« SL信越線開業125周年号 | トップページ | 二本木駅 »

2011年10月 3日 (月)

二本木に入る1本だけの新潟色

 1日土曜はSL撮影前に信越本線の二本木へ。今もスイッチ
バックが残る駅です。

Dsc_0897_mini

 

 ここを通る列車は「妙高」の189系と長野色115系がほとんど
ですが、1日1回、新潟色115系が入ってきます。柏崎発二本木
行きの1322Mと折り返し二本木発長岡行きの1331Mで、1日
1本の新潟色である他に1日1本の二本木終着、二本木始発
の列車です。
 二本木終着、始発はかつては1日数本あり、長岡発二本木
行きもあったのですが。

 1322Mが見えてきて先に引き上げ線へ。

Dsc_0909_mini

 

 後退でホームへ。向こうに進んでいるように見えますが、
こちらに向かっています。

Dsc_0912_mini

 

 「二本木」の幕を見たかったものの、すでに「長岡」になって
いました。二本木で見られる数少ない「長岡」行きということで。

Dsc_0921_mini

 

 この列車用の停止位置があります。

Dsc_0927_mini

 

 ホーム端より。

Dsc_0928_mini

 

 発車。今度は向こうに進んでいます。

Dsc_0931_mini

 

 再び、引き上げ線へ。

Dsc_0938_mini

 

 ここで向きを変え、直江津方面へと向かっていきます。

Dsc_0946_mini

 

 到着前、発車後ともに引き上げ線に入るのは終着始発と
なるこの列車のみ。地味かと思いますが、ちょっと少数派な
風景です。

|

« SL信越線開業125周年号 | トップページ | 二本木駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/52902155

この記事へのトラックバック一覧です: 二本木に入る1本だけの新潟色:

« SL信越線開業125周年号 | トップページ | 二本木駅 »