« 3本の485系 | トップページ | 夏季臨時ハバロフスク便 »

2007年8月28日 (火)

原色のEF60-19

 蓮田で特急「あいづ」を撮影後、大宮に戻り、もう1本の目的
の列車を待ちました。目的の列車は快速「EL&SL奥利根号」。
この列車は上野から高崎がEL牽引で高崎から水上がSL牽引
となります。

 今回はこの牽引のELがEF60-19ということで撮影することに
しました。EF60-19はかつて高崎にいた「やすらぎ」という客車
の塗装にあわせ、長らく下の写真の塗装だったのですが、最
近、青とクリームの原色に戻ったということを聞いていました。

P10402241

 

 EF64-1000も原色狙いですが、他の国鉄型機関車もやはり
原色の方が似合っています。

 列車到着の30分程前に大宮駅に着きましたが、到着ホーム
の反対側ホーム上野寄りにはすでに数人の人が待っていまし
た。ホーム端には行けそうもなかったので、ちょっと下がって
待つことに。
 人が写りこんでしまうのはそれほど気にしないタイプで、むし
ろこれだけ注目していた人がいたという記録にもなるので悪く
ないと思っています(と言っても、列車に対してあまりに人が
大きいのは避けますが)。そんな入線シーンがこちら。

P10909541

 

 停車中にホームを早足で歩いたら、発車前に列車先頭まで
行くことができ、再びEF60-19を撮影しました。

P10909581

 

 そして発車時に12系を後方から撮影。

P10909611

 

 青い機関車に青い客車。これも貴重な存在になってしまいま
した。

|

« 3本の485系 | トップページ | 夏季臨時ハバロフスク便 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原色のEF60-19:

« 3本の485系 | トップページ | 夏季臨時ハバロフスク便 »