« 雨の磐越西線 | トップページ | C57、683系の模型 »

2012年7月10日 (火)

荻川~亀田で

 8日日曜、荻川~亀田の鉄橋で。

 会津若松行き228D。キハE120+キハ110+キハ110。最後尾
(新潟寄り)がキハ110-205で、前日に咲花で撮った238Dの
車両でした。238D~241Dで野沢でヨで、朝の2223Dで新潟に
戻ってきたようです。

Dsc_0252_mini

 

 4095レ。EF81-719。

Dsc_0260_mini

 

 2526M。

Dsc_0264_mini

 

 そして「ばんえつ物語号」です。

Dsc_0267_mini

 

 10分後、追いかけるようにEF81-134が新津へ戻っていきま
した。

Dsc_0273_mini

 

 「北越1号」。

Dsc_0276_mini

 

 以前、「ばんえつ物語号」の次にやってきた普通列車が湘南
色6両だったことがあり、まさかと思いながら待っていたら、その
まさかがやってきました。434Mが湘南色6両編成。パンタの違い
がよくわかります。

Dsc_0279_mini

 

 新津で434Mを追い抜く「北越4号」。これが国鉄色だったら
新津駅で湘南色と並んだわけで、悔しい思いをしたかと思いま
すが、3000番台でした。ほっとしたような残念だったような。

Dsc_0284_mini

 
 

| |

« 雨の磐越西線 | トップページ | C57、683系の模型 »

コメント

GO様、大変ご無沙汰しております。
115系の予備がないということで高崎から3両借り受け、またまた3+3の6両編成に組成し、毎日同じ変則限定運用に充当されているようですが、湘南色好きな私としてはこれがいつまで続くかわかりませんので、できるだけ早く撮影したいと思っております。(時間があれば今週末ぐらいに行きたいところですが)
首都圏とは違って115系やキハ47などの国鉄形がまだまだ新潟地区には多く羨ましいかぎりですが、これらの車両が数年以内に置き換えられるかもしれませんので、思う存分撮影しておきたいと思いますし、115系旧新潟色のリバイバルも望んでおります。
また、フィリピンに嫁いだキハ52ですが、新潟色はMayon Limited Ordinary、国鉄色は時々マニラ首都圏のコミュータートレインに充当されているようですが、踏切での人身事故や乗用車との衝突事故が多々発生しており、問題となっているようです。(先月もビコール地方において、トライシケルと呼ばれるサイドカーの付いたバイクタクシーとキハ52が衝突し、小学生や先生を含む6人が死亡する傷ましい交通事故が発生しました)
将来的にキハ47もフィリピン国鉄に譲渡されることを私自身願っておりますが、警報機や遮断機のない踏切が多いフィリピン国鉄は輸送力増強と同時に安全面での対策がかなり必要なのではないかと思っております。
私の感想ばかり勝手に述べてしまいましたが、GO様のブログを今後も見させていただき、新潟での撮影の際に参考にさせていただきたいと思っております。

投稿: 井上 | 2012年7月11日 (水) 12時34分

>井上さん

 115系湘南色6連はいつまで続くかわかりませんが、撮影
できるといいですね。写真の「ばんえつ物語号」の次に来る
長岡行きに使われているのを2回見ています。

 文化、習慣の違う国で使うのはなかなか大変のようですね。
でも、長く活躍してほしいです。

投稿: GO | 2012年7月13日 (金) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荻川~亀田で:

« 雨の磐越西線 | トップページ | C57、683系の模型 »