« 稲穂、夏から秋へ | トップページ | 新庄出張 »

2008年8月31日 (日)

間にあった夏風景

 ここ数日、大雨のニュースが報じられていますが、新潟も雨
が降ったりやんだりする天気が続いていました。しかし今日は
朝から晴れ。青空が。

 涼しくなってきたとはいえ、まだ8月(明日から9月ですが)。
青空となれば夏の風景も。ということであれが発生しやすく、
これまでもいろんな季節風景をみせてくれたあの場所へ。

 昼頃、その場所へ向かいました。すぐにあれが発生している
のが見えたので期待できそう。

 ということで着いた場所はこれまでも何回も登場している山
背景の白新線佐々木~西新発田です。あれとは入道雲。雪山
背景を撮ったこの場所で、入道雲をかぶった山背景の写真を
撮ってみたかったわけです。
 まずは全景。

Dsc_30551

 

 そして飛び出したところを。かなり高い位置まで達していそう
です。

Dsc_30601

 

 この後、列車3本を撮影。

Dsc_30671

Dsc_30831

Dsc_30871

 

 この5枚は5~10分間隔で撮影しましたが、入道曇ってすぐに
形が変わるのですね。

 ここで一旦、空港近辺に行くのですが、夕方、再び鉄道撮影
へ。キハ52を含む羽越本線坂町行きを阿賀野川鉄橋で撮影。
後方写真の背景にはやはり入道雲が。

Dsc_31381

Dsc_31391

 

 そしてまた白新線佐々木~西新発田へ。だいぶ雲が崩れて
いました。

Dsc_31461

 

 EF81-406牽引の貨物はちょうど正面に夕日が当たっていい
感じに。

Dsc_31481

 

 後方は側面に夕日が当たって、これはこれでいい感じに。

Dsc_31511

 

 「いなほ」が通過。再び高い位置に入道雲が現れ、それに
夕日が当たってちょっと赤めに。

Dsc_31641

 

 背後となる西の空はこんな状態でした。

Dsc_31681

 

 18時過ぎ、走行列車相手では撮影するのが限界っぽい状況
に。ということでこの「きらきらうえつ」で終了とすることに。

Dsc_31741

 

 最後に右手でこぶしを握って、人差し指だけを伸ばしたような
雲があったので撮ってみました。

Dsc_31851

| |

« 稲穂、夏から秋へ | トップページ | 新庄出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間にあった夏風景:

« 稲穂、夏から秋へ | トップページ | 新庄出張 »