« 深夜の新津、マヤも | トップページ | 改正後初、米坂線へ »

2009年7月12日 (日)

13年ぶりの板谷駅訪問

 昨日は板谷駅へ。この駅に初めて降りたのは、まだスイッチ
バックだった1990年5月。その6年後、すでに新幹線「つばさ」
が走り始めている頃にスイッチバックの名残を見に行ったこと
がありますが、今回はそれ以来で13年ぶりとなります。

 1990年の頃は485系の特急「つばさ」が走っていましたが、
1992年7月から新幹線直通の400系「つばさ」が走り始めまし
た。その400系も今年、新型のE3系2000番台に置き換わりと
なります。

 車での訪問は初です。とりあえずスイッチバック時代の駅舎
前に。

Dsc_02201

 

 今は(といっても20年近く前からですが)、ホームが本線上
に移動しており、その案内板が。

Dsc_02211

 

 かつてホームがあったあたりは保線車両の基地に。

Dsc_02241

 

 保線車両のところから、現在のホームに行くための通路が
あります。ここもかつては本線から分岐してホームに入るため
の線路があった場所で、雪対策のシェルターがそのまま残さ
れています。

Dsc_02261

 

 かつての風景はこんな感じで(1990年8月撮影)。

P11101601

 

 このシェルターを抜けると本線が。ちょうど「つばさ113号」が
通過。ポケモン入りのE3系2000番台です。

Dsc_02281

 

 本線上にある現在のホームを通過。

Dsc_02291

 

 ここまで来て、現在の板谷駅の向こうにある撮影場所に行く
にはホームに来てはいけないということを思い出し、少し戻っ
てシェルタの上を越える道へ。そしてかつて写真を撮った場所
に到着。

 到着し、しばらくすると駅の踏切が鳴り米沢行きの普通列車
が。「つばさ」は福島~米沢は通過なので、板谷駅に列車で
行くには普通列車で行くしかありません。本数はとても少ない
です。

Dsc_02351

 

 10分ほどで今度は福島行きが。次の福島行き普通列車は
4時間半後です。

Dsc_02441

 

 普通列車から待つこと30分、ようやく「つばさ」が。「つばさ」
は1時間に上下各1本ですが、上下の板谷通過時刻が00分
前後と接近しており、その時間帯以外は暇です。
 1本目の「つばさ116号」は新庄延伸時から走っているE3系
1000番台。

Dsc_02521

 

 5分ほどで「つばさ115号」が通過。E3系2000番台。やっぱり
笑っているように見えます。

Dsc_02591

 

 50分後、「つばさ118号」が通過。こちらもE3系2000番台。

Dsc_02651

 

 カメラが違うので同じアングルにはなっていないですが、
スイッチバックの引込み線のシェルタが写っているかつての
1枚を(1990年5月撮影)。

P11101541

 

 10分ほどして「つばさ117号」が通過。ようやく400系が。

Dsc_02741

 

 再び50分後、「つばさ120号」が通過。またまたE3系2000番
台。

Dsc_02821

 

 最後は「つばさ119号」、E3系1000番台です。

Dsc_02881

 

 このアングルに近いのがこちら。同じく1990年5月撮影です。

P11101571

 

 結局、「つばさ」7本を撮影して、新型のE3系2000番台が4本、
E3系1000番台が2本、400系が1本と、E3系2000番台の増備
がかなり進んでいるのを感じてしまいました。400系もまもなく
見納めになってしまうかもしれません。

|

« 深夜の新津、マヤも | トップページ | 改正後初、米坂線へ »

コメント

400系の衰退ぶりは相当なものですね。元日に「正月パス」を使って米沢を訪ねた頃はほとんどが400系でしたが。大晦日の暴飲暴食による吐き気をこらえ駅撮りしたのもいまや思い出です(笑)米沢ー福島間の走行音をグリーン車で録音したのも貴重なものになってしまったようですね。

投稿: てっこ | 2009年7月12日 (日) 22時07分

 今年度中か今年中に置換えと聞いていたので、まだ
400系比率はそんなに低くないかなと思っていましたが、
予想以上に早く置き換わっているようです。

 50系や485系時代にもこの区間に乗っているので、
その後の400系がなくなってしまうとは、時の流れの
速さを感じてしまいます。

投稿: GO | 2009年7月13日 (月) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13年ぶりの板谷駅訪問:

« 深夜の新津、マヤも | トップページ | 改正後初、米坂線へ »