えたので、こちらが
土手に着く頃には離陸してしまっているだろうと思い、この時点
で一旦諦めました。

 でも念のためと思い土手へと向かったのですが、着くと同時
にA320が土手の方に向かって離陸して行きました。となると橋
から見えた、T型尾翼機が空港内を土手の方に向かっていた
というのは見間違いのようで、浜の方に向かっていたということ
になります(でないと時間的にA320とあわないので)。
 そう思って雨で薄暗くなった空港内を覗いてみたら、滑走路
の向こうの方にライトが見えました。この時、ハバロフスク便は
もう行ったと思っていたので、カメラを車の中に置いていたので
すが、慌てて持って来ました。

 あと1分遅かったら間にあわなかったギリギリの撮影になりま
したが、晴れていれば今の季節は明るい18:10頃も、雨では薄
暗く、シャッタースピードもかなりギリギリでした。
 1/40でなんとか撮った写真です。レジは読みにくかったです
が、たぶんRA-85802かと。

P10606961

P10606971

P10606991

 

 ダリアビアも4月下旬頃から154が復活しつつあるようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

次回フライト予約、福岡へと

 すっかり飛行機に乗る機会(もはや趣味というべきか)が
多くなりましたが、次回のフライトの予約をしました。

 次回は6月9日に福岡へ。目的はというと、やっぱりあゆ
ライブだったりします。遠路はるばるとなりますが、今回の
ツアーファイナルだし、あゆファンにとって福岡は特別な地
でもあるので。

 帰りはルートを含め、今現在決められないので復割は使
わないで特割7を使いました。

 福岡空港は一昨年、仕事で1回、昨年、あゆライブで1回
利用していますが、一昨年はまだいっぱいいっぱいな状態
で飛行機乗ってたので帰りは陸路帰ったし、昨年はライブ
を見た翌朝7:35の新潟便(早起きだった)で帰ってしまった
ので、福岡ではまだまともに飛行機見ていません。
 今年は見れればと思いますが。

P10602021

  ↑ 昨年4月、福岡から乗ってきたA320を
    新潟空港のデッキで撮影。
    この時がデッキデビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

フィルム一眼出動

 昨年7月に現在、愛用のPanasonic Lumix DMC-FZ30を購入
後はそれまでのフィルム一眼Nikon F-601とコンパクトデジカメ
Panasonic DMC-FX7の利点をあわせ持ったカメラということも
あり、F-601の出番がなくなっていました(FX7はいつもカバン
に入れており、時々使用します)。

 そんなF-601が先週末、久しぶりに登場しました。撮影目的
は鉄道でも飛行機でもありません。姉の結婚式でした。当初、
FZ30での撮影を考えていましたが、うちの人からフィルムの方
が焼き増ししやすい(店頭のパソコンでデジカメプリントはちょ
っと、という世代ということもあり)という連絡があり、急遽、F-
601の出番となりました。

 1994年に購入したF-601、もちろん使い慣れているわけです
が、昨年6月を最後に使っていなかったし、撮ったらその場で
成功したかどうかがわかるデジカメに慣れてしまったこともあり、
フィルムカメラ1台では若干不安。結局、当日は2台併用となり
ました。

 デジカメが普及した今、結婚披露宴ともなるとかなりの人が
コンパクトデジカメを持っていました。さらには携帯までも登場、
携帯もカメラに含めると会場にかなりのカメラがあったのでは
ないかと思います。

 そんな中、一眼級のカメラを持っていたのは会場専属のカメ
ラマンの方と2人だけ。さらにカメラ2台を背負っていた人間と
なるとただ1人でした。カメラに関しては新婦弟が最も豪華だっ
たようです。逆に新婦弟(身内)だったから、会場内をあっち
行ったり、こっち行ったりしながら撮影できたのかもしれません
が。

 しかし、会場でカメラ2台を背負っていると、撮影回数は2台分
じゃ済まなくなってしまいます。「撮ってください」と何台のカメラ
を手渡されたことか。
 そしてこういうカメラを持つと自分が写りません(あまり写る方
は得意ではないものの)。親戚の人が「撮るよ、どうするの?」
って言うのでシャッタースピード、絞りを合わせた状態で渡しま
したが、みなさんF-601の重さにびっくりのようで。

 F-601、FZ30とも当日の写真はプリント済みですが、デジカ
メもよく写っているものの、フィルムの方がやはり綺麗に写っ
ています。フィルムも良さを再認識した瞬間でした。
 久しぶりの室内撮影もうまくいったかなという結果でした。

 フィルムの良さを感じたと言っても、今からフィルムカメラの
増備は考えていないので、購入から13年となるF-601が今後
も唯一のフィルムカメラになりそうです。もちろん大切にしたい
ですが、まだまだ現役、時々は出動させたいですね。

P10806211

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

ツポレフ、続きます

 Tu-154Mが再び毎週のように見られるようになったのは嬉し
いことですが、5月に入ってからの日曜ウラジオストク便はある
ことが続いています。

 20日日曜もウラジオストク便撮影のために土手へと向かい
ました。13:50頃、中部国際行きのF50と伊丹行きのダッシュ8
が続いて出発します。今回はこんな背中合わせの写真になり
ました。

P10606711

 

 この後、ハルビン行きのA320を見送ってからウラジオストク
便の到着になるのは変わらずで、この日はそれほどの遅れも
なく、煙と轟音とともにTu-154Mがやってきました。そして撮影。

P10606761

 

 撮影後、レジ番を確認するとRA-85837。5月に入ってからの
日曜ウラジオストク便で続いていることはRA-85837であると
いうことです。もちろん154なので塗装が同じなら何番でもいい
ですが。

 今回はずいぶん緩やかに降りてきたように思えました。土手
からの高さもなんか低い気がします。

P10606771

 

 離陸はデッキで撮影しました。先週もアップで撮影しましたが、
今回はエンジンも入れて撮影。

P10606901_1

 

 離陸は頭の部分だけにしようとしましたが、最もズームにして
もこの大きさまででした。

P10606921

 

 今度はどこをアップしてみようかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

スーパーレール

 走らせて遊ぶ鉄道(この場合は電車のと言うべきかも)の
おもちゃというと、現在も売られているプラレールが知られて
いると思いますが、現在30代で、子供の頃鉄道が好きだった
方なら知っているのではないかと思われる物がうちに実家に
残されています。

 こちらがプラレールと同じトミーから当時発売されていた
スーパーレールです。小学生の頃はこれで遊んでいました。
ちなみに中学生になってからNへと飛躍しています。

P10606551

 

 このスーパーレール、プラレールとは異なり線路は本物に
近い形状をしています。ポイントも分岐タイプや写真のような
渡り線タイプがありましたが、これもおもちゃにしては結構
リアルでした。

P10606561

P10606671

 

 踏切は車両がのると閉まるタイプです。これはプラレールと
同じです。

P10606691_1

 

 車両はというと、線路にあわせたフランジ付の車輪になって
います。ワムは扉を開けることができました。

P10606571

P10606631

 

 ボギー台車の車両も貨車、客車、機関車にありました。

P10606591

P10606641_1

 

 そういえばうちは電車が少なかったです。唯一151系があり
ましたが、ダンボールの下の方になっていました。この151系
は全長がずいぶん短い2軸車でした。初期の頃の電車は2軸
でしたが、後年はボギーの電車も売られていました。

 スーパーレールは電池が搭載されていて、車両にスイッチ
が付いているというのはプラレールと同じですが、自動的に
走行方向が変わるという優れものでした。
 写真のリターンレールというものが存在し、レバー操作で
レール間のグレーのところが持ち上がると、くの字型の突起
が動力車下部のスイッチを切り換えます。そうするとモーター
の回転が逆になって、車両が反対方向に走り始めるという
ものでした。ただ、アクセル全開のままバックギアーに入れる
ようなもので、今考えてみると車輪にはかなり負担がかかっ
ていたと思います。

P10606651

P10606661_1

 

 他に自動開放レールもありました。このレールを通過する
と連結器が持ち上がって貨車、客車を切り離すというもので
した。逆に自動連結もできました。

 あとED75だったかと思いますが、レール上にパーツをはめ
込むことで速度を2段階に切り換えることができたかと思いま
す。リターン、開放も上の専用レールの他に、レール上にはめ
込むパーツがありました。

 今にしてみれば子供向けにしては凝っていたなと思います。
実家に保管されており、この週末の帰省の時にひっぱり出し
てみたものの、はたして走るかどうか、そちらは試していませ
ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

モハ2229+2230完成

 ゴールデンウィークに大阪に行った時に入った模型店で、
未だに1両のままであった新潟交通モハ2229のペアであるモハ
2230が出てくることを祈りつつ、久しぶりに鉄コレを2個買って
みました。
 でもここでシークレット状態で鉄コレを買っておきながら、その
後に行った中古模型店で中身がわかる状態でモハ2230が売ら
れていたので、そちらも買ってしまいました。ひとまずモハ2229
+モハ2230の編成が完成です。

P10605831_1

 

 これで新潟交通はモハ51+キ100と合わせて4形式に。いち
ばんメジャーだった形式がないです。

 ちなみにシークレットで買った2両のうち1両は小田急デハ22
14、もう1両は新潟交通モハ2229でした。中古を買っていなかっ
たらモハ2229が2両になるだけでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

大阪、空港間移動

 10日ほど前の大阪遠征の話題が1つ残っていました。

 2泊3日の大阪滞在の最終日5日は、すでにアップしたように
関空で撮影した後、伊丹から新潟まで飛行機で戻ってきまし
たが、空港間移動は鉄道を利用しました。

 まずは宿泊していた泉佐野から関西空港へ。駅に到着した
時、ちょうど空港急行は行ったばかり。次の空港行きはラピ
ートで空港急行は20分以上待ちになることに。実はこの時点
では泉佐野から関西空港までの短い区間をラピートで行くの
は勿体無いと思っていたのですが、ホーム上の特急券券売機
を見たら特急料金は100円とのこと。では、ということで特急券
を買いラピートに乗車しました。

P10602431

 

 関西空港までの路線は大阪に到着した日と10年ぐらい前に
乗っただけですが、すべて夜間。昼に乗るのはこの時が初め
てでした。

P10602451

 

 関空展望デッキでの撮影後、伊丹へと移動するため、今度
はJRの「はるか」で新大阪に向かうことにしました。「はるか」
は初めて乗車です。
 ショートカットする区間は乗りつぶしから外れており、西九条
から新大阪までの区間もこれまで乗ったことがない区間でした。
「はるか」とともに初乗車です。
 「はるか」は京都行きですが、地下鉄への乗換えのため新
大阪で下車しました。

P10603201

 

 新大阪からは御堂筋線、北大阪急行、モノレール経由で伊丹
空港へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

85837が連続で

 14日日曜は早朝にEF64撮影をしましたが、午後はいつも通り
空港へと向かいました。

 14:10過ぎ、今日は早着気味な時刻に煙が見える機体が見え
てきました。この煙が見えたら154であることは決定です。

 いつもとは違う撮影をしてみたいと思いながらも、同じような
アングルになってしまいます。やってきたのは2週間連続でRA
-85837でした。

P10605551

 

 154はスタイルとサウンドは何回見たり聞いたりしてもよいので
毎週のように見に行っていますが、どうも写真が同じようなもの
になってしまっています。なので今までにないアップで撮ってみま
した。

P10605601

 

 そして、お昼を食べに入ったお店から尾翼を。

P10605631

 

 今回は空港のみとし食事後再びデッキへ。最近よく見るように
なりましたが、なぜか逆向きに押し出されて自力で180°向きを
変えていました。

P10605721

 

 向きを変えて土手の方へと向かっていき、ウラジオストクへと
離陸していきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

早朝のEF64撮影

 昨日は3:30起床ができなかったですが、今朝はしっかりと
アラームをセットし3:30に起床しました。そして昨日行った東
新潟付近の撮影場所へ。

 日の出時刻が早い季節しか撮影できない2093レと2081レ
を撮影するためですが、2093レの東新潟(新潟貨物ターミ
ナル)の到着は4:40頃。東新潟付近では4:40頃の通過になり
ますが、いつもの荻川~亀田だと10分ほど早くなってしまい
ます。日の出時刻が4:35なのでこの10分差は大きく、結局、
東新潟付近に向かうことにしました。

 到着すると赤いEF81が単機で通過。

P10605261_1

 

 そして4:35~40頃にEF64-1000の姿が見えてきました。20
93レです。もちろん重連ですがどちらも更新機、1033と1007
のペアでした。昨日のEF510のアングルよりも下の写真よう
なアングルの方が機関車狙いとしてはよいようです(編成
全てを入れることはできないものの)。明るさ不足でこんな
感じになってしまいました。

P10605281

 

 続いて5:00ちょっと前に同じくEF64-1000重連の2081レが。
こちらも両方とも更新機、1018と1023です。2093レとはわずか
20分差ですが明るさが随分違います。それでも1/20、流れて
しまいます。

P10605301_1

P10605311

P10605321_1

 

 ひとまず昨日撮影できなかった早朝EF64は撮影できまし
た。今日は雨に近い曇りでやや暗かったし、日の出時刻は
まだ早くなるので、梅雨に入る前に再チャレンジできればと
思います。あと荻川~亀田でも撮影したいですね。ここだと
2093レと2081レの間に「ムーンライトえちご」が撮影できます。

 この場所での撮影後、新潟車両センターの中を門から覗い
てみたら、昨日まで動きのなかったクハ181が保存されてい
た建屋の外に出ていました。どうやって出したのかが謎です。

P10605391_1

 

 3881レまでは2時間ほどあったので加茂まで行くことにしま
した。加茂の撮影地は以前にも行ったことがある蒲原鉄道の
廃線跡のところです。
 「ばんえつ物語」回送牽引機の回送、421M、3881レと撮影
しました。
 「ばんえつ物語」回送牽引機はEF81が。

P10605421_1

 

 421Mはこの区間では少数派のE127系です。

P10605431

 

 3881レはこちらもまた更新機、1045と1020のペアでした。
貨車がコンテナなしのコキ1両だけという過去最短の編成で
やってきました。

P10605441

 

 通過後、ダメもとで荻川~亀田へ。3881レは新津で15分程
停車するので、もしかすると追い抜けるかもと思って行って
みましたが、結果は5分程先に到着できました。ただ、信号の
状況によっては間にあわないので、あまりやらない方がいい
ようです。
 今日は機関車含めても3両(機関車の方が多い)だったので
3両全体を側面から撮影できるのでは?と思って撮ってみまし
たが3両全体は無理でした。でも重連は撮影できました。架線
柱が入っていますが。

P10605471

 

 今朝は3本のEF64-1000貨物を撮影でき、3881レに関しては
2回撮影をしてしまいました。6月、今日よりも明るい環境で再び
撮影ができるようになることを期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

64早起き失敗~撮影地開拓

 今朝はEF64-1000撮影をしてきました。もちろんいつもの
3881レも狙いでしたが、それより早い時刻である4:30~5:00
ぐらいに上越線貨物が2本あるようで、今日の新潟の日の
出が4:36であったため、多少の流し撮りになってもこの2本
から撮影するつもりでした。

 ということで昨夜は目覚し時計を3:30にセットして寝ました。
ところが時刻を合わせたのにアラームがONになっていなか
った、という悲しい失敗をしてしまい、起きたら4:30。もはや
手遅れです。普段はアラームはONのままなのですが、前日
が外泊だったためOFFになっていました。それと普段はCD
と携帯目覚しも併用するのですが、1つ鳴れば起きるだろう
と過信してしまったのも失敗でした。
 しかし4:30に起きられた自分っていったい?

 さらに悔しかったのは4:30に外を見てみたら、充分明るか
ったということ・・・。う~ん残念。でもおそらく7月ぐらいまで
なら大丈夫でしょう。

 前置きはこのくらいにして、せっかく早起きしたので3881レ
を荻川~亀田に撮りに行きました。
 まずは4059レを撮影。EF81-116でした。

P10605101_1

 

 続いて3881レ、EF64-1004+1036の更新機ペアでした。

P10605121_1

 

 携帯にこれまで撮影したEF64-1000の号機がメモされて
いるのですが、1004は○1→○2(○は号機がわかる写真が
ある)となりました。1036は△1(△は写真では号機がわから
ない)だったので△2にしようと思ったら、△1の横に「1036
国鉄」とありました。ついに原色、更新色の両方を撮影した
号機が登場したようです(どちらも△ですが)。ちなみに1036
国鉄は昨年8月19日に長岡機1032とペアで来たプレミアな
1枚に写っています。

 個人的には下回りを隠す木とかはそれほど気にしないの
ですが、確実に1本育っているようです。

 もう1本、4071レは場所を変えてみました。先週、クハ181の
展示会に行った時、新潟車両センターの入口付近に貨物線
の撮影ができそうな場所があったのでそこに行ってみること
に。
 結果は下の写真のようになり、見上げポジションで、手前に
草がたくさんありますが、機関車は撮ることができそうです。

P10605161

 

 さらに側面も撮れるようで。

P10605171_1

 

 ありがたいのは朝、順光なのと、東新潟に近いため時刻が
遅くなり日の出ギリギリの場合は有利ということです。ただ車
の置き場の関係で長居はできなさそうです。

 越後石山~東新潟の貨物線沿いでの初撮影となった4071
レですが、さりげなくEF510に変わっていました。

 最後に先週見たクハ181はどうなったかと新潟車両センター
の門のところから見たら、まだ引っ越していませんでした。

P10605201_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

あゆライブへ

 昨日は横浜アリーナであゆライブがあり、平日でありながら
行ってきました。

 今回のツアーはアジアツアーということで3月にさいたまで
2公演行なった後は、台北、上海、香港で公演を行なっていた
のですが、さすがに海外はパス。となると最初のチケット申込
の時点では土日に絞ってしまうと、さいたまの次は6月の福岡
になってしまい、それでは3ヶ月も空いてしまうので、昨日の
横浜も申し込んでしまいました。ちなみに平日公演は名古屋、
大阪でも行なわれますが、この3ヶ所だったらやはり横浜にな
ってしまいます。

 今回はこの遠征のため、午後半休と午前半休を組み合わ
せました。これまでも休暇を取ってあゆライブに行ったという
ことはありますがこのパターンは初めてです。12時まで会社に
いて、翌日の13時から仕事、その25時間の間に横浜まで行っ
てライブ見て帰ってくるというのはある意味、ハードなライブ
遠征だったかもしれません。「ムーンライトえちご」で戻ってき
て朝から出勤というのは体力的な面でやらなかったです。

 すぐに上越新幹線に乗ることができる地域に宿泊できた方
が今日が楽になりそうだったので昨夜は高崎に泊まり、今朝
は下り始発の新幹線で早々帰ってきていました。
 カメラも持っていっていましたが、昨日の新横浜到着は18:
15頃で開演が18:30。行きも帰りもいっぱいいっぱいで使う余
裕なかったです。

 慌しい遠征でしたが、やはり生で見るあゆ(って遠かったの
でほとんどスクリーンで見ていましたが)、生のあゆの歌声は
すばらしく、行ってよかったです。

 これが横浜アリーナではなく、さいたまスーパーアリーナだ
ったら日帰りできていたと思いますが、9日、10日と午後半休
取って2往復、2公演見ていたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

水間、南海、阪堺線乗車

 4日金曜は泉佐野からライブ会場へと向かいました。ライブ
会場は四ツ橋付近にあるので泉佐野からなら南海と地下鉄
だけで行けてしまうのですが、大阪はまだまだ乗っていない
路線が多く、やはり乗りつぶししながら行くことにしました。

 泉佐野からは南海でまずは貝塚へ。ここから水間鉄道に
乗りました。水間鉄道は20分に1本。若干待ちましたが、しば
らくしてステンレス製の車両がやってきました。やはり最近は
こういう車両が各地で増えているようです。

P10602111_1

 

 路線はそんな長くなく乗車時間も短かったです。終点の水間
は味わいのある駅舎でした。

P10602131_1

 

 水間では駅舎を撮影しただけで、乗ってきた列車に再び乗り
貝塚へと戻りました。
 貝塚からは南海で羽衣へ。乗った列車は各駅停車でしたが、
途中の泉大津で追い抜きがあったので乗り換えました。追い
抜き列車は2本あり、まずはラピートが通過。なかなか独特な
顔ですね。

P10602181

 

 次の急行で羽衣へ。羽衣から高師浜線に乗り換え、高師浜
まで往復してきました。
 往復後、隣の浜寺公園へ。その前に羽衣で見た南海の車
両が昭和39年製と古いことを知り、思わず撮影してしまいまし
た。

P10602241

 

 浜寺公園からは浜寺駅前まで行き阪堺電気軌道へ。阪堺
電気軌道には2路線あり、この阪堺線ともう1本上町線がありま
す。上町線と阪堺線の恵美須町側はすでに乗車しているので
すが、浜寺駅前側は初めてです。今回は浜寺駅前から恵美須
町まで乗り通しました。

P10602371

 

 恵美須町からは食事をしたり日本橋を歩いたりしてからライブ
会場へと向かいました。

 ライブ後は心斎橋まで行き、道頓堀のあたりまで歩いた後、
お好み焼きを食べ難波へと向かいました。宿は同じ場所なので
この日も泉佐野です。特急の空席状況を見たら空席ありだった
ので、せっかくということラピートに乗ってみました。

P10602401

 

 独特な顔をしていますが、乗ってしまえば特別な感じはなかっ
たです。あえて言えば窓が楕円形ということぐらいでしょうか。
 泉佐野までは30分少々。やはり速かったです。このまま関空
まで行けましたが、翌日行くということで泉佐野で下車、宿へと
戻りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

伊丹から泉佐野へ

 今回は大阪に2泊しましたが、空港に近いあたりや大阪環状線
周辺の宿はネットで調べた限りでは空きなし。範囲を大阪全域
にしたら岸和田と泉佐野に1つずつ空きがあり、値段が安かった
泉佐野の宿に泊まることにしました。

 伊丹空港からはモノレールに乗車。泉佐野に行くのなら千里
中央で降りて北大阪急行~御堂筋線でなんば、そして南海に
乗り換えるコースになるのかと思いますが、千里中央乗り換えは
昨年乗っているので千里中央では降りずに門真市へ。門真市
から京阪で京橋へと向かいました。

 京橋で食事後、新今宮に向かい南海に乗るつもりでしたが、
直後にちょうど関空快速が来る時刻だったので、こちらに乗車
することに。
 待っている間に青い201系がやってきましたが、前面幕は大阪
環状線。いずれはオレンジになるのでしょうか。

P10602081

 

 関空快速に乗車し、泉佐野に行くルートを検討しましたが、
接点はりんくうタウンまでなし。携帯で時刻を調べてみたら、
どうやら終点の関西空港まで行っても乗ることができる南海の
列車は同じになるみたいだったので関西空港まで乗って行き
ました。予定外の関西空港入りとなりましたが、遅い時間だっ
たので様子見はせずに南海の空港急行に乗車、泉佐野に
到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

新潟撮影後、伊丹入り

 大阪遠征の話題に戻ります。

 3日は夕方の伊丹便で大阪に向かいましたが、木曜ということ
で大阪に向かう前にウラジオストク便も撮影しようと、早めに
空港へと向かいました。空港に車を置いておけば料金はかかる
ものの土曜に戻ってきてから行動しやすいため、車で空港に向
かったのですが、これが大失敗。連休ということで空港駐車場
が満車で駐車場入口が閉鎖されていました。

 これでは空港に入れないので、ひとまず撮影のために土手に
向かいました。伊丹便は17:50出発で、ウラジオストク便は14:20
到着、15:50出発。離陸は見ることができないものの着陸を見て
から一旦帰宅して列車とバスで出直しても大丈夫そうだったの
で、着陸だけ土手で見ることにしました。

 土手に着いて空港の方を見ると中国国際航空のB737が。30
日にピンボケしてしまったので再チャレンジとなりました(結果
的には6日にも見ることができましたが)。

 その前に中部便と伊丹便がほぼ同時に出発。大空港では
飛行機が並んで誘導路を進むシーンや滑走路の手前で待機
するシーンが見られますが、この日、新潟でもありました。前
がフォッカー50、後ろがD84、大空港ではないシーンかも。

P10601681

 

 前を行くフォッカー50がなぜか待機。海上保安庁のプロペラ
機が近づいていました。この瞬間はプロペラ機が3機です。

P10601711

 

 続いてフォッカー50が離陸。D84は待機です。

P10601741

 

 10分程して中国国際航空B737が離陸して行きました。今度
は撮影成功です。

P10601831

 

 ウラジオストク便はほぼ定刻にやってきました。でも久々に
登場のTu-204(RA-64026)。離陸は諦めがつきました。

P10601931

 

 ウラジオストク便撮影後、念のため、再度空港に行ったもの
のやはり満車。諦めて帰宅しました。家で30分程休めましたが、
今度は列車で新潟駅へ。新潟駅からバスで空港へと向かいま
した。
 空港到着は17時頃。中華航空B737がいたのでデッキから
撮影後、何となく緊張しちゃう検査場をさっさと通過しました。

P10601981_1

 

 伊丹便はA320で、使用機材も札幌から無事に到着しました。
あとは出発のみ。土手から浜に向かっての離陸で左側窓席だ
ったのでしばらく新潟の街並みを眺めることができました。でも
飛行機はやはり速く、しばらくして機長の放送が入った頃には
すでに松本の上空とのことでした。

 離陸よりも着陸の方が好きなのですが、伊丹は下にぎっしり
と建物があります。そんな上空を通過しながら、やがて高度が
下がってきて、あそこのコンビニからならかなり迫力ある写真
が撮れるのではなんて思いながら伊丹空港に着陸しました。

 伊丹空港到着時はすでに暗くなり始めていたので、デッキは
やめてモノレールへ。
 大阪での鉄道の話題は次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

1周年記念

 午後はいつも通り空港でウラジオストク便撮影となりました。
毎週のように行なっているツポレフ撮影ですが、今日(という
かGWの最終日)は特別な日であったりもします。
 全ては昨年のGWの最終日に何気に空港を訪れ、何も知
らずに撮影したこの機体から始まりました。

P10607191_1

 

 本格的な撮影は昨年6月中旬からになるのですが、今日は
1周年ということで、ぜひとも新塗装機の登場を(新塗装でも
204じゃなく)期待したもののそこまではかなわずでした。でも
Tu-154Mはやってきてくれました。天気が昨年と同じ雨という
のは偶然でしょうか。

P10604691_1

P10604721

 
 番号はRA-85837です。

 ウラジオストク便の出発前に中国国際航空のチャーター便
が来るということで、デッキで待ちました。
 その間にあった奇妙な光景です。

P10604801

 

 写真の2機はどちらも伊丹行きで手前のMD90が15:15出発
便、奥のD84が15:10出発便です。やや先にMD90が動き出し
たのですが、MD90は10(浜)から離陸するような向きになり、
D84は28(土手)から離陸するような向きになりました。これで
は滑走路でお見合いしてしまいますが、結局はD84が行った
後ろをMD90が旋回してから行きました。

 15:30頃、中国国際航空のB737-700が降りてきました。連休
中、新潟で中国国際航空を見るのはこれで3回目です(アップ
がまだですが、3日にも見ています)。

P10604911

 

 雨で空港内が濡れ、機体が地面に反射していることに気づ
きました。ということでTu-154Mを撮影。

P10604941_1

 

 定刻から10分ほど遅れてウラジオストク便が動き始めまし
た。ウラジオストク便が滑走路へ向けて移動し、こちらも離陸
の撮影準備をしている間に1機降りてくるのが見えましたが、
何もない時刻のはず。と思って見ていたら中華航空のB737-
800でした。案内にもなく、本当に聞いてないよでした。
 ウラジオストク便の離陸を1枚撮影した直後、絶妙?なタイ
ミングで一緒に撮影してしまいました。

P10605041

 

 中華航空は先程までウラジオストク便がいた場所へ。国際
便は2機しか入れないので、ウラジオストク便が遅れていたら
空港内で待機となっていたかもしれません。
 中国国際航空と中華航空のB737が並びました。

P10605061_1

 

 この連休中、新潟空港でウラジオストク、ダリアビア、中国
南方、中国国際、中華、香港ドラゴン、大韓と多くの国際便を
見ることができました。こうやってみるとやはり日本海側の
空港ですね。

 ツポレフ撮影は2年目突入です。この先は154をどれくらい
見ることができるか、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クハ181-45展示会

 今日は新潟車両センターで行なわれたクハ181-45の展示
会に行ってきました。今日の展示会は長らく新潟に保存されて
いたクハ181-45がさいたまの鉄道博物館に移動されるため、
新潟からはお別れとなり行なわれました。

 会場の新潟車両センターへは越後石山駅から徒歩でした
が、基地で待機していた「ふるさと雷鳥」用のボンネット489系
を眺めることができました。

P10603841

 

 新潟車両センターに入ると、すぐのところにクハ181-45は
保存されています。白新線の車内からは眺めることができま
したが近くで見るのは初めてです。現役時代の181系の写真
も1982.11.14に撮影したピンボケ写真があるのみです。いろ
んな角度から何枚も写真を撮ってしまいました。

P10603921

 

 クハ181の展示場所から奥に行くと、もう1つの展示場所が
あって、そちらには485系、583系、クモヤ143が並んでおり、
クモヤの少し奥に115系訓練車がいました。
 485系は写真は「北越」ですが、途中で「いなほ」に変わった
りと、おそらくその後も変えたのではないかと思います。

P10604201

 

 クモヤ143はほぼクモニ時代の姿のままで、模型でも115系
にはクモニを連結させてしまう者にとっては嬉しい展示でした。

P10604421

 

 そして115系訓練車です。新潟ではクモニと訓練車が唯一
の湘南色です。連結シーンを見てみたいです。

P10604521

 

 最後にもう1回、クハ181-45を眺めてから会場を離れました。
新潟車両センターの入口から見るとこんな感じにクハ181-45
は保存されています。ここが空きになってしまうのは寂しいで
すが、鉄道博物館で長く保存されればと思います。

P10604671_1

 

 そして、この場所にも何か置いてほしい、これも本音だった
りもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

空港3ヶ所を巡る

 3日から2泊3日で大阪に行っていました。本来はこの連休、
もっと西の方に旅行に行って、帰りに大阪に寄ってライブを
見ようかと、あるライブチケットを取ったのですが、結局、西
方面への旅行は行かず、大阪遠征だけとなりました。

 大阪ではライブの他、まだ乗っていない鉄道路線に乗った
り、何気に心斎橋のあたりをうろついていたりもしましたが、
やはり趣味として過渡期にあるのか、飛行機を見ている時間
が長かったです(この連休全体が飛行機趣味に費やしている
時間が長いですが)。決して鉄道趣味を忘れているわけでは
ないので・・・。

 いつものごとく旅の順番通りにはならないですが、まずは
今日のことを。

 今回の遠征は大阪都心部の宿が取れず、空いていたのが
泉佐野。関空まですぐの場所で、これは関空に行くしかない
と今朝、1時間ほど関空の展望デッキで撮影してきました。
ちなみに関空のデッキは空港のビルから離れており、バスで
移動となります。
 到着するなり、目に入ったのがフィンランド航空のMD11。
やはり3発機は目立ちます。ただ尾翼しか見えないのが残念。

P10602471

 

 しばらく動きがなかった後に降りてきたのがまたも3発機。
UPSのMD11でした。写真が白っぽいですが、今日はかなり
霞んでいました。露出もオーバー気味のようです。

P10602591

 

 こちらはアシアナ旧塗装のB777。大韓航空B747の横を通っ
て誘導路へ。

P10602721

 

 オランダ航空B777です。

P10602851

 

 ずっと半分見えていましたが、ようやく全体が見えた上海
航空B737です。

P10602951

 

 先程まで目の前にいた大韓航空B747が離陸していきました。
これは撮れた方ですが、普段はほぼ真下からの撮影はしない
ので、なかなか慣れなかったです。

P10603001

 

 キャセイパシフィックのB777。-300はやっぱり長いです。

P10603051_1

 

 滞在1時間と慌しく、そろそろ時間が迫ってきたのでルフト
ハンザドイツ航空のA340をラストにしました。これもまた長い
です。

P10603091

 

 今日は伊丹~新潟便が夕方以降、満席だったので、昼過ぎ
に伊丹を出ることになり、そのために関空滞在時間も短くする
しかなかったです。
 伊丹には出発の1時間前に到着。15分程デッキで眺めること
にしました。
 IBEXのCRJがやってきました。

P10603241

 

 こちらはJALのSaab340B。昨年11月はJAC塗装しか見なか
ったですが、今日はJAL塗装がいました。

P10603281

 

 15分程だったのであまり撮れずにデッキを離れ、検査場を
通り新潟便の搭乗口へ。D84がそれほど遠くない微妙な位置
にいましたが、やはり飛行機まで徒歩でした。初めて空港を
歩くことに。

P10603321_1

 

 新潟までは2回目となるD84の旅でした(プロペラ機は他に
F50に1回)。新潟空港周辺の低いあたりに気流の乱れがあ
り着陸の少し前がよく揺れました。そんな中でも大旋回。結構
スリルです。しかし旋回した場所が福島潟のあたり。非常に
近所上空でした。またも阿賀野川着水を思わせるように新潟
空港へと降りました。
 新潟空港も徒歩でした。というわけで地べたアングルで。

P10603341_1

 

 着陸時に大韓航空のA330がいるのが見えたので展望デッ
キへ。今日、3ヶ所目の展望デッキです。

P10603411

 

 到着案内を見たら約3時間後に香港ドラゴン航空が来るよう
でしたが、待つには長いのでバスと列車で一旦帰宅し、車で
土手まで出直すことに。道路渋滞があったりと結構ギリギリに
土手に着きましたが、ドラゴン航空のA321を撮影することが
できました。ちなみに今日4ヶ所目の撮影地です。

P10603491_1

 

 初めてのドラゴン航空なので、結局は再び展望デッキへ。

P10603641

 

 離陸待ちしている間にやってきたJAC便がQ400塗装。さらに
その後にやってきた小牧便CRJがシマシマ塗装。まさかこの
2機が並ぶとは思っていませんでした。

P10603691

P10603771

 
 最後にドラゴン航空の離陸を見て、展望デッキ3ヶ所に計4回、
と空港近辺1ヶ所を1日で巡った日が終わりました。ちなみに
肝心なドラゴン航空の離陸の撮影は大失敗してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

飯豊の山をバックに

 29日は午前中に白新線で撮影もしています。撮影地は何度
か登場している佐々木~西新発田です。

 到着後、下り普通列車を2本撮影したものの構図が悪く失敗、
次に普通列車を撮影しました。列車のアップでもよかったです
が、日頃撮影できる115系ということで背景の山を入れてみま
した。

P10509511

 

 続いて「きらきらうえつ」。毎週のように見ることができる列車
でありながら、沿線で撮影するのは初めてかもしれません。

P10509551

 

 単線区間ということで上下が交互に来るようで、最後は特急
「いなほ6号」です。こちらも背景に山を入れて撮影しました。

P10509561

 

 この山は飯豊の山々で、以前、新潟空港を土手と反対の方
(浜の方)から撮影した時に背景に入れた山ですが、午前中
は逆光になります。夕方はすでにアップしたように、この山々
を背にして撮影すると夕日の撮影ができるわけなので、逆に
山が背景になる写真が撮りやすいわけなのですが、これだけ
の山だと霞んで見えなくなってしまうことも多いようです。

 少なくともこの場所は山を背景に撮影できることが確認でき
ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

29日、30日の土手撮影

 ツポレフ撮影のため、2日間空港近辺にいましたが、いつも
のごとく、その他の便も撮影しているので紹介します。

 まずは29日日曜です。

 ハルビンからの中国南方航空A320。この便もすっかりA320
が定着してしまいました。

P10509611

 

 4月からフォッカー50に変わった中部国際空港からの便です。
正面寄りから見るとお腹が膨れているように見えます。

P10509681

P10509701

 
 不意を突かれたのが中華航空B737で、チャーター機ですが、
チャーター情報もなかったので、来た時は慌てて撮ってしまい
ました。側面ピンボケです。

P10509911

P10509931

 
 この間は中華航空の離陸までしばらく空きましたが、この頃
にはすっかり夕日が見える時間になっていました。すでにアッ
プした通り、この時点ではウラジオストク便は来ていません。

P10600031

 

 続いて伊丹行きA320。時間的にこの便と夕日の組み合わせ
が結構多いです。

P10600271

 

 伊丹行きの便の離陸を見てから空港へと移動しました。この
間にウラジオストク便が到着していたら結構悲しかったですが、
幸いそれはなかったです。
 空港に着いて、デッキに行くと夕日が丸く見えるようになって
おり、そこへ福岡からのA320がやってきました。ここのところ
夕日との組み合わせが多いですが、綺麗に丸くなった夕日を
バックにできたのは少ないです。

P10600341

 

 日曜はこの少し後にウラジオストク便がやってきて、すでに
アップした部分へと続きます。

 続いて30日月曜ですが、この日はまずいつもと違う場所に
行ってみました。空港ビルと浜の間の地点で、滑走路を斜め
から見ることができますが、金網が高いため脚立が必要です。
 この日も来ることをチェックしていなかった中国国際航空の
B737があり、この場所で離陸を撮影しました。脚立がなくても
金網の低いところを狙えば撮影できるようですが、脚立があ
った方が安定して撮影できるようです。これもピンボケ気味に
なってしまいました。

P10600921

 

 撮影後、土手へ移動しハバロフスク便までの間、上空の便
を撮影しました。トリミングしてありますが大韓航空であること
がわかります。

P1060105a

 

 ハバロフスク便の到着、離陸後もしばらく土手に残り、この
日も夕日バックの撮影をしました。夕日がやや丸くなったの
で、このタイミングに何かが来てくれればと思ったもののそう
はなかなかうまくいきません。

P10601621_1

 

 少し後にJALの伊丹便が着陸しましたが、すでに半分沈み
かけていました。さらに小型のD84は滑走路の早い位置で
速度が落ちてしまい、夕日バックの位置まで来てくれません。
ということで夕日とD84が離れてしまいました。

P10601651

 

 メインの目的はツポレフでしたが、すっかり夕日バックの
撮影が定番になってしまいました。これからの季節、夕日が
沈む位置がだんだん写真の右の方へと移動していきます。
夕日バックというのもだんだん見ることができなくなっていく
かと思います。

 D84を最後に2日間の撮影が終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

154が続く

 続いて月曜のハバロフスク便です。

 16:10到着なので15時半ぐらいに土手に向かい待ちましたが、
日曜に続いて定刻になっても現れませんでした。まさか、また
大幅遅れなんていうことはと思ってしまいましたが、20分程の
遅れてやってきました。

 待っている間に154らしいという話が聞こえてきましたが、見
えてきた機体の後方には煙が。やはりTu-154Mでした。番号
はRA-85734で金曜のハバロフスク便に使用されていたのと
同じ機体がやってきました。

P10601251

 

 着陸後は土手で立ち話をしながら離陸を待ちました。相変
わらず伊丹便が先に出発していっていますが、今回は18時頃
にハバロフスク便が動き出し、日没後撮影は免れました。

P10601411_2

 

 着陸時と風向きが変わって、土手の方に向かっての離陸と
なりました。今日も夕日をバックに撮影です。

P10601421_1

P10601461_1

 
 4月に入ってから日曜のウラジオストク便は全て154で、154
復活が感じられましたが、この金曜、月曜はハバロフスク便
も154が来て、金曜、日曜、月曜と3日間とも154となりました。
昨年夏以来の賑わいではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »