« 副都心線乗車2 | トップページ | 秋田583系新潟へ »

2008年7月 5日 (土)

600mm増備、さっそく空撮影

 昨年まで使用していたLumix FZ30のレンズは35~420mmで
画質を落とすことで600mmぐらいの望遠にすることができまし
たが、今のD40Xを買った時に一緒に買ったレンズは18~55
mmと55~200mm(FZ30の表現に合わせるには1.5倍するため
最大は300mm)の範囲で、Lumix使用時並みの望遠ができな
い状況でした。
 そんなわけで今日は前から予定していた望遠レンズを増備。

 候補になっていたのはNikonの70~300mm F4.5-5.6のもの、
Nikonの80~400mm F4.5-5.6のものとシグマの同等品でした。
1.5倍となるので300mmは450mmになるものの、これでもLumix
には届きません。さらに今あるレンズと範囲がダブりすぎる
ためあまり増やす意味がなさそう。
 ということで80~400mm(120~600mm)の方を検討。今朝、
お店に行って、まずはNikonの方を見せてもらいました。ここで
問題発生。Nikonのこのレンズにはレンズ側にオートフォーカス
用モーターがなく、本体にモーターがないD40Xではマニュアル
ピント合わせになってしまいます。600mmでマニュアルは無理。
ということで脱落です。ここでD40Xと本体モーター内臓のD80
の差が出てしまいました。

 今度はシグマの方を見せてもらいました。こちらはレンズ側
にモーターがあります(つまりオートフォーカスで撮影可)。さら
に手ブレ補正付きで望遠範囲はNikonのものと一緒。もちろん
D40Xに付けることができます。で、お値段はNikonより安い。
 ということで結局、シグマのレンズを増備しました。

 さっそく接続。ズームにするとかなり長くなります。十数年前
に一眼で撮影するようになってから初めて本体よりレンズの方
が大きいという状態に。

P11305711

P11305681

 

 午後はこれを持って飛行機撮影。鉄道の方は200mm(換算
300mm)でもそれほど不便な感じはしなかったのですが、飛行
機の離着陸シーンでは物足りなさがありました(Lumixで600
mmまで撮れていたこともあり)。やはり最初は滑走路が見える
阿賀野川土手へ。今日は土手にいる飛行機趣味の人達から
注目。でもカメラが負けてるよという声も。

 背後からの着陸の瞬間も大きく写り、600mmのまま真横から
も撮ってみるとかなりアップになります。

Dsc_03261

Dsc_03441

Dsc_03451

Dsc_03511

Dsc_03531

 

 今日はR/W28からの離着陸だったので、離陸撮影のため
R/W10の海浜公園へ。R/W28から降りる飛行機と待機中の
飛行機を撮影。

Dsc_03561

 

 離陸の撮影も上がり始めの瞬間は厳しいものの、以前より
低い位置での撮影ができるように。

Dsc_03611

Dsc_03651

 

 今日は試しも兼ねて撮影してみましたが、相変わらず手持ち
です。1.750kgのレンズ、腕力、背筋も必要そうです。

|

« 副都心線乗車2 | トップページ | 秋田583系新潟へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/41746916

この記事へのトラックバック一覧です: 600mm増備、さっそく空撮影:

« 副都心線乗車2 | トップページ | 秋田583系新潟へ »