« 秋田まで汽車旅 | トップページ | フェーン現象の日の夕日 »

2011年7月20日 (水)

大館の鉄道風景

 秋田で夕食。ハタハタの天丼です。

Dscf0973_6647

 

 「つがる7号」で大館へ。秋田市内に泊まりたかったのですが、
宿が満室で、近くで空いていたのが大館でした。近くといっても
結構遠かったですが。
 「つがる7号」は昨年までは青森行きの「いなほ」で、かつて
の「白鳥」ですね。

Dsc_4145_6648

 

 大館で「日本海」と交換。

Dsc_4151_6649

 

 大館駅の地図には小坂製錬小坂線の線路が残っていました
が、実際に線路も残っていました。17日朝、宿から駅に向かう
時にちょっと眺めてみることに。
 線路だけではなく、タブレットの名残も残されていました。

Dsc_4169_6652

 

 昔懐かしい感じの貨物取扱所が大館駅の横に。

Dsc_4174_6653

 

 今はコンテナになっていますが、水色や黄緑のコンテナは
最近は見なくなってきました。倉庫になっているのかと思い
ますが、そんなコンテナがいくつか。

Dsc_4177_6654

Dsc_4180_6655

 

 秋田に泊まっていたら見ることができない風景でした。

|

« 秋田まで汽車旅 | トップページ | フェーン現象の日の夕日 »

コメント

私も16日には大館駅に降り立ちました。貨物駅の反対側にある大館機関区の遺構を見るためです。転車台がぽつんと残り寂しげでした。かつてD511やC6120が出入りしていた機関区が・・・時の流れとは残酷なものだと思いました。

投稿: てっこ | 2011年7月22日 (金) 07時38分

>てっこさん

 1日違いでしたね。

 機関区跡は気づかなかったですが、機関区や貨物駅など、昔は賑やかだったのでしょうね。

 坂町の扇形機関庫の廃墟もいつも気になります。

投稿: GO | 2011年7月22日 (金) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/52262317

この記事へのトラックバック一覧です: 大館の鉄道風景:

« 秋田まで汽車旅 | トップページ | フェーン現象の日の夕日 »