« 西会津の古い除雪車 | トップページ | 越後中里駅で64、183系撮影 »

2010年2月21日 (日)

十日町雪まつり

 毎年、この時期に開催される十日町雪まつり。まつりの日に
新潟から臨時列車が運転されるので、知ってはいましたが、
行ったことがなかったです。今年は金曜から開催されています
が、上越貨物の撮影も兼ねて昨日行ってみました。

 貨物その他の撮影後、六日町からほくほく線に乗り十日町
へ。駅から出たところでパンフレットが配られていたので貰っ
て見てみたら、だいぶ広範囲で行われていることを知りました。
今回は車ではないので、行ける範囲は十日町駅から歩ける
範囲のみ。雪像を見たかったので、雪像を見ながら歩くこと
に。ずっと1ヶ所に雪像がまとまって置かれているのかと思っ
ていましたが、あちこちにありました。

 駅を出て右側にさっそく雪像が。

Dsc_9053_525

 

 奥に雪で作られた歓迎門が。「雪のトンネル」というタイトル
でした。

Dsc_9056_526

 

 その名の通り、中はトンネル。

Dsc_9057_527

 

 出たところにJR東日本の作品が。鉄道会社らしく汽車
(トーマス?)の雪像がありました。でも汽車に関しては後程
もっとすごいのが・・・。

Dsc_9060_528

 

 パンフレットの地図を見ながら雪像のある場所を目指して
いったら広場へ。
 鏡餅?って思ってしまいましたが・・・、

Dsc_9071_531

 

 雪だるまでした。

Dsc_9073_532

 

 隣には雪上茶室なるものが。

Dsc_9074_533

 

 中に入ると茶室がありました。イベントで使われるのでしょう
か。

Dsc_9076_534

 

 この広場には他に巨大な滑り台がありましたが、そこは
子供たちの遊び場に。

 次の雪像を目指して歩きましたが、これがかなり遠かった
です。地図に距離がないので時間がつかみにくかったです。
その途中の消防署前にも雪像が。シンケンジャーですね。

Dsc_9080_535

 

 ようやく次の雪像の場所に。ここも広場になっていました。
「一休さん」というタイトルの雪像です。そういえば屏風の虎を
退治するなんている話があったような。

Dsc_9086_537

 

 そして最も注目してしまったのが、こちら。タイトルは「あの
「時代」のてっちゃん」。トンネルから出てきたSLとキ100らしき
ラッセルの列車とそれを見ている人が2人。雪で作られた除雪
車が個人的にヒットしてしまいました。

Dsc_9091_539

 

 正面からも眺めてみることに。ラッセルされてかき分けられ
ている雪も雪で表現されています。

Dsc_9096_541

 

 まつりが終わった後に壊すのがもったいないです。来年は
新型除雪用保線車両の雪像をぜひ。

 乗る列車の時刻と、ここまで来た時間を考えると、そろそろ
戻ったほうが良さそうだったので駅まで歩いて戻ることに。
やはり結構かかりました。

 最後は駅に近いところにあった雪像。

Dsc_9101_543

 

 駅に着いて、飯山線の越後川口行きに乗るために改札を
通ったら見慣れぬ車両が。「リゾートしらかみ」が展示されて
いたみたいです。撮影するぐらいの時間はあったので撮影
してから飯山線の列車に乗り、越後川口へ。

Dsc_9103_508

 

 十日町の会場ではかなり歩きましたが、見ることができた
のは一部だけ。全部見るのは大変そうです。

| |

« 西会津の古い除雪車 | トップページ | 越後中里駅で64、183系撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十日町雪まつり:

« 西会津の古い除雪車 | トップページ | 越後中里駅で64、183系撮影 »