2018年3月13日 (火)

30年前 青函連絡船と特急かがやき

 今日3月13日は30年前の1988年に青函トンネルが開通
し、同時に青函連絡船の最終日となった日。13日だけは
どちらも運行(運航)されました。
 
 高校生だったこともあり最終日は行けなかったですが、
4日前の3月9日に青函連絡船に乗りに行きました。初の
北海道で当時としては大旅行。
 
 8日に日本海側を北上し、夜に青森駅に到着。青函
連絡船の夜行便で函館に向かう予定でしたが、すでに
青森駅の連絡船待合室には大勢の人が。指定券はなく
乗船時刻まで並んで待つのみ。
 臨時便が出て2便となったこともあり、無事に定期便の
カーペットスペースで横になることができました。乗った
のは十和田丸。
 
Img_2_mini
 
 この時、横にいた男性と話がはずみ、当時は住所交換
は珍しくなかったので、しばらく手紙や年賀状のやりとりを
していましたが、今はもう途絶えています。
 
 夜行便の函館到着は4時頃。函館駅には接続する「北斗
1号」と「北斗3号」が並んでいました。1986年11月改正まで
は1本が小樽経由の「北海」でしたが、この時はどちらも
「北斗」に。
 偶然ですが、3タイプの先頭を撮ることができました。
 
Img_0344_mini
 
Img_0345_mini
 
Img_0346_mini
 
 キハ183系の「北斗」も今週で終わりですね。
 
 函館駅はこんな感じでした。
 
Img_0347_mini
 
 1泊2日の強行日程で、10時ぐらいには函館を出発。
初北海道滞在は約6時間。帰りは摩周丸でした。ちなみに
当時、青森~函館は約4時間。30年後、同じ約4時間で
東京~函館が移動できるようになるとは想像もしていな
かったです。
 
Img_6_mini
 
Img_7_mini
 
 ここまでは3月9日のことで、改正当日の13日はというと、
この日から運転開始した特急「かがやき」の1番列車を
撮っていました。
 
Img_0353_mini
 
Img_0355_mini
 
Img_0352_mini
 
 長岡駅での上越新幹線と北陸方面の接続が強化され、
長岡始発終着の速達特急「かがやき」が設定されました。
この後「かがやき」は増発、「北越」も一部が長岡始発終着
になり、多客期には臨時特急が運転され、長岡駅に特急
が並ぶのも珍しくない時代に。1997年にほくほく線が開業
し、越後湯沢接続の「はくたか」にバトンタッチするまで
長岡駅が輝いていた時代でした。
 2015年に北陸新幹線が開業し、「かがやき」「はくたか」
はともに新幹線の列車になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

雪の新潟

 雪が降った翌日の13日、新潟駅まで行ったついでに雪
景色を眺めるためにメディアシップの展望室へ。
 行った時は天気が良く、二王子やその奥の飯豊連峰の
山まで見えました。
 
Dsc_7654____mini
 
 朱鷺メッセ、新潟西港方面。
 
Dsc_7655____mini
 
 萬代橋、古町方面。いずれも雪晴れの風景でした。
 
Dsc_7662____mini
 
 新幹線を撮影。越後湯沢に向かう現美新幹線。
 
Dsc_7692____mini
 
 回送線のE4系Max。
 
Dsc_7705____mini
 
 雪道を走るバス。
 
Dsc_7713____mini
 
 雲が迫ってきてあっという間に空全体が雲に。晴れは
つかの間でした。佐渡汽船とその上を飛ぶ飛行機(かなり
小さいですが)。
 
Dsc_7726____mini
 
 えぶり差岳がまだなんとか見えていました。
 
Dsc_7728____mini
 
 佐渡汽船が出航。すっかり暗い空に。
 
Dsc_7748____mini
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

新潟西港に「ひうち」「きりしま」

 28日、空港の向こうに自衛隊の護衛艦らしき船が見えたので
新潟西港へ。

 山の下埠頭には「ひうち」が。多用途支援艦というようです。

Dsc_0207_mini


 海上にもう1隻、「きりしま」。こちらは護衛艦。空港の向こう
に見えたのはこちらのようです。

Dsc_0211_mini


 「きりしま」の向こう側を佐渡汽船が通過。

Dsc_0223_mini


 佐渡汽船の向こうに新日本海フェリー。

Dsc_0228_mini


 連なって新潟西港へ。佐渡汽船の発着場の方が港の奥に
あるので先に入ってきます。

Dsc_0241_mini


 新日本海フェリーと両津に向かうジェットフォイルがすれ違い。
まだ浮上していません。

Dsc_0252_mini


 港内で旋回。

Dsc_0262_mini


 両津からのジェットフォイルが到着。新日本海フェリーの前
を通って佐渡汽船乗り場へ。

Dsc_0276_mini

Dsc_0282_mini


 「きりしま」はこの間に西の方に向かっていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

宗谷岬 稚内駅周辺

 稚内から宗谷岬へ。

 宗谷岬に向かうバスは音威子府行き。途中から天北線の跡
を通っていくのかもしれません。路線バスとしては結構長距離
かと。

Dsc_3723_mini


 26年ぶりにやってきました。

Dsc_3732_mini


 1時間ほど滞在してバスで稚内駅へ。駅の北側に北防波堤
ドームへ。

Dsc_3762_mini


 かつてはここからサハリン(樺太)まで船が出ていました。

Dsc_3769_mini


 ドームの中です。

Dsc_3776_mini


 稚内から利尻島へ向かう船が出発して行きました。

Dsc_3789_mini


 稚内駅へ。稚内駅の中には列車は通ることはできませんが、
かつての線路が残されています。

Dsc_3714_mini


 駅前に車止めがあり、そこが本当に最北のようです。

Dsc_3756_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

新潟西港の護衛艦まつゆき

 昨日22日、新潟西港山の下埠頭で護衛艦「まつゆき」が一般
公開されていました。ただ、公開時間には行かず、夕方から
日没の頃に行き、ライトアップされた「まつゆき」を撮りました。

Dsc_2275_mini


 ここで撮る前に信濃川対岸の入船みなとタワーから撮影
できないかと行ってみたのですが、クレーン船に塞がれていて
見えず。タワーの最上階から一部だけ撮ってはみましたが。
(タワーの中には19:30までしか入れず)

Dsc_2227_mini


 新日本海フェリー。

Dsc_2241_mini


 結局、山の下埠頭で撮ることに。

Dsc_2247_mini

Dsc_2250_mini


 ライトアップ、船後方から。

Dsc_2276_mini


 レンズを変えて横からも撮影。

Dsc_2285_mini


 一般公開は今日23日も予定されていたはずですが、雨が
強く、結局行かずに終わりました。

 こちらは17日に新潟東港に来た「コスタ・ネオロマンチカ」
です。こちらは客船ですが、船つながりということで。

Dsc_1975_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

夕景 ~船、飛行機、鉄道

 週末、低い位置に雲があってすっきりしなかった夕景です。

 夕刻の海のジェットフォイル。

Dsc_1011_mini


 IBEX。夕日で明るくなっている場所ではなく、その下の雲で
暗いところを通っていきました。

Dsc_1016_mini


 雲があってはっきりとした夕日にはならず、つぶれた目玉
焼きのような感じに。その中をANAが通っていきました。丸い
夕日だったら結構いい位置関係だったかもしれません。

Dsc_1024_mini


 翌日、白新線佐々木~西新発田で。E129系。

Dsc_1135_mini


 115系。列車を正面気味に見ると真後ろに夕日が来るのです
が、奥に道路があって列車がシルエットになりません。斜めから
ならなんとかでした。

Dsc_1165_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

新潟西港

 新潟西港付近の入船みなとタワーから船を眺めてみました。

 両津からの佐渡汽船が新潟西港へ。奥は新日本海フェリー。

Dsc_0940_mini


 両津に向かうジェットフォイル。正面の建物は山の下みなと
タワーで、この間の川の下に新潟みなとトンネルがあります。

Dsc_0959_mini


 ジェットフォイルと新日本海フェリー。

Dsc_0967_mini


 新日本海フェリーは写真のあたりで停止した後、右に90度
ほど旋回し後ろに下がります。旋回中に両津からのジェット
フォイルが通過。

Dsc_0975_mini

Dsc_0981_mini_2


 飛行機雲がタワーの隙間から見えました。どちらのタワーも
変わった形をしています。

Dsc_0998a_mini

Dsc_1007_mini


 まもなく新潟空港に着陸する便が対岸の煙突の奥に。

Dsc_1009_mini


 飛行機を見ている間に新日本海フェリーが着岸していました。

Dsc_1010_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)