« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

佐渡は見えたものの

 昨日は恒例の日曜午後の飛行機撮影。いつも直前に無線
や風向きなどを確認しながら行く場所を決めているのですが、
今回はひとまず土手へ。ちょうど中国南方航空が離陸する
ところでした。

 今も主目的となっているウラジオストク便(ウラジオストク航空
=ウラジオストク便ではなくなってしまいましたが)。毎年夏が
終わると154の回数が減っている感じがするのですが、今回も
Tu-204が。写真ではわからないですが、RA-64045。最近増備
された2機のうちの1機です。

Dsc_43971

 

 着陸後、土手で喋っていたり、食事したりしているうちにその
間に到着したダッシュエイトが出発。

Dsc_44121

 

 ウラジオストク便は出発が遅れているようで先に新千歳から
のA320が到着。

Dsc_44201

 

 23日に続き、この便に「全日空」のA320がやってきました。

Dsc_44231

 

 ウラジオストク便が出発しないまま、その後の伊丹からの
MD90も到着。

Dsc_44331

 

 そしてウラジオストク便が50分遅れで出発。新日本海フェリー
をバックに。

Dsc_44381

 

 低い位置の雲が薄く、佐渡も見えたので、もしや夕日がと
思ったのですが、ウラジオストク便の離陸の頃がいちばんいい
感じで、結局は夕日は見れなさそうな状況に。

Dsc_44421

Dsc_44481

 

 先ほどのA320とMD90が離陸。後追い流しは難しいです。

Dsc_44621

Dsc_44691

 

 夕日はダメだったものの、川に着陸機が映りそう。それを
期待して次の新千歳からの便を撮ったものの失敗。それ以降
は暗闇になってしまうのでここまでにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

赤芝峡で米坂線

 昨日は午前はお休み。午後から米坂線沿線へと出かけて
みました。最近は米坂線を走るキハ52やキハ58を信越本線、
羽越本線、白新線で撮ることが多く、米坂線沿線に行くのは
久しぶりです。

 といっても相変わらずあまり遠いところ(米沢近辺)には行き
ません。でも今回は県境を少し越えました。
 行った場所は昨年冬に1回だけ撮ったことがある赤芝峡の
駐車場のところ(越後金丸~小国)。駐車場近くに踏切があり、
そこから撮れそうな感じでしたが、冬は雪が深く踏切へ近づ
けず駐車場から撮りました。

P10407641

 

 今回は踏切横へ。そこで1131Dを撮影。

Dsc_43301

 

 赤芝峡は紅葉の名所のようなので、紅葉の季節は背後の山
がいい感じに写りそうです(ただし混むかも)。

Dsc_43311

 

 今度は踏切を渡って細い道を少し歩いたところから1130Dを
撮影。この頃は雲が途切れ途切れで暗くなったり明るくなった
り。列車が来た瞬間、急激に明るくなり、慌てて設定を変えま
したが、ややオーバー気味に。

Dsc_43431

 

 そして後方。

Dsc_43451

 

 赤芝峡です。紅葉を見てみたいです。

Dsc_43521

 

 いつものことながらこの時間はこの2本しかありません。越後
下関駅近くの道の駅に戻り温泉へ。雨が降ったり晴れたりで
虹も(ちょっと見えにくいものの)。

Dsc_43571

 

 温泉のあと、何回も行っている越後大島~越後下関の踏切
のところへ。1134Dを撮影。1131Dの折り返しなので来る編成
は赤芝峡で撮ったのと同じ。稲刈りがまだだったので黄金色の
風景の中で撮影できました。ただ雨も降ってきて暗かったです。

Dsc_43671

 

 後方はススキを入れて撮影(したつもりです)。

Dsc_43681

 

 ここから新発田に抜けることができますが、羽越本線内でも
撮影したかったので国道7号線方面へ向かい、7号線を越え
平木田付近へ。
 ちょうど羽越本線828Dが通過。タラコ色のキハ40が入った
3連でした。

Dsc_43761

 

 そして目的の833D。坂町行きですが、そのまま米坂線に
入るのでキハ52が連結されています。17時半過ぎでしたが、
日はまた短くなり、明るさがかなりきつかったです。

Dsc_43861

 

 米坂線は本数が少ないので計画的に行かないとなかなか
撮影ができないものの、いつも午後から。なので写る列車が
同じです。そういえば今回はキハ58を見なかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

北陸線撮影

 小松の航空祭と大阪への遠征は往復とも北陸本線経由でし
た。新潟から飛行機で行ける地域へは最近は飛行機利用の
ことが多く、大阪も飛行機ということが多くなっています。今回
は行きは小松があったので飛行機では行けず(札幌経由なら
行けますが)、帰りも沿線撮影があったので北陸本線経由と
なりました。

 そんな往復、北陸地域で撮った写真です。4月の福井、8月
の富山の時と同じく、北陸へ向かえばやはり475系、419系が
メインになります。

 小松に向かう日、乗換えをした富山ではさっそく475系が。

Dsc_38181

 

 その475系と直江津から乗ってきた419系の並びです。

Dsc_38191

 

 小松の航空祭の後、小松駅で475系を撮影。

Dsc_39841

 

 続いて485系の特急「雷鳥」。大阪方先頭車には展望タイプ
のグリーン車が入ることもありますが、両端の先頭車が写真の
ようなノーマルな先頭車である編成もあります。

Dsc_39891

 

 クハネタイプの先頭車が連結された419系。写真の編成は
ヘッドマークの部分が埋められたタイプでした。どこか物足り
ない顔に感じます。

Dsc_39971

 

 こちらは小松から乗車中の「雷鳥」車内。新型車両は交直
切換区間では室内灯は消えないですが、485系使用の「雷鳥」
は今も消え、非常灯だけが点灯します。しだいになくなっていく
風景です。
 そういえば交直切換が敦賀に移ってから初めての通過です。

Dsc_40021

 

 翌日も新大阪から金沢まで「雷鳥」に乗車。そして金沢で
「はくたか」に乗り換え。鳥の列車名を持つ特急が並びました。

Dsc_41471

 

 「はくたか」から普通列車に乗り換え、市振で下車。懐かしい
ものが・・・。

Dsc_41751

 

 こちらではいろいろと撮影。

Dsc_41781

Dsc_41841

 

 そして直江津まで乗車する列車を待っていたら、やってきた
のは・・・。

Dsc_41851

 

 糸魚川で特急退避のため数分停車。その間に降りて撮影
しました。

Dsc_41901

Dsc_41911

 

 直江津では長野色の115系と急行色475系が並びました。
特別な組み合わせではないですが、急行色475系を直江津
で見たのは初めてです。
 これが湘南色に復活したしなの鉄道169系との並びだったら、
もう大喜びです。

Dsc_41941

 

 行く時にも見えましたが、直江津に京浜東北線で使用され
ていた209系が。短編成化されて並んでいました。

Dsc_41981

 

 直江津から「北越」に乗車。順番が逆になりましたが、越後
石山でのワム撮影につながります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

64重連牽引のワム

 平日に設定されている新潟貨物ターミナル発のワム編成の
貨物(5788レ)。平日のみということでお盆休みの頃に何回か
撮影しましたが、通常は南長岡までがEF81での牽引、南長岡
からEF64-1000重連の牽引となっているのが、しばらくの間は
東新潟からEF64-1000重連となっているという話を聞き、なん
とか撮影したいと撮りに行きました。

 1回目は15日。月曜祝日は運転されるのだろうか?と思い
ながら沿線に行ったものの、残念ながら運休。沿線夜景と115
系のみの撮影に。

Dsc_36591

Dsc_36611

 

 続いて22日。新大阪で0系を撮影した日ですが、この日は
平日、運転は確実です。新大阪からの帰りに越後石山駅で
待ちました。8月頃は荻川~さつき野でも撮影できましたが、
5788レの新潟貨物ターミナル発は17:50頃。今の時期は日没
直後です。晴れれば越後石山で撮れるかどうかというところ
です(15日も越後石山付近で待ち)。
 曇ると暗くなるので、新津の手前で雨が降ってきた時は
無理かと思ったものの越後石山は晴れ。

Dsc_41991

 

 17:54に越後石山をEF64-1026+EF64-1039に牽引された
ワム編成が通過して行きました。カメラ感度を800にまで上げ、
望遠でブレが少なくなる正面気味のアングルにしてギリギリの
撮影に。

Dsc_42151

Dsc_42161

 

 ワムとの連結部は流しで。

Dsc_42181

 

 ギリギリだったものの、なんとか撮影することができました。

 これで終わりかと思っていましたが、都合により今日、新津駅
で撮影することが。日没後なのでどんな風に写るか、もはや
撮ってみないと、という状況に。

Dsc_43151

Dsc_43171

Dsc_43201

 

 新潟貨物ターミナルからのEF64-1000重連運転が8月に運転
されていればもっといろいろなところで撮影できたのかもしれま
せんが、なかなかタイミングはあわないもの。でも南長岡以降
のEF64-1000重連の撮影もしたことがなく、暗くても貴重な撮影
になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

FASTECH360

 今日は大宮に出張のため、新潟から上越新幹線に乗車。
そして大宮駅で降りたら目の前にこんな車両が停まっていま
した。
 東北新幹線の320km/h走行のために開発された試験車
「FASTECH360」、E954形です。仙台の基地にいるところを
東北本線利府支線の列車から眺めたことはありますが、駅で
見たのは初めて。

P11003501

 

 こちらは東京方の先頭車。尖がり方はJR西日本の500系に
似ています。八戸方の先頭車はこれと違った顔をしているはず
ですが、今日の出張は連れがいたので、あまり巻き込むわけ
にもいかず見に行くのを断念。

 東北新幹線は現在、最高速度275km/hで走行していますが、
八戸から新青森に伸びる時に300km/hまで向上させ、新青森
延伸の2年後の320km/h運転を目指すようです。その時までに
E5系という車両ができるようですが、そのための試験にこの
編成が使われています。「FASTECH360」というように360km/h
を目指していたようです。

 非常ブレーキ用のネコ耳はさすがに出ていませんでした。
屋根上に板を出して空気抵抗を増し、ブレーキ距離を縮めよう
という装置です。

P11003521

 

 一昨日、新大阪で見た0系。かつてはスマートなスタイルと
言われていましたが、上の写真と比べると丸く見えます。

Dsc_40831

 

 そして0系登場時、210km/hだった最高速度は、現在500系
が持つ300km/hを数年後にさらに突破、320km/hとなるわけ
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

最後の旭伸撮影・全日空

 遠征の話題もありますが、今日は今日の話題を。

 今日の撮影対象は旭伸航空佐渡便。旭伸航空の佐渡便は
9月30日までの運航ですが、土日は運休なので残りあと5日間
になってしまいました。この5日間は空港に行けない日ばかり
なので撮影できるのは今日が最後になります。

 「なくなる」と言われなければ注目もしなかったものの、人間
とは勝手なものです・・・。

 佐渡便は午前中と夕方に各1往復ありますが、今日の午前
は撮影はお休み(貨物撮影も)。夕方便のみ撮影することに。

 天気はあまりよくなく、まもなく雨が降りそうな天気。土手に
行って雨だったら被写体が小さいだけにうまくいかなそう。と
いうことで空港に向かい、佐渡便の滑走路横の第2駐車場へ。
雨が降ってきたので屋根のあるデッキということも考えました
が、やはり間近で撮影できる駐車場で撮影。
 定刻に滑走路に入ってきました。

Dsc_42311

 

 写真にあるように高い柵があります。脚立に乗って、上の
針金と針金の間から撮影。雨で暗かったおかげでシャッター
が低速となり、おかげでプロペラが回っています。

Dsc_42411

 

 離陸です。

Dsc_42441

 

 離陸後、デッキへ向かいました。
 しばらくしてやって来たのが新千歳からのANA768便。A320
ですが、数少ない機材が。

Dsc_42501

 

 ANAの大半の機材は機体側面に「ANA」と表示されています
が、わずかに「全日空」と表示されているものが残っています。
2年前は結構見ることができましたが、最近はあまり見ません。
これも塗り替わってしまうのでしょうね。

Dsc_42541

 

 続いてJAL2247便が。空は完全にどんよりとしていますが、
おかげで機体後方に・・・(すいません、単語忘れてます)。

Dsc_42611

 

 MD90が着陸。

Dsc_42661

 

 定刻より約10分早く佐渡からの便が到着。風の関係か離陸
した滑走路ではなく、メインの滑走路から着陸。無線で「28」と
いうのが聞こえていましたが、視界が悪く突如現れ、慌てて
撮りました。

Dsc_42741

 

 着陸です。

Dsc_42811

 

 すぐに速度が落ちて、離陸した滑走路横の誘導路に入って
行くかと思ったら止まりません。デッキの前を通り過ぎてから
誘導路へ。
 こんな組み合わせが撮れました。

Dsc_42891

 

 個人的には最後になると思われる旭伸航空の撮影。最後は
「撮って」と言わんばかりにデッキの前を通過していきました。

Dsc_42911

 

 残り5日となりましたが、別な航空会社による運航話も出て
おり、再び佐渡へ飛行機が飛ぶ日が来るのを願いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まもなく見納めの0系

 小松基地航空祭の後、大阪へ。小松まで行くなら大阪まで
行って、もうすぐ見納めの0系を撮影しようというのが目的でし
たが、新潟から小松のついでに大阪って方向は合っています
が、やはり遠かったです。

 0系は新大阪では夜遅い時間と早朝にしか見ることができま
せん。移動時間を短くしたかったので新大阪駅前の宿へ。23時
台に到着する1本は無理せず見ませんでした。

 朝は6:12発の博多行き「こだま629号」から撮影。早起きして
6時前にチェックアウト、すぐに新幹線ホームに行きました。6時
を過ぎていたのでもうホームにいるだろうと思っていたらまだ
入線前。意外と直前入線です。
 やがて京都方面から0系が入線。こちら側からの入線という
ことは新大阪と京都の間の基地から回送されてきたわけで、
わずかな区間ながら東海道新幹線上を走っていることになり
ます。

Dsc_40741

 

 短い停車時間に最後尾から撮影して先頭部へ。

Dsc_40771

Dsc_40831

 

 ここまで辿り着いてすぐに博多に向けて発車していきました。

Dsc_40841

 

 今度は福山からの「こだま620号」と博多行き「こだま639号」
を撮影。620号が折返し639号になるのでこの2本は同じ車両
です。
 今度は到着ホーム20番線で待つことに。100系の「こだま637
号」で練習。日かげのホーム内と外の明るさが違いすぎて結構
難しい状況に。

Dsc_40961

 

 新大阪駅、どうも気持ちが落ち着きません・・・。

Dsc_41011

 

 やがて「こだま620号」が到着。

Dsc_41111

 

 折り返し時間はわずか12分。この間に何枚か撮りました。
昭和39年からの形式(もちろんその時の車両そのものが走っ
ているわけではなく)がまもなく見納めとなるだけあって、平日
にも関わらず多くの人が写真を撮っていました。

Dsc_41271

 

 出発を撮るためにホームの端の方へ。

Dsc_41291

 

 そして「こだま639号」が出発。何枚か撮ったもののうまく撮れ
ず、いちばん最後に撮った1枚をトリミングしてなんとか残すこと
ができました。

Csc_41481

 

 大阪方面へは滅多には行けないので0系はこれで見納めに
なるかもしれません。子供の頃、電車の本の最初のページを
飾っていたのが、この「0系」。当時は0系といったような言い方
ではなく「ひかり号」。

 後続の100系どころか300系、500系、700系、N700系の時代
まで走り続けたわけで、本当にお疲れ様という気持ちです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

小松基地航空祭

*混雑のため、文章のみ先にアップしていました。写真を追加
 し、今は正式版になっています。

 

 昨日は小松基地の航空祭。昨年までは航空祭って行った
ことがなかったのですが、今年6月に新潟の公開に行ったのが
縁で、今回初めて航空祭を見に遠征しました。

 知人から混雑すると聞いていたので、少しでも早く行こうと
いうことで(宿泊にならない程度に)、白新線始発で出て長岡
まで新幹線、長岡から富山まで普通列車、富山から特急と
いうコースで向かいました。「北越2号」で行くよりも1時間ほど
早く到着できます。

 小松駅に着くと駅前に会場行きのバスが。すでに航空祭は
始まっており、行く方は空いていました。

 小松到着直前の車内から航空祭のものと思われる飛行機
が2機飛んでいるのが見えましたが、小松駅に降りてバスに
乗った頃にも飛んでいました。空気が割れるような凄い音です。

 基地に到着すると先ほどの2機が飛行中。この手の機種は
詳しくないのですが、会場でもらったプログラムによるとF-15
とのこと。
 さっそく撮影開始ですが、曇りで暗い上に速すぎます。

Dsc_38251

Dsc_38351

Dsc_38381

Dsc_38421

 

 F-15の飛行が終了し、ブルーインパルスまで1時間。その間
に会場を見て周ろうと思っていたら旅客便が離着陸。新潟の
時も同じでしたが、航空祭は普段デッキから見ている旅客機
を地べたから撮れるのも楽しいところです。
 B777が出発。

Dsc_38471

  

 旅客便の離着陸が終わったところで会場を1周。多くの展示
機があり全てを紹介することはできません。代表して新潟でも
見たことがあるC-1を。

Dsc_38661

 

 こんなアングルも。

Dsc_39011

 

 「2008 FINAL YEAR」ということは今年で退役でしょうか。

Dsc_38861

 

 いよいよブルーインパルス開始です。人も集まってきました。
飛行機の場合、最前列である必要がないので真ん中より後ろ
の方でゆったりと見る(撮る)ことに。この辺、鉄道イベントより
気が楽なところがあります。

 6月の新潟の時はブルーインパルスが中止になってしまった
ので見るのは初めてです。当然、撮影も初。曇り空で暗い中、
とにかく撮りまくり。やはり速いです。

Dsc_39131

Dsc_39161

Dsc_39301

Dsc_39351

Dsc_39381

Dsc_39411

Dsc_39651

Dsc_39731

Dsc_39771

 

 しかし急旋回したり、反転したり、数機がぴったり並んで飛ん
だりと、すごい技術ですね。

 でも残念なことにブルーインパルスの途中から降りだした雨
が強くなりはじめ、上空の天候不良ということで途中で中止。
残念ながら最後まで見ることができませんでした。

 そしてこれで航空祭終了。バス乗り場へと向かうと長い行列
が。バスに乗るのに30分以上はかかったと思います。やはり
混雑してました。

 今度は晴れた日に見ることができたらと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

朝日と朝の貨物

 今朝も朝から撮影。平日6:15起床、休日はそれより早い5:30
起床というのが続いています。

 いつものように撮影地に向かっていると、ちょうど朝日が山
の方から昇るところでした。綺麗だったので車を止めて撮影。

Dsc_36771

 

 いつもの場所に着いて2521D撮影です。今日は赤いキハ47
+青いキハ52。

Dsc_36851

 

 後の撮影を優先してしまったら4076レは中途半端に。

Dsc_36911

 

 先日、さつき野~荻川のさつき野寄りのカーブで撮影しまし
たが、この時は200mmレンズでの撮影で、200mmだとちょっと
遠い感じでした。なので今日は400mmを装着。200~300mmが
ちょうど良い感じに。
 115系で練習です。

Dsc_36921

 

 データを見ると280mmとなっていました。

 4059レは来なかったです。運休なのか遅れなのかわかりま
せん。台風の影響だったとすると2085レにも影響が出ているの
では?とちょっと不安に。
 幸い2085レは定刻にやってきました。

Dsc_36961

 

 115系と同じく280mmで。

Dsc_36981

 

 200mmまで引いて連続で。200mmでもここまで引き寄せると
良い感じになるようです。ただ、重連であることがわかりにくく
なります(パンタが3つ見えるところぐらい)。

 今日はEF64-1006+EF64-1008。

 今朝はここまでで土手経由で帰宅。午後は天気が悪くなると
いう予報もあり、出かけない予定でしたが、結局、天気がよか
ったので京ヶ瀬~水原で新津発坂町行きの普通列車を撮影。

Dsc_37221

Dsc_37241

 

 この後、再び土手へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

ダリアビア航空、新潟撤退

 今日、ロシア機をいつも眺めている者にとってはとても衝撃
的なニュースが入ってきました。そして新潟空港ホームページ
を見てみると・・・、

http://www.niigata-airport.gr.jp/news/news407n.html

 9月22日よりウラジオストク航空がハバロフスク便を運航する
とのこと。曜日、時刻は変わらないようです。

 ではこれまで運航してきたダリアビア航空は?といろいろ
調べてみたら、

http://www.jsn.co.jp/news/2008/34.html
http://www.jsn.co.jp/news/2008/33.html
http://www.jsn.co.jp/news/2008/32.html

 いちばん下の記事はダリアビア社とダリアビア社の代表取締
役が消費者権利保護に関する違反で起訴される、といった
タイトルと内容で、真ん中の記事には債務問題なんていう言葉
が出てきます。そしていちばん上の記事は今日でダリアビア
航空の新潟~ハバロフスク便が運航終了になったことが書か
れています。

 難しい内容はわかりませんが、これまで新潟~ハバロフスク
便を運航してきたダリアビア社の経営に何かあったのは確か
なようです。

 新潟~ハバロフスク便の運航はウラジオストク航空により
引き継がれたので新潟とロシアを結ぶ便の本数は変わらない
ものの、趣味的な視線になってしまうと、機材がどうなるかと
いったところが気になります。ウラジオストク航空が現在所有
している機材でやりくりするのか、ダリアビア航空の機材を
買い取ったのか、買い取ったとして塗装とかどうなるのかなど。
そしてウラジオストク航空にはなく、ダリアビア航空にあった
Tu-214ははたして・・・。

 それにしても、昨日、こちらに載せた15日のハバロフスク便、
Tu-214、RA-64507がダリアビア航空ハバロフスク便の最後
の撮影になろうとはまさか思ってもいませんでした。

Dsc_36101

 

 ロシア機を撮影し始めてから約2年数ヶ月、曜日の関係で
ウラジオストク航空ほどは見ることができなかったもののダリ
アビア航空も多くの機材を飛ばしてくれました。
 ウラジオストク航空のハバロフスク便が長く続くことを願い
たいです。

P10004181

  ↑ この案内表示も見納め  2006.7.17

 

P10004341

  ↑ ダリアビア航空初撮影はTu-214  2006.7.17

 

P10008881

  ↑ 初のダリアビアTu-154M  2006.8.4

P10104751

  ↑ 最大の思い出? ウラジオストク航空(手前)と
    ダリアビア航空の154並び  2006.8.15

 

P10804471

  ↑ 海上保安庁のYS-11と一瞬の対面  2007.7.16

 

P11302801

  ↑ 最近はこの塗装の154が多かったです
                          2007.12.28

 

Dsc_24021

  ↑ 最後のダリアビア航空Tu-154M撮影もこの塗装
                           2008.8.15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

久々の214、でも初めて

 15日の飛行機撮影です。

 朝、さつき野~荻川で列車撮影中に上空をA320が飛んで
いきました。白新線沿線では飛行機をよく見ますが、信越線
の方ではあまり見たことがなかったです。

Dsc_34991

 

 京ヶ瀬~水原で撮影後、月曜なのでハバロフスク便を撮り
に空港近辺へ。どうも10のようだったので、まずは海浜公園
へ。待っていると小型機が接近。着陸と思ったらすぐに離陸。
タッチアンドゴーを繰り返していました。

Dsc_35631

 

 そしてハバロフスク便。主翼の下にエンジンが見えます。Tu-
214です。今回は2日間ともTu-154M見れずです。

Dsc_35801

 

 でもTu-214も久しぶり。さらにRA-64507って初めて見る番号
です。2日連続で初物を見ることができました。
 着陸(直前)。

Dsc_35841

 

 着陸後、食事してから阿賀野川土手へ。土手に行くと「複葉
機が飛ぶ」とのこと。「ふくようき?」っていうぐらい知らなかった
のですが、あまり見ない形の飛行機が。

Dsc_35901

 

 ハバロフスク便は離陸も10から。土手からは前方から撮る
ことに。上昇気味のところを捉えることができました。

Dsc_36061

Dsc_36101

 

 最後は旭伸航空。9月末まで月曜~金曜のみ運航し、運航
終了となる旭伸航空佐渡便。撮影できるのはあとは23日のみ
となりました。

Dsc_36241

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

なごみ3日目・SL・キハ52

 3連休3日目の15日も朝から線路沿いで撮影。連休になれば
遠征していた頃に比べると、出かけた場所で最も遠かったのが
柏崎で、あとは近場で撮影していたというのはかなり安上がり
です。

 15日は関東からやってきた人と合流。さつき野~荻川で2521
Dから撮影しました。
 2521Dは前日の6連に連結されていた車両が来ます。この日
もその通りに青いキハ52とキハ47がやってきました。

Dsc_34731

 

 前日が日曜だったため、出発地日曜発となる貨物が運休に
なり、4076レ、4059レとも運休。次にやってきたのは2085レで
す。この2085レも日曜は南長岡までが運休。南長岡~新潟
のみ運転となります。そのせいか荷なしの機関車2両のみで
やってきました。EF64-1010+EF64-1034です。

Dsc_34771

 

 次の狙いは所属地に返却されるE655系「なごみ」。3日連続
の撮影です。上の写真の場所は田んぼの方から撮ると朝は
逆光。反対側は住宅地でそちらサイドからは撮影できません。
光に敏感な車体だけに逆光ではうまくいかなそう。そこで思い
出したのが荻川~亀田の鉄橋。小さくなるものの順光で撮れ
ます。

 鉄橋の所に移動。「なごみ」の前に何本かあり練習を兼ねて
撮影です。

Dsc_34891

 

 川にもちゃんと映ってくれます。そして「なごみ」。

Dsc_34961

 

 「なごみ」も川に映ってくれました。欲を言えばもう一呼吸
遅ければ川に先頭が入ったかもしれません。

 「なごみ」の撮影後、元の場所に戻って「北越」「きたぐに」を
撮影。

Dsc_35051

 

 そして、「ばんえつ物語号」の回送を撮影。気分を変えて遠く
から田んぼと空を入れて側面撮影してみました。まずは115系
7連です。

Dsc_35141

 

 そして「ばんえつ物語号」の回送。

Dsc_35191

 

 逆光で背後が住宅なのでやはり厳しい結果になってます。

 ここで一緒に撮っていた人と一旦別行動、羽越線沿線へと
向かうことに。その前に時間があったので東新津で「ばんえつ
物語号」を撮影しました。

Dsc_35311

 

 続いて前日、「ふるさと」を撮った羽越本線京ヶ瀬~水原へ。
目的は2エンジン車使用の125D。新津から新発田まで行き、
新発田から回送で坂町へ。そして米坂線の列車となります。
運用からすると前々日、新津で目撃した馬下からの列車(A6
運用)の車両がこの列車(A2運用)に入るはずで、キハ58系
急行色となるはず。黄金色の風景と急行色の組み合わせが
期待できました。
 しかし新津で使用車両が交代、赤いキハ47と青いキハ52が。

Dsc_35391

 

 1時間待ち、やはり2エンジン車使用の126Dを撮影。青い
キハ47と国鉄色キハ52でした。

Dsc_35451

 

 急行色は見られなかったものの、黄金色の風景を行くキハ。
良い風景です。

 最後に京ヶ瀬で126Dと交換した貨物を撮影。EF81-454でし
た。

Dsc_35501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

黄金色の風景・なごみ

 14日も鉄道撮影を。

 最初にダイヤ情報誌に載っていた「ふるさと」を撮影。羽越
本線の水原~京ヶ瀬です。

Dsc_34011

 

 空港近辺でウラジオストク便を撮影後、いつものさつき野~
荻川へ。13日に上り方面に向かっていったE655系「なごみ」が
戻ってきます。

 「なごみ」通過の1時間半前に着きましたが、すでに2人ほど
写真を撮っている人がいました。
 この時間帯にここに行けば必ず撮るのが6連のキハ。この日
は青い新潟色と赤い新潟色の2色編成。これで翌日の2521Dと
快速「べにばな」が青だけの編成になることがほぼ決まり。

Dsc_34371

 

 磐越西線からの普通列車も2色編成。入道雲と黄金色の田、
夏と秋が同居しています。

Dsc_34401

 

 115系も2色あるので2色編成になることがありますが、こちら
は緑だけの6連。

Dsc_34431

 

 貨物がやってきました。元関門機のEF81-404の牽引。結構
ラッキーです。

Dsc_34481

 

 今度は青い115系だけの6連。

Dsc_34511

 

 次はいよいよ「なごみ」。撮影している人も8人になっていまし
た。いつも1人なので8人いると賑やかです。
 側面に日が当たる中、「なごみ」が通過。曇り空の中で撮った
前日よりは綺麗に写りましたが、光が当たっていない前面と
側面で違いが出てしまいます。なかなか難しい車両です。でも
いちばん気にするバランスはいい感じになりました。

Dsc_34531

 

 「なごみ」通過後、一気に人がいなくなって1人に。この後の
「北越」を撮影し、さらに「くびき野」を撮影。

Dsc_34601

 

 最後は115系の普通。ちょっと遊んでみました。

Dsc_34611

 

 稲刈りも始まり、今年の黄金色の風景もまもなく見納めに
なりそうです。黄金色の時に良い天気が続き良い風景が撮れ
ました。

 夕日です。これもまた遊んだ1枚に。

Dsc_34701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東西の583系

 13日の話題です。

 アップする順番が入れ替わっていますが、13日は朝の信越
線での撮影後、鯨波で特大を撮影、その後に新津へと向かい
ました。目的は583系。

 寺泊で温泉に入ったり、新津近辺で夕食を食べたりしながら
(なぜか頻繁に行っている新津で迷子になりかけたり・・・)、
新津駅に着いたのは21時半頃。入場券でホームへ。
 しばらくしてEF510の貨物が到着。久々の新津流しです。

Dsc_33541

 

 目的の列車は23時過ぎなので時間がありましたが、寒い冬
と違ってホームにいられるのでホームベンチで休憩。
 22:45頃にEF64-1000重連の2080レが到着。3880レは2084レ
となり新津通過となってしまいましたが、2080レは以前と変わ
らず停車します。しかし停止位置はホームより前方。到着前の
流しは失敗してしまいましたが、後方からは無事撮影できまし
た。EF64-1026+EF64-1039のペアです。

Dsc_33591

Dsc_33631

 

 続いて、これも狙いの1つでしたが、北越急行HK100が回送
で到着。翌日、新潟からほくほく線内へ走る臨時直通列車の
ための送り込みです。

Dsc_33731

 

 この日、12連で走った急行「きたぐに」。朝は撮れましたが、
さすがに夜の新津での編成写真は無理。かなり遊んでしまい
ました。

Dsc_33781

Dsc_33801

Dsc_33821

 

 そして目的の秋田所属の583系。「中央大学鉄道研究会45
周年記念」として走ったようで、ヘッドマークはかつての特急
「はつかり」に似たイラストで「はくもん」と書かれたものが出て
いました。

Dsc_33931

 

 この583系、急行「きたぐに」が発車した数分後に「きたぐに」
と同じ1番線に入ってきました。新津の近くで東西の583系が
すれ違ったことになります。できれば1番線と2番線で並んだら
なんて思ってしまいましたが、12両と6両では並びは難しいです
ね。

 ちょっと前に秋田583系が走った時は撮影している人を見か
けなかったのですが、今回の新津駅では5人ほど撮影している
人がいました。今回は注目されていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

ウラジオ204、増備

 続いて今日の飛行機。

 海水浴、プールのシーズンも終わり、夏の間は行くことができ
なかったR/W10側の海浜公園に久しぶりに行きました。まだ
浜辺で遊んでいる人も多いので、駐車場は入れる程度に混ん
ではいます。

 今日はR/W28からの着陸。遠くの方から見えてきたウラジオ
ストク便は煙なしでエンジンが主翼の下。先週、A320が来た
こともあり、今回もかと思ったものの、ウィングレットが見えた
のでどうやらTu-204のよう。

Dsc_34131

 

 やはりTu-204でした。

Dsc_34211

 

 端まで来たので目の前で旋回です。

Dsc_34251

 

 この204、どこか綺麗。もしやと思い望遠で見てみたら「RA-
64045」。

Dsc_34281

Dsc_34311

 

 Tu-204はこれまで下2桁が「26」「38」「39」「40」の4機だけで
したが、最近「44」が来たという話もあり、さらに「45」です。ウラ
ジオストク航空はA320だけではなくTu-204も増やしているよう
です。減るのはTu-154Mということになるのですが。でもA320
が増えるよりはTu-204に増えてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貨物・12連きたぐに・なごみ

 昨日(13日)朝の撮影です。

 いつも通り、2521Dから撮影。青いキハ47+国鉄色キハ52の
ペアでした。

Dsc_32711

 

 4076レはローズピンク一色のEF81-142。

Dsc_32721

 

 続いて逆方向からやってきた4059レもローズピンク一色の
EF81-129でした。続く時は続くものです。

Dsc_32761

 

 いつも撮っている場所からさつき野の方を見ていると列車が
カーブしながらやってくるのが見えるのですが、どういう風に
なっているか見に行ったらカーブの状態がよかったので貨物
を撮ってみました。でも電化区間の悲しさ、柱が多いです。
 わずかに動いて2085レを撮影。EF64-1036+EF64-1045で
した。

Dsc_32781

 

 朝に1本、E127系6連が走っているのですが、先週越後線で
発生した車との衝突事故の影響か115系に。

Dsc_32811

 

 磐越西線からの快速列車。キハ47、40の2色編成。

Dsc_32841

 

 連休ということで急行「きたぐに」はいつもより2両多い12両
編成で。新潟地区の在来線列車では最長編成です。まさか
12両で来るとは思っておらず、前方撮影は後ろが切れてしま
って失敗(電柱の関係で特に切れやすい)。落ち着いて後方
を撮影しました。

Dsc_32921

 

 「ばんえつ物語号」の回送です。

Dsc_32941

 

 これより先の時間帯は普段は撮影しないのですが、E655系
「なごみ」が来るということで同じ場所で待つことに。
 快速「くびき野1号」。何回か写っていますが、特急マークの
ないクハ481ってまだ残っていたのですね。

Dsc_32971

 

 雨が降っていたので車中で待っていたのですが、「なごみ」
の時刻が近づいてきたので撮影場所へ。上り列車であるため
踏切1つ分、上り方へ移動です。
 まもなく「なごみ」の時刻というところで上り方の踏切が鳴り
出しました。そして貨物が(滅多に撮影しない時間帯、完全に
見落としです)。

Dsc_33021

 

 このあたりの踏切は上下両方の列車が接近すると鳴り方が
速くなるので接近がわかります。上の貨物を撮った時点ですで
に速い鳴り方に。
 貨物を撮り、反対側を向くと「なごみ」が接近。とにかく撮りま
した。この写真の1コマ後は完全にすれ違いシーンになってい
ます。間一髪でした。線路横に立っていたらダメだったかと。 

Dsc_33041

 

 無事に撮れたものの、このピカピカの塗装は泣かされます。
明るい曇りだと明るいところが白くなってしまいます。

 「なごみ」は3日間連続で走りますが、1日目終了です(2日目
となる今日も撮影済み)。

 最後に「ばんえつ物語号」を撮影し、この場所での撮影終了。
すでにアップしていますが、鯨波へと向かいました。

Dsc_33101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯨波を行く特大貨物

 昨日は特大貨物が走るという情報があり、柏崎方面へ向か
いました。

 撮影場所は考えておらず、直江津より向こう(北陸本線)まで
行って475系も撮影しようかと思ったものの、結構距離があった
し、結局、柏崎~柿崎の海沿い区間で撮ることに。

 まず米山~柿崎の国道沿いで車の退避場所がある場所へ。
ちょうど貨物が通過したので撮ったのですが、特大貨物は長い
編成ではないはずなので後ろは途切れないとは思うものの
ド逆光。

Dsc_33121

 

 その後、鯨波~青海川へと移動しました。線路を側面から
眺められる場所と海に向かう通路やや正面気味に眺められる
場所があります。
 海寄りから撮るとこんな感じに。

Dsc_33171

 

 側面から撮るとこんな感じ。曇りだったこの時はよかったの
ものの、

Dsc_33201

 

晴れた時に通過した「北越5号」と「くびき野2号」はやはり逆光。
海が白くなってしまうもののなんとか撮影してみました。

Dsc_33231

Dsc_33251

 

 海に夕日が沈むわけなので、海を背景にしようとする限り
午後は逆光になるわけですが。海側から撮ろうか、この場所
から撮ろうか、冗談で海の上の岩場から撮ろうかとか考えま
したが、結局はこの場所で撮ることに。
 もう1つ、上りの普通列車にかぶられないかも心配でしたが、
編成が短いから何とかなるかなということに。

 待っている間に太陽は雲の中に。水平線まで繋がる大きな
雲だったので逆光の心配はなくなりました。その状況の中、
EF510+ヨ+シキという編成で特大貨物が通過。

Dsc_33441

 

 その3分後、上りの普通列車が通過。

Dsc_33471

 

 撮影はここまでにして寺泊の温泉へ。途中から海沿いの道
を走りましたが、夕日が見えたので車を止めたものの夕日は
雲の中へ。夕焼けだけ撮影しました。残念ながら水平線に沈む
夕日は撮影できませんでした。

Dsc_33511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

「1」が多い

 先週土曜に新潟駅で目撃したのでなんとなく撮ってしまいま
した。

 クハ111-1111にはかなわないものの、「1」が多い車両です。

Dsc_32321

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

204、320と続く

 久々に空の話題です。いつもの日曜の便ですが。

 8月31日の日曜は「間にあった夏風景」にあるように佐々木
~西新発田で列車を撮影していましたが、28からの着陸だった
ため、撮影中、上を中国南方航空が通っていきました。

Dsc_30761

 

 それならばということで、28側となる阿賀野川対岸にある松浜
漁港へ。
 しかし、なぜ10から降りてくる・・・。それもTu-154Mじゃないし。

Dsc_31081

 

 滑走路端まで来てくれたので何とか「RA-64026」であること
がわかりました。

Dsc_31141

Dsc_31161

 

 続いて9月7日の日曜。今度は土手へ。雨上がりということで
水しぶきをあげて離陸する中国南方航空を撮影。

Dsc_32391

 

 ウラジオストク便はまたもエンジンが主翼の下にある機種。
それもツポレフではなかったです。久しぶりといえば久しぶり
のウラジオストク航空A320でした。

Dsc_32461

Dsc_32471

 

 最後はこちらも着陸?シーン。

Dsc_32521

 

 154ではなかったこともあり、この2週間は着陸だけ見て列車
撮影に行くパターンが続きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

朝の撮影、9月第1週

 朝の撮影、2日分です。

 まずは5日、東京に向かった時の白新線です。豊栄で快速
「べにばな」と交換。タラコのキハ47と青いキハ52でしたが、
国鉄色が増えて、最近は青いキハ52の方が新鮮に感じます。

P11003161

 

 東新潟機関区を車内から。EF64-1000は更新機ばかりでし
た。

P11003171

 ↑ 塗りわけが他と違う1009号機

 

 続いて6日の朝、いつものさつき野~荻川です。快速「べに
ばな」につながる2521D。国鉄色キハ52とタラコのキハ47でした。

Dsc_31891

 

 貨物3本。EF81はどちらも白帯入り。帯なしローズピンク一色
を最近あまり見ません。EF64-1000は1009+1011。前日、撮った
のと同じ組み合わせのようです。

Dsc_31911

Dsc_31931

Dsc_31941

 

 場所移動し、田んぼを入れて撮影。だいぶ田んぼが黄色っ
ぽくなってきました。
 磐越西線からの快速は青のみのように見えましたが、3両目
に赤が入った2色編成。

Dsc_31951

 

 583系の急行「きたぐに」。

Dsc_32001

 

 久しぶりにSL回送まで沿線に残りました。EF81-141に牽引
されて通過です。

Dsc_32051

 

 最後はキハ110系の5連です。

Dsc_32081

 

 何も予定がない週末早朝に撮影をするのがかなり長く続いて
いますが、そのためか同じような写真が続いています。ずっと
後に見た時に記録にはなりそうですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

小さなDD53

 模型ネタが続きますが。

 この週末は土曜早朝と日曜午後はいつもの撮影に行った
ものの、疲れもあってかあまり遠くに行くことはせずに、うちに
いる時間もいつもより長かったです。その分、模型に触れる
時間がありました。

 金曜に仕事で東京に行った帰りにちょっと模型店に。そこで
バス停とバスの模型を買ったわけですが、一緒に農家シリーズ
も購入。土曜に組み立てて、また農家が1軒建ちました。

Dsc_32261

 

 バスを一台、バス車庫へ。

Dsc_32271

 

 春にBトレのDD53を買っていたものの、これの動力ユニット
が手に入らず、ずっと飾りに。今回、ようやく動力ユニットを店
で見て、購入。
 でもこの動力ユニット、DD53にすんなりと嵌りません。取説
にも左右1mmずつ削ってください、とあります。模型は走らす
専門、加工設備などうちにはありません。なので凸凹になろう
とうちにあるもので、ひたすら左右を削りました。そして何とか
完成。

Dsc_32231

 

 DD53の機関車はこれで模型車両となったものの、ロータリー
ヘッド部の車輪が手に入っていません。ということで機関車
のみの夏姿です。
 さて何が合うかと・・・。

Dsc_32211

 

 本物ではありえない、DD53が後押しのキ100。

 土曜はここまでだったのですが、日曜に古い貨車を引っ張り
出しておもちゃのような貨物編成を組んでみました。Bトレの
機関車だとこのくらいがバランスいいみたいです。

Dsc_32341

 

 写真は撮っていませんが、悪乗りしてここにワムをあと14両
つないでみたのですが、軽いBトレでは直線区間は何とか走り
だしたものの、カーブに入ると空転。

 ちなみに本物のDD53は国鉄最強のロータリー式除雪機関
車。最近はイベント編成の先頭にもなっています。そういえば
この編成も模型化されたはず(もっとも客車7両じゃやっぱり
空転か)。

P10506311

 

 最後に一昨年臨時列車で走った3色編成。形式が実際とは
異なりますが。手前2両と奥2両の編成なら最近はよく見かけ
ます。

Dsc_32351

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

無心の国鉄色

 今日も午後から撮影。

 特別な被写体がないと朝の信越線貨物、ロシア便、信越線
の6連キハと羽越線キハ、焼島ワム・・・、このあたりを繰返し
撮っていますが、今日も6連キハの時間帯にさつき野~荻川
へ(その前に空港近辺に行ってますが)。

 ちょっと前の「北越8号」に間にあいました。まさかね、なんて
思いながらカメラを構えていたら4つ目のT18編成が通過。
無心だと偶然撮れてしまうものですね。無心と言ってもT18
編成なら4つ目が連結されている新潟方向の先頭(「北越8号」
なら前方ではなく後方)を最初から撮ろうとしていたあたり、
期待はしていたわけですが。

Dsc_32571

 

 その数分後、6連キハがやってきました。それも先頭が国鉄
色のキハ58系。これも無心でした。こちらは基本運用がわかっ
ているので今日は来ないと思っていたのですが。

Dsc_32591

 

 新津の2エンジン車は3連の1本を除くと、6運用あって6日間
で一巡するようになっています。つまり6日前の同じ列車に
入っていた2エンジン車が今日入るわけですが、確かキハ58
系は8月28日(木)にこの6連に入ったはず。となると10日後と
なる今日はこの列車には入らないはずですが、どうやらどこか
でずれが生じたようです。

 磐越西線からのキハ40系普通列車。こちらは青い新潟色
のみの3連で。

Dsc_32611

 

 E127系の普通。雨のせいか稲がだいぶ倒れていました。

Dsc_32621

 

 ここで羽越本線沿いに移動。2エンジン車が挟まっている
新津発坂町行きの普通列車撮影です。京ヶ瀬駅を過ぎた所
の田園風景で撮るために沿線に行ったのですが、ここでハプ
ニング。腹痛発生です。通過まで耐えられそうもなかったので
京ヶ瀬駅へ。トイレは間にあいましたが、列車は京ヶ瀬駅で
駅撮りすることになってしまいました。
 目的の列車は青い新潟色と赤い新潟色のキハ47に国鉄色
キハ52が挟まれた編成。

Dsc_32651

 

 今日の午後は雨は止んでいたものの、天気はあまり良くなく
先週のような入道雲や夕焼けは期待できなかったし、お腹も
不調になったので、これで終了。

 でもT18編成と国鉄色キハ58が連続的に見られるとは思って
いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味わいあるバス停

 昨日は模型のバス停でしたが、今日は本物。

 いつも列車を撮影している信越本線荻川近辺や、阿賀野川
土手上の道を車で走っていると、待合スペース付のバス停を
結構見かけます。雪国という環境もあってかその待合スペース
には小屋があることが多いです。新しい小屋に変わったところ
もありますが、中には味わいがあるものも。

 というわけで・・・。

 こちらは荻川付近の「結学校前」。瓦屋根にトタンの壁。

Dsc_32091

 

 少し行ったところにある「結」。木造瓦屋根、色あせた看板、
屋根まで届いている草。なかなかポイント?高そう。後続車が
いないのを確認して慌しく撮ったのであまり綺麗に写っていま
せん。

Dsc_32101

 

 最後はずっと気になっていながら、なかなか撮ることができ
なかったバス停。ここも後続車がいないタイミングで車を止めて
撮影。阿賀野川左岸の土手上にある道(そのまま行くと新潟
空港横へ)にある「横越堤防」。こちらも木造瓦屋根。「書道」と
いう看板がポイント高いかも。

Dsc_32121

 

 他にもいくつかありましたが、車だとなかなか撮影が難しい
です。自転車出動でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

丸いバスとバス停

 昨日も話題にしたジオコレ、街コレですが、また味わいある
ジオコレを見つけてしまい、手を出してしまいました。
 それがこちらの「バス停」。都市タイプと田舎タイプがあるよう
で、お店にあったのは田舎タイプ。もちろんこの方が味わいを
感じます。

 昨日のところに登場しているバス車庫にバスがいないのも
寂しいし、バス停も買ったしということでバスコレにも手を。

 バスコレ第12弾がちょうど古めかしいバスシリーズのようで。
1つは中身が見えるように売られていた物の中から広島電鉄
を。もう1つは中身がわからない通常の売り方をしている物を
買いました。国鉄バスが出てくることを期待したものの、結果
は広島電鉄。おかげさまで広電が2台おります。

 さっそくバス停に並べてみました。

P11003221

P11003231

P11003251

 バス停は2タイプ(小屋の色違い)が1セットになっています。
なので3枚目のように向かい合わせにすることもできます。

 さて、模型レイアウトのどこに置こうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

建設ラッシュ??

 今日は模型の話です。

 鉄道模型には列車、線路といったものの他、ジオラマを作る
ための建物があります。以前は模型メーカーから発売されて
いたものだけでしたが、最近は街コレ、ジオコレ(ジオラマコレ
クション)といったシリーズが登場しており多彩です。

 今年の始め頃、農家シリーズが発売されていくつか買いまし
た。

Dsc_30251

 

 長屋や上に写っている蔵はまた別なシリーズ。

Dsc_30351

 

 しばらく現代住宅シリーズが続いていたので買っていなかっ
たのですが、先週末、模型屋さんに行ったら、またまた味わい
のあるシリーズが。
 そのうちの1つが写真左の石造りの倉庫です。

Dsc_30311

 

 カメラを地べたに置いて撮ってみました。線路と建物が置いて
あるだけなので地面はボードむき出しですが、隣のバス車庫と
あわせ、なんかいいムード出してくれています。

Dsc_30421

 

 今回のシリーズには木造電車庫もあります。留置線の横に
置いてみました。線路を入れることができますが、今は使われ
ていない廃墟みたいな形にしたくて線路は入れていません。

Dsc_30451

 

 最後は貨物ホーム。倉庫とセットですが側線に置いてみま
した。

Dsc_30481

 

 一昔前の建物ばかりが増えていますが、やはりどこか懐か
しさを感じているからかもしれません。
 こういったシリーズがありながらも、レイアウト上にはJR形の
新しい車両が走っていたりします。模型ならではです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

NEXT21から陸海空

 新潟の古町という繁華街に建つNEXT21というビル。そこの
19階に展望台があります。その展望台から新潟港が見えるの
は知っていましたが、空港は見えるだろうか、ということもあり、
先週土曜、新潟駅前に行った時にNEXT21へと向かいました。

 展望台へ到着。新潟空港のデッキとは違い、写真を撮って
いる人がいるような場所ではなく、そんな場所で望遠を出すと
目立ってしまうのですが、いつものスタイルで。

 ちょうど佐渡汽船のフェリーが出発するところ。新潟港は海
の港ですが、実際は信濃川にあります。巨大な船が川の中で
旋回して出ていきます。

Dsc_29441

 

 奥に新日本海フェリーがいました。

Dsc_29511

 

 直後にその向こうから何かが飛び立ったのが見えましたが、
伊丹に向かうダッシュエイトでした。何とか撮れたもののやはり
小さいです。

Dsc_29551

 

 この時間は新千歳からの便と伊丹からの便が降りてくる頃。
空港の場所はわかったので、じっと見ていたら何かが空港に
近づいてきました。新千歳便のA320です。

Dsc_29631

 

 続いて伊丹便のMD90。

Dsc_29671

 

 やはり小さいです。でも晴れて順光だったら綺麗に撮ること
ができるかもしれません。

 先ほどの佐渡汽船フェリーが後から出発したジェットフォイル
に追い抜かれていました。

Dsc_29741

 

 海と反対方向を向くと下に駅方面への道路が見え、バスも
見えます。

Dsc_29811

 

 再び港、佐渡に行った時に乗ってきたジェットフォイルが到着。

Dsc_29891

 

 飛行機、船、バスと撮れ、では列車はというと、新幹線限定
ですが見えます。

Dsc_29961

Dsc_30041

 

 佐渡からのフェリーが見えてきました。でもここから時間が
かかります。

Dsc_30071

 

 20分ほどして港へ。港へはこのままの向きで入ります。

Dsc_30161

 

 最後に広角で新潟港と新潟空港方面を撮影。ずっと望遠で
撮っていた場所はこんな風景です。

Dsc_30221

 

 NEXT21からは船がいちばんよく撮れるようです。でもバスや
小さいものの飛行機や新幹線も撮れ、いろいろと楽しめそう
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

新庄出張

 昨日、今日と山形の新庄へと出張に行っていました。

 行きは列車での移動です。現地に最も早く到着できるのは
羽越本線の列車で余目まで行き、余目から陸羽西線に入る
ルート。昨年冬の新庄出張の時もこのルートでした。ちなみに
全区間各駅停車です。
 余目までの列車は新発田から村上までは高校生で満員。
2両編成なのでいっそう混みます。でもその高校生が村上で
降りてからはだいぶ空いたものの、それでも冬よりは混んで
おりボックスシートには座れませんでした。

 昨日は天気がよく、日本海の向こうに粟島が。

P11002621_2

 

 余目から陸羽西線に乗り換えると最上川に沿って走ります。
曇りがちの天気になり、ちょっと前までの雨の影響か川は濁っ
ていました。

P11002641_2

 

 お仕事の部分は省略。

 今日の昼食は新庄駅前にある「急行食堂」へ。昨年の2月
か3月の新庄出張時にも名前が気になって入ったお店ですが
(お店自体は山形新幹線新庄延伸で訪れた時にたぶん見て
いる)、今日は久しぶりに行ってみました。
 「とりもつラーメン」が名物らしいですが、さらに限定20食と
なっていた「塩とりもつラーメン」を注文。

P11003061_2

  

 「地獄ラーメン」「天国ラーメン」というメニューがあり、気に
なりますがチャレンジしていません。というか「地獄ラーメン」は
想像できるだけにチャレンジできません。

 昼食後、新庄駅にキハ58系の修学旅行色編成がいるのを
目撃。さすがに入場券を買ってホームに入る時間はなかった
ので撮れるところから撮影。
 キハと在来線電車701系と新幹線400系が並ぶところが新庄
らしいです。

P11003081

P11003091

 

 帰りは会社の人と車で移動。
 夕日が綺麗だったので休憩を兼ねて道の駅あつみに停車。
まもなく日没というシーンです。

P11003111

 

 水平線に沈む前に雲に隠れてしまいましたが、雲がなかっ
たら水平線に沈むところが撮れそう。新潟から見える夕日は
佐渡に沈むので水平線に沈むところが見られません。

 この後、羽越線沿いの道を行き、すれ違った特急「いなほ」
を撮影(ってなんだかわかりませんが)。

P11003151

 

 もちろん車の運転はしていません。

 今回の写真はコンパクトデジカメで撮影しています。さすがに
普段のカメラは出張には持っていけないので。コンパクトでも
結構撮影できますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »