« 前川のカーブ | トップページ | 久々に空港と土手 »

2011年7月 7日 (木)

越後交通長岡線の跡

 前川のカーブから新潟方面に戻るのに国道8号線経由では
味気ないので、信濃川を渡って来迎寺へ。ここから寺泊方面
へと向かうことに。

 来迎寺~寺泊はかつて越後交通長岡線という鉄道が走って
いました。1972年に来迎寺~西長岡の旅客列車が廃止され、
1975年に全区間が廃止されています。その後も貨物列車が
走り続けたものの、1995年に来迎寺~西長岡の貨物列車も
廃止、鉄路は過去のものになっています。

 来迎寺から長岡線が消えて16年となるわけですが、2006年
に買ったナビを見てびっくり。来迎寺から分岐する長岡線の
線路が残っており、西長岡へと続いています。
 ということで廃線跡巡りをすることに。

 来迎寺駅付近は住宅地になっていましたが、少し行くと草
に覆われた盛土が。クロスする道路から撮影。上の写真が
来迎寺方面。

Dsc_3455_6513

Dsc_3456_6514

 

 少し来迎寺方面に戻ると鉄橋跡が残っていました。

Dsc_3459_6515

Dsc_3460_6516

 

 バラストが残されている場所も。

Dsc_3464_6517

 

 線路が縦に埋まっていました。

Dsc_3466_6518

 

 しばらく線路跡と道路が並行。越後交通の富岡バス停付近
に続いています。バス停付近から西長岡方面への線路跡。

Dsc_3479_6521

 

 ここにも縦に埋まった線路が。

Dsc_3481_6522

 

 この後、線路跡は西長岡方面へ。寺泊方面への道路とは
離れていきました。

 西長岡から寺泊への路線はかなり前になくなっており、ナビ
にはもちろんありません。下調べもしていなかったので、この
区間の廃線跡巡りはせずに寺泊へ。

 寺泊付近で不自然な角度の道路を発見。そこには架線柱、
ホームの一部が残されていました。

Dsc_3482_6552

 

 線路も。

Dsc_3487_6525

 

 この場所は今は敦ヶ曽根バス停に。

Dsc_3488_6526

 

 ここから寺泊方面に向かうと国道116号がありますが、その
手前の住宅の間にしっかりと線路が残されていました。

Dsc_3491_6528

 

 しっかり探せばまだ跡がありそうですね。1995年まで走って
いた貨物列車を1回ぐらいは撮っておきたかったです。 

|

« 前川のカーブ | トップページ | 久々に空港と土手 »

コメント

寺泊までの路線は、廃止時の地元との取り決めで、線路敷を残しておくことになっているそうですが。

投稿: てっこ | 2011年7月 7日 (木) 22時08分

>てっこさん

 そんな取り決めがあったのですね。知らなかったです。
 でもひょっこり現れる線路、なかなか味わいがあります。

投稿: GO | 2011年7月 9日 (土) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 越後交通長岡線の跡:

« 前川のカーブ | トップページ | 久々に空港と土手 »