« SL越後謙信SAKE祭号 | トップページ | いろいろあった白馬の宿 »

2010年10月25日 (月)

新幹線接続駅となる脇野田駅

 昨日、SLを撮影した場所は脇野田~北新井にある川沿い。
この川の土手には花が咲いており綺麗でした。

Dsc_5869_3593

 

 この場所、前方を眺めてみると建設中の北陸新幹線の高架
橋が。かつてはこの場所からも花と背景の山を一緒に眺める
ことができたのかもしれませんが。もちろん高架橋より山側に
行けば花と山を一緒に眺めることができます。

Dsc_5871_3594

 

 SLの写真を撮った場所から。このあたりの高架橋はだいぶ
できあがっています。

Dsc_5915_3595

 

 SL撮影後、脇野田駅に行ってみました。北陸新幹線の駅が
ここに建設されます。
 現在、上越市にある駅の中では直江津駅が大きいですが、
最短距離に行く新幹線、直江津経由だと遠回りのようで、この
脇野田に駅ができるようです。
 青森、函館もルートの関係で現在の主要駅ではないところ
に新幹線駅ができますね。

 今の脇野田駅はこんな感じ。なんかのどかな風景です。

Dsc_5945_3596

 

 この角度で眺めると奥に新幹線の高架が。

Dsc_5949_3597

 

 ホームは1面のみ。

Dsc_5952_3598

 

 ホームには木造の待合室が。新幹線駅が造られるものの、
今のホームと新幹線の高架はかなり離れています。新駅舎
らしきものも見あたらず、どんな駅になるのか今の段階では
わかりません。

Dsc_5954_3599

 

 「上越駅」のようですが、駅名はどうなるのか・・・。

Dsc_5957_3600

 

 ちなみに新潟県には2つの「上越」があります。1つは上越市
の「上越」。これは新潟県の本州部分を3つに分け、京都に
近い方から上越、中越、下越とした「上越」から来ており、この
上越地方にある直江津市と高田市が昭和46年に合併して
上越市ができています。

 もう1つは上越線や上越新幹線の「上越」。こちらは上州
(群馬)と越後(新潟)を結ぶ路線という意味の「上越」ですが、
上の地域的には中越地方にあります。

 上越新幹線と北陸新幹線の上越駅、はたして・・・。どちらの
「上越」もしっかりした由来があり、上越新幹線も28年間、その
名前で走っています。いい名前に落ち着いてほしいです。


 「妙高3号」が到着。特急「あさま」時代は189系はこの駅を
通過していましたが今は停車。新幹線開業後は過去の風景
になるのでしょうか。

Dsc_5958_3601

 

 こちらは長野色の115系。

Dsc_5966_3602

 

 長野寄りに新幹線と在来線のクロス部分があります。

Dsc_5967_3603

 

 この駅の風景、あと何年かは毎年のように変わっていき
そうです。そして4年後に金沢まで新幹線が開業。そうなると
在来線にも変化がやってきます。時々、今の風景を撮って
おきたいですね。

|

« SL越後謙信SAKE祭号 | トップページ | いろいろあった白馬の宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/49845106

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線接続駅となる脇野田駅:

« SL越後謙信SAKE祭号 | トップページ | いろいろあった白馬の宿 »