2024年5月31日 (金)

大阪から徳島へ

 ゴールデンウィークに四国に行った日。大阪から
徳島へは鉄路で(距離的にはフェリーやバスが近い
ですが)。

 と言ってもモノレール撮影から始まり、なかなか
大阪から進みません。

Dsc_5617____mini_20240531204801

Dsc_5622____mini

Dsc_5634____mini_20240531204801

 3月に北大阪急行千里中央~箕面萱野が延伸開業
したのでもちろん乗車。2駅区間しかないのですぐ
に乗車終了しました。

Dsc_5653____mini_20240531204801

 ホーム先端から。勾配を登ってくる列車が撮影
できます。

Dsc_5670____mini_20240531204801

 撮影を終えて大阪駅方面へ。隣の箕面船場阪大前
でミャクミャクラッピング編成とすれ違いました。
もう少し箕面萱野で待っていたら上の写真の場所で
撮影できたのですが仕方ないです。
 結局、新大阪で撮影。3本やってきました。隣の
駅が近いです。

Dsc_7056____mini_20240531204901

 大阪からは「スーパーはくと」で姫路へ。姫路
からは普通で相生へと向かいましたが、サロンカー
なにわを牽引したDD51とすれ違い。これも姫路で
待っていれば。

 相生から一駅区間新幹線に乗車。待ち時間に何本
か撮影できました。通過するN700系。

Dsc_5820____mini

Dsc_5769____mini_20240531204801

 500系。

Dsc_5781____mini_20240531204901

 N700Sが500系を追い抜き。

Dsc_5798____mini_20240531204901

 岡山で下車。さっそく273系「やくも」を撮影
できました。

Dsc_5825____mini_20240531204901

 273系「やくも」入線撮影後、すぐに快速「マリン
ライナー」に乗車。高松へ。

Dsc_5854____mini_20240531204901

 高松で食事後、特急「うずしお」で徳島に到着。
4両しかいない2600系乗車できました。

Dsc_5882____mini_20240531204901

| | | コメント (0)

2024年5月16日 (木)

土佐電鉄 鴨部付近

 ゴールデンウィークの四国の続き。高知では土佐
電鉄乗車と撮影をしました。

 土佐電鉄は10年以上前に乗車。その時、家のすぐ
前を電車が通る場所を見て撮ってみたいと思った
ものの、その時は乗車メインで時間がなくて撮影
できなかったです。気がつけばそれから10年以上に。

 その場所は伊野の方だった気がするので、今回
行ってみたら伊野より手前の鴨部のあたりでした。

 鴨部で降りて撮影。

Dsc_6704____mini

 鴨部の近くに交換できる場所があります。

Dsc_6707____mini_20240516211201

 鴨部からはりまや橋方面。

Dsc_6725____mini_20240516211201

 このあたりから狭い路面区間へ。

Dsc_6730____mini_20240516211201

Dsc_6734____mini_20240516211201

 電車がいない時はバスも線路の上を走ります。

Dsc_6747____mini_20240516211201

 鴨部のはりまや橋側に鉄橋があります。鉄道の
橋が道路の橋の間にあります。

Dsc_6778____mini

 上の方の写真の場所を反対側から。

Dsc_6785____mini_20240516211201

 コンビニの前に路面電車。

Dsc_6806____mini_20240516211201

 軌道敷内通行可の道路標識。伊野方面への電車
に乗車する時は電車が来たら緑色のエリアに入って
乗車します。岐阜市内線もこんな感じだったかと。
戸惑っていたら1本行ってしまいました。

Dsc_6845____mini_20240516211201

 こちらは朝倉。ここで折り返す電車もあります。
写真は伊野行き。

Dsc_6858____mini_20240516211201

 ちょうど交換で、伊野からの電車も到着。

Dsc_6863____mini

 朝倉から伊野駅前まで乗車。ちょうど中村行きの
「あしずり3号」が伊野駅を発車していきました。
今回初の2000系です。

Dsc_6867____mini_20240516211201

 この後は土讃線で高知へと戻りました。

| | | コメント (0)

2024年5月 9日 (木)

坪尻、大歩危で

 DMV乗車の翌朝、前日も行った徳島駅近くの
歩道橋へ。
 阿波池田からの「剣山2号」。

Dsc_6251____mini_20240509205001

 前日、駅から側線へと引き上げるキハ40系の3両
編成を見たので、同じ時刻に行ってみたのですが、
鳴門からの列車でやってきました。

Dsc_6265____mini

Dsc_6275____mini_20240509205001

 高松からの「うずしお3号」。「うずしお」では
2700系が最も多いはずですが、前日は見なかった
のでこれが初。

Dsc_6283____mini_20240509205001

 この後は徳島線経由で阿波池田へ。ちょうど到着
した「南風3号」。赤いアンパンマン編成でした。

Dsc_6319____mini_20240509205001

 高知方面に向かう予定でしたが、ここで一旦琴平
へ。そして琴平から普通列車で阿波池田へ。目的は
スイッチバックの坪尻駅。琴平からの列車は一旦
ホーム横の本線を通過します。

Dsc_6356____mini

 引上線に入り、向きを変えてホームへ。

Dsc_6358____mini

 ここで「南風12号」の通過待ち。

Dsc_6378____mini_20240509205101

 本線はすぐにトンネルへ。

Dsc_6375____mini

 ここで降りると次の普通列車まで1時間20分。
駅以外何もないし、トイレもないようなので
乗ってきた列車で阿波池田へ。

 阿波池田で食事後、大歩危へと向かいました。
駅の上の道から「南風18号」を撮影。

Dsc_6442____mini_20240509205101

Dsc_6445____mini_20240509205101

 吉野川と列車。列車はかなり小さいですが。

Dsc_6457____mini_20240509205101

 同じ場所で「南風13号」を撮影。

Dsc_6475____mini

 この次の「南風」で高知へと向かいました。

| | | コメント (0)

2024年5月 8日 (水)

阿佐海岸鉄道DMV乗車

 徳島から牟岐線で阿波海南へ。以前は隣の海部
までが牟岐線、その先は甲浦まで阿佐海岸鉄道で、
ずっと線路が繋がっていましたが、今は阿波海南で
一旦線路が終わっています。

Dsc_6060____mini_20240508212201

 阿波海南~海部も阿佐海岸鉄道になり、2021年
12月からDMVが走るようになりました。マイルール
でJRから移管された路線は乗車することにしている
ので、一駅区間だけ乗りつぶし対象に。今回はDMV
初乗車も兼ねて乗車することに。

 待っている間に海部方面から1台到着。

Dsc_6066____mini_20240508212201

 モードインターチェンジで車輪を格納しバス
モードに。

Dsc_6074____mini

 ここからはバスとなって阿波海南文化村へ。今回
はこちらのバス区間は乗車しませんでした。

Dsc_6078____mini_20240508212201

 牟岐線の列車が徳島方面へ向け発車。

Dsc_6094____mini_20240508212201

 赤いDMVが戻ってきました。こちらは臨時便で
乗車する便ではなかったので外から眺めることに。
モードインターチェンジで車輪が出てきて鉄道
モードに。

Dsc_6113____mini

 運転手さんの確認後、発車。

Dsc_6122____mini

 見慣れない光景です。

Dsc_6124____mini_20240508212201

 次の便に乗車。ゴロゴロと走る感じです。速度
が遅いこともあってか揺れはそれほどでもなかった
です。
 海部到着。かつての車両が保存されています。

Dsc_6152____mini_20240508212201

 前日、大阪で北大阪急行の延伸区間も乗車して
いるので、この時点で2年4ヶ月ぶりに国内の鉄道
路線全線乗車となりました。

 阿佐海岸鉄道は高架を走っており、甲浦も高架
上にホームがあります。高架上のモードインター
チェンジでバスモードになり、急な坂を降ります。

Dsc_6159____mini

Dsc_6161____mini_20240508212201

 そのまま道の駅宍喰温泉へ。食事後、温泉に
入りたかったものの、行った日は清掃で温泉は
お休み。時間が空いたので宍喰駅付近まで歩いて
行ってみました。
 10分ほどで到着。DMVが来る時刻だったので
撮影。やはり見慣れない光景です。

Dsc_6190____mini_20240508212201

 撮影後、道の駅へ。甲浦を経由してくるDMV
より早いです。バスモードを撮影。

Dsc_6209____mini_20240508212201

 このDMVの折り返しに乗車し阿波海南へ。阿波
海南からは牟岐線で徳島へ。DMVラッピングの
1200形がいました。1200形、細長く見えます。

Dsc_6243____mini_20240508212201

 なかなか行くことができない場所ということも
あり、珍しい乗り物に乗ることができました。

| | | コメント (0)

2024年4月23日 (火)

北陸新幹線金沢~敦賀乗車

 13日、3月に開業した北陸新幹線金沢~敦賀に
乗車しました。

 桜の時期と重なり、古津、能生と桜撮影しながら
行ったので、北陸新幹線に乗ったのは午後の糸魚川
から。敦賀まで行く「はくたか」は5往復のみなので、
「かがやき」通過で「つるぎ」も来ない上越妙高、
糸魚川から敦賀への直通は多くないです。この日は
その1本に乗ることができました。

Dsc_3417____mini_20240423212101

 でも「つるぎ」にも乗りたかったので富山で乗り
換えて、金沢~敦賀は福井のみ停車で敦賀へ到着。

Dsc_3510____mini_20240423212101

 入れ替わりに東京行きが発車していきました。

Dsc_3522____mini_20240423212101

 反対側は行き止まり。基地に行く線路が左側へと
分岐しています。この先に繋がるのを見ることが
できるかどうか。

Dsc_3534____mini_20240423212101

 E7系カラーのカート。

Dsc_3538____mini_20240423212101

 敦賀から米原へ。乗車した列車が湖西線の列車
だったので近江塩津で乗換。待っている間に
「サンダーバード」と貨物が通過していきました。

Dsc_3581____mini

Dsc_3586____mini

 帰りは米原始発の敦賀行きの「しらさぎ」に乗車。

Dsc_3595____mini_20240423212101

 長浜も通過で、短くなった北陸本線全線をノン
ストップで走ります。所要時間30分の短い特急
です。

Dsc_3607____mini_20240423212101

 敦賀は新幹線高架下に作られたホームに到着。

Dsc_3613____mini_20240423212101

 すぐに「サンダーバード」が到着しました。

Dsc_3618____mini_20240423212101

 今回は特急から新幹線への乗り換えはしなかった
ですが、思ったほど遠かったり複雑だったりという
感じはしなかったです。

 翌日撮影。「つるぎ 敦賀」はローマ字にすると
1文字違いです。

Dsc_4085____mini_20240423212101

 高崎を通過する「かがやき」。帰りはこれまで
乗ったことがなかった「かがやき」で金沢から長野
へ。その後は高崎を経由して新潟へと戻りました。

Dsc_4103____mini

| | | コメント (0)

2024年3月24日 (日)

SL/EL村上ひな街道号運転

 土日は「SL村上ひな街道号」と「EL村上ひな街道
号」が運転されました。
 土曜は雨予報ということもあり、途中で撮影しな
がら列車で村上に行くことに。

 朝は雨が降っていなかったので新発田駅近くで
撮影。個人的には新発田でよく見るこのガスタンク
に新発田っぽさを感じてしまうので、ほぼ遊び撮り
してしまいました。

Dsc_0739____mini

 新発田で20分ほど停車するためホームで撮影。
発車するところです。

Dsc_0788____mini_20240324212001

 後続の列車で村上へ。時間があったので町屋めぐり
をして、C57を新津まで牽引していくDE10が到着
する頃に駅へ。戻ったら編成が1番線から2番線に
移動しており、C57は下り方に一旦移動。その間に
1番線にDE10が到着し、C57も1番線へと入ってきま
した。

Dsc_0841____mini_20240324212001

 客車で見えなかったので跨線橋から。

Dsc_0855____mini_20240324212001

 DE10+C57が出発。試運転時と異なりC57には
ヘッドマーク付。

Dsc_0885____mini

 続いて「EL村上ひな街道号」を牽引するEF81が
到着し客車と連結。

Dsc_0896____mini_20240324212001

Dsc_0933____mini_20240324212001

 「EL村上ひな街道号」に乗車することにしていま
したが、時間があったので列車で坂町へ。途中の
岩船町でDE10+C57を追い抜くので坂町で撮影。

Dsc_0952____mini

Dsc_0964____mini

 再び村上に戻り、「EL村上ひな街道号」で新津
へと向かいました。
 DE10+C57はなかなかののんびり走行で、新発田
でしばらく停車した後、水原で「EL村上ひな街道号」
に抜かれてしまいます。ということで新津でもう1回、
DE10+C57を撮影できました。

Dsc_1003____mini_20240324212001

Dsc_1013____mini_20240324212001

 ちょっと強引ですが、今回の車両達が全て並んで
います。

Dsc_1068____mini_20240324212001

 この後、C57の牽引でDE10ごと機関庫へ。

Dsc_1035____mini_20240324212001

 機関車の回送もあり、いろいろと撮影できた日
でした。

| | | コメント (0)

2024年3月15日 (金)

北見から丘珠空港へ

 2月の北海道。

 流氷やクリオネを見た後、網走からキハ40で
北見へ。

Dsc_8495____mini

 翌朝、北見に停車中のキハ54。

Dsc_8507____mini

 西留辺蘂始発のキハ40が到着。サボは網走-
西留辺蘂ですが、北見止まりの列車です。

Dsc_8521____mini_20240315210901

 改正でキハ40、キハ54は石北本線、釧網本線から
撤退とのこと。実は北海道から帰ってきてから知り
ました。ということで今回の写真は貴重なものに。

 北見からはキハ283系特急「大雪2号」で旭川へ。
ちょうど旭川始発の石狩沼田行きが入線してきたので
撮影。乗りたかったですが食事や飛行機の時刻のこと
もあり撮るだけに。今回は留萌本線は行きも帰りも
撮るだけでした。

Dsc_8602____mini_20240315210901

 旭川からも特急で札幌へ。札幌近くでDF200の
貨物列車と併走。

Dsc_8608____mini_20240315210901

 札幌で食事後、帰りもトキエアだったので丘珠
空港へ。バスのタイミングと合わず、地下鉄の栄町
から1.3kmほど徒歩で。
 空港到着後、手続きを済ませてからデッキへと
行ってみました。
 HACの特別塗装機が出発、離陸していきました。

Dsc_8634____mini

Dsc_8637_____mini

Dsc_8656____mini_20240315210901

 新潟行きとなるトキエアが到着。

Dsc_8678____mini

 HACがもう1機離陸していきました。

Dsc_8693____mini_20240315210901

 この後、トキエアで新潟へ。

| | | コメント (0)

2024年3月 8日 (金)

深川で留萌本線撮影 ~北見へ

 2週間前の北海道の続きです。

 滝川で根室本線キハ40撮影後、深川へ。
 留萌本線のホーム。石狩沼田~留萌~増毛は廃止
されてしまいましたが、残された深川~石狩沼田も
あと2年ほどで廃止になってしまいます。

Dsc_7800____mini_20240308212001

 石狩沼田行きを見ることができる時刻だったので
撮影。留萌本線のホームではなく旭川方面のホーム
からの発車です。

Dsc_7807____mini

Dsc_7822____mini_20240308212001

 留萌本線のホームからは1日1本しか発車しない
ようです。

Dsc_7825____mini

 そのホームから。

Dsc_7835____mini_20240308212101

 「石狩沼田」表示を入れて。

Dsc_7842____mini_20240308212001

 こちら側からも。

Dsc_7853____mini_20240308212001

 乗ることもできたのですが、あとの日程のことも
あり、乗るのはやめて旭川へ。
 網走行きの「大雪3号」とH100形。

Dsc_7890____mini_20240308212101

 キハ283系とキハ261系。1990年代の富士重工
並びです。

Dsc_7901____mini

 「大雪3号」で北見へ。キハ283系は石北本線の
特急運用になってから初めての乗車です。
 方向が変わる遠軽で。

Dsc_7913____mini_20240308212101

 北見で下車。

Dsc_7935____mini_20240308212101

 「大雪」発車後にキハ40が入線してきたので撮影
しました。

Dsc_7958____mini_20240308212101

 この時の気温はマイナス10度ほど。寒さという
より痛さを感じました。さっと撮って宿へ。

| | | コメント (0)

2024年3月 1日 (金)

滝川で根室本線撮影

 札幌から北見までは列車で。

 まずは普通列車で岩見沢へ。苗穂に国鉄一般色の
キハ40がいるのが見えました。

Dsc_7663____mini_20240301215601

 岩見沢駅のホームの馬と721系。

Dsc_7669____mini_20240301215601

 札幌行きの特急「ライラック」が到着。

Dsc_7679____mini_20240301215601

 続いて滝川へ。キハ40が3両いました。

Dsc_7685____mini_20240301215601

 旭川行きの特急「カムイ」。

Dsc_7692____mini

 3両並んでいたキハ40のうちのかつての宗谷線
急行カラーの1両が動き始めました。

Dsc_7718____mini_20240301215601

 入換をしてホームへ。

Dsc_7753____mini_20240301215601

Dsc_7763____mini

 根室本線の東鹿越行きです。ちょっと無理矢理な
アングルですが。

Dsc_7768____mini_20240301215601

 東鹿越を含む富良野~新得は3月31日までの運行。
東鹿越~新得は2016年の台風で被害を受けてから
バス代行が続いており、そのまま廃止になってしまい
ます。
 今回乗ることはできませんでしたが「東鹿越」の
文字と列車を撮ることができました。
(サボは入っていなかったです)

 2000年にこの区間を走ったキハ40。映画鉄道員
(ぽっぽや)で使用するために改造しキハ12 23と
なっていました。

Img_4062

 キハ12は富良野でしか撮っておらず、今回廃止と
なる区間では撮っていませんでした。その区間の金山
ではキハ40を撮影。貴重な1枚に。

Img_4069

| | | コメント (0)

2024年2月27日 (火)

冬晴れの釧網本線

 トキエアで札幌に向かい、初めての冬の北海道の
旅へ(1月に仕事で来たことはあるものの)、流氷
が見たかったのでオホーツク海側の北見へ。
(札幌~北見のことは後日)

 北見で1泊し、翌朝北見から網走へ。ちなみに
この頃の気温は-16.5℃。人生で最も低い気温です。
 キハ40+キハ150+キハ40の3両編成。もちろん
キハ40に乗車しました。

Dsc_7973____mini

Dsc_7978____mini_20240227205001

 女満別には車掌車が。

Dsc_8033____mini_20240227205001

 網走にいたタラコ色のキハ40。

Dsc_8049____mini_20240227205001

 到着した列車はすぐに入換のため移動しました。

Dsc_8054____mini_20240227205001

Dsc_8058____mini_20240227205001

 網走からは釧網本線の「流氷物語1号」に乗車し
オホーツク海に最も近い駅である北浜へ。流氷に
期待してきたのですが、ありません。浜に取り
残されたのはありましたが。
 「流氷物語」の車内案内放送で数日前から風向き
の影響で網走沿岸からは離れてしまったと説明が
ありました。

Dsc_8094____mini_20240227205001

 30分ほどで次の釧路行きが来るので、ひとまず
「流氷物語1号」はお見送り。

Dsc_8109____mini_20240227205101

 釧路行きが到着。キハ54で側面に何か描かれて
いますが、手前はルパンです。

Dsc_8152____mini

Dsc_8162____mini_20240227205101

 釧路行きに乗車。流氷は残念と思っていましたが、
斜里に近づくに連れ、車内から流氷が見えるように
なりました。斜里から知床半島の方に流れていた
ようです。

 知床斜里駅の近くで「流氷物語2号」を撮影。

Dsc_8230____mini

Dsc_8239____mini_20240227205101

 斜里で流氷を見て食事をした後、「流氷物語4号」
で網走へ。こちらは途中の浜小清水で。20分停車で、
ここでも流氷を見ることができました。

Dsc_8361____mini

 流氷については次回につづきます。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧