« 現美新幹線に乗車 | トップページ | SLレトロみなかみに乗車 »

2016年5月24日 (火)

NO・DO・KAループ号の旅

 現美新幹線で越後湯沢まで行った後、この日は水上行き
「NO・DO・KAループ」号が運転されていたので乗ることに。

 その名の通り、485系NO・DO・KA使用です。左は上越妙高
行きの「ゆざわShu*Kura」。こちらも乗ってみたい列車ですが。

Dsc_2764_mini


 越後湯沢を出発し、越後中里付近を通過中。中里スキー
場前に休憩場として設置された旧型客車がたくさん置かれて
いますが、もう30年以上になるはずです。

Dsc_2777_mini


 最前部の展望スペースへ。

 新潟県最後の駅、土樽を通過。かつては新幹線の駅の
ように中央に通過線がありましたが、今は通過線だった線路に
ホームが作られています。挟み込むようにかつてのホームと
線路があるのが見えます。

Dsc_2785_mini


 土樽を通過してすぐに県境の清水トンネルへ。

Dsc_2790_mini


 トンネルの中には単線時代にすれ違いに使われていた茂倉
信号場跡があります。複線化された後も上越新幹線開業前は
特急待避などに使われていました(追い抜かれた記憶があり
ます)。トロッコみたいなのが見えるので、今も保線基地として
使われているようです。

Dsc_2802_mini


 清水トンネルを抜けて群馬県最初の駅、土合に20分停車。

Dsc_2827_mini


 下りホームに向かう通路に行ってみました。

Dsc_2836_mini


 新清水トンネル内にある下りホームまで階段が462段あり
ます。時間がなかったので行きませんでしたが。

Dsc_2835_mini


 土合駅。

Dsc_2840_mini


 土合を発車し、湯檜曽ループ上にあるかつての湯檜曽駅
跡付近を通過中。

Dsc_2850_mini


 ループの上から、これから向かう現在の湯檜曽駅付近の
線路が見えます。

Dsc_2856_mini


 湯檜曽に停車。後方に見える架線柱のあたりがループ線
です。

Dsc_2875_mini


 次は終点の水上。

|

« 現美新幹線に乗車 | トップページ | SLレトロみなかみに乗車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NO・DO・KAループ号の旅:

« 現美新幹線に乗車 | トップページ | SLレトロみなかみに乗車 »