« 越後線開業100周年号 | トップページ | ブルームーン »

2012年8月28日 (火)

特急色と湘南色、一瞬の並び

 さつき野~荻川でタラコ3両編成の少し前に来た2223D。
混結でした。

Dsc_4875_mini

 

 タラコ3両編成の後にやってきた2225Dは青4両編成。この色
でまとまっている列車も悪くないというかなかなか良いです。

Dsc_5150_mini

 

 少し前に通った新津行き2520Mに115系湘南色が使われて
いました。その列車の折り返し列車の荻川着が7:45。同じ頃に
「ほくほく大地の芸術祭号」という新潟からまつだいに向かう
列車があり、その列車の荻川通過が7:44。

 この2つの列車が荻川駅ですれ違うのではないかという予想
とともに、485系の芸術祭号はATS-Pの関係で国鉄特急色が
入る可能性が大。つまり国鉄特急色と湘南色の一瞬の並びが
あるのでは?という予想が高まり荻川駅へ。

 結果は予想大当たり。荻川で国鉄なすれ違いがありました。
ちなみに485系は通過、115系も停まりきっていません。

Dsc_4894_mini

 

 荻川から近くの鉄橋側面へ。青4両の折り返し2522D。

Dsc_4902_mini

 

 快速「おはよう信越」。

Dsc_4904_mini

 

 「ばんえつ物語号」の回送です。

Dsc_4910_mini

Dsc_4911_mini

 

 最後は新系列キハの5両編成。1両だけキハE120でした。

Dsc_4916_mini

 

|

« 越後線開業100周年号 | トップページ | ブルームーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/55530215

この記事へのトラックバック一覧です: 特急色と湘南色、一瞬の並び:

« 越後線開業100周年号 | トップページ | ブルームーン »