« 久々の214、でも初めて | トップページ | 朝日と朝の貨物 »

2008年9月19日 (金)

ダリアビア航空、新潟撤退

 今日、ロシア機をいつも眺めている者にとってはとても衝撃
的なニュースが入ってきました。そして新潟空港ホームページ
を見てみると・・・、

http://www.niigata-airport.gr.jp/news/news407n.html

 9月22日よりウラジオストク航空がハバロフスク便を運航する
とのこと。曜日、時刻は変わらないようです。

 ではこれまで運航してきたダリアビア航空は?といろいろ
調べてみたら、

http://www.jsn.co.jp/news/2008/34.html
http://www.jsn.co.jp/news/2008/33.html
http://www.jsn.co.jp/news/2008/32.html

 いちばん下の記事はダリアビア社とダリアビア社の代表取締
役が消費者権利保護に関する違反で起訴される、といった
タイトルと内容で、真ん中の記事には債務問題なんていう言葉
が出てきます。そしていちばん上の記事は今日でダリアビア
航空の新潟~ハバロフスク便が運航終了になったことが書か
れています。

 難しい内容はわかりませんが、これまで新潟~ハバロフスク
便を運航してきたダリアビア社の経営に何かあったのは確か
なようです。

 新潟~ハバロフスク便の運航はウラジオストク航空により
引き継がれたので新潟とロシアを結ぶ便の本数は変わらない
ものの、趣味的な視線になってしまうと、機材がどうなるかと
いったところが気になります。ウラジオストク航空が現在所有
している機材でやりくりするのか、ダリアビア航空の機材を
買い取ったのか、買い取ったとして塗装とかどうなるのかなど。
そしてウラジオストク航空にはなく、ダリアビア航空にあった
Tu-214ははたして・・・。

 それにしても、昨日、こちらに載せた15日のハバロフスク便、
Tu-214、RA-64507がダリアビア航空ハバロフスク便の最後
の撮影になろうとはまさか思ってもいませんでした。

Dsc_36101

 

 ロシア機を撮影し始めてから約2年数ヶ月、曜日の関係で
ウラジオストク航空ほどは見ることができなかったもののダリ
アビア航空も多くの機材を飛ばしてくれました。
 ウラジオストク航空のハバロフスク便が長く続くことを願い
たいです。

P10004181

  ↑ この案内表示も見納め  2006.7.17

 

P10004341

  ↑ ダリアビア航空初撮影はTu-214  2006.7.17

 

P10008881

  ↑ 初のダリアビアTu-154M  2006.8.4

P10104751

  ↑ 最大の思い出? ウラジオストク航空(手前)と
    ダリアビア航空の154並び  2006.8.15

 

P10804471

  ↑ 海上保安庁のYS-11と一瞬の対面  2007.7.16

 

P11302801

  ↑ 最近はこの塗装の154が多かったです
                          2007.12.28

 

Dsc_24021

  ↑ 最後のダリアビア航空Tu-154M撮影もこの塗装
                           2008.8.15

|

« 久々の214、でも初めて | トップページ | 朝日と朝の貨物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/42529002

この記事へのトラックバック一覧です: ダリアビア航空、新潟撤退:

« 久々の214、でも初めて | トップページ | 朝日と朝の貨物 »