« MD90とMD81 | トップページ | 空港夜景 »

2008年5月15日 (木)

「雷鳥」、419系、475系撮影

 沖縄遠征や地元の話題を先にアップしたので後回しになって
しまいましたが、4月最終週の福井遠征の話題をようやくアップ
したいと思います。

 福井にはライブを見に行ったのですが、ライブは土曜、日曜
とも夕方~夜だったため、日曜の午前中は空き時間でした。
そんな時間を使用して485系、475系、419系が走る北陸本線
の撮影をすることに。
 とは言っても福井近辺の撮影地を知りません。敦賀の向こう
の新疋田は知っているものの、往復の時間を含めるとあまり
撮影はできなさそう。ということで二駅並べると「森田春江」と
いう人の名前になるうちの春江駅にとりあえず行ってみました。

 福井から春江までは419系で。ちなみに-1の編成でした。

Dsc_04551

 

 どこか撮影できそうな場所はと探してみたら、駅横の駐車場
端からなら下り列車の後部限定で撮影できそう。というわけで
ここで何枚か撮影しました。
 239Mです。475系の6連ですが、サハ455が組み込まれてい
ます。わかりにくいですが、本来クハが連結される手前から
4両目の塗装が中間車塗装になっています。

Dsc_04661

 

 「雷鳥9号」は最後尾がパノラマグリーン車でした。

Dsc_04691

 

 この場所からでは上り列車がうまく撮れなかったので上りの
「雷鳥22号」は線路を挟んだ反対側へ。今度は非貫通タイプ
の先頭車でやってきました。

Dsc_04711

 

 再び元の場所に戻り、「雷鳥13号」を撮影。こちらも非貫通
タイプでした。

Dsc_04761

 

 351Mは419系で。ちなみにこの編成は-1の編成で、乗って
きた編成でした。乗ってきたのは237M芦原温泉行きで、芦原
温泉で334Mとして折り返し福井へ(これも撮影していますが)。
そして351Mで再び芦原温泉へと。

Dsc_04781

 

 この後もしばらく撮影し、福井へ。やってきたのが419系。
もしかしてと思いましたが、やはり-1の編成。撮影した列車が
芦原温泉から戻ってきました。

Dsc_04821

 

 せっかくなので581系、583系の雰囲気が残る車内を。

Dsc_04831

 

 改造車と言っても、改造されたのは昭和60年頃。あれから
20年以上過ぎているわけで、581系、583系の時よりも419系
になってからの方が長くなっているようです。

 最後に福井駅で「雷鳥17号」を撮影。こちらは最後尾がパノ
ラマグリーン車でした。

Dsc_04871

Dsc_04891

 

 「雷鳥」は原色で昭和53年からのヘッドマークを出している
列車で、いまや貴重な存在ですが、「サンダーバード」という
存在もあり、さらに北陸新幹線ももう遠くない未来に迫ってい
ます。国鉄が残るうちに北陸本線を撮影しておきたいです。

|

« MD90とMD81 | トップページ | 空港夜景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「雷鳥」、419系、475系撮影:

« MD90とMD81 | トップページ | 空港夜景 »