« 大糸線 | トップページ | 新幹線接続駅となる脇野田駅 »

2010年10月24日 (日)

SL越後謙信SAKE祭号

 今日は新井→長岡を走る「SL越後謙信SAKE祭」号の撮影
へ。昨日も長岡→高田を走ったのですが、昨日はどこにも
行けずでした。

 今回の運転区間だとやはり注目は鯨波あたりの海岸線です
が、直江津→新井の回送がEF64-1000牽引となると回送も
撮影できる区間へと行きたくなります。
 というわけで脇野田付近へ。そういえば昨年も同じような撮影
をしていました(昨年は土曜に海岸線で撮影)。

http://go-3-10-02.cocolog-nifty.com/aanda/2009/11/post-9485.html
http://go-3-10-02.cocolog-nifty.com/aanda/2009/11/post-d5e1.html

 昨年行った場所も見つけたものの、風景との組み合わせが
いまいち。なのでもう少し探してみたら撮れそうな場所が。回送
とSLでは逆方向を撮るわけなので、そこは場所を変えることに
して、まずは回送を撮影できる場所へ。
 189系「妙高1号」が通過。曇りで暗いのが残念。

Dsc_5834_3580

 

 快速「くびき野3号」。後方に見える高架橋は北陸新幹線の
高架です。

Dsc_5847_3581

 

 そしてSLの回送がEF64-1053に牽引されてやってきました。

Dsc_5860_3582

Dsc_5863_3583

 

 最後部にはC57-180が。

Dsc_5865_3584

 

 回送通過後、SLを撮影できる場所へ移動。といっても歩いて
移動できる距離ですが。
 「妙高4号」。この場所、川の土手の上ですが、花が咲いて
いました。

Dsc_5888_3585

 

 115系普通列車が通過。曇っていたものの、山もなんとか。

Dsc_5896_3586

 

 そして、「SL越後謙信SAKE祭」号が通過。結局、晴れなか
ったですが、山も隠れずにいてくれました。

Dsc_5908_3587

 

 土手の花の向こうを通過。

Dsc_5909_3588

 

 鉄橋を横断。

Dsc_5911_3589

 

 SL通過後、周辺にいた人達は次の撮影地を目指すのか、
みなさんいなくなりました。
 1人残り、新井から直江津に単機回送されるEF64-1000を
待つことに。

Dsc_5926_3590

 

 土手の花の横を通り、鉄橋を渡って直江津へと向かって
いきました。

Dsc_5928_3591

Dsc_5929_3592

 

|

« 大糸線 | トップページ | 新幹線接続駅となる脇野田駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SL越後謙信SAKE祭号:

« 大糸線 | トップページ | 新幹線接続駅となる脇野田駅 »