« 福岡空港の滑走路端で | トップページ | 線路沿いの菜の花、田上駅の花 »

2010年5月13日 (木)

鹿児島本線千早駅で撮影

 千早駅ではEF81を中心に貨物撮影をしましたが、博多~
小倉にある駅で、列車本数が多いので貨物以外も撮影できま
した。

 こちらは博多から乗ってきた813系。813系には2タイプある
みたいで、こちらは後から登場した前面上部がかまぼこ型に
なっているタイプ。背が高く見えます。

Dsc_4723_1567

 

 811系と813系の併結編成。東海道線に211系と313系の併結
編成がありますが、九州でも異形式併結が行なわれています。

Dsc_4740_1569

 

 813系の9両編成。ほとんどが6両編成ですが、時々、9両
編成も。こちらが813系の初期タイプの顔です。

Dsc_4771_1572

 

 787系の「リレーつばめ4号」ですが、7両+4両が併結された
11両編成でした。

Dsc_4774_1573

 

 885系の「ソニック5号」。黄色い885系は「かもめ」で登場しま
したが、「ソニック」にも使用されるようです。

Dsc_4783_1574

 

 883系の「ソニック4号」。

Dsc_4785_1575

 

 隣を西鉄が走っています。西鉄電車と813系のすれ違い。

Dsc_4788_1576

 

 415系も時々やってきます。2タイプが組み合わされた12両
編成がやってきました。

Dsc_4792_1577

 

 783系が通過。「きらめき1号」かと。かつての北陸特急の
愛称が今は九州で使われています。

Dsc_4801_1578

 

 「ソニック15号」。こちらも黄色い885系でした。

Dsc_4877_1584

 

 キハ47の4両編成が停車。

Dsc_4898_1585

 

 「ソニック17号」。またも黄色い885系が。

Dsc_4905_1587

 

 「ソニック16号」。ようやく青い885系がやってきました。色だけ
ではなく、ライト形状も違います。
 885系は独特なスタイルをした九州の車両の中ではお気に
入りの形式。黄色い方の模型はうちにありますが、青いのも
ほしいです。

Dsc_4908_1588

 

 ステンレスの415系です。

Dsc_4911_1589

 

 今度はステンレスではない方の415系が。下関に直通できる
のは415系のみなので、関門区間を中心に九州北部でもまだ
運用されているようです。

Dsc_4913_1590

 

 883系の「ソニック19号」が通過。博多~大分の「ソニック」は
1時間に2本のペースで走っているので、結構撮影できました。

Dsc_4918_1591

 

 787系の「有明5号」が通過。鹿児島本線の特急は「リレー
つばめ」の他、熊本発着(一部豊肥本線乗入)の列車に国鉄
時代からの「有明」が使われています。来年の九州新幹線
博多~新八代開業でこれらの列車にも影響が出てしまいそう
ですね。

Dsc_4932_1516

 

 千早ではここに載せきれないぐらい撮影をしましたが、うまく
撮れなかった写真も多かったし、日記の長さの都合もあるので
ごく一部だけを紹介しました。
 メインの貨物撮影も予定していた列車の撮影が終了していた
し、帰りの列車の時間もあったので、この後の列車で博多へ。
結局、千早駅に5時間ぐらい滞在してしまいました。

|

« 福岡空港の滑走路端で | トップページ | 線路沿いの菜の花、田上駅の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島本線千早駅で撮影:

« 福岡空港の滑走路端で | トップページ | 線路沿いの菜の花、田上駅の花 »