« ばんえつ物語号に乗る | トップページ | JALのB767と復興航空が新潟へ »

2010年11月11日 (木)

磐西、信越を行き来、途中で紅葉を

 7日日曜は前日に乗った列車を今度は沿線で撮影。

 まずは磐越西線新関~北五泉で「磐西・只見ぐるり一周号」
を撮影。ここは田園風景の中で撮れるのですが・・・、たくさん
撮ろうとして、またまた安定した写真が撮れない結果に・・・。
 でもひとまずタラコ3連を撮影できました。

Dsc_6982_3765

Dsc_6985_3806

 

 もう1本撮影するつもりでいたのは「ばんえつ物語号」。この
まま磐越西線沿いで待っていれば来るわけですが、前日新潟
駅で見た快速「くびき野6号」が4つ目T18編成だったため、
おそらくこの日の1号か3号がT18編成のはず。1号を信越本線
沿いで撮影してから戻ってきても「ばんえつ物語号」には間に
合います。というわけで信越本線の矢代田、田上方面へ。

 北五泉から矢代田って直接行ける道があることを今さらです
がナビで知りました。意外と早く矢代田~田上に到着。
 貨物ダイヤを調べていなかったので被りが心配でしたが、
無事に「くびき野1号」が通過。車両もT18編成でした。

Dsc_7001_3767

 

 前面がかげになってしまっていますが、荻川付近だともっと
条件が厳しかったはずだし、晴れ日の午前の新潟付近での
下り列車撮影の辛いところです。

 「くびき野1号」がT18編成でなかったら、3号まで待つつもり
でしたが、無事に1号で撮影できたので、来た道を磐越西線
方面へ。その途中、紅葉スポットっぽいところがあったので
寄り道。
 その名も「もみじ園」。

Dsc_7010_3772

  

 入場料が700円とやや高めだったので、「ばんえつ物語号」
までの短い時間で見るには勿体ないと思い、先に「ばんえつ
物語号」の撮影へ。
 場所は五泉~猿和田の鉄橋。ここは知られた場所で、それ
なりに人が多かったです。でも特別な日でもなく楽々撮影でき
ました。
 キハ47の普通列車を撮影。

Dsc_7024_3769

 

 そして「ばんえつ物語号」が通過。

Dsc_7034_3770

 

 この鉄橋、何回か訪れていますが、天気が悪いことが多く、
空いている反対側からしか撮ったことがありません。こちらだと
順光で決まりますね。

 「ばんえつ物語号」撮影後、またまた来た道を戻り、先ほど
の「もみじ園」へ。紅葉シーズンということもあり、朝は空いて
いた駐車場がやや混雑。少し待ちました。そして今度は700円
払って入場。
 外から見ると庭園のように見えますが、中はちょっとした山。
奥も広かったです。名前の通り紅葉が多い場所です。まだ緑
の葉も残っていました。

Dsc_7057_3775

 

 だんだんと山の中へ。

Dsc_7066_3776

 

 紅葉の合間から日の光が。

Dsc_7067_3777

 

 山頂?には展望台もあります。霞んでいましたが、弥彦山と
越後平野が。

Dsc_7071_3778

 

 戻る途中にきのこ汁とかが売られている場所があったので、
食事をすることもできましたが、ひとまずここはコンニャクだけ
で。

Dsc_7087_3780

 

 途中に池が。こういう場所になるとカメラで遊んでしまいます。

Dsc_7104_3782

 

 真っ赤な紅葉が。

Dsc_7112_3783

 

 1時間ほどで一周。ちょっとした運動になりました。

 この後、隣の中野邸美術館へ。入場券はもみじ園と美術館
あわせてのものです。

 最後は美術館の敷地にあるお店で食事。混雑していたので
待ちましたが、オムハヤシを注文。

Dsc_7117_3784

 

 磐越西線と信越本線の撮影の行き来で見つけた場所ですが、
なかなかよかったです。運動にもなったし。

|

« ばんえつ物語号に乗る | トップページ | JALのB767と復興航空が新潟へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/49999944

この記事へのトラックバック一覧です: 磐西、信越を行き来、途中で紅葉を:

« ばんえつ物語号に乗る | トップページ | JALのB767と復興航空が新潟へ »