« 青函トンネルを通って木古内へ | トップページ | 早朝深夜の「あけぼの」 »

2014年5月 6日 (火)

江差線に乗車

 木古内から江差行きに乗車。廃止まで残り10日ほどで車内
はそれなりに混雑していましたが、日曜や祝日ではなかった
せいか座れないような混雑ではなかったです。

 沿線にはラストランが近いことを感じさせる看板も。

Dsc_6286_mini

 

 車掌車を改造した駅舎(待合室?)の駅が3駅ありました。
吉堀、桂岡、中須田です。

Dsc_6292_mini

Dsc_6314_mini

Dsc_6318_mini

 

 1時間ほど乗車して江差に到着。

Dsc_6327_mini

 

 折返し時間は約20分。駅周辺を巡る時間はなかったものの、
5分折返しのような切符を買って終わりといった場合よりは
余裕がありました。
 停車中の列車。

Dsc_6345_mini

 
 

 駅から少し行ったところで線路が終わっています。

Dsc_6347_mini

 

 宮越駅付近の「天野川」という川。

Dsc_6364_mini

 

 木古内付近。北海道側も新幹線高架橋ができていました。

Dsc_6373_mini

 

 木古内駅で。海峡線のホームには「北海道新幹線木古内駅
開業」の案内板があり、まもなく廃止になる江差線ホームとは
どこか空気の違いを感じました。でも新幹線開業後は函館、
青森方面の特急は新幹線になるので、在来線ホームは函館
方面への普通列車のみの発着に(貨物はあるが)。

Dsc_6399_mini

 

 木古内から「スーパー白鳥38号」に乗車して青森へ。北海道
滞在時間は4時間でした。

Dsc_6412_mini

 

|

« 青函トンネルを通って木古内へ | トップページ | 早朝深夜の「あけぼの」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112297/59583510

この記事へのトラックバック一覧です: 江差線に乗車:

« 青函トンネルを通って木古内へ | トップページ | 早朝深夜の「あけぼの」 »