« 最後の旭伸撮影・全日空 | トップページ | 64重連牽引のワム »

2008年9月24日 (水)

FASTECH360

 今日は大宮に出張のため、新潟から上越新幹線に乗車。
そして大宮駅で降りたら目の前にこんな車両が停まっていま
した。
 東北新幹線の320km/h走行のために開発された試験車
「FASTECH360」、E954形です。仙台の基地にいるところを
東北本線利府支線の列車から眺めたことはありますが、駅で
見たのは初めて。

P11003501

 

 こちらは東京方の先頭車。尖がり方はJR西日本の500系に
似ています。八戸方の先頭車はこれと違った顔をしているはず
ですが、今日の出張は連れがいたので、あまり巻き込むわけ
にもいかず見に行くのを断念。

 東北新幹線は現在、最高速度275km/hで走行していますが、
八戸から新青森に伸びる時に300km/hまで向上させ、新青森
延伸の2年後の320km/h運転を目指すようです。その時までに
E5系という車両ができるようですが、そのための試験にこの
編成が使われています。「FASTECH360」というように360km/h
を目指していたようです。

 非常ブレーキ用のネコ耳はさすがに出ていませんでした。
屋根上に板を出して空気抵抗を増し、ブレーキ距離を縮めよう
という装置です。

P11003521

 

 一昨日、新大阪で見た0系。かつてはスマートなスタイルと
言われていましたが、上の写真と比べると丸く見えます。

Dsc_40831

 

 そして0系登場時、210km/hだった最高速度は、現在500系
が持つ300km/hを数年後にさらに突破、320km/hとなるわけ
です。

|

« 最後の旭伸撮影・全日空 | トップページ | 64重連牽引のワム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/42582927

この記事へのトラックバック一覧です: FASTECH360:

« 最後の旭伸撮影・全日空 | トップページ | 64重連牽引のワム »