2017年9月28日 (木)

黒磯から豊原往復

 黒磯駅の下り方へ。以前は踏切があったのですが、踏切が
なくなっていました。
 701系が到着。

Dsc_6803_mini


 機関車が並んでいた頃が懐かしいです。寂しくなってしまい
ました。

Dsc_6808_mini


 2万ボルトはまもなく1500Vに。

Dsc_6788_mini


 701系で豊原まで行くことに。次は高久。

Dsc_6813_mini


 豊原で下車。

Dsc_6823_mini


 すぐに黒磯行きが到着。E721系がやってきました。

Dsc_6838_mini


 黒磯に到着。この区間でE721系に乗るのは最初で最後に
なりそうです。

Dsc_6848_mini


 黒磯駅でE721系を撮影し宇都宮方面へ。

Dsc_6849_mini

Dsc_6867_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

「ばんえつ物語」 津川から新潟まで乗車

 今年はまだ「ばんえつ物語」に乗っていなかったはずなので
先日、津川から新潟まで乗車しました。

 会津若松行きの列車で津川へ。津川で「ばんえつ物語」と
交換します。

Dsc_5251_mini


 「ばんえつ物語」が到着。

Dsc_5262_mini


 津川では少し長めに停車し、炭水車の上やSL周辺で点検
作業を行ないます。

Dsc_5280_mini


 長らく「会津若松-新潟」で運転されてきましたが、新潟駅の
高架工事が一部完成するようで、来年の運行から「会津若松
-新津」になり、新津~新潟は今年で撮り納め、乗り納めに。

Dsc_5302_mini


 津川を発車し、しばらくは左に阿賀野川を見ながら走ります。

Dsc_5315_mini


 さつき野~荻川を走行中。日没してしまいましたが夕焼け空
が見えました。

Dsc_5331_mini


 新潟駅が近づき、高架駅に上がっていく線路が横に。「ばん
えつ物語」はこの線路を通ることはありません。新潟~新津を
EF81やDE10で運転してほしいと思うものの、簡単ではないの
かもしれません。

Dsc_5348_mini


 新潟駅に到着。

Dsc_5381_mini


 しばらく停車した後、EF81に牽引されて新津へ。

Dsc_5394_mini


 こちらは翌日、亀田~荻川で撮影。SLがわかりにくい写真
になってしまいました。

Dsc_5418_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

宗谷本線車窓 利尻山夕景

 旭川到着の翌日は稚内まで汽車旅。

 特急「宗谷」で稚内へ。

Dsc_3703_mini


 前回、宗谷本線に乗車したのはこの車両を使用した特急
「スーパー宗谷」がデビューした直後の2000年8月以来。車両
は平成10年(1998年)登場のようです。

Dsc_3675_mini


 稚内駅は当時と駅舎が変わっていました。ガラス越しですが
改札横から最北端の線路を見ることができます。

Dsc_3711a_mini


 稚内からの帰りも特急「宗谷」で。折り返し「宗谷」となる旭川
からの特急「サロベツ」が到着。
 宗谷本線の特急は札幌発着の「宗谷」1往復と旭川発着の
「サロベツ」2往復がありますが、同じ車両を使っており、ヘッド
マークには列車名が入っていません。「スーパー宗谷」の時は
図柄の上に「SUPER SOYA」と描かれていたのですが。

Dsc_3804_mini


 稚内に向かう時は曇っていましたが、帰る時は晴。南稚内と
抜海の間で海に浮かぶ利尻山が見えました。

Dsc_3863_mini


 時刻は18時ちょっと前で、もうすぐ夕景になるはず。

Dsc_3821a_mini


 抜海を過ぎ海沿いから離れた後も、開けたところで利尻山を
眺めることができました。

Dsc_3830_mini


 18時半頃、豊富付近。夕日は利尻山の横に。最初に見た時
より利尻山と夕日が近づいてきたので、利尻山に沈む夕日を
期待してみましたが、そうはうまくいかなかったです。

Dsc_3865_mini


 旭川で下車。網走からの特急「オホーツク4号」が停車中。
「宗谷」の10分ほど前に発車しているはずですが、少し遅れた
ようで、並ばないはずの列車の並びに。この後、「オホーツク」
「宗谷」の順に発車していきました。

Dsc_3869_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

札沼線浦臼~バスで奈井江~旭川

 新千歳空港から札幌へ行き、札幌からは札沼線に乗車。
一部区間が電化してからは初めての乗車かもしれません。
石狩当別までは733系でした。石狩当別からはキハ40単行に。

Dsc_3529_mini


 このキハ40は扇風機付の非冷房車。扇風機付車両自体
久しぶりですが、この扇風機は「JNR」のマーク付。涼しかった
ので扇風機でちょうどよかったです。

Dsc_3551_mini


 札沼線は新十津川が終点ですが、この列車は途中の浦臼
まで。その先、新十津川までは8時間ほど前の9:06にこの日
の終列車(始発とも言う)が出てしまったので行くことができま
せん。

Dsc_3584_mini

Dsc_3572_mini


 浦臼からは滝川行きのバスがあるし、すぐの接続のはず
だったのでさっと撮影して駅前のバス停へ。

Dsc_3592_mini


 17:00のバスに乗る予定でしたが、平日と土日祝日でダイヤ
が異なり土日祝日だと16:00の次が18:50で17:00がありません。
この日はカレンダー上では平日でしたが、下の方に「8月13日
~15日は土日祝ダイヤで運行します」という案内が。すぐの
接続のはずが約2時間待ちに。

Dsc_3589_mini


 2時間後には来るので待つしかないと思いましたが、隣に
あった浦臼町営バスの時刻表を見てみたら17:20に奈井江駅
に向かうバスがあることがわかりました。こちらには「土曜・
日曜・祝日は運休です」という案内があったものの8月13日~
15日は・・・の案内はなかったため、ひとまず待つことに。 

Dsc_3595_mini


 その間に駅前の花と一緒に列車を撮影。

Dsc_3602_mini


 結局、町営バスは運転されていて奈井江駅に向かうことが
できました。

 奈井江を通過する「フラノラベンダーEXP」。

Dsc_3612_mini


 奈井江から滝川まではキハ40の普通列車に乗車。キハが
来るとは思っていなかったです。

Dsc_3618_mini


 滝川から旭川は3時間ぐらい普通列車がない時間帯だった
ので特急に乗車。「カムイ」「ライラック」といった電車特急が
多く走っている区間ですが、来たのはキハ183系の「オホー
ツク」。奈井江から旭川までキハでの移動になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

高山本線の旅

 5日、今度は名古屋へ。富山から高山本線経由で行くことに。

 上越妙高から富山までは開業直後以来となる北陸新幹線に
乗車。上越妙高では停車中の「はくたか559号」を「かがやき
527号」が追い抜いていきました。

Dsc_6565_mini


 富山からは高山本線猪谷行きに乗車。車窓に笹津橋。3月
に来た時にこの橋の上から特急「ひだ」を撮っています。

http://go-3-10-02.cocolog-nifty.com/aanda/2017/03/post-7691.html

Dsc_6577_mini


 猪谷で美濃太田行きに乗換。

Dsc_6584_mini


 富山岐阜県境にかかる橋。やはり3月にこの橋の上から
高山本線の列車を撮影していました。

Dsc_6601_mini


 列車は美濃太田行きですが、途中の高山で降りて名古屋
行きの特急「ひだ18号」に乗換。

Dsc_6631_mini


 先頭車が自由席で、途中駅で最前列が空いたので移動。
前方を眺めることができました。途中駅で特急「ひだ17号」と
すれ違い。

Dsc_6692_mini


 名古屋に到着。

Dsc_6712_mini


 20分ぐらい後に回送されていきました。流しで。

Dsc_6720_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

男鹿線EV-E801系に乗る

 秋田駅停車中の男鹿線キハ40、48。新潟地区では4両編成
が最長ですが、こちらはそれより1両長い5両編成です。

Dsc_3396_mini


 EV-E801系が男鹿から到着。キハ40と並びました。

Dsc_3414_mini


 赤と青の2両編成です。

Dsc_3427_mini


 9日午前にEV-E801系で男鹿まで往復することに。
 EV-E801系は電化している奥羽本線内は架線からの電力
で走行し、非電化の男鹿線内は蓄電池の電力で走行します。
烏山線にもEV-E301系が走っていますが、直流電化区間を
走行するEV-E301系に対し、EV-E801系は交流電化区間を
走行します。モータでの走行なので音は電車と同じです。

 車内に電気の流れを示す表示がありました。こちらは電化
区間を走行中。惰性走行や回生ブレーキ作動中は表示が
変わります。

Dsc_3708_mini


 追分以降は駅停車中になまはげが登場。

Dsc_3713_mini


 こちらは非電化区間での回生ブレーキ作動中の表示。

Dsc_3720_mini


 男鹿駅に到着。男鹿駅には充電用の架線があり、折り返し
時間にパンタを上昇させて充電していました。

Dsc_3746_mini

Dsc_3765_mini


 帰りも同じEV-E801系で。土崎に青森の485系がいるのが
見えました。

Dsc_3770_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

6050系 浅草駅

 6050系乗車の続きです。

 下今市で撮影、食事後、1本後の浅草行き区間快速に乗車。
下今市では会津田島からの列車と東武日光からの列車が
連結されます。

Dsc_2146_mini


 浅草に到着。急カーブの駅なので自分が乗っている列車の
前の方が見えました。

Dsc_2011_mini


 回転中の方向幕を撮影。「たびじ」の他に「林間学校」なんて
いう幕も。

Dsc_2024_mini


 隅田川の鉄橋付近で撮影しました。

Dsc_2044_mini


 スカイツリーと一緒にと思って撮ったものの列車がほとんど
見えない写真に。

Dsc_2049_mini


 次の区間快速の到着をホームから撮影。

Dsc_2069_mini


 10000系との並び。

Dsc_2088_mini


 6050系が回送された後に入線してきた東武宇都宮行きの
特急「しもつけ」。

Dsc_2106_mini


 特急「しもつけ」発車を見送って終わりに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

国鉄最後の日から30年

 30年前の1987年3月31日は国鉄最後の日。

 この10日ほど前、枚数は忘れましたが、限定で3月31日に
国鉄線乗り放題の謝恩フリー切符という切符が売られ、早朝
から並び買うことができました。その切符を持って31日は東北
地方へと鉄道の旅へ。この頃はまだ一人旅は2回目か3回目
という頃。この日向かった東北北部は初訪問です。

 前日の30日夜に地元の駅を出て新津へ。新津から「日本海
1号」で青森へと向かいました。

Img_0300_mini


 485系特急「はつかり」。

Img_0301_mini


 青森駅はこんな感じでした。

Img_0302_mini


 上野からの寝台特急「ゆうづる」が到着。

Img_0304_mini


 「ゆうづる」を受けて函館行きの青函連絡船が出港。

Img__mini


 すでに新幹線が盛岡まで開通していましたが、夜行で青森
まで来て、青森から船で4時間かけて函館へという乗り継ぎも
ありました。30年後、東京から函館まで新幹線で4時間で
行けるようになるとは当時は考えもしていなかったです。

 盛岡で583系特急「はつかり」を撮影。

Img_0305_mini


 特急「たざわ」。

Img_0306_mini


 盛岡から新幹線で福島へ。455系と特急「つばさ」。

Img_0308_mini


 福島からは客車の普通列車で板谷峠を越えて、米沢から
満員の急行「べにばな」で新潟へ。新潟駅も大混雑でした。

Img_0309_mini


 新潟からは急行「きたぐに」に乗りましたが、583系の定期
ではなく、12系か14系を使用した臨時「きたぐに」で深夜に
地元へと戻りました。

 当時はフィルムのコンパクトカメラの時代。デジカメの今なら
大量に写真を撮ったのかと思いますが、12枚フィルム1本しか
撮らなかったようで残っている写真はわずかです。ただ、今は
どれも見ることができないものばかりで、さすがに30年の年月
は長いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

東武6050系 浅草行き区間快速

 2週間程前に戻ります。会津田島駅停車中の浅草行き区間
快速6050系。

Dsc_1863_mini

Dsc_1877_mini


 東武鉄道は4月21日にダイヤ改正が行なわれ、新型車両を
使用した特急が登場。その代わりに長年、浅草と会津田島や
東武日光の間を快速、区間快速で走ってきた6050系は南栗橋
以北での運行となり、浅草には行かなくなります。

 ボックスシートが並ぶ6050系の車内。

Dsc_1873_mini


 途中駅で6050系と交換。車内に方向幕があるのも6050系の
特徴です。

Dsc_1904_mini


 浅草まで乗り通すことも考えましたが、4時間かかるし、食事
もしたかったので、一旦下今市で下車し、駅近くで撮影しました。
 特急「きりふり」。

Dsc_1947_mini


 スペーシア。

Dsc_1951_mini


 普通東武日光幕の6050系。

Dsc_1960_mini


 浅草からの区間快速が到着。下今市で会津田島方面と東武
日光方面の列車が分割されますが、その作業中に方向幕変更、
途中で表示された「たびじ」幕です。こういう幕式の表示も貴重
になってきました。

Dsc_1990_mini

Dsc_1985_mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

485系ラスト走行 白新羽越線1

 4日の改正で定期運行列車としての運転が終了した485系
3000番台ですが、18日、19日と団体列車でラスト走行しました。

 18日は白新羽越線の新潟~酒田で、19日は信越線の新潟
~直江津での運転となりましたが、19日は別の場所に行くこと
にしていたので個人的には18日が最後の撮影ということに。

 まずは酒田行きをいつも撮っている豊栄付近で撮影。

Dsc_1587_mini


 新潟行きを西新発田~佐々木の雪山背景で撮りたいという
気持ちもありましたが、午後は天気が悪くなるという予報だった
し、これまでたくさん撮っているので、雪山背景はやめて
「きらきらうえつ」(この日の列車名は「きらきらひな街道」)で
酒田方面に向かうことに。

Dsc_1596_mini


 485系なのでデッドセクション通過時に室内灯が消えるかと
思い、このアングルで構えていましたが消えず。

Dsc_1610_mini


 桑川では普通列車と交換。ついでに貨物を追い抜きました。

Dsc_1621_mini


 この時点ではまだ天気が良かったです。

Dsc_1629_mini


 酒田に到着。食事後、鶴岡方面に戻るため列車に乗ったら、
停車中の車内から展示会のような並びが見えたので窓を
開けて撮影。

Dsc_1652_mini


 この直後に485系が出区。横を通過していきました。

Dsc_1658_mini

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧