« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月29日 (木)

国鉄キハ52、6連の先頭に

 新型の登場もあり、気になり始めた新潟地区のキハ。そんな
こともあり同じような話題が続きます。

 日曜は前の週と同じ馬下行きの送り込み回送と、羽越本線
坂町行き833Dを撮影。
 まずは送り込み回送ですが、こちらは2エンジン車込みの6両
編成ということで注目です。前の週は新潟色キハ52が2両目に
入る編成でしたが、2エンジン車の位置は決まっていないし、
キハ52の他、キハ58もいるので、はたしてどんな編成かと思い
ながら待っていたら、国鉄色キハ52が先頭で後ろに新潟色キハ
47が5両連なる編成。キハ52が浮いている感じもするものの、
国鉄色が先頭というのは嬉しい編成です。

Dsc_13081

 

 後方から。

Dsc_13091

 

 続いて磐越西線からの2235D。こちらはキハ47、40のみの
3両編成でした。

Dsc_13111

 

 羽越本線の阿賀野川鉄橋のところに移動し、833Dを撮影へ。
いつもと反対サイドに立ってみました。833Dは国鉄色キハ52が
赤いキハ47、40に挟まれた3両編成。前日に米坂線で撮影した
のと同じ編成でした。

Dsc_13161

Dsc_13171

 

 6両編成の先頭になっていた国鉄色キハ52も前日、米坂線
で撮影しているし、この2日間は国鉄色キハ52に縁があったよう
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

新潟地区新車

 先週末から旧新潟臨海鉄道の藤寄に新潟地区の新型気動
車キハE120が並び始め、甲種は確か昨日か今日(ダイヤ情報
を立ち読みしたのでうやむや)でした。昨日の時点でまだ藤寄
にいたので今朝撮影に。

Dsc_12841

  ↑ 先週土曜撮影

 

 普段だと平日の朝に寄り道はしないのですが、今日は出張
で、出発時刻がいつもより1時間ぐらい早かったので、もはや
それならばとちょっと寄り道をしてみました。

 今回は8両でここからの甲種としては長い方なので側面から
の撮影はできず、新新バイパス沿いからの正面気味の撮影
に。

Dsc_13241

 

 新潟地区の気動車の列車は2両か3両ということが多く、長く
てもキハ110系の5両編成です。なので8両編成はこれが最初
で最後になるのでは?と思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

米坂線の鉄橋で撮影

 キヤを撮影後、次の列車まで道の駅で休憩。本数が少ない
米坂線、ここで1時間以上空きます。
 次の列車は快速です。快速と言っても米坂線内は各駅停車。
道の駅から10分程の越後下関~越後片貝の鉄橋で撮影しま
した。国鉄色キハ52+新潟色キハ47。やっぱり落ち着く場面
です。

Dsc_12701

 

 この後は2時間半列車がありません。道の駅に戻り温泉へ。
そして休憩後、再び同じ鉄橋のところに戻りました。今度は逆
サイド(国道側)からの撮影です。
 次の1129Dは3両編成。赤いキハ47とキハ40に国鉄色キハ
52が挟まれていました。3両編成はこの真ん中がキハ52という
パターンが多いようです。

Dsc_12721

 

 ここでまた1時間半ほどの間が。食事のためにまたまた道の
駅へ。片道10分程なので時間的にはそれほどのことではない
ものの同じ場所を3往復することに。ちなみに撮影場所は携帯
も通じないので寂しいです。

 最後の撮影は1130Dから。今度も国道側からの撮影ですが、
1129Dよりも橋の方へ。水面が穏やかだったので川に列車が
映りました。1130Dはキハ52とキハ47の新潟色同士の2両。

Dsc_12751

 

 撮影場所はこんな場所(カーブしたところ)で、歩道はある
ものの結構交通量が多い国道です。後ろをかなりの勢いで
車が通り過ぎていきます。さらに恐いのは橋なのでトラックなど
通るとかなり揺れること。

Dsc_12771

 

 1129Dから次の1131Dまでは15分程。珍しく間が空きません。
1131Dも同じ橋の上から撮影。新潟色キハ47+国鉄色キハ52
の2両で快速で米沢まで行った編成が戻ってきました。

Dsc_12791

 

 通常は快速で向かった編成は夜の快速新潟行きで戻って
くるのですが、この日はすぐの折り返し。この日が特別だった
のか運用が変わったのか。それはわかりませんが、結果的
に国鉄色キハ52と縁があった日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

米坂線にキヤ

 昨日は信越本線さつき野~荻川、加茂~羽生田で撮影後、
新津、新発田を通り越して米坂線越後下関へ。

 昨日の米坂線には検測車キヤE193系が走りました。これも
あったし、キハ52などの2エンジン車撮影もあったので向かった
わけです。

 米坂線撮影は越後下関近辺か越後下関~越後片貝が定着
してきました。なぜかそこを越えることがあまりありません。
道の駅もあり、そこには「ゆーむ」という温泉もあるのでこの道
の駅を拠点とすることが多いです。
 ということで昨日も越後下関で。キヤは越後下関~越後片貝
の鉄橋で撮りたかったものの、加茂から越後下関まで2時間弱
で行くのはなかなかハードで越後大島~越後下関の踏切まで
行くのがやっとでした。

 到着後、しばらくしてキヤが。

Dsc_12671

Dsc_12681

 

 気にしていない時に突如目撃することがある検測車。似た
スタイルで電車タイプのE491系もあるので、そちらも含めてで
すが。でも米坂線で目撃するのは初めてです。

 田植えも終わり、草も伸び、花も咲き、緑や黄色に囲まれた
風景になってきましたが、4ヶ月前はこんな白い世界でした。
比較のために貼っておきます。

Dsc_02851

Dsc_02741

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井鉄道

 福井の話題、あと1つあると書いたのでいちおう・・・。

 明日で1ヶ月前になってしまう福井遠征。最後は福井鉄道で
す。泊まっていた宿の目の前の道路を走っていました。
 宿の部屋も道路側。朝、まだ寝ている時間からゴトゴト走る
音が聞こえていました。とりあえず部屋から1枚。

Dsc_04461

 

 宿前での撮影です。路面って手前を車が一緒に走ってきた
りして意外と撮影が難しいです。なんとか車をかわしました。

Dsc_04501

Dsc_04521

 

 最後に近くの交差点から撮影。車両の番号を見なかったの
でわかりませんが、同じ車両ばかり見ていたのか、この塗装
が多いのか、コカコーラをやたらに見ました。

Dsc_04921

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

この時期ならではの早朝撮影

 今年も日が長い季節到来です。先週はできなかった3時半
起床の4時半から撮影を今日は実行しました。

 狙いは東新潟4:42着の2093レと5:02着の2081レ。あとこの間
に新潟4:51着の快速「ムーンライトえちご」があります。
 日の出が早いといっても雨だと暗くなり、この時刻の撮影は
無理なので、予報がくもりのち雨だったため気になってはいま
したが、朝の時点では大丈夫でした。

 撮影場所はいつものさつき野~荻川。東新潟まで12~13分
ぐらいのようなので2093レは4:30頃で予想通りやってきました。
この時刻だとまだ薄暗さも残っています。
 牽引はEF64-1002+1009。左の架線柱を気にしすぎたら列車
の後方も切れてしまいました。

Dsc_12581

 

 続いて快速「ムーンライトえちご」。

Dsc_12591

 

 この3本は続行してきます。それほど待たずに2081レが通過。
こちらはEF64-1042+1020です。

Dsc_12611

 

 この後はいつもの2085レになるのですが、2時間ほど空きま
す。ということで加茂まで出迎えに。加茂~羽生田の蒲原鉄道
廃線跡のところです。原色が見えてきたので原色重連を期待
しましたが、EF64-1040+1035。後ろは更新機でした。ちょっと
前なら1040+1012の原色重連があったのですが。

Dsc_12641

 

 最後はEF81-27牽引の4059レです。

Dsc_12651

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

磐越西線のディーゼル

 朝の貨物撮影後、新津駅でSLを撮影し、磐越西線沿線へ。
すでに「ばんえつ物語号」の写真を載せていますが、新関~
北五泉へ。「ばんえつ物語号」通過の1時間前に着いてしまい
ましたが、通過前にキハが3本来るため撮影することに。

 223Dはタラコ色のキハ40と赤いキハ40の2両。

Dsc_11781

 

 228Dはあまりうまく撮れず、次の2231D。こちらは赤いキハ
47の2両編成でした。

Dsc_11811

 

 この後「ばんえつ物語号」が通過し、撮影後、一旦この場所
を離れました。

 午後、再び同じ場所へ。逆光になっており条件は悪くなって
いましたが、以前はキハ5両だった2232Dを待ちました。ちなみ
にこの時点では運用が変わったことを知りません。
 その前にやってきた2233Dです。

Dsc_11861

 

 そして2232D。3両になっていました。午前中は水鏡がありま
したが、風が出てきて田んぼが波立ち、水鏡も不可に。

Dsc_11881

 

 18日のところにありますが、運用が変わったらしく、5両だった
この列車と折り返し2235Dは3両になり、これまで2エンジン車
込み4両だった2236Dにもこの編成が入るようになったようです。
代わりに4両だった新潟への回送が6両になり、2238Dが2エン
ジン車込みの4連になったようです。

 この場所での撮影後、「ばんえつ物語号」撮影のため日出谷
へ。撮影地到着直後に231Dが通過。ギリギリ撮影できました。

Dsc_11931

 

 北五泉と違って本数が少ない区間であるため、この列車の
後は1時間後の「ばんえつ物語号」まで列車がありません。この
列車が撮影できていなかったら「ばんえつ物語号」だけになっ
ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

磐西、信越、羽越の2エンジン車

 今度は今日の話題です。

 今日は夕方のキハを撮影。新潟16:22発の馬下行き2236D
に2エンジン車(キハ52かキハ58)が入っていたはず。これを
撮影することにしました。もう1つ、そのまま米坂線に入る新津
16:32発の坂町行き833Dにも2エンジン車が入るのでそちらも
撮りたかったのですが、新津駅での駅撮りでもしない限り両方
は時間的に無理。ということで2236Dの撮影をやめてその送り
込み回送を撮影することにしました。

 場所はいつものさつき野~荻川です。送り込み回送の正確
な時刻は覚えていなかったのですが、確か新潟に16時ごろに
到着していたはず。ということで15時半前から待っていたら、
15:50頃にやってきました。
 この列車、確か4両だったはずですが、なんか長い。6両に
なっていました。5両編成は昨年別な列車で撮影していますが、
6両は最長です。キハ52もしっかりと2両目に入っています。

Dsc_12301

 

 後ろのことは考えていなかったのですが、撮りました。

Dsc_12311

 

 続いて以前は5両だった2235D。昨日、磐越西線沿線で折り
返し2235Dとなる2232Dが3両になっているのを見ているので
運用が変わったことをなんとなく知りましたが、今日の2235Dも
やはり3両でした。

Dsc_12321

 

 これを撮影後、羽越本線新津~京ヶ瀬の阿賀野川橋梁へ。
833Dを待ちました。この列車には米坂線唯一の3両編成が入
っています。
 やってきたのは先週米坂線で見たタラコ色キハ47の2両に
キハ58-677がつながった3両編成。まだ同じ組み合わせでした。

Dsc_12361

Dsc_12371

 

 続いて東新津へ。ここには駅前に温泉があるので時間調整
+今日の湯ということでまず温泉へ。そして2236Dの馬下折り
返しであるはずの2239Dを撮影。
 キハ52が来るはずで待っていたのですが、キハ40とキハ47
の3両でした。組み合わせからしてどうも信越線で撮影した22
35Dの編成のようで、2235D~2236D~2239Dとつながっている
ようです。

Dsc_12401

 

 続いて2238Dを撮影。こちらにキハ52込みの4両編成が入っ
ていました(手前から2両目)。

Dsc_12421

 

 2238Dは東新津18:04で、あと20分ほど待てば「ばんえつ物語
号」が来る時刻だったので、ここまで見たのならと、「ばんえつ
物語号」を待ち撮影。

Dsc_12481

 

 18時半でも充分に撮影ができるのはこの季節ならではです。
キハの方は少数派となっているキハ52、キハ58を中心に撮影
したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイミング悪い国鉄色475系

 福井の話題、どうも途切れ途切れで・・・。

 北陸本線の475系には富山港線ラストの頃に国鉄色に復帰
した編成が2本いますが、特に列車を限定しているわけでは
ないので、北陸本線のどこにいつ現れるかわかりません。

 福井1日目のライブからの帰り、ライブ会場最寄の鯖江から
福井まで乗った列車がその国鉄色475系でした。でもライブ
会場にはカメラを持ち込めないのと、会場で預ければいいとは
言ってもコンパクトカメラならともかく、大きなデジタル一眼を
預けるのは何か抵抗があるので一眼は宿に置いてきていまし
た。こんな時に限って、こんな車両がやって来てしまうとは・・・。
 夜間だったのでコンパクトではつらいし、ライブ仲間もいたの
で撮影は我慢しました。

 すでにアップした春江での撮影の時にやってくればと思った
ものの、そういう時って来ないものです。
 そして一眼を宿に置いてきてから、2日目のライブのために
鯖江に向かうために乗った列車が、またも国鉄色475系。なか
なかタイミング悪いです。でも昼間だったのでコンパクトカメラ
でも充分。福井発車前と鯖江到着時に撮影しました。

P11000561

P11000591

P11000621

 

 福井の話題、あと1つあるのですが、はたしていつに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

ばんえつ物語号撮影

 4月の運行開始以来、新潟駅や新津駅での停車中の写真や
新津~新潟の回送シーンの写真は何回か撮ったものの、未だ
SLの列車として撮っていなかった「ばんえつ物語号」を今日は
撮影しに磐越西線沿線へと向かいました。

 今朝もいつも通り朝の貨物を撮影し、貨物撮影後、新津駅に
向かい、SLの回送編成を撮影しました。今日も牽引はEF81で
ナンバーは-151。

Dsc_11661

 

 C57を撮影。いつのまにか門鉄デフじゃなくなっています。

Dsc_11731

 

 新潟駅に向かって出発。

Dsc_11751

 

 会津若松行きは新関~北五泉で撮影。以前、この場所でDD
53を撮影しています。田んぼがあるので水鏡を期待しました。
 結果、水鏡は期待通り。でも写真としてはなんか不満が残っ
てしまいました。欲張って前側を2枚撮ってしまったがために
左右バランスが悪くなってしまい、なんか不満・・・。

Dsc_11831

 

 後方はこんな感じに。列車側面に木があるとかは逆に気に
ならないのですが。

Dsc_11851

 

 そんなわけでなんかすっきりとせず、朝の時点では撮影する
予定がなかった新潟行きも結局撮影することに。普通列車の
撮影をしたり、食事をしたりしても時間があったので、日出谷
まで行くことに。どこで撮影できるかわからなかったのですが、
地図を見たら日出谷のあたりで阿賀野川を渡っているので、
鉄橋がありそう。単純にそれだけで日出谷へ。
 日出谷の鹿瀬側(新津寄り)にはやはり鉄橋があり、鉄橋を
渡り終えたあたりが撮影地になっていて、1時間前の時点で
すでに2人ほどカメラを構えていました。

 最終的には10人以上になっていましたが、撮影ムードはよか
ったです。ズームで撮影した後に標準に近いあたりでも撮影し、
今度は不満なしに撮れました。

Dsc_12101

Dsc_12111

 

 通過後、あとは戻るだけなので、とりあえず急がずに、でも
北五泉にナビをセットして移動。おそらく間にあわない感じだっ
たので来た道を急がず戻ることにしました。もっとも国道49号
線との分岐点から日出谷までの間は国道であるものの、道が
細く、妙なあやしさを感じさせるトンネルが連発していたので
急ぐこともできなかったです。

 馬下のあたりから国道290号線に入ると磐越西線と併走する
場所があるのですが、沿線にカメラを構えた人がいます。ここ
で気づいたのですが、いつのまにか「ばんえつ物語号」を追い
抜いていました。

 これならもう1回撮影できるのでは?と思いかけたところで
ナビが右と言っているのに直進。大失敗と思いましたが、幸い、
その先で線路とクロスしているところがあり、車が何台か停車
中。便乗でそこに停車し、見たら煙が迫ってきていました。ギリ
ギリでしたが2回目の撮影。場所は馬下~猿和田のようです。
ここがいちばん煙が出ていました。

Dsc_12141

 

 そして、SLより上にいたのでこの後、思いっきり煙をあびて
今日の撮影を終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

空港夜景

 今日は会社帰りに阿賀野川の土手へ。いつもは夕日が沈む
頃まで撮影していますが、今日は夕日が沈む頃から撮影。
でもちょうどよい便がなく夕日のみで撮影しました。

Dsc_11391

 

 反対側の空には月も。

Dsc_11441

 

 先日、撮影したMD81。今日もダッシュエイトの代わりに来て
いました。

Dsc_11411

 

 そのMD81の離陸。ここからシャッタースピード15秒または30
秒の撮影です。前にもアップしたことがありますが、こんなふう
に光だけ写ります。

Dsc_11511

 

 小牧行きのJAL4338便。CRJですが、もう写真からでは機種
はわかりません。左側の光はソウルからの大韓航空機で、
小牧行きの離陸直後に着陸。だいぶ接近していたため、2機
一緒に写すことができました。

Dsc_11521

 

 最後は着陸便。MD90のJAL2251便です。

Dsc_11551

 

 今日は10からの離着陸だったので空港夜景となりましたが、
28からの着陸の日には阿賀野川への光の映り込みを撮影して
みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

「雷鳥」、419系、475系撮影

 沖縄遠征や地元の話題を先にアップしたので後回しになって
しまいましたが、4月最終週の福井遠征の話題をようやくアップ
したいと思います。

 福井にはライブを見に行ったのですが、ライブは土曜、日曜
とも夕方~夜だったため、日曜の午前中は空き時間でした。
そんな時間を使用して485系、475系、419系が走る北陸本線
の撮影をすることに。
 とは言っても福井近辺の撮影地を知りません。敦賀の向こう
の新疋田は知っているものの、往復の時間を含めるとあまり
撮影はできなさそう。ということで二駅並べると「森田春江」と
いう人の名前になるうちの春江駅にとりあえず行ってみました。

 福井から春江までは419系で。ちなみに-1の編成でした。

Dsc_04551

 

 どこか撮影できそうな場所はと探してみたら、駅横の駐車場
端からなら下り列車の後部限定で撮影できそう。というわけで
ここで何枚か撮影しました。
 239Mです。475系の6連ですが、サハ455が組み込まれてい
ます。わかりにくいですが、本来クハが連結される手前から
4両目の塗装が中間車塗装になっています。

Dsc_04661

 

 「雷鳥9号」は最後尾がパノラマグリーン車でした。

Dsc_04691

 

 この場所からでは上り列車がうまく撮れなかったので上りの
「雷鳥22号」は線路を挟んだ反対側へ。今度は非貫通タイプ
の先頭車でやってきました。

Dsc_04711

 

 再び元の場所に戻り、「雷鳥13号」を撮影。こちらも非貫通
タイプでした。

Dsc_04761

 

 351Mは419系で。ちなみにこの編成は-1の編成で、乗って
きた編成でした。乗ってきたのは237M芦原温泉行きで、芦原
温泉で334Mとして折り返し福井へ(これも撮影していますが)。
そして351Mで再び芦原温泉へと。

Dsc_04781

 

 この後もしばらく撮影し、福井へ。やってきたのが419系。
もしかしてと思いましたが、やはり-1の編成。撮影した列車が
芦原温泉から戻ってきました。

Dsc_04821

 

 せっかくなので581系、583系の雰囲気が残る車内を。

Dsc_04831

 

 改造車と言っても、改造されたのは昭和60年頃。あれから
20年以上過ぎているわけで、581系、583系の時よりも419系
になってからの方が長くなっているようです。

 最後に福井駅で「雷鳥17号」を撮影。こちらは最後尾がパノ
ラマグリーン車でした。

Dsc_04871

Dsc_04891

 

 「雷鳥」は原色で昭和53年からのヘッドマークを出している
列車で、いまや貴重な存在ですが、「サンダーバード」という
存在もあり、さらに北陸新幹線ももう遠くない未来に迫ってい
ます。国鉄が残るうちに北陸本線を撮影しておきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

MD90とMD81

 いつもはダッシュエイトでやってくるJAC2249便~2250便です
が、5月9日~11日、14日~16日はMD81でやってきます(した)。
これを意識していたわけではないのですが、10日土曜の夕方
に空港に行ったので、MD81を撮影することに。

 同じスタイルのMD90がJAL2247便で来たのでまず撮影。

Dsc_10151

 

 そしてJAL2249便のMD81を撮影しました。

Dsc_10481

 

 MD90とMD81、外観はMD90の方が全長が1.4m長く、全高が
0.4m高いだけ。ぱっと見ただけでは見分けはつきません。

 とりあえず全長が違うということで窓を数えてみたら、MD90
が56個、MD81が52個。でも毎回50個以上の窓を数えるわけ
にはいかないです。
 もうちょっと眺めてみたら、非常扉の間の窓がMD90は2個、
MD81は1個。ようやく見分けをつけることができるようになりま
した。

 この日は通常は100円払って入るデッキの無料開放の日。
でもサミットの関係で警察官や警備員がいつも以上に巡回して
いました。お祭りムードのような緊迫ムードのような。

Dsc_10291

 
 福岡便は今はB735ですが、新潟空港のデッキからは初めて
の撮影です。

Dsc_10331

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

タラコ×2+キハ58-677

 土曜に米坂線へ撮影に行ってきました。冬季のラッセルが
走っていた頃は頻繁に行っていたのですが、春になってからは
あまり行っておらず久しぶりの訪問です。

 米坂線はほとんどが2両編成ですが、3両で走っている編成
も1本だけあります。その3両編成がちょっと変わった組合わせ
になっているという話があり、待つことに。

 3両編成は1129Dに使用されています。越後下関の越後片貝
側で待ちかまえました。やってきたのはタラコ色のキハ47 2両
に新潟色のキハ58-677が繋がった3両編成。

Dsc_10001

 

 3両中2両がタラコ色になるのもあまりないかもしれませんが、
2エンジン車が端になるのも珍しいです。これまで見た感じでは
この3両編成は中央が2エンジン車になることが多いようです。

 線路沿いに水田があるところで撮りましたが、角度のせいか
あまり映りませんでした。

 せっかく来たので午後の2本も撮影。越後下関~越後片貝
の鉄橋へ。
 1130Dは国鉄色キハ58系の2両編成でした。ローカルな風景
に似合うカラーです。

Dsc_10071

 

 そして1131Dは新潟色の2両編成でした。

Dsc_10101

 

 米坂線は本数が少ないのであまり撮影ができません。この
後は2時間半待ちになるので、これで終わりにしました。

 最後に鉄道の話題から離れますが、越後下関駅近くで見か
けました。なかなかの年代物のようです。

Dsc_10041

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

阿賀野川対岸からの夕日

 今日は午後から阿賀野川土手へ。この2年近く、日曜昼過ぎ
は飛行機を見るというのが習慣になっており、今日も向かった
わけですが、ウラジオストク航空のA320登場により、この習慣
も目的が薄れてきました。でも突如Tu-154Mが来るのでは?
と思うとやっぱり見に行ってしまいます。

 そんな今日もウラジオストク便にはA320が。

Dsc_10681

 

 着陸だけ撮って、食事や別な用事をしに行きましたが、今日
は天気が良く、そうなると夕日を撮りたくなり、夕方戻ってきま
した。でも土手からは何回か撮っているので阿賀野川対岸の
公園へ。すっかり「対岸の公園」と言うようになってしまいました
が、地図で見るとこの公園「あかしや公園」という名前になって
います。

 公園へ到着。やはり狙いどころなのか、すでに1人撮影して
いる人がいて、あとからもう1人やってきました。

 まずは17:45出発のANA520便。日が長くなってきており、520
便の頃もまだ日が高いです。今日は28から離着陸していまし
た。

Dsc_10751

Dsc_10791

 

 18時を過ぎると夕日がだんだんといい感じに。ANA323便が
背後からやってきました。太陽のちょっと下を通過し着陸。

Dsc_10911

Dsc_10981_2

 

 さらに夕日っぽくなってきたところにJAC2249便が。普段は
ダッシュエイトですが、9日~今日までと14日~16日はJAL便
となりMD81がやってくるようです。
 はたして夕日と重なるか?、それが気になるところでしたが、
MD81は夕日の上を行き着陸。

Dsc_11111

Dsc_11131

 

 羽田空港並みの本数があれば、おそらく夕日の中を突っ切
って行く便も撮れるのかと思いますが、便の少ない新潟空港、
なかなかうまくタイミングがあいません。

 佐渡をバックに空港内をターミナルへ。誘導路がうねってい
ます。

Dsc_11171

 

 まもなく日没。

Dsc_11211

 

 日没により滑走路のランプが点灯。日は沈んだもののまだ
西の空が明るい頃、JAL4337便とANA519便が続いて着陸し
ました。

Dsc_11301

Dsc_11351

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

田に映る列車、そして48両目の64

 今朝は早起きして朝の貨物撮影に向かいました。撮影場所
は信越本線さつき野~荻川のいつもの場所。最近は週末に
遠征をしていたので、この場所も久しぶりです。

 先日、水の入った田んぼを水鏡にして、田んぼに映る列車を
撮影しましたが、この時期、田んぼには水が入っているものの、
稲の苗はまだ植えられていないか植えられたばかりという状況
です。撮影場所の田んぼもそんな状況でした。さらに今朝は風
が弱く、水面が波立ってなかったので水鏡が期待できそうな
状況でした。

 さっそく4059レから撮影。牽引機はEF81-119です。結構綺麗
に田んぼに映ってくれました。

Dsc_09751

 

 続いて目的のEF64-1000重連の2085レ。EF64-1044+EF64-
1036。

Dsc_09761

 

 「1044」が見えてガッツポーズ。EF64-1000は1001~1053号
機までの53両。うち1029号機は廃車されており、1046~1050
号機は遠い岡山に。この6両を除く47両をここ数年撮り続けて
きたのですが、この1044号機で勢ぞろい(できの悪い写真の
号機もありますが)になるものの、1両だけなかなか撮影する
ことができずにいました。その1044号機が来たのでガッツ
ポーズとなったわけです。ちなみに1029号機は廃車前の写真
があったので、48両撮影したことになります。
 あとは岡山の5両のみ。ちょっと遠いです。

 この2085レも綺麗に田んぼに映ってくれました。散歩の人は
止められないので、こればかりは運です。

 いつもなら2085レの撮影までなのですが、あまりに綺麗に
田んぼに映るので、「ばんえつ物語号」回送まで撮影すること
にしました。
 全部ではないですが、こんな感じに。

 E127系の2520M。

Dsc_09801

 

 EF510-10の4071レ。

Dsc_09821

 

 キハ47+40+47+47の2225D。

Dsc_09841

 

 新津のキハは写真の新潟色と赤系の新潟色、あとは国鉄
色が3色いますが、国鉄色編成とは違うものの、同一塗装だけ
の4両もなかなか綺麗です。田んぼへの映りも含めて、うまく
撮れたかなと思える1枚です。

 115系3連の2525M。これもいい感じに映っています。濃い目
の塗装の方がやはりいいようです。

Dsc_09861

 

 キハ110系5連の221D。

Dsc_09871

 

 特急「北越2号」。実は上の221Dが写真のすぐ左側にいます。
ちょっとタイミングがずれていたら221Dに被られていました。

Dsc_09881

 

 583系の急行「きたぐに」。

Dsc_09901

 

 最後は「ばんえつ物語号」の回送です。

Dsc_09951

 

 今日は田んぼの状況もよかったですが、曇りだったのもよか
ったです。この場所は朝は逆光なので晴れていたら、列車が
黒くなります。
 もう少しすると田んぼが青々してくるので、この手の撮影は
この時期限定のようです。雪、稲刈り前の田んぼに続き、季節
写真がまた増えました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糸満、那覇空港で飛行機撮影

 今日も2つアップで。
 早いもので沖縄遠征から1週間になります。何回かに分けて
紹介してきた沖縄遠征の話題もこれがラストです。

 最後は再び飛行機撮影。メインは3日目午前中の那覇空港
での撮影ですが、2日目にひめゆりの塔に向かう時にバスを
乗り換えた糸満バスターミナルからも那覇空港に向かう飛行
機を眺めることも。20分ぐらい時間があったので撮影できまし
た。

Dsc_03611

Dsc_03651

 

 バスターミナルのすぐ近くに海があり、その海沿いで撮影。
海の色が明るい色でした。

Dsc_03631

 

 琉球エアーコミューター(RAC)のDHC-8-100はこの場所から
ではさすがに小さくなってしまいます。

Dsc_03721

 

 今度は3日目の那覇空港。初日に夕日バックで撮影をした
空港のガラス張りの場所へ。
 その前にこの1枚はゆいレール展示館から空港に戻る時に
撮影。タイミングがあえばモノレールと飛行機の組み合わせ
も撮影できそうな場所です。

Dsc_04041

 

 ここからは空港からの撮影に。西を向いているので午後は
逆光、夕方は夕日バックとなるのですが、午前中は順光に。
青い空や青い海をバックに撮影することができました。

Dsc_04171

 

 「全日空」と表示された機材もまだ見かけますが、いずれは
「ANA」になってしまうものと思われます。

Dsc_04201

 

 撮影は続きます。

Dsc_04221

Dsc_04281

Dsc_04321

Dsc_04351

Dsc_04361

Dsc_04431

 

 ほとんどがANA、JALの便で、新潟では見られないB747や
B777をたくさん見ることができましたが、これらは那覇でなくて
も見ることができる機種。那覇での注目は糸満でも見たRAC
のDHC-8-100です。乗る飛行機の時刻の関係で撮影を終え
ないといけない頃に1便あり、無事に撮影することができまし
た。

Dsc_04511

 

 最後はJALのB747。これで那覇での撮影を終え、空港内で
食事後、新潟行きの飛行機に乗りました。

Dsc_04571

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首里城、ひめゆりの塔

 2泊3日の沖縄遠征の2日目は観光をしていました。

 まず行ったのは首里城。10年以上前、城巡りしていたことも
あるので、やはりここは外せません。

 首里城へはバスだけで行く手段もおそらくあるのかと思いま
すが、やはりなるべくモノレールを使いたかったのでモノレール
で首里駅まで行き、そこから100円のバスに乗車。

 こういった場所ではたまには自分を入れて記念写真っていう
のもいいのですが、1人で行くとなかなか難しいです(よろしく
って頼む勇気もないし)。結局は撮りまくるだけに。

Dsc_02921

Dsc_03041

Dsc_03071

 

 正殿を見るのは有料です。モノレールの1日乗車券を持って
いると安くなります。

Dsc_03131

 

 内部は大部分が撮影禁止ですが、場所によっては撮影可の
場所も。

Dsc_03171

 

 城と言っても本州などにある城とは作りも色も違うもの。発展
してきた歴史というものを感じさせられました。

 午後はもう1ヶ所。今度はひめゆりの塔へ。こちらへは那覇
から直接行くことができず、那覇バスターミナルからバスで糸満
へ。そこからもう1本バスに乗ることに。

 ひめゆりの塔とひめゆり平和祈念資料館からは悲しい歴史
を感じてしまいました。資料館って展示物の前をさっと行くこと
が多いのですが、ここの資料館では結構展示物を読んだり、
勉強してしまいました。

 この2ヶ所で夕方に。帰りのバスを待っている時に、タクシー
の運転手さんに「もっと(他の場所も)見てけよ」みたいなお誘い
もされましたが、結局観光はこの2ヶ所で終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

沖縄のバス

 沖縄遠征。今日はバスの話題を。

 飛行機から降りて、沖縄でいちばん最初に乗った乗り物は
バスです。と言っても街中のバスではなく空港内です。沖止め
になったのでターミナルビルまでバスでの移動になりました。
ちなみに写真左に後ろだけ写っているバスに乗車。プロペラ
機を除くと飛行機から階段降りするのは初めてかもしれませ
ん。

Dsc_06571

 

 遠征中、ゆいレールから離れたところへはバスを利用しまし
たが、ゆいレールの旭橋駅近くにある那覇バスターミナルも
利用。そこで何枚か撮影しました。以前も書いたように新しい
バスはあまり撮影しないのですが、古い方は撮ります。
 まずは那覇バスターミナルのバス並びを。

Dsc_03521

 

 やはりこの形を撮ってしまいます。

Dsc_03551

 

 側面は幕ではなくサボです。

Dsc_03561

 

 那覇から糸満までバスに乗りましたが、乗ってからふと横を
見ると・・・、中扉部に椅子が。

Dsc_03571

 

 中扉がないバスや、あっても普段は使用しないというバスは
見たことがありますが、完全に使用できなくしている上に、ステ
ップを埋めて椅子が置いてあるなんてなかなかおもしろいバス
です。
 それならばとドアを埋めてしまって中扉のないバスにしてある
のかと思えば、外から見るとドアがあるように見えてしまいます。
ちなみにこの車体だけではないです。

 糸満の車庫では後輪が半分隠れたバスが。

Dsc_03711

 

 再び那覇バスターミナルへ。このタイプはもともと中扉がない
ようです。ナンバーの「沖22」って。

Dsc_03831

 

 そしてこちらはやはり中扉があるように見えますが・・・。

Dsc_03851

 

 国際通り近くで走行中の2台を撮影。那覇バスターミナルと
同じ組み合わせです。時間的にもしかすると全く同じ2台だった
のかもしれません。

Dsc_03891

Dsc_03901

 

 さすがに5E以前のバスは見なかったですが、5Eはまだまだ
現役のようです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

ソーキ、あぐー、最強食堂

 さらに今日はブログ更新しちゃいます(昨夜から4つ目)。

 乗り物の話題からはずれて沖縄での食べ物の話題を。

 新潟出発が12時頃で那覇到着が15時頃という飛行機の時間
の関係で出発前に食事をせずに、結局、昼食が那覇到着後に
なってしまいました。でも夕食時間も近いので軽くということに。
 空港の食堂街を歩いてみたら、目立つのは「ソーキ」「あぐー」。
初めてなので結構、普段は見ない言葉が並んでいます。歓迎っ
ていう意味の「めんそーれ」もそれだけが書かれていたら意味
がわかってなかった気がします。

 「あぐー」はどうやら豚みたいで、とんかつ定食みたいなご飯
ものになってしまうので、ひとまず後程食べることに。ということ
で「ソーキそば」を食べることにしました。

Dsc_06581

 

 同じようなメニューで「沖縄そば」があって、違いは上にのって
いる肉。あとで調べたらやはり「ソーキ」は軟骨入りの肉のこと
でした。
 そばの方はラーメンのような、そばのような、でもやみつきに
なりそうな味でした。

 ゆいレール車内から「最強食堂」という食堂が見えたのです
が、宿最寄りの奥武山公園駅の近くだったので夕食を食べに
入ってみることに。

Dsc_07491

 

 ごく普通の食堂です。初めて沖縄を訪れた人間がそこ行くか、
っていう感じの食堂です。ゴーヤチャンプルがあったのでそれ
にしました。

 2日目の昼、今度はソーキではない「沖縄そば」を食べました。
やっぱりまた食べたい味です。

Dsc_03431

 

 自動販売機もオリジナルメニューがあるようで、「さんぴん茶」
と「ゴーヤー茶」はたぶん地域限定かと。

Dsc_03791

 

 夜は国際通りを歩き「あぐー」を探しましたが、どちらかという
と飲みベースのお店が並んでおり、基本1人じゃ飲まないので
素通り(なので滞在中、よく聞く泡盛は飲んでいません)。何とか
あぐー使用のハンバーグを食べることができました。

 最終日昼食を空港内で食べましたが、頭の中で「あぐー」が
カツになっていたのでハンバーグでは心残りになってしまいそう
で、あぐー使用のカツを食べました。

Dsc_04611

 

 いちおう目に入った「ソーキ」「あぐー」は食べることができま
したが、まだまだいろんな食べ物があると思います。そちらは
次回以降にということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の新潟空港

 新潟空港撮影の続き、今度は5日月曜分です。

 月曜はハバロフスク便の日。ハバロフスク便を運航している
ダリアビア航空にはエアバスやボーイングはなくツポレフのみ
なのでロシア機が必ずやってきます。ただTu-154Mの他にTu
-214がいるのでそのどちらが来るかはわかりません。1週間前
の4月28日はTu-154MのRA-85797でした。

Dsc_02671

 

 到着時刻は13:10で、直前の便の向きから28着陸のようなの
で12時頃に土手へ。早着することもあるので早めに行ったもの
のほぼ定刻にやってきました。煙は見えずどうやらTu-214の
ようで、近づくにつれはっきりとTu-214の姿が見えてきて、RA-
64512が。

Dsc_08721

 

 ハバロフスク便の到着から出発までの間は発着便がありま
せん。しばらく車の中で休憩し離陸を撮影。この間に風向きが
変わって10からの離陸に。おかげで土手からは離着陸両方
が撮影できました。

Dsc_08791

 

 続いて予定通り大韓航空のチャーター便がやってきました。
残念ながら10からの着陸。土手からの撮影はきついです。

Dsc_08881

 

 滑走路のいちばん端までも来てくれなかったので間近では
撮れずでした。でもさすがB777-200。充分大きいです。

Dsc_08961

 

 このまま向きが変わらず、離陸も10からであることを願い
ながら阿賀野川対岸の公園へ。空港全体の写真を撮影した
りしました。

Dsc_09061

 

 土日運休の旭伸航空佐渡便。月曜祝日は飛ぶのかわから
なかったのですが飛んでいました。

Dsc_09071

 

 ANA466便、JAL2247便と10から着陸。向きは大丈夫そう。
写真はJAL2247便です。

Dsc_09251

 

 しかし、この後、急に28に変更(滑走路のランプが点灯)、
幸い大韓航空の前にANA769便が出発する感じだったので
土手に戻ることに。ANA769便にも間にあいました。ちょっと
前から降りだした雨がこの頃から強くなりだし風も出てきまし
た。でも雨のおかげで噴射がはっきりと。

Dsc_09341

 

 そして大韓航空のB777が離陸。雨はさらに激しくなり、風
も強かったので傘が使えない状況に。なのでずぶぬれです。

Dsc_09471

Dsc_09501

 

 でも先ほどと同じく雨のおかげで噴射がはっきりとわかる
写真に。

Dsc_09591

 

 2日間、夕日を見ることができなかったですが、夜景と雨と、
夕日とはまた違った風景を撮影することができました。

 最後に、一緒に撮影していた人を見送りに行った新潟駅で
撮影した200系。緑帯編成でした。

Dsc_09711

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟空港夜景

 話題が福井方面に行ったり、沖縄の話題になったり、更新が
なかったり、一気に複数アップされたりで気まぐれになっていま
すが、昨日、一昨日は新潟空港近辺で撮影していたので、また
割り込みをいれてこちらの話題をアップしたいと思います。

 まず4日日曜の方から。

 前日、沖縄から帰ってきたばかりということもあり、早起きは
せずに土手に着いたのはお昼頃。ちょうど沖縄行きのANA465
便が離陸。なんか懐かしさがあったので撮影しました。

Dsc_07511

 

 この日の注目はエアトランセのチャーター便。13時半頃到着
しました。でも小型機が10からの着陸すると撮影は厳しいです。

Dsc_07651

 

 ウラジオストク便はこの日もA320。

Dsc_07741

 

 エアトランセは離陸も10からだったので、上がっていく方は
撮影できました。滑走路が2500mあるので高く上がりすぎるの
ではと思ったのですが。

Dsc_07861

 

 夕方になり、夕日が気になり始める時間帯に。MD90のJAL
2248便が離陸。

Dsc_08161

 

 本来なら夕日がいい感じになるはずのANA520便ですが、
日中の晴れが続かずに雲が出てきてしまい、これが限界に。

Dsc_08281

 

 もう夕日は諦めです。こちらも夕日の中、到着することが
期待できたANA323便。でも新潟でB737-500を撮影するのは
初めてです。

Dsc_08361

 

 ここからは夜景撮影に。ANA519便が接近。阿賀野川に
ライトが写ってくれました。

Dsc_08491

Dsc_08512_2

 

 最後はJAC2250便。三脚を持っていないので手持ちですが、
カメラを柱に押し付けながらシャッタースピード1秒をなんとか可
に。空に2本の光が見えるかと思いますが、それが離陸した22
50便です。

Dsc_08611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

ゆいレールに乗る

 戦前の沖縄には鉄道があったみたいですが、戦後は長い間
鉄道がありませんでした。その沖縄に5年前にできたのが「ゆい
レール」というモノレールです。

 「ゆいレール」は那覇空港から首里の間を27分で走っていま
す。那覇に到着した1日、空港での撮影の合間に那覇空港から
首里まで1往復してきました。

 那覇空港駅のホームでまずは撮影。すでにできている都市
に作った路線であるためか、起伏やカーブが多い路線となって
いるようです。そんな路線を初めて乗車する列車がやってきま
した。

Dsc_06881

Dsc_06891

 

 この列車で途中で降りずに首里まで向かい、27分で到着。
あっという間に「ゆいレール」全区間の乗車が終わり、同時に
沖縄県の鉄道も完乗となりました。
 首里城には翌日、行く予定だったので首里駅では駅の外に
少し出ただけで那覇空港行きに乗車。

Dsc_06971

 

 「ゆいレール」の車両は基本ロングシートですが、運転室の
すぐ後ろだけは前方を向いています。帰りはこの場所に座る
ことができ、すれ違う列車の撮影をしていました。

Dsc_07061

 

 1日はあとは那覇空港から宿の最寄り駅奥武山公園駅へ。
2日は奥武山公園から首里と、首里城を見てからバスターミ
ナルがある旭橋まで乗車。ちなみに「ゆいレール」の駅では
京浜急行の切符が買えるようです。

Dsc_02811

 

 旭橋ではバスターミナルに向かう前に「ゆいレール」を外から
撮影してみました。

Dsc_03501

 

 バス乗車後、旭橋から県庁前に向かい、国際通りを歩いた
後、牧志から奥武山公園まで乗車、宿へと向かいました。

 3日は奥武山公園から那覇空港まで乗っただけでしたが、間
の赤嶺駅で下車。この赤嶺駅は日本最南端の駅です。

Dsc_03931

 

 ちなみに日本最西端の駅は隣の那覇空港駅。最南端、最西
端とも「ゆいレール」ができるまでは九州にありましたが、沖縄
に鉄道ができたことで変わりました。

Dsc_03951

 

 那覇空港では「ゆいレール展示館」へ。土曜祝日は通常は
やっていないみたいですが連休中は開館していました。こちら
には「ゆいレール」に関する展示もありましたが、3月の改正
で廃止された寝台特急「なは」のヘッドマークも展示されてい
ます。

Dsc_03991

 

 1時間ぐらい資料館を見てから空港へ。途中で今回最後の
「ゆいレール」撮影をしました。

Dsc_04061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

那覇空港で夕日撮影

 1日に那覇に到着したのは15時過ぎ。観光するには時間が
なかったので、ゆいレール乗車と飛行機撮影をするのみにしま
した。ゆいレールの話題は後日として、まずは飛行機撮影の
話題です。

 那覇空港には有料デッキと無料のガラス張り展望スペース
がありますが、有料デッキの方は金網があったので行かずに
ガラス越しに撮影することに。

 那覇空港は滑走路が南北(36-18)を向いていて、ターミナル
ビルは滑走路の東側にあります。つまり真西を向いて写真を
撮ることになるので午後は逆光です。でも最近は逆光、特に
夕日はおもしろい写真が撮れるので期待してしまいました。

 到着後、軽く食事をしてからさっそく撮影。まだ日は高いです。
 「香港快運」のB737。写真が青いですが、透明ガラスの場所
と青みがかったガラスの場所があり、最初は知らずに青みが
かったガラスの場所で撮っていました。それに気づいて透明
ガラスの場所に移動。

Dsc_06601

 

 自衛隊機?パラシュート付きで。

Dsc_06631

 

 海上保安庁のYS-11らしき機体が。

Dsc_06641

 

 ANAのB772。正面が海なので日の光が海に反射してくれま
す。

Dsc_06761

 

 ANAのB747。

Dsc_06781

 

 とりあえず、夕日の時刻にはまだ早かったので、一旦離れ、
ゆいレールの乗車をすることに。そして約1時間後に再び同じ
場所に戻ってきました。この頃(18時すぎ)になるとだいぶ日
も低くなっていましたが、新潟なら日没という時刻でも、新潟
よりずっと西なので、まだ日没時刻ではないです。
 太陽のちょっと上をJALのB747が通過。新潟では撮影でき
ないアングルです。

Dsc_07101

 

 だいぶ赤くなってきました。

Dsc_07151

 

 完全逆光で。

Dsc_07191

 

 那覇空港は出発時、ターミナルの方に飛行機の後方が向き
ます。ちょっと広角気味に。

Dsc_07201

 

 飛行機を入れずに、夕日と海と島を撮影。

Dsc_07301

 

 夕日がいい感じになってきたのですが、離陸する飛行機は
はるか上に。

Dsc_07361

 

 まもなく日没。新潟は佐渡があるため海に直接沈む夕日を
見ることができないのですが、那覇では見られそうです。でも
この日は低い位置に雲があり、残念ながらこの後夕日は雲の
中へ。 

Dsc_07461

 

 初めて沖縄に行った初日。さっそく良い風景を眺めることが
できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟~沖縄、上空からの眺め

 ここのところライブ遠征(追っかけ)で出かけてばかりですが、
連休ということで、以前から行ってみたかったけど、かつては
行くことができなかった沖縄へ2泊3日の日程で行ってきました。
かつては行くことができなかった理由は2年半までは飛行機が
絶対ダメだったためですが、今は飛行機OK、本当は昨年の
5月に行くつもりだったのですが、昨年5月は謎の体調不良の
ために中止。それから1年、今年は行くことができました。

 今回は往復とも新潟~那覇の直行便を利用。飛行機に3時
間近く乗るのは初めてです。

 行きは窓側の席を予約していたため風景を期待したものの
天気が悪く雲の上ということが多かったです。それでも北陸
地方付近は山や平野の一部が見えました。

P11000631

P11000641

 

 西日本は完全に雲の上、でも雲の上なので晴れています。

P11000771

  

 雲が薄くなった頃は下が青かったので海の上だったようです。

P11000801

 

 帰りはうっすらとした雲があったり、ところによっては厚い雲
もありましたが、天気はよかったです。帰りも窓側席だったの
で景色を見ていました。
 沖縄を出てしばらくは海の上です。

P11000861

 

 島が見えました。機内にある「翼の王国」の地図の屋久島と
同じような形。たぶん屋久島ということで。

P11000901

 

 しばらくするとはっきりとした陸地が。枕崎のあたりから九州
に入ったようです。

P11000911

 

 霞んでますが、天草諸島が見えました。

P11000971

 
 熊本県から大分県の上空を通過し、九州入りから約20分で
大分、別府付近に到達、国東半島が見えました。あっという間
に九州通過です。

P11001011

 

 一旦海に出て、今度は岩国、広島のあたりから本州入り。

P11001021

 

 地図を見ながらあまりに熱心に下を見ているのでCAさんの
1人が話しかけてきて、ポストカードを渡してくれました。
 中国地方を横断し山陰地方に達したあたりで真下に飛行機
が。鳥取か米子の発着便のようです。飛行機を上から撮った
のは初めてです。ちなみにコンパクトカメラで撮影しているため、
ズームはあまり強くありません。

P11001041

 

 山陰地方の日本海に到達。

P11001061

 

 このあたりからは座っていた左側シートは海側となり、その
海も霞んで見えません。しばらくして先ほどのCAさんが「右側
は山が見えます。移動されますか?」と教えてくれたので移動
しました。ちょうど北陸地方を飛行中のようで、高い雪山が。
 富山湾のようです。

P11001111

 

 富山新潟県境付近は山脈が海岸付近まで達しており、列車
に乗っていてもトンネルばかりの区間です。上空からもそれが
よくわかりました。

P11001131

 

 糸魚川市付近です。

P11001151

 

 この後、上越市、柏崎市のあたりがわかり、そして長岡市の
あたりも見えてきました。このあたりになると飛行機の高度も
下がってきており、はっきりと信濃川の大河津分水が。

P11001181

 

 この直後に弥彦山がすぐ下に見えたのですが、ここでベルト
サイン点灯。着陸態勢に入ったのでデジカメは使用できなく
なりました。
 あとはだんだん高度が下がってきて、北陸自動車道や上越
新幹線が見えてきました。あとは着陸がR/W10からか28から
かで景色も違ってくるのですが、10にしては内陸に入りすぎて
いるし、でも28にしては早く高度が下がっている気が。やがて
大きな川の上を通りましたが、阿賀野川だったようです。実は
この時点で10だと思い込んでいたため、それに気づかず、28
だということに気づいたのは新潟競馬場が見えた時でした。
 ということはうちは?と思ったものの、その時、左に旋回、
うちの方を見ることができなかったです。そして、いつも写真
を撮っている松浜の風景が見え、阿賀野川のすぐ上を通過、
28から新潟空港に着陸しました。

 CAさんに感謝です。この機材は40分程で札幌に向けて離陸。
チームが変わっていなければ、みなさん北海道に向かったの
かなって思いながらデッキで見送りました。

Dsc_04691

 

 ちなみにこちらが今回もらったポストカードと見続けた「翼の
王国」です。

Dsc_04721

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

「はくたか」の併結シーン

 先日、熱海で「踊り子」の併結シーンを目撃しましたが、福井
に向かう途中の金沢では「はくたか」の併結シーンを目撃しま
した。

 「踊り子」の185系と違うところは連結部を行き来できること。
そのために正面の貫通路が開きます。

 併結される方はすでに貫通路を開けて停車中。

Dsc_04331

 

 そこに併結する編成が接近し、一旦停止しました。

Dsc_04361

 

 ここで係員が乗り込み、貫通路を開きます。

Dsc_04371

Dsc_04381

 

 そして連結。

Dsc_04391

 

 こういうシーンってやっぱり見てしまいます。この列車、時刻
からして「はくたか15号」かと思いますが、15号は金沢始発で
併結はなさそうな列車です。でもちょっと前に「はくたか6号」が
あり、6号は一部の車両が和倉温泉行きになっています。
おそらく6号の金沢止まりの編成に車庫からの編成を併結し
ていたのかなと思います。よく見たら683系と681系の併結でし
た。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »