« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

間にあった夏風景

 ここ数日、大雨のニュースが報じられていますが、新潟も雨
が降ったりやんだりする天気が続いていました。しかし今日は
朝から晴れ。青空が。

 涼しくなってきたとはいえ、まだ8月(明日から9月ですが)。
青空となれば夏の風景も。ということであれが発生しやすく、
これまでもいろんな季節風景をみせてくれたあの場所へ。

 昼頃、その場所へ向かいました。すぐにあれが発生している
のが見えたので期待できそう。

 ということで着いた場所はこれまでも何回も登場している山
背景の白新線佐々木~西新発田です。あれとは入道雲。雪山
背景を撮ったこの場所で、入道雲をかぶった山背景の写真を
撮ってみたかったわけです。
 まずは全景。

Dsc_30551

 

 そして飛び出したところを。かなり高い位置まで達していそう
です。

Dsc_30601

 

 この後、列車3本を撮影。

Dsc_30671

Dsc_30831

Dsc_30871

 

 この5枚は5~10分間隔で撮影しましたが、入道曇ってすぐに
形が変わるのですね。

 ここで一旦、空港近辺に行くのですが、夕方、再び鉄道撮影
へ。キハ52を含む羽越本線坂町行きを阿賀野川鉄橋で撮影。
後方写真の背景にはやはり入道雲が。

Dsc_31381

Dsc_31391

 

 そしてまた白新線佐々木~西新発田へ。だいぶ雲が崩れて
いました。

Dsc_31461

 

 EF81-406牽引の貨物はちょうど正面に夕日が当たっていい
感じに。

Dsc_31481

 

 後方は側面に夕日が当たって、これはこれでいい感じに。

Dsc_31511

 

 「いなほ」が通過。再び高い位置に入道雲が現れ、それに
夕日が当たってちょっと赤めに。

Dsc_31641

 

 背後となる西の空はこんな状態でした。

Dsc_31681

 

 18時過ぎ、走行列車相手では撮影するのが限界っぽい状況
に。ということでこの「きらきらうえつ」で終了とすることに。

Dsc_31741

 

 最後に右手でこぶしを握って、人差し指だけを伸ばしたような
雲があったので撮ってみました。

Dsc_31851

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

稲穂、夏から秋へ

 写真は先週の土曜、つまり1週間前のものなのですが。
ついこないだまで雪の中で写真撮っていて、そのちょっと後に
桜や水田に写る列車を撮っていたような気がしますが、いつ
のまにか稲穂がぶらさがるようになっていました。
 8月も下旬、まもなく9月ですね。そしてまた雪の季節が・・・。

 こちら田んぼは写っていませんが、先週土曜の貨物2本。
久しぶりに原色EF64-1000が先頭になっているところを目撃
できました。

Dsc_27641

Dsc_27661

 

 そして水鏡を撮っていたこの場所で。稲刈りの頃の田んぼ
は黄色っぽいので、秋っぽくなるのはもう少し先のようです。

Dsc_27681

Dsc_27701

Dsc_27731

Dsc_27761

 

 久しぶりに急行「きたぐに」まで撮影しました。比較用に水鏡
の頃の写真を。
 「2008年5月10日 (土) 田に映る列車、そして48両目の64」
http://go-3-10-02.cocolog-nifty.com/aanda/2008/05/post_bff1.html
の時の写真です。

Dsc_09901

 

 秋が混ざり始めた風景ですが、まだ夏っぽさも。しかし砂利
のところでも育つ花には力強さを感じます。

Dsc_27631

 

 そして今日。快速「べにばな」を撮りに白新線沿線へ。ここは
先週、特急「いなほ」を撮っていますが、やはり田園風景。
 とうもろこしとねぎも入れてみました。

Dsc_29291

Dsc_29361

 

 夏っぽい風景、まだ山と青空と入道雲と列車の組み合わせ
を撮っていません。天気が悪いので最近は見ることができま
せん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

佐渡汽船と新日本海フェリー

 昨日、一昨日のところに飛行機と船の2ショットが写っていま
すが、こないだ佐渡に行った時の縁もあり、今回は船だけの
写真も撮影しました。

 まずは対岸の公園から撮った佐渡汽船。水平線上に浮いて
いるところから姿が。

Dsc_28381

Dsc_28601

 

 こちらは両津に向かう佐渡汽船を空港のデッキから撮影。

Dsc_28741

 

 所々雨が降っているようで、沖合いにカーテンがあるような
空に。

Dsc_28831

 

 そんなカーテンの方に向かって先ほどの船が向かっていき
ました。

Dsc_28861

 

 こちらは新日本海フェリー。

Dsc_29121

 

 両津からの佐渡汽船が到着。時刻からして佐渡からの帰り
に海上で追い抜いた便のようです。

Dsc_29221

 

 この頃になると雨雲が空港付近まで達してきたようで雨が。
先ほどまでの沖合いのカーテンもなくなっていました。

 船は新潟市内の展望のきくところからも撮れそうです。機会
があったら撮りにいってみたいと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

空気が澄んだ日・続き

 続きです。
 一昨日はちょっとした用件があってウラジオストク便離陸後
もデッキに残りました。と言っても撮影が主目的というわけでは
なかったのですが。でも流し撮りもできたし、昨日も書いたよう
に空気が澄んでいて撮影環境もよかったです。
 というわけで結局写真をアップするのですが。

 こちらは昨日のところでTu-154Mと一緒に写っていたダッシュ
エイトです。

Dsc_28801

 

 JAL2247便。MD90です。いつもなら西日で霞んだ空をバック
にやってくるのですが、今回はくっきりと。

Dsc_28871

 

 着陸。

Dsc_28901

 

 ここで少々用件が入ります・・・。

 MD90がJAL2248便として出発。今回も好きなこの場面を撮影。

Dsc_29161

 

 離陸は流してみました。2枚目は少々きつかったです。

Dsc_29181

Dsc_29191

 

 続いてANA769便が離陸。やはり流しで。

Dsc_29241

 

 佐渡汽船との2ショット。ここのブログの名前である「てっくう」
(鉄、空)の組み合わせはなかなか撮れないのですが、空、海
の組み合わせは、これまでも何回か登場しているように、新潟
空港では結構撮ることができるようです。

Dsc_29261

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

空気が澄んだ日

 昨日午後はいつもの飛行機撮影。どちら側から着陸するか
わからなかったものの、ひとまず阿賀野川対岸の公園へ。すぐ
に中国南方の離陸となりましたが向きはR/W10。離陸はこちら
に向かってきます。

Dsc_28311

 

 午後になると、ここや土手から空港側を見ると逆光になって
しまうのですが、昨日は雨上がりのくもりで、逆光でも順光でも
ない状態。さらに雨上がりのせいか空気が澄んでいました。
この場所からは逆光や霞んだ空気の中、ぼんやりとした写真
を撮ることが多かったのですが、昨日はくっきりしていました。

 方向が変わることなくウラジオストク便もR/W10から。澄んだ
空気のおかげで早くから煙を引いた154が。

Dsc_28431

 

 着陸です。

Dsc_28461

Dsc_28471

 

 いちばんこちらまでやってきて誘導路へ。

Dsc_28521

Dsc_28541

 

 そしてターミナル到着。

Dsc_28571

 

 午後のウラジオストク便をこの場所からこんなにすっきりと
撮れたのは初めてかもしれません。

 後のこともあり離陸は空港で。空気は澄んだままで、曇りで
ありながらもバックに粟島が。

Dsc_28681

 

 ダッシュエイトが154につながって出発。

Dsc_28701

 

 離陸です。黒い煙が。

Dsc_28751

 

 佐渡汽船と2ショットで。

Dsc_28761

 

 離陸したところを流しで。決まった感じもしますが、悪い癖が。
海が傾いてしまいました。

Dsc_28771

 

 今回のウラジオストク便撮影はこれで終了。でもこの後の便
を撮影するため、しばらく空港に残ることに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

T18いなほ、検測車

 昨日のところで、快速「べにばな」の直前に撮りたいものが
通過したと書きましたが、その撮りたいものとはT18編成使用
の特急「いなほ」。撮影場所到着直前に目の前を走っていきま
した。このパターン、2回目です。

 でも今回は秋田行きの「いなほ1号」だったので、秋田からの
「いなほ10号」で帰ってくるのは確実。「いなほ10号」は16時台
に白新線を通過するので撮影可能な列車です。
 ということで、午後、白新線西新発田~佐々木へ。せっかく
なので1時間以上早く行き、15時ごろの貨物も撮影しました。
そちらがこれ。

Dsc_27861

 

 昨日は曇りで時々パラパラと雨が降る天気。「いなほ」通過
まで本降りにならないでほしかったですが、雨雲が・・・。

Dsc_27881

 

 幸い、この雲は一時的。

 こちらは3000番代の「いなほ7号」。

Dsc_27911

 

 そして「いなほ10号」。4つ目国鉄色のT18編成が戻ってきま
した。

Dsc_27961

 

 流れがわからなかった新潟の485系ですが、ダイヤ情報誌
に運用が載ったので流れがわかるようになりました。昨日は
10号の後に酒田行きの「いなほ」に入り酒田に向かい終了。と
なると今日は酒田から運用が続くことになり、そういう日は入る
列車がわかります。今日は「いなほ5号」に入るため、白新線
豊栄~黒山へ。
 予想通り「いなほ5号」はT18編成でした。

Dsc_28161

 

 場所を変えても同じような風景なので、昨日とは変えてやや
側面寄りから遠めに。稲穂にこだわってみました。

 この後、早通~豊栄に移動し検測車を撮影。この場所も変わ
らず田園です。

Dsc_28271

Dsc_28291

  ↑ 後ろのことはあまり考えてなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国鉄特急と国鉄気動車急行

 今朝(23日)の新津~新潟の2521Dはキハ58系急行色。

Dsc_27551

Dsc_27571

 

 ということで今日の快速「べにばな」もキハ58系急行色という
ことに。時間の都合もあり、快速「べにばな」は阿賀野川の鉄橋
で撮影。新車に置き換わったらこのシーンも過去になります。

Dsc_27831

 

 今日はこのまま米坂線へとも思いましたが、快速「べにばな」
の直前に撮りたいものが通過したものの、タイミング悪く撮影
できなかったので折り返しの方を撮影することに。それもあって
米坂線へは行かなかったです。

 以前から気になっていたことですが、新潟行きの快速「べに
ばな」と485系国鉄色編成を使用した「らくらくトレインむらかみ」
が中条で交換します。快速「べにばな」がキハ58系急行色なら
中条で国鉄特急と国鉄気動車急行の対面となるはず。ただ、
乗った時にわかりましたが、1番線と3番線という離れた並びに
なります。
 夜間だし無理だろうと思いながらも、無理ということを実際に
見ないとなんか納得できなかったので、夜、中条駅まで行って
みました。
 結果はこんな感じです。

Dsc_28121

 

 離れながらも対面しました。こんな写真でもいずれは貴重な
場面になるわけなので撮りにいってよかったです。

 ちなみにキハ58系、どうも編成が反転したみたいです。今日
の上の写真と、ほぼ同じ場所で同じ方向を撮影した8月12日
の写真を見比べてみてください。
 快速「べにばな」に入ると新潟駅を通る関係で、新発田~
米沢は新津から羽越本線をそのまま行った場合と逆向きに
なってしまいますが、「べにばな」で米沢に行った編成は「べに
ばな」で帰ってくるので通常は新津で向きが逆になることは
ありません。どこかで運用が崩れたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

ふるさと雷鳥

 正月、ゴールデンウィーク、お盆といった長期連休になると
運転される大阪~新潟の「ふるさと雷鳥」。このお盆は連休中
に下り1本、上り1本運転。今回のように連休で1往復ということ
が多くなってきましたが、大阪~新潟の定期「雷鳥」が廃止され
てから運転が続いています。

 今回は下りは13日、上りは17日に運転。13日は富山に行っ
た日ですが、「ふるさと雷鳥」が富山を通った時は飛行機を
撮影しており撮影不可。ということで17日の下りを撮影すること
に。

 17日は新潟13:55発の上り。日曜なので飛行機撮影に行く前
に荻川~さつき野へ。

 2人ほど沿線にいたので邪魔にならないところから撮影しま
した。「ふるさと雷鳥」は489系ボンネット編成で、ヘッドマーク
は毎回「臨時」。これだと長岡まつりの日に宮内で撮った団体
臨時と区別がつかないのですが、今や貴重となったボンネット
車。来るうちは撮影したいです。

Dsc_26001

Dsc_26021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

富山駅で撮影

 話は1週間前に戻って富山に行った日。

 この日は富山空港でヤコブレフを撮影するのが主目的でした
が、富山駅で列車撮影と、富山に出かける前に朝の貨物撮影
をしました。

 休日になると頻繁に行っている朝の貨物撮影。意外にもこの
連休はこの1日だけ。午前中はお休みという日が多かったです。
 場所は信越本線さつき野~荻川。連休中にワムを撮影した
踏切付近です。
 4076レ、4059レとEF81の貨物を撮影。

Dsc_20811

Dsc_20831

 

 続いて2085レ。EF64-1038+EF64-1040。原色が挟まっていま
した。

Dsc_20841

 

 2085レ撮影後、食事をしてから富山へ。そしてすでにアップ
した飛行機撮影をしてから富山駅へ。

 北陸本線には475系や583系改造の419系がいます。それも
撮りたかったし、もう1つ目的が。
 こちらはクハだけクハ455の413系。模型で存在は知っていた
ものの見るのは初めて。

Dsc_22231

 

 高山本線経由で名古屋に向かう特急「ひだ」。

Dsc_22301

 

 419系がやってきました。直江津でも見らますが、両端切妻
タイプの編成が多いようで、こちらのクハネ顔はなかなか見る
ことができません。

Dsc_22391

 

 475系。やはりデカ目が似合っています。

Dsc_22581

 

 そして目的のクハ481-1500の特急「北越」。すでにアップしま
したが、前日の「北越10号」に入っているのを目撃しており、で
あればこの「北越」に入るのが予想されました。
 来てくれたものの、手前のホームには端まで683系が入線
しており、ちょっと苦しい角度に。クハ481-1500の「北越」は
何回か見ているものの、なかなかうまいタイミングで来てくれ
ないです。

Dsc_22731

 

 ひとまずこれで目的の列車撮影で、富山駅を出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

両津港からジェットフォイルで

 相川からバスで両津港(バス停は両津埠頭)へ。

 今回の旅は鉄道の走っていない佐渡ということで豊栄~新潟
以外は鉄道と無縁かと思っていたのですが、両津埠頭付近で
電車が見えました。バス停からすぐのところだったので電車の
ところまで行ってみることに。
 どうやら新潟交通の電車のよう。

Dsc_25621

 

 しかし、すぐ横が海という環境のせいか車体はボロボロ。でも
今はなくなった路線の電車がこうやって残っているのは嬉しい
ことです。

 電車のところからジェットフォイルが見え、あとちょっとで出発
時刻。せっかくなので撮ってみました。今回は400mmを持って
いっていないので遠いです。
 ちょっと後退し、船体を持ち上げ沖へ。

Dsc_25671

Dsc_25721

 

 ジェットフォイルを見送ったところで道路を見ると屋根が銀色
のバスが(今の新潟交通のバスは屋根が赤い)。

Dsc_25731

 

 昼食後、ジェットフォイル乗り場へ向かおうとした時、ちょうど
新潟からのフェリーが到着。間近で見ると巨大です。

Dsc_25761

 

 カーフェリーなので車が積まれているわけですが、やはり船首
が開いて車が出てきました。

Dsc_25811

 

 しばらく眺めてからジェットフォイルの乗り場へ。案内は自分
が乗るジェットフォイルに。4日前に予約した時点では空席あり
でしたが満席に。早めに予約を入れておいてよかったです。

Dsc_25831

 

 お昼を食べている頃から風が強くなってきたのですが、船は
青函連絡船、東京湾、宮島ぐらいしか乗ったことがなく、それ
も10年から20年前のこと。船の揺れに対する経験値がかなり
低いので風が吹いているとちょっと不安。
 乗船時刻になり、ジェットフォイル船内へ。ジェットフォイル
には甲板というオープンな空間がありません。乗ったらシート
に座り、80km/hという速度のためかシートベルト着用です。
窓側席だったのが幸い。

Dsc_25851

 

 やはり風のせいか船体はグラ~、グラ~と揺れます。でも
動き出すと船体を持ち上げて進むジェットフォイル、港にいる
時のような揺れはなくなりました。そうなれば快適です。
 両津で撮影したフェリーの方が先に出ているはずで、新潟
到着はジェットフォイルの方が先。どこかで追い抜くわけです
が、はたして?しばらくして自分が座っている側の前方に船が
見えてきました。そして追いつき追い抜き・・・。船の追い抜き
はたぶん初体験です。

Dsc_25901

 

 シートベルト着用でもピッチ、幅がゆったりしているせいか
窮屈さはなく、ウトウトしているうちに曇り空の向こうに新潟の
街並みが見えてきました。そして新潟港に到着。降りる時も
やはりグラ~、グラ~と揺れが。

 初めて訪れる佐渡汽船乗り場。出発客で賑やかだった両津
とは違って静かでした。しばらくしてバス乗り場に行ったらちょう
どバスが行ったところ。駅まで歩けない距離ではないのですが、
雨っぽい天気だったので次のバスを待つことに。次のバスの
20分後に海上で追い抜いたフェリーが到着するので、そのまた
次のバスは混雑しそう。その前にバスで駅へと向かいました。

 そして新潟駅から列車で豊栄へ。今回の旅、約1日半だったし、
行き先も距離的には近場でしたが、鉄道、バス、飛行機、船に
乗った旅に。

 佐渡は新潟育ちでありながら行ったことがなかった場所。近く
て遠かった場所にようやく行くことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

佐渡相川・尖閣湾の旅

 佐渡遠征の続きです。

 佐渡空港で新潟に向かう便を見送った後、飛行機は3日後
まで来ないので空港を離れました。

 新潟を出る時、旭伸航空の方に佐渡空港からタクシー移動
するなら今のうちに呼びますと言われましたが、両津~相川
のバス路線のバス停からそれほど離れていない感じ。この日
の宿泊地は相川だったためバス移動することに。
 空港から歩くこと5分ちょっとで国道が見えてきてすぐバス停
が。すると相川に向かうバスが見えてきましたが、バス停周辺
をちょっと眺めたかったのでこのバスは見送り、次のバス(30
分後)にすることに。
 ちなみに「秋津」というバス停です。反対車線から撮っていま
すが、標識の通りすぐ曲がると空港、まっすぐ行くと相川です。

Dsc_24601

 

 眺めるといっても何も見るものもないので、ちょっと写真撮っ
てあとはバスを待ちました。
 そして30分後、バスが到着。

Dsc_24611

 

 相川までは1時間近く。個人的にはバス乗車時間としては
長い方に入ります。
 相川到着直前に夕日が見える海発見。すぐに戻ったものの、
夕日は雲の中。雲がなかったら水平線に沈む夕日が撮れて
いたかもしれません。新潟からだと佐渡があるので水平線に
沈む夕日はなかなか見られず、ぜひ見たいシーンでした。

Dsc_24641

 

 暗くなってきたので宿へ。その途中のバス停。一文字、「部」
が入るとかなりイメージが変わる警察署に。

Dsc_24711

 

 最近は洋室ベッドという宿を利用することが多く、和室ふとん、
奥に椅子がお向かいに置いてある部屋があるといった、旅館
っぽい宿は久しぶりでした。

Dsc_24731

 

 パソコンないと退屈、なんて思いながらも疲れのせいかテレビ
見ながら寝ており、気がつけば0時過ぎ。ということそのまま
寝ました。

 翌日(16日)は夕方の船だったので午前中は相川近辺を見る
ことに。景色がいいところが好きなのでバスで尖閣湾へ。
 また三菱か・・・。

Dsc_24841

 

 尖閣湾へは10分ほどで到着。着いたのは9時半ちょっと前
で次の帰りのバスは11時台でその次は15時台。滞在時間が
決まってしまいます。

Dsc_24931

 

 尖閣湾は写真のように海岸が岩場で断崖になっています。
福井県の東尋坊が有名ですが、尖閣湾もなかなかな風景の
ようです。

Dsc_24961

Dsc_25191

Dsc_25231

 

 動くものを見ると・・・、やっぱりカメラで遊んでしまうようで。

Dsc_25291(1/4000秒)

Dsc_25471(1/25秒)

Dsc_25431(1/25秒)

 

 1時間半ほど滞在し、バスで来た道を戻りました。来る時も
見ましたが、途中にひまわり畑が。

Dsc_25591

 

 相川では30分後ぐらいの両津行きバスに乗るか、他に何か
を見てからもう少し遅いバスにするか考えたものの、時間的
に中途半端。結局、30分後のバスで両津港へと向かいました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

奇妙な空と夕日

 今日も午後は土手へ。ただ、都合によりウラジオストク便の
着陸は見ることができませんでした。

 出発の20分ぐらい前に着いて、機種確認と離陸撮影したら
帰る予定だったのですが・・・。

 今日のウラジオストク便は10分遅れぐらいで出発。ロシア便
としては早い方です。ちなみにTu-204でRA-64040でした。

Dsc_26081

 

 今日は佐渡も見えましたが、上の写真ではわかりにくい空
模様、広い範囲を写してみるとこんな天気で、土手から見ると
晴れている所と、明らかに雨が降っていてどんよりした所が
くっきりとわかるような天気。空の色がはっきり違いました。

Dsc_26131

 

 ウラジオストク便が滑走路に向かっている間に伊丹からの
JAL2247便が到着。雨は降っていませんでしたが、反対側も
青空と雲が混ざる天気。

Dsc_26231

 

 土手で飛行機を見ている人が今日はずっと残っているので
何か来るのかと思っていたら、17時ごろに中華航空のB737が。

Dsc_26531

Dsc_26571

 

 今日は雲が動かず、状況はあまり変わらないまま。上の方の
空が晴れているのに低い位置に雲があることはよくありますが、
今日は逆。上に雲があって低い位置には晴れ間が(雲はあった
ものの)。西方向に晴れ間があったのでその部分が赤くなりはじ
めていました。帰るどころか夕日撮影体勢に。
 ANA769便は夕焼けの空へ。でも上空は厚い雲が。

Dsc_26711

 

 佐渡も見える中、中華航空が離陸。写っていないですが上の
方の雲はそのまま残っています。

Dsc_26781

 

 広角で撮ると結構不気味な空です。

Dsc_26831

 

 しかし西の晴れ間にまもなく夕日が現れそう。

Dsc_26891

 

 夕日も見え始め、光の筋が見える中、ANA520便が出発。

Dsc_26951

Dsc_26991

 

 数分後、厚い雲を抜け夕日が。

Dsc_27071

 

 再び下の雲の陰に。

Dsc_27161

 

 下の雲も抜け、夕日の光が上下に。

Dsc_27331

 

 タイミングよくANA323便が着陸しました。新潟空港、本数が
少ないのでこういった風景と飛行機がなかなか重なってくれま
せん。贅沢を言えば、これが離陸だったら・・・。

Dsc_27361

 

 一旦雲に隠れた夕日が雲の隙間から再び。この直後、伊丹
からのJAC2249便が着陸したのですが、数秒の差で夕日が雲
に隠れてしまっていて飛行機との重なりは幻に。そしてそのまま
日没となりました。

Dsc_27391

 

 新潟空港での夕日撮影は何回か行なっていますが、今日の
ようなパターンは初めてです。ウラジオストク便を撮ったら帰る
つもりだったのが結局日没までいることになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

佐渡へ飛ぶ

 旭伸航空佐渡便、なくなる前にやっぱり乗ってみたいと思い、
この連休に佐渡へ行くことを考えていましたが、どうも最近は
事前予約が多い旅行をするのが面倒。連休の佐渡となると
行き帰りの便と宿を全て事前に決めておかないとつらそうだし、
そうなるといっそう面倒。なんて考えていたら出遅れてしまい、
予約の電話をした時には金曜午後の佐渡行きの便しか空いて
いないとの返事が。土日運休なので旭伸航空で行ったら佐渡
滞在15分で帰ってくるか、翌日の船で帰ってくるかしかありませ
ん。幸い、宿と船は大丈夫そうだったので予約入れました。

 そして昨日、ロシア便の撮影もあったので昼過ぎには空港へ
(ちなみに佐渡行きは15:50発)。雨という予報だったので心配
でしたが、昼頃は晴れ。でもこんな雲もあり・・・。

Dsc_23771

 

 15時半頃、新潟空港ターミナルビル正面にある旭伸航空の
乗り場へ。先客が2人ほどいました(お客さんは結局3人)。
 9人乗りと言えど、やることはちゃんとやります。金属検知器
でボディチェック。荷物の中もチェックされました。そして搭乗口
へ。と言っても普通の建物の普通のドアを通るだけで、検修庫
の中を通るとそこにいつも撮っている機体が。
 「写真撮っていいですか?」と言ってみたら「どうぞ」と。という
わけで間近で撮影です。

Dsc_24061

Dsc_24101

 

 搭乗券に示された座席はA席左。パイロットさんのすぐ後ろ
でした。

Dsc_25951

 

 搭乗券だとパイロットさんは右側ですが、左側で操縦していま
した。右側でも操縦できるようですが。A席右に座ってもよかった
のかと思いますが、後方B席に子供がいたので視界を空ける
ことに。

 パイロットさん含め4人乗って準備完了。ブルルンとエンジン
がかかります。えっ?セルモーター?
 滑走路に向かい、管制塔からのテイクオフの声もよく聞こえ
(いつも聞いているエアバンのまんま)、離陸しました。

 上空でパイロットさんから案内が。高度800m、速度230km/h
とのこと。車輪は出したままでした(しまうところもない)。

 新潟と佐渡の間は海しかないのでずっと海を眺めながらも、
ぼやけていた佐渡がはっきりと見えるようになり、山を左を
眺めながら両津湾上空へ。すぐに正面に湖(加茂湖)が見えて
きて、湖の近くに滑走路が。普通の飛行機では正面の風景を
見ることはできないので、滑走路を正面に見たのはもちろん
初めてです。20分程で佐渡空港に着陸しました。

 佐渡空港でも近場で1枚。

Dsc_24141

 

 こんな感じでドアのすぐ前に飛行機がいます。

Dsc_24211

 

 1日2往復。さびしい・・・。

Dsc_24221

 

 佐渡空港です。空港というよりローカル線の駅みたいです。

Dsc_24251

 

 飛行機が15分で飛んでいってしまうので、飛ぶ頃に金網の
隙間から撮影。

Dsc_24291

Dsc_24321

 

 よく見たら滑走路横、道路が高くて金網が邪魔になっていま
せん。すでに滑走路端まで飛行機が行っていたので走り気味
にそちらへ。撮るのと同時に離陸。なんか待っていてくれたよう
な。気のせいかもしれませんが。

Dsc_24361

Dsc_24401

 

 湖と山の方に向かって飛んでいきます。

Dsc_24421

 

 今週最後の飛行機がいなくなった佐渡空港です。

Dsc_24501

 

 9月末で新潟~佐渡便はなくなってしまいますが、空港の前
にはこんなのぼりも。「羽田まで55分」。飛行機を飛ばそうという
願いはあるようです。

Dsc_24541

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

一転雨、ウラジオ便~ワム

 今日は午後、阿賀野川土手へ。木曜なのでウラジオストク便
があります。昨日の富山に続くウラジオストク便撮影です。
 先週土曜以降、昨日の富山での夕立を除けばいい天気が
続いていましたが、今日は一転雨。土手に着いた時は小雨で
した。

 その小雨が徐々に強くなり、ウラジオストク便が見えてきた時
には雨対策なしでは辛い状況。と言って傘を持ったままでは
撮れないので、車に乗ってドアだけ開けて撮影。
 ウラジオストク便はTu-204。154みたいな黒い煙は見えません
がベイバーを引いてきました。やたら暗いのは雨のせいもあり
ますが、カメラの設定もアンダー気味です。

Dsc_22811

Dsc_22871

 

 今日はTu-204のRA-64038。

Dsc_22931

 

 ウラジオストク便到着後、皮肉なことに雨がやみました。こう
いう時に限って発着便がありません。
 1時間半ほどしてウラジオストク便離陸や札幌便、伊丹便の
着陸の時間帯に。この頃になると再び雨が。
 札幌からのANA768便も車の中から撮りましたが、空港側は
車の中からでは撮れないので降りて撮影。そしてすぐに車の中
へ。逆噴射時は迫力があります。

Dsc_23121

 
 
 続いて伊丹からのJAL2247便が到着。一瞬ですがベイバー
も。

Dsc_23191

 

 やはり逆噴射時は水を飛ばしてくれました。同じく車に乗った
り降りたりしながらの撮影です。

Dsc_23301

 

 ウラジオストク便と伊丹行きANA1660便が離陸。雨は止まず、
今度は車の後部ドアを開けてドアを屋根にして撮影。こんな時、
ワゴンは便利です。
 まずはANAのダッシュエイトが離陸。ここからR/W10に。

Dsc_23391

 

 続いてウラジオストク便が離陸。雨を吹き飛ばしながらこちら
に向かってきました。撮影は大変なものの、こういった天候の
方がおもしろい写真が撮れたりします。

Dsc_23521

Dsc_23541

 

 これで今日の飛行機撮影は終了。しかしウラジオストク便の
離陸の少し後から雨が小雨に。

 土手から信越本線さつき野~荻川に移動。雨じゃどうしよう
かと思いましたが、結局、ワム撮影へ。
 その前に通過した231Dと馬下行き2238Dです。2238Dは青い
新潟色のみの4連。

Dsc_23621

Dsc_23641

 

 そしてワム編成の5788レが通過。今週だけで同じ場所での
複数回撮影となったので、今日はちょっと線路から離れて撮っ
てみました(すでに先客が線路沿いにいたこともあり)。

Dsc_23671

 

 先ほどまでの雨が嘘のよう。雲の切れ目から夕日も見える
ような天気に。

 これで連休のロシア便撮影は3回。日曜のウラジオストク便
だけ都合により撮影できなかったですが、可能な限り撮影して
います。あとは明日と今度の日曜です。

 ワムも3回撮影しました。こちらは平日のみということで明日
までですが、明日は都合により行けません。コキ編成になる前
のラストになるか、今のところわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山空港でヤコブレフ撮影

 昨日は富山へ。日曜、月曜、水曜、金曜に運航されている
ウラジオストク便撮影が主目的でした。水曜は新潟にロシア便
が来ないため、行くなら水曜がベストであるものの、水曜休み
は滅多にないのでこの機会にということに。

 富山空港訪問は昨年2月以来2回目。この時もウラジオストク
便撮影が目的でしたが、列車で行ったので空港からの撮影で
した。今回も移動手段は迷いましたが、違う角度からも撮って
みたいということで車で行くことに。マイカーでの富山県入りは
初めてです。富山は隣県と言えど、うちから富山市まで250km。
首都圏方面に向かえば埼玉の寄居あたりに達する距離。少し
躊躇する距離です。

 富山インターから空港は近く。まず空港に行ってみたものの
駐車場が混んでおり、ビルからかなり離れた場所しか空きが
なく、結局は空港には行かずに神通川の対岸へ(撮影地ガイド
にあった場所)。

 到着したのは11時半ごろ。中国南方のA319がいましたが、
中国大連からの便のようです。
 30分ほどして羽田からのANA885便がB763で到着。対岸から
見て右側(R/W02)からの着陸でした。

Dsc_21121

 

 対岸からは距離があるものの、巨大なB763は充分な大きさ。

Dsc_21151

 

 続いてウラジオストクからの839便が到着。ヤコブレフYk-40
という小型機です。

Dsc_21411

 

 小型なので心配でしたが、充分撮れました。

Dsc_21481

 

 富山空港には誘導路がないので、滑走路端で旋回してター
ミナルへ。

Dsc_21551

Dsc_21611

 

 入れ替わるように大連に向かう614便が離陸。

Dsc_21711

 

 ここまでは連続していましたが、この後は30分以上待ちに。
あまりに暑く、外で待つには辛い状況。車の窓を開けても暑い
のでさすがにエアコン入れて待機。
 30分ほどして羽田に向かうANA886便が離陸しました。

Dsc_21861

 

 続いてウラジオストクに向かう840便が出発。やはり滑走路
端で旋回です。

Dsc_21941

Dsc_21981

 

 そして離陸。

Dsc_22071

 

 ツポレフTu-154Mも黒い排気ガスが目立ちますがヤコブレフ
も小さいわりには排気ガスは負けていません。黒いスジを残し
ながら飛んでいきました。

Dsc_22091

Dsc_22141

 

 この後、2時間半ぐらい発着便がありません。鉄道の撮影も
あったので飛行機撮影はこれで終了。富山駅へと向かいまし
た。最後に車での富山県入り記念撮影です。

Dsc_22201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

今日も佐渡便・焼島・ワムと夕日

 今日は昼過ぎまでは外出せず、撮影に出かけたのは夕方
だけ。でも行動は昨日の夕方とほとんど同じです。

 まずは15:50出発の佐渡便撮影。空港第2駐車場からでは
同じになりすぎなので阿賀野川対岸の松浜漁港から。わかっ
てはいたものの、やはり小さい上に逆光です。

Dsc_20191

 

 待っている間にお休みしているカモメさん達を撮影。

Dsc_20111

 

 続いて焼島へ。はたして今日はワムかコキか?撮影場所に
行く前に焼島駅を通りましたが、結果は今日もコキ。でも運休
よりはマシです。さらに焼島に撮影に行くようになってから初の
原色DE10でした。

Dsc_20361

 

 焼島発は16:28。漁港から車で10~15分、場所時刻とも本当
にベストです。今日はワムの入換も見ることができました。この
ワムがいつ走るのかはわかりません。

Dsc_20391

 

 今日も同じ場所で撮影。後ろがコキとは言え、DE10(それも
原色)牽引も貨物はあまりないのでおいしい路線です。

Dsc_20441

 

 後方も。って通過した途端、子供が・・・。

Dsc_20541

 

 この後も昨日と同じく5788レを撮影のために信越本線荻川~
さつき野へ。
 直前の馬下行きの普通も撮影。今日は4色編成でした。

Dsc_20601

 

 5788レは無事今日もワム編成でやってきました。牽引はEF81
-2。1983年8月に糸魚川で旧客を牽引しているところを撮影した
ことがあるEF81-2。25年経過した今も現役であるところが嬉しい
です。

Dsc_20641

 

 今日も最後尾にコキが2両連結されていました(トラはなし)。

 夕日の感じが良かったので撮影。

Dsc_20721

 

 北越10号を夕日バックの逆光で撮影してみることに。ちょっと
フライングしちゃいました。

Dsc_20791

 

 ちなみにこの北越10号、1500番台含みのT18編成。こういう
撮り方する時に限って来るものですね。でも10号で金沢に向か
ったことで明日は金沢から戻ってくるのが確実。ダイヤ情報の
8月号の通りなら1号があやしいのですが。

| | トラックバック (0)

佐渡とハバロフスク

 この連休の地元撮影、注目の1つは1つ前にアップした焼島
のワムなのですが、もう1つは9月いっぱいで運航終了で今は
平日しか運航していない旭伸航空佐渡便。昨日はハシゴ撮影
でした(場所が近いのが幸い)。

 朝、焼島付近に行った後、空港へ。朝の佐渡便を撮影しまし
た。ちなみに場所は空港の第2駐車場です。機体が小さいだけ
に遠くからだと撮りにくいですが、ここからだと間近に眺められ
ます。

Dsc_19101

Dsc_19131

Dsc_19151

 

 昼過ぎは常連被写体?のハバロフスク便。でも月曜、金曜
運航なので普段は撮れません。松浜漁港で撮影。Tu-154Mの
RA-85797がやってきました。この場所からだと家で接近が見え
ないのですが、強烈な音が先に聞こえてきます。

Dsc_19261

 

 出発は空港で撮りました。たまには広角で。

Dsc_19371

 

 手を振るシーン。

Dsc_19471

 

 R/W28側から離陸して行きました。

Dsc_19501

 

 ハバロフスク便の離陸後、夕方の旭伸航空を撮影。駐機中
のところを門の隙間から撮影。黄色い車が近づいてきたので
何か言われるかなって思いましたが、とりあえず何も言わずに
通過。

Dsc_19611

 

 再び、第2駐車場から撮影。朝とはちょっと角度変えてみま
した。

Dsc_19671

Dsc_19731

 

 旭伸航空、以前は赤と青、2機いましたが、最近は青ばかり。
もしかすると1機だけになってしまったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼島の貨物に変化

 ずっと2軸貨車のワム380000で運転されてきた北越製紙の
紙輸送に変化が起こりはじめています。以前、コンテナ(コキ)
対応ができるようになったというニュースがありましたが、それ
以降2回、朝の焼島(北越製紙の近く)行きの貨物が来ないと
いうことを経験しています。うち1回が先週こちらにアップした
「貨物来ない・・・」なのですが、そんなことがあったので不安が
あったものの昨日朝も行ってみました。

 結果はやはり「来なかった」でした。運休なのか1時間レベル
の時間変更なのかはわかりません。と言っても列車が来ない
線路沿いに何時間もいるわけにはいかないので待ったりは
しません。
 とりあえず、また線路だけ撮りました。

Dsc_19041

 

 平日は午後にも1本列車があります。13時頃に焼島に着いて
16時半頃出るダイヤですが、13時頃は別な撮影のため行けず、
16時半頃の列車を撮影。
 朝と同じ場所に行く前に焼島駅を眺めてみることに。ここに
機関車がいなかったら終わりです。幸い、機関車がつながった
状態で待機している列車がいましたが、つながっているのは
コキばかり。コキに置き換わったのか一時的なのかはわかり
ません。
 でもワムが横にいたので、まだ完全な置換えではなさそうです。

Dsc_19811

 

 焼島で撮影後、朝の場所へ。列車はほぼ定刻にやってきま
した。この列車自体の存在は変わっていないみたいです。ただ、
ここでの初撮影がワムではなくコキに。

Dsc_19841

Dsc_19871

 

 平日はこの貨物の続きで新潟貨物ターミナルから5788レと
いう列車が運転されます。以前はワムだけだったのですが、
7月に見た時はワムにコキが2両つながっていました。今回は
焼島からの編成がコキばかりということで5788レがどうなるか
気になる存在に。
 どちらにしても撮影する予定だったので、いつも行っている
信越本線荻川~さつき野へ(いつもの場所から踏切2つほど
離れているものの)。

 話題からずれますが、馬下行き2238Dが通過。キハ58系が
連結されていました。ということは今日の快速「べにばな」は
キハ58系ということに。

Dsc_19921

 

 5788レが通過。まさかコキ編成の貨物になっているのでは?
と思いましたが、幸いにワム編成でした。

Dsc_19951

 

 ただ編成後部にコキが2両、さらに最後尾にトラが1両つなが
れた編成に。

Dsc_19981

 

 最後尾にトラなどが連結されるのは春以降目撃していますが、
コキは7月と同じ2両。焼島からの列車はコキが7両だったので、
焼島からの列車と5788レは運ばれている貨車が一致するわけ
ではなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

新潟花火2008

 昨日は新潟まつりの花火大会。1週間前の長岡まつりの花火
大会に続き、2週連続の花火です。

 新潟まつりの花火大会に行くのは3年前以来2回目。3年前と
同じく信濃川にかかる万代橋のあたりで見ることに。花火は
2本上流の橋のあたりで上がるのでやや遠いものの、万代橋
なら新潟駅から近いし、行った頃にはすでに万代橋のあたり
まで人でいっぱいだったのでここにしました。

 ちょうど夕日の時刻、新潟の街並みの向こうに夕日が沈み
かけているところ。

Dsc_17191

 

 こちらは万代橋。

Dsc_17221

 

 花火大会開始です。長岡に続き、見るというより撮るです。
さっそく撮り始めました。今年の長岡は場所の都合で花火の
下の方が見えなかったですが、今回は遠い分、下まで見ること
ができました。
 長岡で撮ったばかりなのでシャッタースピードなどのコツは
つかんだまま。1/2秒で撮影。

Dsc_17441

Dsc_17571

Dsc_17591

Dsc_17911

Dsc_18031

 

 これだけ1秒です。

Dsc_18201

 

 再び1/2秒で。

Dsc_18241

Dsc_18281

 

 ここからは冒険です。手持ちで5秒。複数の花火が重なって
います。

Dsc_18411

 

 6秒。

Dsc_18421

Dsc_18431

 

 大冒険手持ち10秒。これも複数の花火が重なっています。

Dsc_18561

 

 再び5秒。

Dsc_18601

Dsc_18791

 

 最後は1/2秒で。

Dsc_18911

 

 5秒以上の写真はよく見るとぶれているのですが、それらしく
写ってしまうところが、恐るべし手ブレ補正機能。

 写真の話ばかりになってしまいましたが、花火はというと単発
の連発とスターマインが交互に上がっていました。見ていた
場所が遠かったので音の迫力は弱かったものの、間を空けず
常に上がっていたので飽きなかったです。ただスターマインに
関してはどうしても長岡と比べてしまい、これでもかというぐらい
連発させる長岡に比べると物足りないかなって思いました。
長岡別格です。

 最後に万代橋の夜景を撮って会場を離れました。

Dsc_19011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

新潟復帰?85837

 いつもの撮影。ウラジオストク便です。

 着陸は空港デッキで。春頃、A320が続いて、もはやこれまで
かと思ったウラジオストクのロシア機ですが、ここのところTu-
154MかTu-204が続いています。もちろんこれは嬉しい傾向。

 3日もTu-154Mがやってきました。でも以前のように何機かが
入れ替わりに来るのではなく、来る機材が限られるように。
この日はRA-85837。

Dsc_16701

 

 アップで。

Dsc_16801

 

 着陸後、空港内で食事をして、しばらくビルの中で涼んでいま
した。離陸どうしようか、外暑いし、なんて思いながら。

 結局は土手に移動。離陸もR/W28だったので、こちらに向か
ってきました。

Dsc_16841

 

 札幌からのA320が着陸。

Dsc_16891

 

 こんな感じですれ違い。

Dsc_16901

 

 暑いついでに熱いところを撮影。

Dsc_16931

 

 そしていつものように轟音を響かせながら離陸していきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

貨物来ない・・・

 北越製紙への引込み線がある焼島。これまで何回か貨物を
撮りに行きましたが、いつも焼島駅での写真だったので途中の
区間に撮影できそうな場所はないかと探したら、撮れそうな
場所が。

 その場所を見つけた先週土曜、8時40分ごろの焼島に向かう
貨物を待ったのですが、・・・来ません。そういえば以前、来な
かったことがありました(その時は片道4kmほど自転車で行った
のに)。今回もそのパターンかなと思いながら20分ほど待って
みたものの気配なしだったので引き上げました。

 でもせっかくなので風景として線路を撮影。こちらは貨物線
の東新潟方面。ここをやってくる貨物を撮るつもりだったのです
が。単行の電車(架線ないですけど)を走らせてみたいです。

Dsc_14651

Dsc_14661

 

 反対側は大きくカーブしています。貨物が行けば、返しの
機関車が撮れます。

Dsc_14671

 

 コンテナが入るようになってから運行が変わったのか、北越
製紙の都合なのか、来ない日もあることがわかりました。来週
は平日休みがあるので来ることに期待して行ってみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

64のレアなコンビ

 先週末の、いつもの撮影です。

 土曜朝は先日行った荻川~亀田の鉄橋へ。最近チェック
対象になってきた快速「べにばな」の車両を使用した2521D。
この日は青い新潟色キハ47+国鉄色キハ52でした。

Dsc_14571

 

 4076レ。

Dsc_14581

 

 下りの貨物は鉄橋の近くで撮影。4059レです。最近の4059レ
は編成が短いのでこのアングルでも全体が入ってしまいます。

Dsc_14601

 

 最後は主役?の2085レ。更新色重連でしたが、先頭は最後
まで撮影できなかった1044号機。

Dsc_14621

 

 そして後ろはというと、これもなかなか撮影できなかった1043
号機。

Dsc_14641

 

 平凡な更新機重連でしたが、1044+1043という個人的には
おいしくレアなコンビでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

1/4000秒の世界

 花火臨を撮影していた場所の横には農業用水があり、目の
前に堰き止められている場所が。なので滝のような水の音が
ずっとしていて音だけは涼しかったです。

 ちなみにこの農業用水、「福島江」という名前で、通っていた
中学校の近くを流れています。宮内とはかなり離れているの
で、福島江がこんな離れているところにも流れているとは、って
思ってしまいました。

 さて、動いているものを見ると撮影したくなります。列車撮影
の合間に堰の部分の流れを撮ってみました。

 低速にして流れている感じを、と思ったものの、明るかった
ので1/40秒が限界です。

Dsc_14901

 

 では、ということで今まで使ったことのない高速域を。1/4000
秒までいけるので1/4000秒で撮ってみました。

Dsc_14911

 

 上の写真に比べると、やはり流れが止まって見えます。

 今度は1/4000秒でアップしてみました。

Dsc_14941

 

 う~ん、凍っているようにも見えるかな。なるほどこんな遊び
方もできるのかって思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

1度で5回、マリンブルーくじらなみ

 宮内駅付近での花火臨撮影中にチェックしていなかった183
系が。ヘッドマークを見て「マリンブルーくじらなみ」であること
がわかり、すぐにカメラを構えました。

 宮内駅の上り方は信越本線と上越線の分岐点。この環境が
よかったです。

 まずは柏崎方面から「マリンブルーくじらなみ」が接近。

Dsc_15011

 

 宮内駅4番線へと入って行きました。

Dsc_15021

 

 4番線はこの場所から真正面。400mmを持っていかなかった
のがちょっと残念でしたが。

Dsc_15031

 

 しばらく停車(時刻表上は運転停車)の後、こちら側の先頭
がテールライトからヘッドライトに変わり、発車。

Dsc_15091

 

 そして上越線へと入っていきました。

Dsc_15101

 

 柱とか柵のことを言い出したら決していい場所ではないもの
の(個人的にはあまり気にしないですが)、分岐点の付け根と
いう場所のおかげで1回で5アングルという撮影ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

長岡祭り花火臨2008

 続いて昨日の花火臨です。事前にダイヤ情報誌で調べて
行ったのですが、首都圏方面からの列車が多く、あとは北陸
と長野からの列車があるようでした。

 長岡駅だと1、2番線が新幹線下で暗く、さらに1番線に入れ
なくなってしまったので、2番線の列車が正面からしか撮れま
せん。ということで長岡駅は除外。上越線沿線だと北陸からの
列車(1本だけですが)が撮れないし、長岡に向かう列車が混む
のがわかっていたのでやめました。ということで何回か撮影
したことがある宮内駅へ(宮内駅だったら列車が混んでいても
一駅ということで)。

 花火臨は14時半頃と16時半頃~17時半頃に集中。ひとまず
14時半頃のは宮内駅のホームで撮ることに。
 待っていたら長岡方面から183系が。これは未チェックでした。

Dsc_14741

Dsc_14751

 

 勝田の485系K60編成です。上沼垂に所属していたことがある
この編成。里帰りです。183系も特急「とき」の時代まで遡れば
里帰りですが。

Dsc_14791

 

 あずさ色の183系です。

Dsc_14831

 

 ここまで撮影し、ちょっと場所を散策。駅から上り方にいった
最初の踏切のところからなんとか撮れそう(木があったりした
ものの)。暑くてあまり歩き回る気もなかったのでこの場所で
撮ることに。といっても炎天下の中の2時間待ちでしたが。
 待ち時間にもいろいろやってきました。そのうちの1本が謎
のキハ110系単行回送。

Dsc_14971

 

 2時間待ってようやく183系が。金沢行きの「北越8号」が定刻
より遅れたため、結果直前に宮内を通過。すでに183系も接近
しており、すれ違いがなんとか同一アングルに入らないか願って
しまいました。
 トリミングでようやくわかるぐらいですが。

Csc_15181

 

 183系が上越線下り線をやってきて宮内駅へ。そして485系が
宮内駅を通過し信越本線上り線を直江津方面に向かっていき
ました。塗装、細かい姿は変わったもののかつての特急「とき」
の形式と特急「雷鳥」「北越」の形式が上信越分岐点でご対面。
1人感激です。
 こちらは183系のみで。

Dsc_15161

 

 先ほどのキハ110系単行が上越線へ。

Dsc_15191

 

 続いて、初めてということで注目していたE655系「なごみ」。

Dsc_15211

 

 次は北陸方面からやってくる列車ということで、この位置では
撮れないので踏切を渡り反対へ。489系ボンネット編成です。
悪い癖が出てしまい、無理に2枚撮ったらバランスの悪い写真
になってしまいました。

Dsc_15251

 

 後方です。

Dsc_15271

 

 すぐに長野方面から飯山線経由でやってきたキハ110系が。
489系、キハ110系とも宮内で停車していました。どうやら長岡
駅の1番線が使えなくなった影響のようです。

Dsc_15311

 

 最後にE655系の「なごみ」の返しを撮影。

Dsc_15341

 

 駅、踏切ともずっと1人でした。でも183系や485系、E655系が
通過した上越線沿線は撮影者がいたのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長岡花火2008

 昨日は長岡まつりの花火大会。毎年8月2日と3日に行なわ
れていますが、今年は土日と重なりました。

 毎年、長岡駅からまっすぐ行ったところにある信濃川の橋の
あたりから土手に入ったあたりで見ているのですが、いつもと
同じぐらいの感覚で打ち上げ開始の40、50分前に行ったら
土手は入場規制。入れなかったのは初めてです。橋が緊急
車両を除き通行止めとなるため、1車線以外は開放され、そこ
で見ることにしました。
 ちなみに昨日は45万人が見に行ったようです(長岡の人口
は28万人)。片側2車線の道も人だらけでした。

Dsc_15411

 

 いつものことですが、花火は見るより撮っていることの方が
多く、今年もカメラは持参です。D40Xでは初の花火です。

 まずは単発花火で試し撮り。

Dsc_15431

 

 この後もシャッタースピードを変えたり、絞りを変えたりと何枚
か撮りましたが、なにぶん手持ちなので限界があります。
手ブレ補正が付いていても安定的に撮れるのは1/2秒が限界、
1秒はやや冒険、2秒はお遊びです。

Dsc_15761

 

 5発同時打ち上げのワイドスターマイン。

Dsc_15781

 

Dsc_15861

Dsc_15881

Dsc_15901

  

 正三尺玉。ぶれてます。他の花火より大きいのですが打ち
上げ場所が遠いのであまり大きく見えません。

Dsc_15991

 

 再び目の前で打ち上がる花火です。

Dsc_16141

Dsc_16171

Dsc_16191

 

 土星?

Dsc_16211

 

Dsc_16351

 

 なんとなく気にいってます。

Dsc_16361

 

 震災復興花火フェニックス。中越地震が発生した翌年2005
年以来毎年上がっています。これはかなりワイドに打ち上がる
ので、全部一緒に見るにはかなり離れないとです(写真の右
でも上がっています)。

Dsc_16451

 

 最後は各地の花火師さんの花火が上がり終了です。

Dsc_16531

 

 花火大会は今夜も行なわれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

つないでみた

 今日は模型の話。

 最近は実車の国鉄色キハ58系をよく撮影しますが、うちの
模型にもTOMIXのキハ58、キハ28、それとキハ65がいます。
さらに信越本線横川~軽井沢が廃止された頃に発売された
キハ57系(キハ57が3両とキロ27が1両)がおり、他にKATOの
キハ58が1両います。

 これまでは

  キハ58+キハ28+キハ65の3連

  キハ57系の4連(10年ぐらい走ってなかったですが)

  キハ58+キハ47+キハ40
  (キハ40が走行不良になり、今は代わりにキハ52に)

というペアで走らせていましたが、実車での実績とは関係なく
とにかくつないじゃえってことに。TOMIXにKATOまでつながった
8連です(カプラーは無理矢理)。

Dsc_14451

Dsc_14511

 

 ムードだけキハ58系急行ですが、キハ58、キハ28、キハ65は
冷房車でキハ57系は非冷房車。グリーン車が非冷房で普通車
が冷房付きだったりします。

 もう1本は583系。

Dsc_14531

 

 写真ではわかりませんが、サロ581を含む7連にサシ581が
入った8連。4M4Tの583系は重い編成です。モハネのユニットが
もう1つ必要そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »