« 白昼の彗星 | トップページ | キハ58系 急行「べにばな」 »

2009年11月10日 (火)

五十里湖、かご岩温泉

 土曜は只見(田子倉)での撮影後、国道289号線を行き、
会津田島から国道121号線へ。福島栃木県境を通過して2週
連続で栃木県入りしました。

 前の週に野岩鉄道経由で龍王峡、鬼怒川温泉へと行って
いるのですが、以前、宇都宮に住んでいた頃、鬼怒川温泉の
あたりまで結構行っており、懐かしさもあってか車での訪問も
したくなって、雪が降る前に行ってみることにしました。

 宇都宮在住時に行ったことがあるのは中三依のあたりの
国道121号線と400号線の分岐点まで。そこから会津方面は
初走行です。今回はその区間を会津方面から走ることに。

 会津方面から行くとやがて大きな湖が。かつてここで折返す
ことが多かった五十里湖です。五十里湖の会津側は当時は
湖に沿った狭い道がしたが、トンネルができており、狭い道は
通らずでした。

 五十里湖で一休み。

Dsc_36381

 

 五十里湖から川治温泉へ。川治温泉は山間にある温泉街
です。

Dsc_36511

 

 上の写真を撮影した場所の反対側風景。山の中腹をコンク
リートの高架橋が。野岩鉄道です。残念ながらこの時点で
16時を過ぎており、次の列車は17時ちょっと前。日没前の列車
撮影はできなかったです。

Dsc_36531

 

 川治温泉のあたりは道にも高低差があり、山の上の方を道
が走っていたりもしますが、野岩鉄道はそんな山中をしっかり
とした高架橋で貫いています。乗っていてもこのあたりはトン
ネルだらけですが、線路のつくりは悪くありません。

 川治温泉から急カーブが続く山道を行き、前の週に行った
龍王峡を通過。山道は龍王峡で終わりです。以前は五十里
湖より先(会津方面)は険しいのでは?と思っていましたが、
何回も通っていた龍王峡と川治温泉の間がいちばん険しかっ
たです。

 今回、行きたかったのは鬼怒川にあるこちらの温泉。東武
鬼怒川線新高徳から矢板方向に向かう道沿いにある「かご岩
温泉」です。ここもかつてよく行っており、前の週に行くことを
考えていたのですが、新高徳から2.5kmぐらいあり、途中で
日没になってしまう時間だったこともあって行くのをやめました。

Dsc_36611

 

 ここの売りは露天風呂から見える鬼怒川の風景。この写真
は温泉の横から撮っていますが。

Dsc_36661

 

 受付を通って階段を降りていくと入口があります。

Dsc_36631

 

 ここに来たのはたぶん6年ぶり。懐かしい注意書きも残って
いました。

Dsc_36711

 

 「二.お尻を洗って入湯して下さい。」
 「四.女湯をのぞき見しない。」

 そして男湯の脱衣場にあったこちらの入浴心得も当時の
まま。

Dsc_36671_2

 

 入浴心得の下の戸を通ると下に向かう階段があり、降りて
いくと右に洗い場と内湯が、まっすぐ行くと露天風呂があります。

Dsc_36691

 

 6年ぶりのかご岩温泉、ちょっとゆっくりめに入ってきました。

 新高徳駅から矢板方面に2.5km。こんな看板がある温泉です。

Dsc_36721

 

 この後、矢板方面へと向かい、元気寿司で食事(ここまで
来て回転寿司か?)。そして矢板ICから高速に乗りました。
予定では23時半頃帰宅でしたが、途中4ヶ所で休憩。特に
1ヶ所では長めに寝てしまったので、結局、帰宅は1:50。

 只見での撮影からずいぶんと長いドライブになってしまいま
した。 

|

« 白昼の彗星 | トップページ | キハ58系 急行「べにばな」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五十里湖、かご岩温泉:

« 白昼の彗星 | トップページ | キハ58系 急行「べにばな」 »