2022年9月22日 (木)

東北・北海道・上越新幹線

 仙台駅で。E5系とE2系。

Dsc_2450____mini

 E6系を流してみました。

Dsc_2473____mini

 この日は八戸まで行ったのですが、仙台から乗車
した「はやぶさ」は少数派のH5系でした。
 八戸でE5系と。

Dsc_2480____mini

 翌朝、宿から新幹線の高架が見えたのでE5系を
撮影。

Dsc_2504a____mini

 八戸から新函館北斗へ。乗車したのはこれも
少数派になった「はやて」です。

Dsc_2542____mini

Dsc_2544____mini_20220922213101

 北海道新幹線開業直後の2016年3月以来、6年半
ぶりに新函館北斗へやってきました。今はまだこの
駅で線路が終わっていますが、あと8年ほどで札幌へ。

Dsc_2590____mini_20220922213101

 帰りは新函館北斗から大宮へ。またもH5系でした。

Dsc_2836____mini

 大宮から上越新幹線に。待っている間にやってきた
「つばさ+やまびこ」。

Dsc_2865____mini

 上越新幹線を1本見送り、次の列車で。見送った
列車が「いなほ」接続のためか混んでいたことも
ありますが、その次が200系カラーだったので民謡
チャイムも聞きたかったし乗ることに。

Dsc_2880____mini_20220922213201

 長岡で下車。

Dsc_2890____mini

 なにげに少数派が多かったです。

| | | コメント (0)

2022年9月21日 (水)

磐西代行バス、常磐線経由で仙台へ

 函館に行く前日は東北で乗り鉄。

 磐越西線の新津からスタート。8月の大雨で喜多方
~山都が不通になり、会津若松行きは野沢行きに。

Dsc_2191____mini

 野沢では2番線ではなく3番線に入りました。
3番線と1、2番線の間には跨線橋がなく構内踏切を
横断します。その時に撮影。

Dsc_2222____mini_20220921211901

 1、2番線ホームを通って跨線橋を渡り改札へ。
3番線からだと少し遠いです。

 野沢から喜多方へは代行バスに乗車。列車が来ない
一の戸橋梁をバスの中から眺めました。

Dsc_2228____mini

Dsc_2276____mini_20220921211901

 喜多方に到着。

Dsc_2286____mini

 喜多方からはキハ110で会津若松へ。このキハ110
は小牛田の車両です。不通になった時に会津若松側
に取り残された新津の車両はいなくなっていました。
すでに新津に戻ったようです。只見線が繋がったので
只見線経由だったのかもしれません。

Dsc_2297____mini

 会津若松から磐越西線、磐越東線に乗りいわきへ。
2011年から運休となり2020年に運転再開となった
常磐線いわき~岩沼に乗車。せっかくなので特急で。

Dsc_2362____mini_20220921211901

Dsc_2374____mini

 車内からかつての415系塗装のE531系を目撃。

Dsc_2383____mini

 新しく作ったのか所々高架の区間がありました。

Dsc_2399____mini

 仙台に到着。2010年に仙台を訪れた時、651系
「スーパーひたち」がいて、いつか常磐線経由で
仙台へと思っていたら翌年から運休。今回いわき
からでしたが、その時のことが実現。車両は変わり
ました。

Dsc_2428____mini

 折り返しは「ひたち 品川行き」。首都圏側の
行き先に品川が加わるとは2010年には予想もして
いなかったです。

Dsc_2440____mini_20220921212001

| | | コメント (0)

2022年9月 7日 (水)

只見までの只見線乗車

 新津で。Shu*Kuraを使用した上越妙高行きの
団体列車が停車中。その次の列車は普段は見ない
山都行き。「ばんえつ物語」の客車はずっと新津に
いますが、津川あたりまでや他の線での臨時列車で
走ってほしいです。

Dsc_0843____mini

Dsc_0855____mini

 長岡へ。午前中の只見線での運行を終えて長岡へ
回送されてきたキハ110(右)とこれから只見線
へと向かうキハ110(左)。

Dsc_0879____mini

Dsc_0891____mini_20220907210601

 長岡駅の5番線と3番線に入ります。

Dsc_0900____mini

Dsc_0907____mini

 只見線から回送されてきたキハ110は新津へ回送。
長岡車両センターに入る時もあったと思います。

Dsc_0919____mini

 10月に只見線が全通すると、かつてのように
郡山所属車両で運転されるのかと思われますが
(キハ110は転属?)、そうなると長岡への回送も
なくなるかもしれません。

 11年続いた今の姿の只見線の乗り納め(予定)。
只見付近の車窓から。ダムが2つ見えます。

Dsc_0959____mini

 全通後、定期列車では只見行きはなくなります。

Dsc_0977____mini_20220907210701

 なんとなく急行色っぽい代行バス。磐越西線が
一部不通になっていなければこのバスに乗れば磐越
西線経由で戻れたのですが、今は磐越西線経由では
その日のうちに帰ることができないため見送り
のみに。

Dsc_0984____mini

 只見停車中のキハ110とコスモス。

Dsc_0990____mini

 全通まであと28日。一方で代行バス運転終了の
お知らせ。

Dsc_1000____mini_20220907210701

Dsc_1003____mini

 乗ってきた車両で小出へと戻りました。

Dsc_1007____mini

| | | コメント (0)

2022年8月17日 (水)

富山地鉄乗車と撮影

 富山駅前で。富山地鉄の路面電車と北陸新幹線。

Dsc_0027____mini_20220817212201

 電鉄富山駅の改札から。高架になるようで右側の
ホームが移設され閉鎖されていました。

Dsc_0045____mini_20220817212201

 元京阪のモハ10030形と富山地鉄オリジナルの
モハ14760形。

Dsc_0052____mini_20220817212201

 再び駅前へ。レトロ電車の7022号車。

Dsc_0065____mini

 あいの風とやま鉄道のホームに行ったら413系の
泊行きがいたので乗車することに。

Dsc_0086____mini_20220817212201

 魚津で降りて地鉄の新魚津へ。電鉄富山方面は
行ったばかりで1時間近く待つことになりましたが、
元西武レッドアローを撮ることができました。

Dsc_0112____mini_20220817212201

 TMC100BS。昭和37年製とのこと。

Dsc_0124____mini_20220817212201

 モハ10030形で電鉄富山へ。移設されたホームに
到着しました。

Dsc_0158____mini

 富山駅前で食事中に。

Dsc_0165____mini_20220817212201

 電鉄富山に向かう時に越中荏原付近に撮影できそう
な鉄橋があったので車で行ってみました。
 モハ10030形、モハ14760形、元東急の3タイプを
撮影。

Dsc_0181____mini

Dsc_0195____mini_20220817212201

Dsc_0205____mini_20220817212201

 短い時間でしたが、乗車、撮影どちらもできました。

| | | コメント (0)

2022年7月17日 (日)

新潟から只見線へ

 白新線車内から。

Dsc_6590____mini

 一方、115系が解体されていた場所には旧弥彦色
っぽい残骸が。

Dsc_6594____mini

 新潟駅、旧1番線の一部が見えるように。まもなく
解体かもしれません。

Dsc_6617____mini

 新潟から只見まで直通する「只見夏休み満喫号」。
10月に只見線が全通したら以前のようなぐるり一周号
が運転されるのでしょうか。

Dsc_6654____mini

 「只見夏休み満喫号」に乗車。長岡到着時に前方
にE127系がいるのが見えました。代走が続いている
ようです。

Dsc_6673____mini_20220717230301

 GV-E400系とE127系の並びって意外となかった
かもしれません。

Dsc_6700a____mini

 入広瀬で下車。

Dsc_6723____mini_20220717230301

 大白川で交換の小出行きが20分ほどして到着。

Dsc_6736____mini

 ハロが見えました。

Dsc_6744____mini_20220717230301

 小出で。

Dsc_6756____mini_20220717230401

Dsc_6785____mini_20220717230301

 通路が115系カラーでした。

Dsc_6757_____mini

| | | コメント (0)

2022年7月 1日 (金)

敷島四季島・谷川岳もぐら

 25日朝の白新線車内から。わかりにくいですが、
115系新弥彦色が解体されていました。

Dsc_4541____mini

 旧弥彦色もそれに続く位置に。

Dsc_4543____mini_20220701221901

 上毛高原での撮影後、バスで上牧へ。この日から
暑くなりましたが、谷川岳にはまだ雪がありました。

Dsc_4694____mini_20220701221901

 上牧で谷川岳と一緒に撮った方が風景的には良い
のですが、いちどこれが撮りたかったので敷島へ。

Dsc_4714____mini

 リゾートやまどりの快速「谷川岳もぐら」が通過。

Dsc_4744____mini

 高崎に特急「草津32号」が到着。

Dsc_4774____mini_20220701221901

 翌日も上毛高原で新幹線撮影後、バスで水上へ。
水上から越後湯沢まで「谷川岳もぐら」の指定が
取れたので乗車しました。

Dsc_5118____mini_20220701221901

 土合に30分ほど停車。35℃越えの日でしたが、
長いトンネル内の土合駅下りホームは涼しかったです。

Dsc_5150____mini_20220701221901

 今回は下から見上げるだけに。

Dsc_5176____mini

 停車中の「谷川岳もぐら」。

Dsc_5182____mini_20220701221901

 越後湯沢に到着。

Dsc_5196____mini_20220701222001

 この後、普通列車で長岡へ。長岡車両センターに
EF64-1000と繋がったE127系がいるのが見えました。

Dsc_5229____mini_20220701222001

 どこかに輸送されるところだったのかもしれません
が、この日の夜から新潟で雷雨が続き、E129系14両
が落雷の影響を受けたとのことで、翌々日にE127系
が復帰したことが話題になっていました。
 それがなかったら今頃は違う場所にいたのでは?と
思えるような状況でした。

| | | コメント (0)

2022年6月 6日 (月)

GV-E400 越後線を走行

 4日は新潟駅高架化工事で信越本線、白新線は
バス代行に。越後線は今回は線路付替がないので
列車による運行となりましたが、新潟駅の送電が
停止されたのかE129系ではなくGV-E400系での
運転になりました。

 それを知ったのは前日夜で、越後線には行かない
予定だったのを急遽変更。早朝の越後曽根、吉田
までの列車も列車番号が「D」になっていたので
越後赤塚~越後曽根へ。

 越後曽根行き。

Dsc_2815____mini_20220606212501

 返しの新潟行き。

Dsc_2857____mini

 吉田行き。少しずつ立ち位置を変えました。吉田
行きの返しは回送だったようです。

Dsc_2875____mini_20220606212501

 続いて新潟~白山の鉄橋へ。白山側の方が行き
やすいのですが、逆光になるので新潟側から。
 4両編成も走っていました。タンポポを入れた
つもりですが、少なかったです。

Dsc_2897____mini

 こっちからの方がタンポポは多く写りましたが、
くもり空に。

Dsc_2933____mini

 もう1回、4両編成を。

Dsc_2945____mini_20220606212501

 この場所は空いていたので、注目度はこんなもの
かと思いながら移動。今度は乗るために駅へ向かう
途中、メディアシップからも撮りました。

Dsc_2984____mini_20220606212501

 新潟駅へ。越後線しか表示されていません。

Dsc_2988____mini_20220606212501

 内野行き。表示の設定がないのか車両の行き先は
表示なしでした(駅にも表示なしとの案内あり)。

Dsc_2992____mini_20220606212501

 信越本線、白新線側は「線閉」に。

Dsc_2996____mini

 内野に到着。

Dsc_2999____mini

 2両編成で新潟に向かうと混みそうだし、次が4両
編成なので1本待つことにして発車を撮影。

Dsc_3009____mini

 4両編成が到着。同時に吉田からのE129系が到着
し、内野でE129系とGV-E400系が並びました。
この列車で新潟へ。

Dsc_3034____mini

 今回、2両編成が2本か3本と4両編成が1本運用に
入っていたようです。この先、臨時で越後線を走る
ことがあるのかもしれないですが、今回は初めてと
いうことで注目されたようで、お昼頃には新潟~白山
の鉄橋には多くの人がいるのが車内から見えました。

| | | コメント (0)

2022年6月 2日 (木)

宇都宮駅周辺で

 3年ぶりに宇都宮へ。

 宇都宮駅の東側は宇都宮ライトレール建設中で、
だいぶ風景が変わっていました。

Dsc_2323____mini_20220602204401

Dsc_2324____mini_20220602204401

 電車用の信号機が準備された状態に。

Dsc_2329____mini

 20年以上前に訪れたことがあるEF57の保存車両
が近くにあるはずと思い、行ってみたら今も保存
されていました。

Dsc_2338____mini

 再びライトレール。望遠のせいもありますが、結構
急な坂に見えます。

Dsc_2343____mini_20220602204401

 宇都宮駅前。

Dsc_2346____mini

Dsc_2349____mini_20220602204401

 3月まで走っていた205系がいました。だいぶ
色あせています。

Dsc_2352____mini_20220602204401

Dsc_2357____mini_20220602204401

 宇都宮駅の反対側へ。赤と黒のバスを何回か見ま
したが、新デザインのようです。右の方に後部だけ
写っている青系のラインが入ったバスがいちばん
多いと思いますが、後方の塗装のバスも何台か見か
けました。

Dsc_2364____mini_20220602204401

 帰りの会津若松。18:34発の最終で新津へ。

Dsc_2379____mini_20220602204401

| | | コメント (0)

2022年5月13日 (金)

四日市あすなろう鉄道

 新宮、紀伊長島での撮影後、岐阜に向かう途中、
ナローゲージの鉄道を見に四日市へ。

 四日市あすなろう内部線、八王子線の分岐駅で
ある日永駅で。内部行きが到着。

Dsc_0069____mini_20220513212001

 西日野からの四日市行きと交換。

Dsc_0075____mini

Dsc_0086____mini_20220513212001

 もう1本撮影。内部からの四日市行きが到着。

Dsc_0094____mini_20220513212001

 西日野行き。西日野方面へのホームはカーブして
いて、駅の中で内部方面から離れていきます。

Dsc_0111____mini

 四日市行きが発車。

Dsc_0112____mini

 この後、沿線撮影も考えましたが、ツリカケ音を
聞いていたら乗りたくなったので、四日市に行き車を
置いて西日野まで往復することに。

Dsc_0119____mini_20220513212001

Dsc_0124____mini_20220513212001

 西日野駅で。同じ車両で四日市に戻りました。

Dsc_0131____mini

| | | コメント (0)

2022年5月 6日 (金)

那智の滝、新宮近辺で南紀乗車撮影

 30年ぶりに那智の滝へ。30年前(3月訪問)は
水量が少なかったですが、今回は水量が多く迫力が
ありました。

Dsc_9730____mini

Dsc_9737____mini_20220506225201

 滝の下の方から三重塔の場所まで階段が多く、
かなりきつかったです。30年前はどうだったか。

Dsc_9764____mini_20220506225201

 滝の後、紀伊勝浦駅近くの駐車場に車を置いて、
少しだけ列車に乗車。せっかくなのでキハ85系南紀
で新宮へ。

Dsc_9787____mini

Dsc_9800____mini_20220506225201

 30年前に撮った場所で撮影。ちなみに30年前は
キハ80系でした(乗ってはいないですが)。
 92.3.11という日付が入っていますが、キハ80系
南紀の最終日は92年3月13日。その2日前でした。

Dsc_9816____mini

Img_0591

 同じ日に運行開始前のキハ85系も撮影。南紀の
HC85系置換がいつになるかはまだわかりませんが、
最初の頃と最後の頃の訪問となりました。

Img_0592

 新宮から普通列車で紀伊勝浦へ戻り、車で再び
新宮へ向かい宿泊。

 翌朝、宿の部屋から283系とキハ85系が並んで
いるのが見えたのですが、外から見たら283系の
奥にパンダくろしおがいました。宿を早く出て
ホームから撮りたかったです。

Dsc_9886____mini

 この段階でもホームに行けば間にあったかも
しれないですが、沿線撮影もしたかったので新宮
~三輪崎へ。
 紀伊勝浦から「南紀4号」となるキハ85系の回送。

Dsc_9907____mini

 283系「くろしお16号」。

Dsc_9925____mini_20220506225201

 道路の橋付近から海側に行けたので、砂浜から
「南紀4号」を撮影。

Dsc_9954-2____mini

 参考で見た写真は線路のすぐ近くでの写真でした
が、暑かったし、前日の那智の滝での疲労も残って
いる中での砂浜歩行はきつかったので海も入れた
遠景での撮影にしました。

Dsc_9962____mini_20220506225301

 この後、再び紀伊長島へ。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧