« 暗闇の土手で | トップページ | 高架化準備も。新潟駅付近で撮影 »

2010年11月15日 (月)

上越新幹線開業から28年

 今日、11月15日は上越新幹線開業の日。28年前の今日、
大宮~新潟間が開業しました。今年は区切りの年ではない
ですが、28年前と曜日の並びが同じで、28年前も11月15日が
月曜日でした。
(11月14日に特急「とき」などを撮りに行ったので覚えています)

 それを意識したわけではないですが、昨日、新潟駅近くに
行ったので新幹線を撮影しました。

 「Maxとき309号」が到着。「Max」はもちろん開業時にはなか
った列車です。E1系。

Dsc_7430_3846

 

 続いて「Maxとき313号」が到着。この列車、東京から新潟
までノンストップで走ってきた列車で、こういった列車も開業時
にはなかったです。ちなみに開業時の最速列車は大宮~
新潟で高崎、長岡のみ停車の列車で所要時間は1時間45分。
この「Maxとき313号」は東京~新潟を1時間37分、上越新幹線
もスピードアップしていますね。当時は「あさひ」でした。

Dsc_7444_3848

 

 13、14番線ホームから11番線停車中の「Maxとき313号」を
撮影。開業時から2面4線の新潟駅ですが、将来、在来線が
高架化される時に、新幹線と「いなほ」が平面で乗換できる
構造とするようです。11番線の向こう側の壁がなくなり在来線
と新幹線で挟むホームができるみたいで、この風景も変わり
そうです。

Dsc_7448_3849

 

http://www.city.niigata.jp/info/ekisyu/jigyo-keikakugaiyo/menu.files/17zu16big.pdf

 先ほどのE1系は折り返し「Maxとき322号」に。

Dsc_7449_3850

 

  「Maxとき311号」が到着。この列車、313号より先に東京を
出ますが、高崎で追い抜かれます。さらに越後湯沢まで16両
だったのが、越後湯沢で後ろ8両を切り離して8両が新潟へ。
その分割作業もあり、越後湯沢にも3分ほど停まります。

Dsc_7456_3852

 

 停車中の311号。その向こうを先ほどの313号が車両基地
方面へと回送されていきました。

Csc_7465_3853

 

 311号の到着と入れ替わるように「Maxとき322号」が発車。
この後は少し間が空き、1時間後に再び新幹線ホームへ。
今度は12番線ホームです。
 「Maxとき324号」が発車。この列車は311号の折り返しで
ホームに1時間いました。

Dsc_7468_3854

 

 「Maxとき317号」が到着。今度はE1系を対向ホームから
撮影。上越新幹線の新潟側では最も長い12両編成です。

Dsc_7473_3855

Dsc_7478_3856

 

 ここまでMaxばかり。次の臨時「とき361号」が200系なので、
この時間まで待っていました。
 「とき361号」は時刻表では12番線到着になっていたので、
対向の13番線で待っていたのですが、14番線に到着放送が。
まだ時間があったので急げば12番線まで行けたと思います
が、慌てても仕方ないので諦めて正面から到着シーンを撮影
しました。

Dsc_7486_3857

 

 E1系と200系の並び。どうやってもE1系の先が切れてしまい
ますが。

Dsc_7493_3858

 

 10両編成になったり、「つばさ」との連結改造されたり、塗装
が変わったりしていますが、形式としては28年前から走って
いる200系です。東北新幹線ではすでに少数派に。上越新幹
線でも時間帯によってはなかなかやってきません。今回もこの
1本だけでした。

Dsc_7498_3859

 

 ひとまず新潟にやってくる3形式を撮影。E5系もまもなく登場、
来年、そして再来年の開業30周年の時にはどんな感じになっ
ているでしょうね。
 最後に28年前の時刻表です。

P1020994_3872

 

|

« 暗闇の土手で | トップページ | 高架化準備も。新潟駅付近で撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/50040349

この記事へのトラックバック一覧です: 上越新幹線開業から28年:

« 暗闇の土手で | トップページ | 高架化準備も。新潟駅付近で撮影 »