« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

個人認証機能

 デジタル一眼を使用するようになってから滅多に使用しなく
なったコンパクトデジカメ。でも旅先などで複数のカメラで撮影
しておきたい時などに使用するし、ポケットに入るお手軽カメラ
でもあるのでなくすわけにもいきません。

 5年前に購入したPanasonic Lumix DMC-FX7をずっと使って
いましたが、バッテリーも弱くなってきたし、モードダイヤルも
時々不調に。夏にニコンD90を買った時にも計画はあったの
ですが、年末まで待つことにしていました。

 どんな状態のカメラでも下取りを受けてくれるカメラ屋さんで
FX7を下取りに出して、代わりにLumix DMC-FX60を。

 このFX60、顔にピントが合うという顔認識機能もありますが、
さらに個人認証機能というのが付いています。登録してある顔
にピントが、という機能です。

 さっそく試してみました。とはいえ自分の顔は嫌なので、この
カメラのCMにも出演しているこの人を試しに登録。

Dsc_47891

 

 むろん登録した写真はちゃんと認識します。

Dsc_47911

 

 別な写真は・・・? 認識OK。

Dsc_47961

 

 こちらは・・・? OK。

Dsc_47991

 

 髪型がだいぶ違いますが・・・? OK。

Dsc_48031

 

 こちらは・・・? 名前が出ません。これは認識していないと
いうことでしょうか?

Dsc_48041

 

 では同じ顔が並んでいたら・・・? 何回やっても右しか認識
してくれません。

Dsc_48091

 

 違う人と並べてみたら・・・? ちゃんと認識。

Dsc_48101

 

 順番を入れ替えてみたら・・・? 名前が出ません。

Dsc_48121

 

 そこそこ認識はしてくれるようです。

 さて人以外は登録できるのでしょうか?と思って試してみま
したが、猫はだめ。

Dsc_48141

 

 もちろん列車もだめ。

Dsc_48151

 

 熊のイラストも、やっぱりだめ。

Dsc_48161

 

 どうも人の顔でないとだめみたいです。このあたり、以前、
探偵ナイトスクープでもやっていましたが。

 いろいろと試してみましたが、せっかくのこの機能。滅多に
人を撮らないので、使う場があまりないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

おもいでのつるぎ号(上り)

 昨日の「おもいでのつるぎ号」、上りは新潟駅で撮影しました。

 朝の荻川付近の混雑状況からして、夜の新潟駅も混雑が
予想できてしましたが、やはり、急行「きたぐに」の頃から撮影
している人が増加。地元だといつでも撮れそうな列車ですが、
改めて・・・。

Dsc_48291

Dsc_48421

 

 「おもいでのつるぎ号」が発車する7番線は入線を待つ人達
ですでに混雑。「ばんえつ物語号」でもこんなに集まらないかと、
と思えるぐらいの人数でした。

 発車は23:12で、22:55頃に入線。機回しする時間もないはず
なので、新潟車両センターからはプッシュプルで来るはず、と
思っていたら、予想通りプッシュプルだったのですが、牽引が
EF64-1000。これは良い方向に予想が外れました。
 群集の向こうから・・・。

Dsc_48571

 

 ホームの越後石山寄りで待っていた人達は機関車のヘッド
マーク狙いだったわけですが、先頭がホーム端ギリギリに
停車し、前面撮影はほぼ無理な状況に。
 連結面も賑やかに。

Dsc_48601

 

 今回の「つるぎ」、青森の24系を使用したようですが、現役
時代と同じB寝台だけの編成ではあったものの、当時は使用
されていなかった金帯車も。さすがに銀帯だけで揃えるのは
無理だったみたいで。

 とりあえず連結面のテールマークだけ撮影し、機関車前面
はあまりの大混雑で諦めて編成後部へ。

Dsc_48631

 

 EF64-1000が切り離されるところで、連結面に人だかりが
できていますが、ひとまずEF64-1052を撮影。

Dsc_48671

 

 切り離され、「つるぎ」のマークが見えたところで一斉に撮影。
廃止最終日みたいな状況ですが、現役時代の「つるぎ」って
こんなに人気がありましたっけ?って思ってしまいました。

Dsc_48801

 

 デジカメの利点、適当に撮影できる、を利用して手を上に
上げて撮影。奇跡的に成功です。

Dsc_48821

 

 人の間に入っていき、なんとか撮影。

Dsc_48991

 

 上の写真の時点で発車4分前です。あとは発車シーンを。
と思っていましたが、定刻を過ぎても発車しません。通信機器
に何かあったみたいで交換しているとのこと。
 発車までしばらく撮影。人も減ってきて、もう無理せず撮影
できるように。24系「つるぎ」に長岡のEF64-1000。現役時代
にはなかった組み合わせを。

Dsc_49081

 

 人が減ってきたので、ヘッドマークが撮影できるかな?と
再び機関車側へ。こちらはまだ混雑していましたが、隙間から
入ってなんとか撮影。

Dsc_49261

 

 再び後部に戻って発車待ちですが、こちらは先ほどまでの
大混雑が嘘のように人が減っており、先ほどの無理な姿勢の
撮影はしなくてもよかったかもという状況に。

 発車準備ができたとのことでしたが、ちょうど、昨日は運転
された快速「ムーンライトえちご」や、その後の最終新津行き
の発車時刻でこれらの列車が先に発車。

 結局、「おもいでのつるぎ号」が発車したのは定刻30分遅れ
の23:42頃。「つるぎ」に乗る人はもちろん乗車したわけだし、
発車を見送ってから「ムーンライトえちご」に乗るつもりだった
人、信越、白新、越後線の最終列車に乗るつもりだった人は
それぞれの列車より後の発車となってしまい、「つるぎ」を
見送れず。最後まで見送れたのは新潟宿泊の人と車で来た
人だけだったと思います。すっかり空いていました。
(ちなみに昨日は車で新潟駅へ)

Dsc_49311

 

 「つるぎ」に続いて、EF64-1052がホーム越後石山寄りへ。

Dsc_49401

 

 ここまでで撮影終了です。「つるぎ」の定刻発車時刻23:12
から逆算して21:25頃に入場したのですが、列車遅れで2時間
突破。入場料金が140円追加になってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おもいでのつるぎ号(下り)

 昨日は「おもいでのつるぎ号」という列車が運転されました。

 「つるぎ」はかつて大阪~新潟で運転されていた寝台特急
でしたが、1994年12月に臨時列車に格下げとなり、その後、
多客期に運転されていたものの、いつの間にかなくなっていま
した。

 かつての寝台特急「つるぎ」は、下りが長岡5:45という時刻
だったので、子供の頃、夏休み頃に限り撮影できた唯一の
ブルートレイン。というわけで天気が悪そうだったものの、朝、
荻川付近へ。

 出発時点の天気は雨。この時期の日の出は6時半頃で、
「つるぎ」の荻川付近通過時刻は6:55頃。以前、EF64-1000
の貨物を撮っていた時刻ですが、この時期の雨では暗く
なってしまうのは承知の上でした。

 さつき野~荻川のいつもの場所に行くと、いつも車を停める
所には先客がいて、踏切のところには三脚が。隣の踏切も
同じような状況。結局、横に広い荻川寄りの踏切へと向かい
ましたが、ここもすでに人が多かったです。この3ヶ所だけで
50人以上はいたのでは?という状況でした。いつも1人で撮影
している場所なので、この人数はびっくり。走行撮影ができる
場所が限られてしまったため集中してしまったみたいです。
人数はともかく、線路すれすれに三脚を立てる人がいたのは
ちょっと残念。

 とりあえずいつも撮っているあたりへ。あとは明るさですが、
雨は止んだものの期待できなさそう。6:48通過の4059レは
こんな感じでした。

Dsc_47041

 

 そして「おもいでのつるぎ号」が通過。結局、明るさ不足の
ままで。

Dsc_47141

 

 でもデジカメって便利ですね。色はそれらしくなりました。
感度800(さらにブログに載せるためにさらに落としています)
なので粗さだけはどうにもなりませんが。

Dsc_47141c

 

 この後、新潟駅まで行っても追いつかないので、この場所
でそのまま他の列車も撮影することに。
 キハE120+キハ110+キハE120の3連。

Dsc_47201

 

 4071レです。

Dsc_47281

 

 115系サハ入り編成。

Dsc_47291

 

 キハ47の4連、2225Dが通過。

Dsc_47331

 

 2225Dは7:25頃でしたが、この頃でもまだ暗かったです。
贅沢は言えないですが、「つるぎ」が夏の運転だったら明るい
中で撮影できたかもしれません。

 せっかくなので現役時代の「つるぎ」の写真を。こちらは初
撮影の1984年8月。この頃はまだ機関車にヘッドマークが
なかったです。

Elef8100135

Pc242500136

 

 こちらは1年後の1985年8月。1985連3月改正で、全国の
ブルートレインの機関車にヘッドマークが復活し、「つるぎ」の
EF81もヘッドマーク付に。

Dsc_49481

 

 最後は定期列車としては最後となった撮影。1994年8月
です。

Dsc_49521

Dsc_49661

 

 探せばまだあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

小牧から新潟、北アルプス

 小牧空港から新潟空港へ。長崎~小牧と同じCRJ200です。
ボーディングブリッジがある空港なら、ブリッジから飛行機に
直接入れますが、ブリッジのない小牧空港は地べたから直接
乗ります。飛行機が並んでいるとどれに乗るのか迷ってしまい
そう。
 こちらのCRJ200へ(この右にもCRJが)。

Dsc_44021

 

 離陸し、しばらくしてベルト着用サインが消灯。さっそく撮影
です。最初は雲ばかりでした。

Dsc_44051

 

 その雲もなくなり地上が。雪山も見えるようになってきて、
山間にはダムも。

Dsc_44101

 

 雪山が見えてきた頃、機長さんが「北アルプス付近を通過
中」とアナウンスしてくれました。

Dsc_44131

 

 高度は7000mとのこと。北アルプスには3000m近い山もある
ので、7000mからでも望遠を使うと山頂がすごく近くに見えます。

Dsc_44151

 

 北アルプス付近も通り過ぎて、だんだんと山も低くなってきま
した。

Dsc_44161

 

 そして上越市付近と思われるあたりで日本海が。

Dsc_44211

 

 赤い橋は国道8号線の米山大橋かと。

Dsc_44251

 

 この後、海上に出て、高度も下がってきてベルト着用サイン
が点灯。新潟空港には10側(海側)から着陸です。小牧7:40
出発で、新潟8:30到着。飛んでいる時間はもっと短く、あっと
言う間のフライトでした。

 新潟空港では国際線のスポット横に到着。この場所からは
歩けないのでバスで移動です。バスの中からの1枚。

Dsc_44311

 

 この後、デッキに向かい、乗ってきた飛行機が小牧に向けて
出発するところをお見送り。

Dsc_44421

 

 続いて伊丹に向かってダッシュエイトが離陸。なぜか小牧
便と逆向きに離陸しました。

Dsc_44471

 

 ANAとJACのダッシュエイトが連続して到着。ダッシュエイト
の赤青並びが。

Dsc_44591

 

 きりがないのでここまでで終了。

 今回の小牧~新潟便で、新潟空港発着の国内線全路線
(2006年秋以降存在した路線)に乗ったことになります。新潟
~神戸、新潟~佐渡はすでになくなってしまいました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

小牧空港

 小牧で宿泊したのがこちら。

Dsc_43831

 

 最初は名古屋まで行こうかと思っていたのですが、楽天で
調べたら、3連休ということもあってか名古屋の宿はほぼ満室。
では空港近辺では?と思って調べたら、この宿がありました。

 楽天の携帯サイトは宿への所要時間が駅基準になっている
ため、この宿も近くの名鉄の駅から車で何分という記載しか
なかったです。地図を見たら空港の近くみたいでしたが、その
地図に縮尺が入っていなかったのでどのくらいの距離なのか
わかりません。でも最悪、タクシーということでこの宿を予約。

 小牧空港到着後に宿に電話して聞いてみたら、歩いて5分
ぐらいとのこと。実際、歩いてみたらすぐに見つかりました。
 ちなみに空系の名前の宿ですが、中はごく普通の宿です。

 この宿で1泊後、翌朝、7:40出発の便に乗るため、6時半頃
チェックアウト。空港へ。
 航空券にも「小牧」と表示されるこの空港、ターミナルビルは
「名古屋空港」となっています。

Dsc_43841

 

 朝食は、前日の夕食(味噌カツ)を食べた空港内のお店で。
今度はきしめんです。

Dsc_43851

 

 きしめんを食べた後、検査場を通過、搭乗待合室へ。小牧
空港はCRJやE-170といった小型機しか発着しておらず、ボー
ディングブリッジがありません。地上から飛行機に乗るわけで、
待合室も駐機場と同じ高さになっています。そのため、こんな
アングルで撮影ができます。E-170です。

Dsc_43861

 

 何機か並んでおり、こちらはCRJ。

Dsc_43911

 

 搭乗開始時刻になり、待合室から飛行機の方へ。その途中
で、ちょうど出発したところの便を撮影。

Dsc_43921

 

 自衛隊と並んでいることもあり、自衛隊機も。

Dsc_43951

 

 さきほどの便が離陸。自分が乗る便に行く直前に見ることが
できました。

Dsc_43981

Dsc_44001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

長崎から小牧へ

 長崎空港からはJALで小牧空港へ。昨日のところに写って
いるCRJ200に乗ります。新潟にもやってきているCRJ200です
が、乗るのは初めてです。

 ターミナルビルから飛行機までは歩いて移動です。

Dsc_43441

 

 撮影はひとまずここまで。

Dsc_43461

 

 離陸し、ベルト着用サインが消えたところで、すっかりいつも
の行動になってしまった機内からの風景撮影開始です。
 長崎16:50出発だったので、この時期の新潟だったらもう暗く
なっている時刻。九州の方が日没時刻が遅いので離陸した時
はまだ明るかったです。上空はさらに明るく西の方に夕焼けが。
でも夕日は真後ろにあったため見えませんでした。

Dsc_43481

Dsc_43491

 

 小牧到着は18:05で、この間に日没時刻を過ぎてしまいます。
さらに東に向かっているので太陽からは遠ざかる方向。だん
だんと暗くなっていきました。

Dsc_43551

 

 暗くなっては何も見えないと思っていましたが、雲のない所
もあったみたいで、地上の夜景も所々で見ることが。

Dsc_43651

Dsc_43741

 

 名古屋の近くで着陸態勢に入り、デジカメ使用不可に。都市
部への夜間着陸ということもあって室内の明かりが減光され、
外の景色が見やすくなりました。
 名古屋の南側から陸地上空に入り、小牧空港までは街中
上空を通過。さすがに名古屋は大きい都市だけあって上空
から見る街の明かりがとても綺麗でした。

 しばらく名古屋の夜景を見ながら、小牧空港に到着。

Dsc_43791

 

 この日は空港近くの宿に宿泊。夕食は空港内で済ませまし
た。この地域に来たら味噌カツです。

Dsc_43801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

長崎空港

 諫早からバスで向かったのは長崎空港。諫早から45分程
です。途中で大村駅を通りますが、大村駅からなら空港まで
15分程。諫早まで行く必要はなかったみたいです。

 ちなみに佐世保からも空港行きバスが出ているのですが、
1時間40分程かかるのでやめました。

 空港では展望デッキへ。長崎空港の展望デッキは無料です。
高い柵があって、柵にカメラ用の空いています。穴からカメラ
の先を出して写真を撮らないといけないので、少々撮りにくい
です。

 展望デッキに行ってしばらくして羽田行きが出発。見慣れ
ない機種です。滅多に見ることがないA300-600Rでした。

Dsc_42351

 

 離陸。

Dsc_42451

Dsc_42481

 

 離陸したところで左に旋回し、空港上空を通過。

Dsc_42551

 

 壱岐に向かうオリエンタルエアブリッジのDHC-8-200。
長崎から九州内や九州付近の島との間を運航しているよう
です。新潟在住だとなかなか見ることができない航空会社
の飛行機です。

Dsc_42671

Dsc_42771

 

 こちらはスカイネットアジア航空の羽田便。ここの飛行機
は羽田でも見たことがあります。
 長崎空港はデッキから見て正面に西日が来るようです。

Dsc_42831

 

 離陸。

Dsc_43041

 

 乗る予定のCRJ200が到着。

Dsc_43141

Dsc_43171

 

 到着時点で、乗る便の出発30分前ということもあり、展望
デッキをあとにして検査場を通過。搭乗待合室からCRJ200を
撮影しました。
 正面に見えていた西日が夕日になり、新潟とは違ったアン
グルでの夕日と飛行機の組み合わせ撮影です。

Dsc_43231

Dsc_43411

 

 この後、CRJ200に搭乗し、長崎空港を離れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

復興航空チャーター・空港夜景

 今日は何かおかしな天気でした。こんな感じに雲の隙間から
日差しが見えたかと思うと雨が降ってきたりと・・・。

Dsc_45291

 

 曇っていたので逆光にならずに撮れました。

Dsc_45431

 

 と思って連続的に撮っていたら、

Dsc_45461

 

これが夕日だったら・・・。

 離陸は空港の反対側へ。

Dsc_45721

 今度は空港へ。いつのまにか会津バスの予約制リムジン
バスの乗り場ができていました。会津若松行きですが、どの
くらい運行されているのでしょうね。いつから走っているの
かもわかりません。

Dsc_45871

 

 いつもとアングルを変えて、第2駐車場から撮影。脚立が
必要です。ハバロフスク便が到着。

Csc_46071

 

 続いて沖縄からの便が到着。

Dsc_46221

 

 今日は復興航空のチャーター便がありました。到着は17:30
の予定で、空港以外では撮影できない時刻です。予定よりも
早い17:05に着陸したものの、すでに暗闇の中。

Dsc_46441

 

 復興航空=トランスアジア航空ということを忘れていました。
どうも中国、台湾の航空会社がたくさんあって混乱している
みたいで。復興航空は以前、撮影しています。

 ウラジオストク航空との並び。

Dsc_46631

 

 ダッシュエイトは出発時、プッシュバックではなく自分で旋回
していきます。初の撮影試みです。スタート地点での時間をもう
少し長くしてもよかったかも。

Dsc_46711

Dsc_46721

 

 ハバロフスク便の離陸。後方からだとやはり光が弱いです。
補正をしてようやくわかるぐらい・・・。

Dsc_4674b

 

 最後は先ほどのダッシュエイトの離陸。28からだとやっぱり
目の前では上がってくれません。

Dsc_46751

 

 やはり軌跡撮影は空港の外からの方がよさそうです。

 復興航空は18:30出発予定でしたが、同じような写真になって
しまいそうだし、遅くなりたくないのでここまでに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐世保から諫早へ

 佐世保で食事のため一旦下車。ローソンにも行きたかった
のですが、駅前を探してみたものの見当たらず。
 こんなバスは見つけましたが。

Dsc_41781

 

 食事は駅のすぐ横に何軒かあったので、そちらへ。佐世保
は長崎県ということもあって、長崎ちゃんぽんの店も多かった
ですが、「佐世保名物」「海軍さんのビーフシチュー」というのが
気になり、それを食べることに。
 隣の長崎ちゃんぽんのお店、暖簾が逆ですけど。

Dsc_41841

Dsc_41821

 

 ビーフシチューはこんな感じでした。

F10003851

 

 食事後、佐世保駅へ。「貧乏が去る像」、なんか気になりま
す。

Dsc_41851

 

 佐世保からは大村線の列車に乗車。右のキハ200です。
隣は特急「みどり12号」。

Dsc_41881

 

 783系が「かもめ」「みどり」「ハウステンボス」に使用される
ようになり、これらの列車は併結することもあって、貫通型の
先頭車が改造でつくられました。それがこちら。

Dsc_41911

 

 「みどり12号」が発車する直前に「みどり5号」が到着。

Dsc_41981

 

 入れ替わるように「みどり12号」が発車。前面下部が緑色
になっているのと銀色になっている783系があることに気づき
ました。

Dsc_42001

 

 キハ200-1013に乗車です。「崎サキ」という標記になるん
ですね。

Dsc_42051

 

 この日、朝から鼻炎になってしまい、松浦鉄道の車内では
かなり辛かったのですが、佐世保で薬を飲んでからよくなり
ました。でも代わりに眠気が・・・。

 諫早に到着。

Dsc_42151

 

 ここからバスに乗車ですが、時間があったので少し駅で
撮影。
 特急「かもめ28号」、885系です。ソニック用の青い885系
でした。

Dsc_42211

 

 大村線は乗ってきたキハ200の他に、かつて篠栗線を走っ
ていたキハ66、67も走っています。むしろキハ66、67の方が
多いような気がしました。
 諫早で無事撮影です。

Dsc_42251

 

 島原鉄道の列車が発車。

Dsc_42271

 

 諫早からは島原外港まで島原鉄道が走っています。以前
はもっと先まで走っていましたが、廃止されてしまいました。
 今回、松浦鉄道乗車で、佐賀県の鉄道は全線乗車となった
のですが、長崎県はこの島原鉄道と、長崎市内の路面電車
の一部区間が残っています。目の前まで来ていながら今回は
乗れません。

 諫早駅から駅前のバスターミナルへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

急行ひめかわ・空港夜景

 今日は午後から「おもいでの急行ひめかわ」撮影のために
越後線沿線へ。先週の「急行野沢」と同じく、昨年に続く運転
です。

 昨年は関屋分水の鉄橋で撮影したので、違う場所で撮影
するつもりでしたが、越後線の撮影場所がわかりません。
田園風景の中で撮影しても他の路線とあまり違いが感じられ
ないので、越後線ならではの風景である弥彦山が背景になる
場所を探してみました。そんな場所を探しながら巻方面へ。

 越後曽根を過ぎたあたりで弥彦山が良い感じの位置に。
国道から逸れて線路沿いへ。
 最初に行った場所はここ。すぐに115系が来たので撮って
みましたが、なんかいまいち。

Dsc_44631

 

 地図を見た感じでは、この場所から少し巻方向に行くと家が
少なそうな場所がありそうなので行ってみることに。
 写真の名前の踏切あたりが良さそうでした。

Dsc_44701

 

 直前に115系が通過。試し撮りも兼ねて撮影です。

Dsc_44771

 

 踏切を渡った反対側の方が架線柱に邪魔されないですが、
こちらサイドからだと弥彦山を真後ろにできるので、このアン
グルに決定。そして「急行ひめかわ」が接近です。

Dsc_44841

Dsc_44871

 

 架線柱が若干気になるものの、無事に弥彦山とキハ58系
の組み合わせ撮影終了。すぐに後方を撮影です。この場所
にしたのは後方撮影もできそうだったということもありました。

Dsc_44921

 

 田園地帯ということもあり、白鳥が。太陽をバックに。

Csc_44961

 

 「急行ひめかわ」は新潟到着後、新津に回送されるダイヤ
でした。荻川~さつき野に先回りして回送も撮影。

Dsc_45061

 

 3週間運転されてきたキハ58系「おもいでの急行」シリーズ
もこれで終了。キハ58、52、残るは12月の米坂線です。

 今日は日曜、ウラジオストク便も見たかったので、荻川~
さつき野から新潟空港へ。着陸時刻には間に合わないもの
の17:30の出発には間に合う時間でした。
 やはりTu-204でRA-64040。

Dsc_45131

 

 17時台はもう普通の撮影はできません。いつも展望デッキ
に行ってから三脚のことを思い出すので、今日は最初から
三脚を持って展望デッキへ。
 ということで軌跡撮影です。こちらは28から(右から)の離陸
機(ANA520便)。浮き上がる場所に達していないため一直線
の軌跡に。

Dsc_45161

 

 ウラジオストク便がプッシュバック。

Dsc_45191

 

 ウラジオストク便の前にJAC2248便が離陸。10からの離陸
に変わっていました。デッキでの軌跡撮影は10からの離陸の
方が撮りやすいです。
 プロペラ機ということもあり早めに上昇。

Dsc_45211

 

 ウラジオストク便も10から離陸です。

Dsc_45241

 

 離陸後の旋回も追いかけてみました。

Csc_45271

 

 軌跡撮影、工夫すればまだまだいろんな撮影ができそう
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松浦鉄道に乗る

 金曜に福岡へ。その日のうちに帰ることができない時刻に
終了したので宿泊、そのまま休日入りとなりました。今年は
すでに2回福岡に行っていますが、まさかの3回目です(前2回
とは目的が違うものの)。

 1泊後の土曜はやはりというか寄り道。まだ一部区間乗車
していない松浦鉄道に乗ることに。有田~伊万里はすでに
乗っているので、博多から筑肥線経由で伊万里まで向かう
コースでもよかったのですが、時間がかかってしまうし、早朝
時間帯では列車がないので、長崎本線、佐世保線経由で
有田に向かうことに。

 早朝の博多駅、885系の特急「ソニック1号」です。885系は
九州の特急車の中では悪くないです。

Dsc_41281

 

 この日、最初の乗車列車は長崎行きの特急「かもめ3号」。
こちらも885系です。「かもめ」と「ソニック」の885系は塗装だけ
でなく顔つきも違います。専用ではなく、黄色い「ソニック」や
青い「かもめ」もあるようです。

Dsc_41351

 

 まだ薄暗い中を長崎に向けて出発。今回は長崎まで行かず
に途中の肥前山口で下車。45分程の乗車だったのですぐで
した。
 肥前山口で「かもめ」をお見送り。

Dsc_41431

Dsc_41421

 

 肥前山口は長崎本線と佐世保線の分岐駅。特急の併結
列車が珍しかった時代から485系「かもめ」「みどり」がここで
分割併合していました。寝台特急「さくら」、「あかつき」にも
長崎編成、佐世保編成があって、ここで分割併合。「かもめ」
「みどり」は783系の列車は今もここで分割併合しています。

 肥前山口から普通列車に乗車し有田へ。有田で松浦鉄道
に乗換です。全線走破する列車はなく、有田からの列車は
全て伊万里行きになっています。

Dsc_41531

 

 伊万里では佐世保行きに乗換。ここから佐世保まで2時間
20分の乗車です。結構長い時間ですが松浦鉄道の車両には
トイレがありません。やや不調でしたが伊万里でなんとか・・・。
 伊万里からは海が見える区間も。

Dsc_41581

 

 たびら平戸口駅はかつては日本最西端の駅でした。今は
沖縄にモノレールが開業し、日本最西端は沖縄に移っていま
す。でも鉄のレールの鉄道だけだと今もここが最西端になる
ようで。

Dsc_41651

 

 「大学」という駅がありました。「○○大学前」といった駅は
各地にありますが、「大学」という駅は珍しいです。

Dsc_41681

 

 佐世保に到着。乗ってきたのは左の車両です。

Dsc_41701

 

 左の列車が発車。新旧の並びとなりました。

Dsc_41721

 

 松浦鉄道のホームからはJRの列車を見ることもできます。
783系の特急「みどり12号」です。

Dsc_41751

 

 ひとまず撮影はここまでにして、食事のために佐世保で下車
しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

冬を感じる

 先週末の荒れた天気以降、晴れ間もあるもののずっと天気
が悪いです。ここ2日間は寒さも加わり、今朝(19日)、ついに
車のフロントガラスが凍ってしまいました。タイヤをスタッドレス
に交換してあるので、ひとまず突然の初雪対策はできている
のですが。

 こちらは先週土曜、鯨波の帰りに通った寺泊の海。灰色の
雲に、荒れた海、冬の訪れを感じてしまいます。そんな海の
上を飛ぶ鳥もどこか寂しそう。

Dsc_39481

Dsc_39461

Dsc_39361

Dsc_39521

 

 雲が薄いところから見えるわずかな光が、こんな天気の日
には嬉しい存在です。

Dsc_39511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

ほくほく線沿いの国道253号を行く

 上越市からほくほく線に近いルートを走っている国道253号
線。日曜はこの道を通って上越市から十日町まで行ったの
ですが、途中、寄り道も。

 ほくほく線の近くと言っても、うらがわら付近まではほくほく線
とは離れています。その後もどこかでほくほく線を撮影できる
かなと思ったものの、ほくほく線はトンネルばかりでほとんど
見ることができません。

 しばらく行くと「ゆあみ」という案内を何回か見ました。温泉
施設かとは思うものの、なんとなく目に止まる文字です。そして
「ゆあみ」は虫川大杉~ほくほく大島のあたりにありました。
写真の案内にはないですが、後ろの建物は温泉です。

Dsc_40511

 

 やっぱり「ゆ」と「あ」が逆に見えてしまう・・・。バス停がある
のでバスが走っているわけですが、1日6本のみのようです。

Dsc_40531

 

 周辺は紅葉していました。

Dsc_40551

 

 「急行野沢」の撮影には間に合いそうなので、せっかくだし
温泉に入っていくことに。
 脱衣場のロッカーの並びが謎です。

Dsc_40561

Dsc_40571

 

 温泉に入ってから再び十日町方面へ。その先にも温泉が
ありました。
 どこか食事ができそうな場所はないか?と探していると、「峠
の茶屋」という看板が。そこには食事できそうなお店が1軒。
ここで食事をすることに。

Dsc_40651

Dsc_40641

 

 食べたのは「牛肉煮込み定食」。

Dsc_40631_2

 

 棚田のある風景、山間部ならではの風景です。ところどころ
に良い風景がありましたが、車を走らせながら見るだけに。

Dsc_40591_2

 

 ナビによると近くにほくほく線の線路があるはずですが、トン
ネルの中を走っているようで線路は見えません。逆にトンネル
を貫くほくほく線からは見えない風景が道路からだと見える
ことがわかりました。

 しばらく走り十日町付近へ。そして「急行野沢」撮影のため、
飯山線沿いへ。

 「急行野沢」の撮影後、国道17号線、8号線経由で新潟へ。
信号停車中にまねき猫を撮影。夜見るとなんか恐いですが。
このまねき猫、上越新幹線からも見ることができます。

Dsc_41111

 

 同じ新潟県内でも上越市や十日町の方には滅多に行かず、
今回の場所も初訪問です。今回はほくほく線の撮影はしなか
ったですが、ほくほく線も沿線で撮ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

「おもいでの急行野沢」、良好

 土曜の「おもいでの急行野沢」は視界不良の中での撮影と
なってしまいましたが、そんなこともあって日曜もSL撮影後に
「急行野沢」撮影へ。日曜は長野から長岡に向けての運転
です。

 脇野田でのSLとEF64-1000撮影が終わったのが11時半頃。
「急行野沢」の十日町着が13:36で約2時間後。上越市から
十日町方面はほくほく線沿いの国道253号線で行けますが、
走ったことがないので2時間で行けるかわかりません。

 「急行野沢」は十日町で1時間ほど停車し、発車は14:52。
十日町~越後川口なら余裕で間にあいそうなので、無理せず
そちらで撮影することにして寄り道しながら十日町方面へ。

 撮影地を知らないので、ひとまず十日町付近から飯山線に
沿って越後川口方面へ。十日町の隣の魚沼中条とその隣の
下条の間に鉄橋があり、撮れそうな感じだったので、ここで
待つことに。
 ちょうど十日町行きの普通列車が来たので撮影。キハ110
単行でした。

Dsc_40701

 

 普通列車から待つこと20分。「おもいでの急行野沢」が通過
していきました。今度は良い天気の中で無事撮影です。ススキ
も季節感を描いてくれました。

Dsc_40771

Dsc_40811

 

 「急行野沢」は越後川口で24分停車。ならば越後川口SAで
もう1回撮影できるのでは?と、サービスエリアを目指すこと
に。でもナビが随分と遠回りコースを示してくれて、それだと
とても間にあいそうもありません。なのでナビを無視していった
のですが、その意味がわかりました。

 越後川口ICに併設の越後川口SA、サービスエリアに寄って
からインターの外に出ることはできますが、インターに入って
からそのままサービスエリアに寄ることはできません。ナビは
1つ上り方のインターに向かう道を示していたのでした。そんな
ことを今さら気づいても手遅れ。結局、7km先の小千谷ICまで
行って戻ってきました(小千谷で撮影すればよかったものの
撮影地を知りません)。そして展望台へ。ETCがなかったらやら
なかったです。

 前日の視界不良が嘘のような良い天気。夕方はサービス
エリア側からが順光になるので、今度はくっきりとした写真を
撮ることができました。今回も見える間、何枚も撮影。

Dsc_40961

Dsc_40981

Dsc_41031

Dsc_41051

 

 かなり慌しかったですが、前日分を取り返すことができたか
と思います。
 先日と似たようなアングルの信濃川の風景を撮影し、撮影
終了に。

Dsc_41101

 

 ここは上りのサービスエリアなので、新潟方面に向かうため
には、一旦インターを出て再び入ることになります。でもなんか
そんな気分にもなれず、インターを出てからしばらく国道を走る
ことに。
 うちに着く前に給油ランプが点灯しそうな状況だったので、
点灯したら給油して、その先、高速に乗るつもりに。でもなか
なか点灯しません。そんなことをやっているうちに高速に乗る
距離ではなくなり、結局国道経由で帰宅。
 給油ランプが点灯したのは新新バイパスの海老ヶ瀬インター
付近。自宅まで5kmぐらいのところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

「おもいでの急行野沢」、視界不良

 この週末、「SL信越線秋の収穫祭号」の他に運転された
のがキハ58系の「おもいでの急行野沢」。「おもいで」と言い
ながらも昨年秋も運転されましたが。運転区間は14日土曜が
長岡→長野で、15日が長野→長岡。ともに飯山線経由です。

 土曜はSL撮影のために鯨波に向かう途中、北陸道から
一旦逸れて、関越道の越後川口SAへ。ここは何回か訪れて
いますが、展望台から望遠で上越線を撮影できます。

 この日は天気が悪かったものの、SAの展望台には屋根が
ある部分があるので、よほどでなければ濡れることはなさそう。
そう思ってここにしたのですが。

 到着してすぐ、115系の下り普通列車が通過。この時はまだ
状況がよかったです。

Dsc_38201

 

 10分程して「上り接近」の無線が。時刻表を見ても列車が
ない時刻だったので、何が来るのかわからなかったのですが、
やってきたのは485系。「ほくほく大地の芸術祭号」でした。
この日は3000番代が。
 雨が降り出して115系の時よりも視界が悪くなってしまいま
した。

Dsc_38331

 

 この頃から急に雨が強くなり始め、すぐ後にやってきた2083
レは視界不良の中を通過。

Dsc_38411

 

 この場所、屋根があるので濡れずにはすみましたが、遠い
だけに雨が強くなると列車が見えなくなってしまいます。視界
がこれ以上悪化することがないことを祈りながら「野沢」を待ち
ます。

 そして、「おもいでの急行野沢」が通過。雨はとうとう止んで
くれませんでした。視界は悪かったですが赤とクリームという
目立つカラーなので、見えなくなることはなかったです。

Dsc_38511

Dsc_38571

Dsc_38601

 

 どんな風に写ってくれるかわからなかったので、見える間、
とにかく撮りまくりました。

 「野沢」通過後、雨の信濃川風景を撮って、鯨波へ。

Dsc_38711

Dsc_38721

 

 この場所は上りの越後川口SA。鯨波に行くには関越道を
戻らないとなので併設のインターで降りてからUターン。再び
関越道に乗り、鯨波へ。ETC割引がなかったらやらなかった
と思います。
 そのまま高崎、長野を経由して鯨波に向かえば1000円で
済んだのですが、間にあわないのでもちろんやっていません
(ガソリン代が高くなりそう)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

信越山線を行くC57、と

 昨日に続き、今日もSL撮影。というよりもEF64-1000の方が
メインかもしれませんが。

 昨日、鯨波を単機で走っていったEF64-1032が、今日はSL
編成を直江津から新井まで回送するために走行。ということ
で撮影場所は直江津~新井ということになり、結局、脇野田
から北新井の方に向かったところにある踏切へ。

 今朝は雨風が強く、高速道路走行中、かなり横風を受けま
した。うちの車は安定性は良い方なので大丈夫でしたが、軽
のボックスは大変そう。途中、長岡付近で前が見えなくなる
ほどの雨と強い風の場所があり、ライト点灯、速度も80km/h
以下に。
 今日もびしょびしょになるのかと思いましたが、上越の方に
向かうにつれ雨はやんでくれました(風は強かったものの)。

 脇野田最寄のインターを降りたところで、こんなバスを目撃。

Dsc_39621

 

 撮影場所に到着。ちなみに脇野田あたりで撮影するつもり
ではいましたが、具体的な場所は行き当たりばったりで。
 到着とともに虹が。

Dsc_39691

 

 最初に「妙高1号」が通過。

Dsc_39731

 

 続いて快速「くびき野3号」です。新潟近辺ではよく撮影する
列車ですが、直江津~新井で撮影するのは滅多にないかも。

Dsc_39831

 

 そして目的のEF64-1000牽引のSL回送列車。正面にしか
光があたらず、側面は真っ黒な写真になってしまいました。
「ばんえつ物語号」の12系ということはわかりますが。

Dsc_40031

 

 上の写真の編成が新井まで行き、今度はSL(C57)牽引で
戻ってくるわけですが、その間、車の中で休むつもりが、人が
増えてきたので撮影場所を離れるわけにいかなくなり、撮影を
続けることに。
 「妙高4号」です。時刻をチェックしていなかったので、この時
は気づきませんでしたが、20分程遅れで通過。風が強く、各地
遅れが出ていたようです。

Dsc_40151

 

 いよいよSL通過かと、子供を含め、周辺の人達が注目して
いたら115系の普通列車が。10分程の遅れで通過です。

Dsc_40231

 

 「SL信越線秋の収穫祭号」は結局、20分遅れて通過。

Dsc_40331

Dsc_40391

 

 直江津から先の海沿い区間は他の列車も大幅に遅れていた
みたいで、結局、どのくらい遅れて長岡に向かったのかわかり
ません。

 SL通過後、周辺にいた人達は一斉にいなくなりましたが、
やはり直江津まで後を追いかけて走るEF64-1032の単機回送
も撮らないと、ということで1人残りました。
 こちらは自分の車との2ショット狙い。

Dsc_40441

 

 この時間帯は順光になってくれました。SLの回送もこのアン
グルで撮ればよかったかも。

Dsc_40471

 

 SL関係の撮影はこれで終了。続いて十日町方面へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

海沿いを行くC57、と

 今日は長岡→直江津を「SL信越線秋の収穫祭号」が走り
ました。長岡→長野をほぼ同じ時間帯に飯山線経由でキハ
58系の急行「野沢」が走ったのであわせて撮影に。

 SLの方は「ばんえつ物語号」のC57+12系。新津から長岡
まではEF81の牽引での走行となったようですが、キハ58系と
ほぼ同時間帯に回送されたようです。こちらも撮りたかったの
ですが、時間の都合で省略。
 まずは上越線で急行「野沢」を撮影。こちらのことは後回し
にしますが、かなりきつい撮影環境になってしまいました。

 急行「野沢」の撮影後、鯨波へ。車を停めたところは人が
あまりいなかったです。そこで115系を1本撮影。

Dsc_38771

 

 この場所でも悪くはなかったですが、少し行ったところに人
が大勢いて、そちらの方が有名地。まだ場所があったので、
せっかくだしそちらに移動しました。
 今日の天気は雨。それでも鯨波に着いた頃は止んでいた
ので大丈夫かなと思っていたら、SL通過の20分程前に強い
雨が。風もありズボンはびしょびしょに。
 そんな雨の中、普通列車と「北越4号」がほぼ同じ時刻に
通過。雨が激しくて細かいアングルは考えられない状況に。

Dsc_38861

Dsc_38871

Dsc_38881

 

 幸いこの雨も一時的で、SL通過の頃は止んでくれました。

Dsc_39031

 

 結局、雨が止んでいても同じようなアングルになってしまった
のでトリミング・・・。

Csc_39081

 

 後方。左側に大勢の人が。

Dsc_39061

 

 とりあえず海沿いを行くC57+12系を撮影できました。

 車のところに戻って4060レを撮影。

Dsc_39101

 

 食事をしてから、もう1本撮影したい列車があったので再び
同じ場所へ。このブログの話題的にはむしろこちらの方が
メインかもしれません。

 今度はガラガラなので撮影場所近くに駐車。目的の列車の
前に「北越3号」を撮影です。止んでいた雨がまた強くなり、
SLの時よりも濡れてしまいました。どうも今日は「北越」が雨
を運んできていたようで。

Dsc_39111

 

 115系を2本撮影するつもりでしたが、雨が強くて中止。

 40分ほどして目的の列車が。EF64-1032の単機回送です。
明日はSLが新井始発になるのですが、明日朝に直江津から
新井までSLの編成を牽引します。
 日本海沿いを行くEF64-1000の撮影は二本木貨物にEF64
-1000が使用されていた頃以来です。

Dsc_39261

Dsc_39281

 

 幸い、EF64-1000通過の時は雨は止んでいました。目的の
列車も撮影したことだし、天気も不安定なので、今日はこれで
撮影終了。温泉へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

東武8000系・坂戸駅・母校で模型

 話は11月1日の埼玉へ戻ります。

 この日の朝、宇都宮から大宮まで移動し、大宮で撮影後、
東武東上線沿線にある母校に向かうため川越線に乗車しま
した。そして川越で東武東上線に乗換です。

 その東上線ですが、やってきたのは昔からの前面スタイル
の8000系。沿線に住んでいた15年ぐらい前はたくさんいた
この顔の8000系も、前面修繕されて顔が変わってしまったり、
後継車が登場したりして、かなり減っています。確か東上線
には1本か2本だけになっていたはずです。そんな8000系を
引き当ててしまいました。

Dsc_32781

 

 ちなみに昨年11月にもこの顔の8000系に乗っており、年に
1日しか乗らないことを考えるとかなりのヒット率です。

 上の写真は坂戸駅で撮影。母校に行く前にかつて住んで
いた坂戸で下車。これも年1回の恒例行事になっています。

 その坂戸駅、橋上化されるようで、工事が始まっていました。
来年の訪問時はかつて通学時に使っていた跨線橋もなくなっ
てしまうのかもしれないと思い撮影。

Dsc_32831

Dsc_32841

 

 そして当時毎日利用していた南口へ。初めてここに降りた
のが1990年3月。まもなく20年になるわけですが、この風景も
橋上化で変わってしまいそうです。

Dsc_32851

Dsc_32861

 

 住んでいたアパートがあったあたりへ。毎年訪問時に食べ
に行っているラーメン屋さんは夜しかやっていないし、日曜は
夜も休みなので今回は行けずです。左側にもラーメン屋さんが
ありましたが、お店が変わっていました。

Dsc_32881

 

 今の坂戸駅は南口、北口両方に改札があるため、駅の中
を通過できません。南口から北口に行くには駅の上り方に
ある歩道橋を渡るか、下り方にある踏切を渡っていくことに
なります。下り方は越生線の踏切を渡ってから東上線の踏切
を渡るのですが、越生線の踏切の近くはかつてから妖しい
ゾーンでした。
 というわけで・・・。

Dsc_32901

 

 こちらは坂戸駅北口。

Dsc_32911

 

 ひと通り散策し、母校最寄の高坂へ。今度は10030系で。

Dsc_32931

 

 毎年、母校へ行くのは学園祭の日。卒業した学科と鉄研が
同じ部屋で鉄道模型を走らせていたので、久しぶりに再会
した人物と喋りながら、ずっと模型を眺めていました。
 こんな時でも流し撮り。500系とカシオペアの併走です。

Dsc_32991

 

 383系。

Dsc_33051

 

 カメラ付きのキハ187系からの眺めがモニタに。

Dsc_33121

 

 E3系。

Dsc_33181

 

 実物ではなかなか見られないEF81北斗星カラーの重連。
そしてそれがカシオペアを牽引中です。

Dsc_33261

 

 実物を見ることが多い、C57+12系の「ばんえつ物語号」。
流しがいちばんよく決まってしまいました。

Dsc_33281

 

 885系「ソニック」です。

Dsc_33361

 

 かれこれ4時間ぐらいいたかと思います。日曜ということで
あまり夜遅くまでいることもできず、夕方、母校をあとに。

 帰りは川越、大宮と経由し、大宮から新幹線で新潟まで
戻りました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

ウラジオ便が来ない

 日曜午後定例の飛行機撮影、今週は土手へ。MD90のJAL
2245便から撮影です。間近で旋回するアプローチコースで
到着。

Dsc_37221

Dsc_37291

 

 20分程後のANA1659便も同じようなコースで到着。

Dsc_37321

 

 鳥の大群が・・・、恐。

Dsc_37421

 

 そろそろウラジオストク便が到着するはずで、本来なら無線
が入っていてもいいはずですが、なかなか入りません。携帯
で新潟空港発着情報を見てみたら15:00到着に対し「遅れ」と
いう表示があるのみ。到着時刻のない「遅れ」表示の場合は
大幅な遅れです。かつて定刻到着時刻から4時間待ったなんて
いうこともありました。

 先ほどのMD90がJAL2246便となり出発。新日本海フェリー
と2ショット。

Dsc_37471

 

 今回も真後ろを。

Dsc_37501

 

 離陸です。

Dsc_37511

Dsc_37551

 

 ウラジオストク便の到着時刻は相変わらずわからぬまま。
鳥など撮影しながら待ちました。

Dsc_37711

Dsc_37741

 

 結局、来る気配がないので、B737-700に変わったらしい
沖縄からのANA466便まで見ることに。B737-700ということは
ゴールドも期待できます。

 そのANA466便が到着するのとほぼ同じ頃、上空に飛行機
雲が。JALというのはわかりましたが、どうもMD90らしく。

Dsc_38091

 

 ANA466便には青が。

Dsc_38141

 

 この頃になって、ようやくウラジオストク便が17:20頃到着と
いうことがわかりましたが、日没後なので今回は見ずに帰りま
した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

キハ58系 急行「べにばな」

 日曜はキハ58系の急行「べにばな」を撮影。前日に只見、
鬼怒川と遠征してしまったこともあったし、米坂線撮影は3月
まで充分にしていたので、「べにばな」は遠くには行かずに、
近場の白新線黒山~佐々木へ。

 せっかくなら急行「べにばな」の1時間前を走る定期の快速
「べにばな」も撮影しようと早めに行ってみたら、すでに撮影
待ちをしている人が。
 正面狙いをしようかと踏切のところへ。485系が通過して
行きました。ヘッドマークが「回送」で時刻も「いなほ1号」に
しては早い時刻。何だったのかわかりません。

Dsc_36751

 

 5分ぐらいして「いなほ1号」が通過。同じカラーの485系で
した。

Dsc_36801

 

 快速「べにばな」はキハ110の2両編成。編成が長いと線路
横の「S」が車体にかかりますが、2両なら大丈夫そう。

Dsc_36861

 

 この後の1時間は115系のみ。でもこういう風景とて永遠の
ものではないので撮影です。

Dsc_36921

Dsc_36951

Dsc_36971

Dsc_37011

 

 そしてこの日の主役、キハ58系の急行「べにばな」が通過。

Dsc_37101

 

 正面狙いで「急行」幕もしっかり撮れました。

Dsc_37121

 

 逆光になるものの後方も撮影。窓から手が出ているのも
今の時代ではなかなかない光景ですね。

Dsc_37161

 

 この日は追いかけはせずにこれで終了。白新線を行くキハ
58系は本当に見納めかもしれませんが、キハ58系、今度は
飯山線を走ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

五十里湖、かご岩温泉

 土曜は只見(田子倉)での撮影後、国道289号線を行き、
会津田島から国道121号線へ。福島栃木県境を通過して2週
連続で栃木県入りしました。

 前の週に野岩鉄道経由で龍王峡、鬼怒川温泉へと行って
いるのですが、以前、宇都宮に住んでいた頃、鬼怒川温泉の
あたりまで結構行っており、懐かしさもあってか車での訪問も
したくなって、雪が降る前に行ってみることにしました。

 宇都宮在住時に行ったことがあるのは中三依のあたりの
国道121号線と400号線の分岐点まで。そこから会津方面は
初走行です。今回はその区間を会津方面から走ることに。

 会津方面から行くとやがて大きな湖が。かつてここで折返す
ことが多かった五十里湖です。五十里湖の会津側は当時は
湖に沿った狭い道がしたが、トンネルができており、狭い道は
通らずでした。

 五十里湖で一休み。

Dsc_36381

 

 五十里湖から川治温泉へ。川治温泉は山間にある温泉街
です。

Dsc_36511

 

 上の写真を撮影した場所の反対側風景。山の中腹をコンク
リートの高架橋が。野岩鉄道です。残念ながらこの時点で
16時を過ぎており、次の列車は17時ちょっと前。日没前の列車
撮影はできなかったです。

Dsc_36531

 

 川治温泉のあたりは道にも高低差があり、山の上の方を道
が走っていたりもしますが、野岩鉄道はそんな山中をしっかり
とした高架橋で貫いています。乗っていてもこのあたりはトン
ネルだらけですが、線路のつくりは悪くありません。

 川治温泉から急カーブが続く山道を行き、前の週に行った
龍王峡を通過。山道は龍王峡で終わりです。以前は五十里
湖より先(会津方面)は険しいのでは?と思っていましたが、
何回も通っていた龍王峡と川治温泉の間がいちばん険しかっ
たです。

 今回、行きたかったのは鬼怒川にあるこちらの温泉。東武
鬼怒川線新高徳から矢板方向に向かう道沿いにある「かご岩
温泉」です。ここもかつてよく行っており、前の週に行くことを
考えていたのですが、新高徳から2.5kmぐらいあり、途中で
日没になってしまう時間だったこともあって行くのをやめました。

Dsc_36611

 

 ここの売りは露天風呂から見える鬼怒川の風景。この写真
は温泉の横から撮っていますが。

Dsc_36661

 

 受付を通って階段を降りていくと入口があります。

Dsc_36631

 

 ここに来たのはたぶん6年ぶり。懐かしい注意書きも残って
いました。

Dsc_36711

 

 「二.お尻を洗って入湯して下さい。」
 「四.女湯をのぞき見しない。」

 そして男湯の脱衣場にあったこちらの入浴心得も当時の
まま。

Dsc_36671_2

 

 入浴心得の下の戸を通ると下に向かう階段があり、降りて
いくと右に洗い場と内湯が、まっすぐ行くと露天風呂があります。

Dsc_36691

 

 6年ぶりのかご岩温泉、ちょっとゆっくりめに入ってきました。

 新高徳駅から矢板方面に2.5km。こんな看板がある温泉です。

Dsc_36721

 

 この後、矢板方面へと向かい、元気寿司で食事(ここまで
来て回転寿司か?)。そして矢板ICから高速に乗りました。
予定では23時半頃帰宅でしたが、途中4ヶ所で休憩。特に
1ヶ所では長めに寝てしまったので、結局、帰宅は1:50。

 只見での撮影からずいぶんと長いドライブになってしまいま
した。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

白昼の彗星

 「白昼の彗星」、自分で撮ってそんな風に名づけてみました。

Dsc_37911

 

 雲に遮られた太陽からの光が、なんか不思議なシーンを。

Dsc_37941

 

 そんな不思議なシーンが撮影できた昨日午後は飛行機雲
がよく見えました。彗星の正体も飛行機雲です(言うまでもない
か・・・)。

Dsc_37841

Dsc_37851

Dsc_37881

Dsc_38171

 

 そして夕日。今の季節は飛行機と同じアングルに入れること
はできないですが、もちろん晴れれば夕日を見ることができ
ます。

Dsc_37981_2

 

 これから雲が多くなる冬。青空や日の光は貴重なひと時に
なっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

只見紅葉号と紅葉撮影

 この週末はキハ52が「只見紅葉号」として新潟~只見を走り、
キハ58+28が急行「べにばな」として米坂線を走りました。

 どちらかを新潟近辺での撮影にすれば、同じ日に両方の
撮影もできましたが、結局は「べにばな」は今日(日曜)白新線
内で撮影することにして、昨日土曜は「只見紅葉号」のみ撮影
することに。場所も只見線まで行くことにしました。

 新潟近辺で撮影してから只見線沿線に行っても間にあう
時間だったのでいつもの亀田~荻川の鉄橋へ。
 キハ110の2連や115系7連を撮影。

Dsc_35881

Dsc_35901

 

 そして「只見紅葉号」が通過。ここ3週連続で只見線をキハ52
や58が走っていますが、1週ごとに短くなっています。でも同じ
カラーだけの2両も良いもの。

Dsc_35921

 

 この撮影後、只見線へ。これまで只見線での撮影といえば
小出寄りでしたが、今回は後の予定のこともあり福島県側で
撮影。とはいえ、「只見紅葉号」は只見より会津若松の方には
来ないので只見まで行かないとなのですが。

 新津ICから高速に乗り、会津坂下ICへ。そこから只見線に
沿った国道を走行。天気が良く紅葉もなかなかなものでした。
時々車を停めて撮影。

Dsc_35971

Dsc_36021

 

 只見に到着。只見近辺で撮影できそうな場所は?と思った
ものの案外平坦で、平坦な場所が終わると線路がトンネルに
入ってしまうので良い場所がありません。といって只見から
さらに進むと六十里越という峠が。
 でも結局、峠方向の田子倉まで行ってみることに。行く途中、
只見ダムで撮影。

Dsc_36031

 

 田子倉には結構人が来ていました。紅葉を見に来ていた人
も含めてですが。ひとまず駅に車を置いてから線路が見える
ところへ。駅から只見寄りに行ったところに撮れそうなところが
ありましたが、歩道に柵がなく、下は数mの高さ。ちょっと恐か
ったです。
 ひとまず只見行きを撮影。わかってはいましたが、逆光です。

Dsc_36161

Dsc_36191

 

 只見までは7、8分、只見では10分で折り返してくるので只見
発の列車は30分後ぐらいの通過予定です。上の写真の湖
(田子倉湖)の対岸に車が見えたので、向こう側に行けそうな
感じ。向こう側は順光のはずなので行ってみることに。
 田子倉駅前で撮影。険しそうな山です。

Dsc_36201

 

 国道に沿っていき、田子倉湖の対岸にすぐに到着。やはり
山が険しいです。

Dsc_36221

 

 線路が見えるところを探して陣取り。停まっている車のわり
に人がいません。もしかして山の上にいたのでしょうか。只見
行きは下の方に写っている橋の向こう側から撮っていました。

Dsc_36251

 

 只見発の「只見紅葉号」が通過。予想よりも早く来たので
ちょっと慌てましたが。

Dsc_36311

 

 「只見紅葉号」通過後、只見線の定期列車を1本ぐらい撮影
したいと思ったものの、次の列車まで時間があったので、後
のことを考えて、今回は待つのをやめました。でも田子倉湖と
その向こうの紅葉した山が綺麗で、しばらく展望。

Dsc_36341

 

 地図で見ると、上の写真の湖の部分は田子倉湖のほんの
一部のようで、田子倉湖はかなり大きな湖のようです。

 このまま新潟県境方面に進めば六十里越突破ですが、
今回は都合により再び只見方面へ。そして只見からは次の
訪問地へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

宇都宮、大宮で撮影

 日曜(1日)朝、宇都宮駅で少々撮影。日曜ということで「北斗
星」の他に「カシオペア」もやってきます。

 日光線の107系に新塗装が登場したはずだし、これまでの
塗装も減っていくのかなと、5番線のお向かいの7番線へ。
 反対側の9番線にいた211系の号車札が気になり撮影して
しまいました。5両編成2本の10両のようで、11号車と15号車
がお向かいになっています。

Dsc_32031

 

 5番線には107系の6両編成が停車中。中央2両が新塗装、
それを挟む4両がこれまでの塗装でした。

Dsc_32051

 

 6両のうち、日光側の2両が先に日光行きとして発車。残る
4両はその後の鹿沼行きになりますが、挟まっていた新塗装
車を撮影できるようになりました。

Dsc_32191

 

 「カシオペア」は9番線ということで8番線ホームの黒磯寄り
へ。EF81-99の牽引で到着。

Dsc_32271

 

 黒磯からの211系が到着。

Dsc_32341

 

 高崎発黒磯行きの列車が存在します。107系です。でも日光
線の107系とは塗装が異なるし、側面の窓の並びも異なります。

Dsc_32351

 

 「北斗星」は遅れているようで定刻になってもやって来ないし、
到着案内にも出てきません。
 待っている間に快速「フェアーウェイ」が発車。思わぬところ
で地元新潟の485系を目撃することができました。「ムーンライト
えちご」の運転がない時期は485系1本が関東にいるみたいで、
「フェアーウェイ」は運転されています。

Csc_32491

 

 特急「おはようとちぎ」です。

Dsc_32481

 

 ここまで撮影して次の逗子行き快速に乗車、大宮へ。大宮
ではしばらく時間があったので6番線の宇都宮寄りへ。人が
多かったです。
 特急「スペーシアきぬがわ2号」が到着。

Dsc_32521

 

 本来、宇都宮で撮影するつもりだった「北斗星」が遅れて
到着。少し前にこの場所で撮影していますが、この時も今回
もEF81-82。同じような写真になってしまいました。

Dsc_32581

 

 183系の「回送」と211系。

Dsc_32621

 

 特急「ウィークエンドあかぎ8号」が到着。185系でも「踊り子」
編成を使用している「あかぎ」は以前からのイラストマーク入り
のヘッドマークが使用されています。

Dsc_32651

 

 行った時間帯が悪かったのか、日曜だったからなのか今回
は貨物が来なかったです。
 この後は東武東上線方面に向かうため、川越線の列車で
川越へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

龍王峡、鬼怒川、宇都宮餃子

 塔のへつりから会津鉄道に乗車し会津田島へ。そして野岩
鉄道に乗り換えて龍王峡へと向かいました。

 龍王峡駅は半分トンネルです。

Dsc_31311

 

 ここで少し遅い昼食。ゆばうどん。

Dsc_31331

 

 龍王峡は以前、来たことがある場所です。でも駐車場から
すぐだったと思っていたのは記憶違いで、かなり坂を下りて
いった場所にありました。
 最初の見所は虹見の滝。

Dsc_31371

Dsc_31381

Dsc_31421

 

 川原まで降りることができます。紅葉はしていたものの、
まだ塔のへつりほどは紅葉していなかったです。

Dsc_31461

 

 駐車場へ。何気に気になる車が。

Dsc_31541

 

 龍王峡からは鬼怒川公園へ。ちょうど「AIZUマウントエクス
プレス」の時刻で、わずかな時間ですが、キハ8500に乗ること
ができました。

Dsc_31641

 

 鬼怒川公園では温泉、鬼怒川公園岩風呂へ。このあたりは
かつてよく来ていた場所で、この岩風呂も何回も入りに来た
ことがあります。

Dsc_31711

 

 温泉に入った後、鬼怒川公園から新栃木へと乗車し、新栃木
で東武宇都宮線に乗換。東武宇都宮線は5050系がなくなって
から初めての乗車かもしれません。ワンマン化されていました。
 終点の2つ手前、江曽島で下車。以前住んでいたことがある
懐かしいエリアです。以前歩いていた道を歩きながら、宇都宮
名物である餃子を食べに。
 「みんみん」は以前からありましたが、店舗が移転していまし
た。

Dsc_31831

 

 以前の店舗よりも大きくなっており、店員の雰囲気も客層も
以前のお店と変わっていた気がします。でも餃子は変わらず。
「焼・水・ライス」を注文。焼餃子と水餃子とライスです。

F10003631

 

 餃子を食べた後は、もう1ヶ所行ってみたいところがあった
ので2kmほど歩きました。そしてその後、最寄バス停からバス
で宇都宮駅へ。このバス停付近は道路の立体交差工事が
行なわれていましたが、完成したようでかつてとは随分と違う
風景になっていました。

Dsc_31861

P10102131

 

 この日の宿は宇都宮駅東口のこちら。宇都宮餃子館併設
です。宿ですが、「餃子」の文字が目立ちます。

Dsc_31931

 

 宿泊客には餃子1皿無料券が付くので、しっかりとここでも
食べてしまいました。

F10003601_2

 

 翌朝、宿(餃子店)前で。スタミナ健太君は宇都宮餃子館の
キャラクターですが、ここの石像は以前から変わらずです。

Dsc_31961

 

 埼玉方面へ向かうため、宇都宮駅へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

塔のへつり

 先週土曜の塔のへつりの話題に戻ります。

 塔のへつりは駅からすぐなので、ひとまず展望台まで行って
みました。
 展望台の近くで。

Dsc_30411

 

 展望台からの眺めです。 

Dsc_30491

 

 この後、一旦、列車撮影のために駅近くの踏切のところへ。
その途中でボンネットバスを目撃。

Dsc_30661

 

 列車撮影後、今度は下の方に降りていってみることに。川を
渡る橋がありますが、これが木造の吊橋。30人以上同時に
渡れないみたいですが・・・。

Dsc_30941

 

 渡ります・・・。

Dsc_30951

 

 橋の上からさっと撮影。揺れるのでのんびりと撮影できる
状況ではなかったです。

Dsc_30971

 

 吊橋を渡って、岩場に沿って歩いていったところから撮影。
この岩場も足を滑らすと川に落ちそうなところがあって、結構
恐い道でした。

Dsc_31001

 

 再び吊橋を渡り、来た道を戻りました。写真右下の人がいる
あたりが上の写真の撮影場所です。

Dsc_31071

 

 お昼ごはんをしばらく食べられそうもなかったので、ここで
左の団子を食べました。塩焼きも岩魚だったら食べたのです
が・・・(?)

Dsc_31091

 

 列車の時間が近くなったので駅へと戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只見紅葉号

 今日は午後から用事があるので、あまり遠出ができません。
もっとも山間部は雪みたいだし、どちらにしても夏タイヤの
うちの車では今日は行動範囲が限られてしまいますが。

 でも朝は空いていたので、新潟~只見を走る「只見紅葉号」
を撮影しに荻川近辺へ。予想に反して、この時間は天気が
よかったです。

 荻川の鉄橋の上り線側へ。朝はこちら側が順光になります。
快速「あがの」がキハE120にキハ110が挟まれた3両編成で
通過。

Dsc_33561

 

 キハ5連です。キハ110系が3両にキハE120が2両。気づくの
が遅れてしまいました。

Dsc_33601

 

 天気が良かったので、「只見紅葉号」の新津から新潟への
回送は鉄橋付近で撮ることに(この場所までは車で行くことが
できないので、雨だと辛いです)。
 2229Dが通過。

Dsc_33661

 

 その後、踏切が鳴ったので、何が来るのかと思っていたら
EF64-1032に牽引された113系が。113系だと廃車かと思います
が、なんで新潟にいたのかはわかりません。

Dsc_33691

Dsc_33711

 

 予想外の64登場もですが、ここでスカ色を見るのも初めて
です。最初で最後になるかも。

 「只見紅葉号」の回送です。先週の「ぐるり一周号」よりキハ
52が1両少ない3両編成。

Dsc_33761

Dsc_33771

 

 新潟ですぐに折り返してくるものの、只見行きの「只見紅葉
号」まで30分ほど。しばらく車の中で待ちました。
 その間に228Dがキハ110系3両で通過。

Dsc_33811

 

 そして「只見紅葉号」です。「ぐるり一周号」を鉄橋近くで撮影
しているので、今回はサイドを撮影してみました。

Dsc_33871

 

 今日はこれで終了。来週はこの「只見紅葉号」がキハ52×
2で、キハ58系が米坂線を快速「べにばな」で走るので、国鉄
キハが2ヶ所で走ることになります。うまくスケジュール立てない
と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

紅葉の会津鉄道

 会津若松で「SL会津只見紅葉号」を見送った後、会津鉄道
方面へ。
 こちらは会津田島から到着した会津鉄道の列車。すぐに
折り返し会津田島行きになる列車で、この列車に乗車しまし
た。野口英世と母が描かれています。

Dsc_30071

 

 磐越西線沿線も紅葉していましたが、会津鉄道沿線はそれ
以上に紅葉していました。さらに霧もなく良い天気。こちらは
湯野上温泉の近くを走行中に撮影。

Dsc_30141

 

 湯野上温泉駅では交換のためしばらく停車。藁葺き屋根の
駅舎もなかなか良い感じの駅ですが、さらに背景が紅葉。
何人かの人が降りて撮影しており、一緒に撮影。

Dsc_30171

Dsc_30181

 

 湯野上温泉は撮影のみ。再び列車に乗り、最初の目的地、
塔のへつりへ。以前から気になっていた場所ですが、降りた
ことがなかったです。景色が良いところということもあって
今回は下車しました。
 塔のへつり駅のホームは紅葉した木に囲まれています。

Dsc_30261

 

 駅を出ると紅葉した木で橙一色の風景が。

Dsc_30291

 

 駅入口です(右奥の建物のあたりがホーム)。

Dsc_30321

 

 塔のへつりを少し見た後、列車の撮影もしたくなったため、
駅近くまで戻って先に列車を撮影してから、再び塔のへつりに
行くことに。
 1本目の列車は「トロッコ会津浪漫号」。中央にトロッコ車を
挟んだ3両編成が紅葉の風景の中、塔のへつりへ。

Dsc_30561

 

 トロッコ車は元キハ30。いまやキハ30は数少なくなった車両
で貴重な存在です。

Dsc_30591

 

 塔のへつりに停車。こちら側は展望車両が連結されていま
す。

Dsc_30611

 

 20分程して、逆方向から列車が。「AIZUマウントエクスプレス」
です。元名鉄のキハ8500を使用した列車で、キハ8500は以前
特急「北アルプス」に使用されていた車両。会津鉄道の中では
グレードが高い列車です。

Dsc_30861

 

 この後、再び塔のへつりへ。そちらについては次回紹介する
ことにして、こちらは塔のへつりから乗車した会津田島行きの
列車。今度は車体に文字が描かれた車両が。

Dsc_31141

 

 この列車で終点会津田島へ。会津田島では入れかわりに
先ほどのトロッコ編成が出発していきました。

Csc_31181

 

 会津田島では乗換時間が短く、慌しく乗換。ここからは電車
になります。次の目的地、龍王峡へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

霧の磐西・只見SL

 この土日は宇都宮、埼玉と、かつて住んでいた地域巡りへ。
主目的は埼玉にある母校訪問(学園祭)だったのですが。

 土曜は新津6:06発の磐越西線会津若松行き224Dに乗車。
この列車に乗るには新潟5:18発の列車に乗らないとですが、
その新潟発の列車に間に合う白新線の列車がありません。
ということで新潟駅まで車で。

 新津までは115系2連。新潟~長岡ではおそらく唯一の2連
です。

 新津からはキハ47の2連。この日の朝は曇り。そしてかなり
霧が濃かったです。そんな天候のためか所々で空転音が。

 以前、車で行った時に撮影した三川~津川の謎の橋跡が
写っているのですが・・・。

Dsc_29401

 

 津川で221Dと交換。キハ110系×4+キハE120の5連。

Dsc_29441

 

 こちらは乗車している224D、キハ47。

Dsc_29461

 

 前の週に「ぐるり一周号」を撮影した日出谷付近の鉄橋を
横断中。紅葉しています。

Dsc_29551

 

 時々、車窓風景を撮影していましたが、霧はなかなか晴れず。

Dsc_29561

Dsc_29591

 

 その霧も喜多方のあたりからは晴れて、天気も回復。

 会津若松に到着です。全くチェックしていなかったのですが、
すぐ横にSLが。「SL会津只見紅葉号」運転の日でした。

Dsc_29711

 

 運転初日ということもあって、ホームでは出発式やテープ
カットが。
 反対側のホームに移動して撮影。

Dsc_29871

 

 そのまま出発を撮影しようとしていたら、「列車がきます」と
駅員さんに言われてしまったのですが、しばらくして只見線の
列車が到着。停止位置の関係で反対ホームからSLは全く
見えなくなってしまいました。
 仕方ないので通路の上から撮影。

Dsc_29941

 

 なんだかわからないぐらい煙と蒸気が。思わず通路の窓を
閉めてしまいました。

Dsc_29961

 

 予想外のSL撮影の後は、郡山行きの快速「あいづライナー
2号」を撮影。485系でした。

Dsc_30041

 

 この後は会津鉄道へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »