« 川治温泉付近を(逆光ですけど) | トップページ | 烏山線キハ40 »

2010年3月31日 (水)

五十里ダム、湯西川温泉

 川治温泉付近での撮影後、ひとまず目的の撮影は終了と
いうことで戻ることに。ここまで来たのなら宇都宮餃子も気に
なったものの、2週連続で餃子なしの栃木県遠征に。

 このあたりで好きな風景が昨年10月にも来ていますが五十
里(いかり)ダム。川治温泉から少し上流に行ったところにあり
ます。

Dsc_1311_967

 

 ダムの下流側は山の隙間を川が流れていきます。

Dsc_1315_968

 

 ダムの上流には五十里湖が。

Dsc_1316_969

 

 少し上流に行ったところ。写真に写っている橋がかつては
国道121号線でしたが、今は湖の上流部にトンネルができて、
国道のルートが変わっています。

Dsc_1322_970

 

 ここからさらに上流に行ったところを左に曲がる道が湯西川
温泉へとつながる道。道の駅もあるようなので行ってみました。
道の駅はすぐのところに。温泉設備もあったので温泉に入って
いくことに。

 道の駅の横には野岩鉄道の湯西川温泉駅が。野岩鉄道は
川治湯元駅を出るとトンネルに入り、湯西川温泉駅はトンネル
の中にあります。
 湯西川温泉駅を出たところでトンネルから出て鉄橋を渡る
のですが、撮影できそうだったので温泉に入る前に撮影する
ことに。
 すぐに6050系がやってきました。

Dsc_1329_971

 

 15分程して反対方向に向かう6050系が通過。正面アングル
で。撮影場所の下に駅があります。

Dsc_1337_972

 

 次の列車まで30分。6050系の列車なら温泉に入ってしまう
ところでしたが、次は会津鉄道から乗り入れてくる「AIZU尾瀬
エクスプレス」。30分では温泉に入れそうもないので、列車を
待つことに。

 この間に軽く食事(昼ごはん食べる時間がなかった)をして、
「AIZU尾瀬エクスプレス」を撮影。対岸のトンネルを出てきた
ところから(木がありますが)。

Dsc_1349_973

 

 鉄橋を渡り、湯西川温泉駅へ。キハ8500の「AIZUマウント
エクスプレス」と、この「AIZU尾瀬エクスプレス」は電車のみの
野岩鉄道を通って、東武鉄道の鬼怒川温泉まで走る気動車
列車です。

Csc_1417_989

Dsc_1355_975

 

 この後、温泉に入り、出たところでもう1本、6050系が撮影
できそうということで撮影してから帰りました。こういうタイプの
鉄橋だと前面をうまく出すのが難しいです。

Dsc_1369_976

 

 この日は3月末にしては珍しい冬型の気候の日。栃木県は
晴れていましたが、会津田島のあたりから雨が降り出し、時々
雪が混ざる天気。
 さらに福島新潟の県境を越えたあたりはうっすらと積雪も。
道の駅みかわで休憩し、降り続ける雪を撮影してみました。

Dsc_1380_977

 

 幸いこのあたりがピークであとは雪は減っていく方向。さすが
に真冬とは違いました。

 今回、湯西川温泉で買ったのがこちら。最近話題になって
いるらしい「関東レモン」。こちらはそれを使ったクッキーです
が、レモン牛乳というのが元です。一時なくなったみたいです
が、最近話題になって復活したみたいです。

Dsc_1414_978

 

 かつての生活圏内であった宇都宮市内某所には当たり前
のように並んでいましたが、当時は隣のコーヒー牛乳を選んで
いました。

|

« 川治温泉付近を(逆光ですけど) | トップページ | 烏山線キハ40 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/47961056

この記事へのトラックバック一覧です: 五十里ダム、湯西川温泉:

« 川治温泉付近を(逆光ですけど) | トップページ | 烏山線キハ40 »