2018年7月20日 (金)

仙台空港 霧で着陸できず

 ANAのマイルがたまり、マイルだけで2区間乗ることが
できたので仙台→成田、成田→新潟という接続する2枚の
航空券を持って仙台空港へ。
 
 撮影中から霧が出ていたものの、それほど気にせず
検査場を通過。中に入ると成田行き遅れ情報が(14:45
→15:20出発)。ただ、これは成田行きになる便が遅れて
いるためでした。
 
Dsc_3946____mini
 
 待っている間、目の前にいる飛行機を撮影。こちらは
14:55撮影。成田行きが15:20に出発するためにはすでに
到着していないといけない頃ですが、その気配なし。
 
Dsc_3948____mini
 
 15:04。ピーチが離陸。この頃だったと思いますが、別
の便が仙台空港周辺の霧のために着陸できないという
放送が入りました。当然、成田行きとなる便も降りてきま
せん。
 
Dsc_3954____mini
 
 15:24。霧の中、IBEXが1機降りてきたので少し期待した
ものの、その後、降りてくる飛行機はなかったです。
 
Dsc_3958____mini
 
 15:37。中国国際航空離陸。離陸は可だったようです。
 
Dsc_3963____mini
 
 飛行機を諦め、列車で帰ることを考えないといけないと
思い、時刻を調べ始めた頃、結局欠航が決まりました。
 仙台空港駅16:08発の列車に乗れば福島、米沢、米坂
線経由で帰宅可。それを過ぎると大宮経由となってしまう
ため、16:08には乗りたいところ。早足でカウンターに行き、
成田→新潟のキャンセルとマイル処理について聞き駅へ。
16:08発に間に合いました。
 
Dsc_3965____mini
 
 福島で仙台から乗車の「やまびこ」と「つばさ」が連結。
 
Dsc_3980____mini
 
Dsc_3983____mini
 
 米沢まで「つばさ」に乗るので福島駅では歩かずに済み
ました。福島は仙台空港の霧が嘘のような晴れと暑さ。
 今回、4回目となる板谷峠を越えて米沢へ。米沢からは
新潟行きの快速「べにばな」で戻りました。
 
Dsc_4009____mini
 
 ちなみにマイルは全て戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

常磐線浪江まで往復

 約20年ぶりに常磐線の仙台側の区間に乗車。
 
 2011年の震災以降、不通区間があり、今も富岡~浪江
が不通のままで、今回は浪江まで往復することに。
 
 下りの一部に浪江から仙台までの直通列車があります
が、上りは原ノ町で乗換となっています。
 岩沼から乗ってきたE721系。原ノ町で仙台行きに。
 
Dsc_3640____mini
 
 構内は広く、ホームも長いです。ホキが何両か止まって
いました。かつての「スーパーひたち」の名残でしょうか。
11両の停止目標。
 
Dsc_3647____mini
 
 浪江からの719系が到着。折り返し浪江行きに。
 
Dsc_3655____mini
 
 廃?トンネルらしきトンネルが何ヶ所かありました。
 
Dsc_3660____mini
 
 浪江に到着。
 
Dsc_3667____mini
 
 この列車には富岡駅行き代行バスが接続していました。
 
Dsc_3673____mini
 
 浪江駅ホームからの富岡方面。
 
Dsc_3679____mini
 
 かつて長距離列車が走っていた頃の名残。
 
Dsc_3685____mini
 
 浪江からは行きと同じ719系で原ノ町へ。
 
Dsc_3691____mini
 
 原ノ町から仙台行きに乗車。ちょうど夕日が見える時間
帯でした。
 
Dsc_3699____mini
 
 岩沼に到着。白石方面への列車を待っている間に通った
原ノ町行き。E721系と701系の併結列車でした。
 
Dsc_3716____mini
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

板谷峠

 週末は仙台方面へ。
 
 米坂線に乗車。今泉で山形鉄道と接続。山形鉄道は
ピンク色の車両でした。
 
Dsc_3489____mini
 
Dsc_3492____mini
 
 米沢到着後、駅の近くで「とれいゆつばさ1号」を撮影。
 
Dsc_3515____mini
 
 米沢から「つばさ」で福島へ行った後、再び米沢行きの
普通列車に乗車。この区間の数少ない普通列車です。
 
 庭坂を過ぎると大きなカーブがあり、これから行く線路
を眺めることができます。このタイミングで「つばさ」が
来てくれたらいいのですが、そうはうまくは行きません。
 
Dsc_3568____mini
 
 赤岩からはかつて4駅連続でスイッチバック駅が続いた
区間。今はスイッチバックはなくなり、赤岩駅については
全列車が通過するようになりました。
 
Dsc_3584____mini
 
 スイッチバックしていた頃の板谷駅はこの奥に。今は
保線車両が置かれています。
 
Dsc_3588____mini
 
 峠駅に到着。ここで下車。スイッチバックの頃は左奥に
駅がありました。
 
Dsc_3600____mini
 
 5分ほどで福島行きが到着。
 
Dsc_3610____mini
 
 峠駅のホームでは今も力餅を売っています。
 
Dsc_3612____mini
 
 峠駅滞在は約5分。これを逃すと3時間ほど停車列車が
ありません。1時間ぐらいだとちょうどいいのですが。
 
 再び板谷駅付近。かつてのスイッチバックの側線跡。
 
Dsc_3618____mini
 
 赤岩付近の鉄橋。ここでもすれ違いを期待しましたが
無理でした。
 
Dsc_3624____mini
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

弥彦・信越・新幹線・白新線の旅

 東三条駅の弥彦線ホーム。0番線って各地にあります
が、ここ東三条にもあります。
 
Dsc_2733____mini
 
 E127系で吉田へ。停車中の115系の姿が見えました。
 
Dsc_2739____mini
 
 この115系、越後線の6両編成でペアは湘南色でしたが、
ホーム長さの関係で湘南色側は撮影できず、E127系との
並びだけ撮影。
 
Dsc_2744____mini
 
 旧タイプのモータカー。
 
Dsc_2748____mini
 
 吉田では115系を撮っただけですぐに折り返し、東三条
へ。戻ったところで新潟行きの115系快速を撮影。
 
Dsc_2761____mini
 
 緑の田んぼに青い空と白い雲。夏らしい風景です。
 
Dsc_2768____mini
 
 長岡まで行き新幹線に乗車。とある地元アイドルの曲名
でもある「Maxとき315号」。
 
Dsc_2801____mini
 
 新幹線からも夏らしい風景が。
 
Dsc_2818____mini
 
 新潟到着直前に車内から見えるレインボータワー。
まもなく解体されます。
 
Dsc_2832____mini
 
 新潟駅11番線に到着した「Maxとき315号」。新幹線の
車内で初めて「両側の扉が開きます」という放送を聞きま
した。乗換ホーム側に下車。
 
Dsc_2839____mini
 
 乗換改札の向こう側5番線には秋田行きの「いなほ5号」
が停車中。ようやく乗換改札を利用することができました。
 
Dsc_2840____mini
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

会津若松からばんえつ物語乗車

 会津若松で。
 
 フルーティアふくしま2号がつながった郡山行き。
 
Dsc_2174____mini
 
 かつての食堂車にはなかった「クシ」という形式。
 
Dsc_2170____mini
 
 数少ない719系の列車です。
 
Dsc_2178____mini
 
 会津鉄道の列車には「戊辰150周年」のヘッドマークが
付いていました。
 
Dsc_2192____mini
 
 只見ユネスコエコパークラッピングのキハ40。
 
Dsc_2203____mini
 
 会津鉄道とC57-180。
 
Dsc_2220____mini
 
 会津若松から「ばんえつ物語」に乗車しました。停車
時間が長い野沢のホームで売られていたおまんじゅう。
 
Dsc_2239____mini
 
 津川でも長めの停車。
 
Dsc_2242____mini
 
 ホーム上のオコジロウの家の中の七夕かざり。
 
Dsc_2251____mini
 
 今回は咲花で下車し、出発を見送りました。
 
Dsc_2261____mini
 
 この後、西会津に置いてきた車を取りに再び野沢へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

えちぜん鉄道から福井鉄道直通

 えちぜん鉄道と福井鉄道の接続駅である田原町へ。
以前は別々の駅でしたが、現在は一部列車が直通運転
をしています。
 直通列車は低床式の車両を使用。福井鉄道F1000形。
 
Dsc_1420____mini
 
 えちぜん鉄道のMC6101形三国港行き。
 
Dsc_1432____mini
 
 福井鉄道からえちぜん鉄道に直通するF1000形。編成
ごとに色が異なります。
 
Dsc_1463____mini
 
 えちぜん鉄道キーボ。
 
Dsc_1472____mini
 
 福井鉄道へ直通。
 
Dsc_1488____mini
 
 直通運転の列車に乗るために隣の福大前西福井へ。
一般的な鉄道車両と低床式車両の両方が通るので、
高さが異なるホームがつながっています。低床式ホーム
を通過するえちぜん鉄道MC6101形。
 
Dsc_1500____mini
 
 F1000形が高いホームを通過。
 
Dsc_1515____mini
 
 田原町の直通は短絡線といったものではないので
特別な感じもせずに通り過ぎ福井城址大名町まで乗車。
ここは今年の3月まで市役所前でした。福井城址大名町
を出たところでF1000形同士がすれ違い。
 
Dsc_1552____mini
 
 田原町からの越前武生行きは一旦福井駅まで行った
後、福井城址大名町まで戻り方向を変えて越前武生へと
向かっていきます。
 
Dsc_1524____mini
 
 かつては福井駅前の道路の途中の「福井駅前」まで
でしたが、福井駅前を廃止し100mほど延伸、「福井駅」が
新設されました。ここは延伸区間なので乗車することに。
足羽山公園口まで歩き、2駅区間ほど乗りました。素直に
福井駅まで歩いた方が近かったのですが。
 
Dsc_1543____mini
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

えちぜん鉄道 福井駅付近

 JR福井駅とえちぜん鉄道福井駅です。右が24日から
使用開始されるえちぜん鉄道の駅舎で、現在は間の高架
橋上にえちぜん鉄道の駅があります。
 
Dsc_1301____mini
 
Dsc_1307____mini
 
 JR福井駅は2005年に高架になっていますが、地上に
あったえちぜん鉄道の福井駅も高架にするために、先に
完成していた北陸新幹線の福井駅高架橋を一時的に
えちぜん鉄道が使用しています。えちぜん鉄道の高架が
完成し24日に移転するようです。
 
 今回、将来新幹線が走る場所を別路線ではあるものの
先に乗車できるということで切替1週間前ですが行って
みました。
 2011年6月にも福井に行っていますが、えちぜん鉄道は
まだ地上にあり、新幹線の高架橋は未成線のような存在
でした。
http://go-3-10-02.cocolog-nifty.com/aanda/2011/06/post-96bf.html
 
 さらに前の2005年3月。まだJRも地上の頃の福井駅。
奥にえちぜん鉄道が写っています。「日本海」などの夜行
列車も健在の時代。
 
P1010559____mini
 
 ホームから撮影。高架の右側の線路が新しいえちぜん
鉄道の線路です。
 
Dsc_1331____mini
 
Dsc_1345____mini
 
Dsc_1355____mini
 
Dsc_1369____mini
 
 後方を眺めながら列車に乗車。福井発。
 
Dsc_1376____mini
 
 新福井。
 
Dsc_1384____mini
 
 新幹線高架橋から地上へ。アプローチ線がどこか簡素。
左は新しいえちぜん鉄道の高架橋です。
 
Dsc_1389____mini
 
 地上の福井口駅。ここも24日から高架になるようです。
 
Dsc_1391____mini
 
 この後は田原町へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

可部線あき亀山経由で広島へ

 岩国錦帯橋空港から岩国駅へ。黄色一色の115系。
 
Dsc_6902____mini
 
 横川で可部線に乗換。227系。全列車227系かと思って
いたら115系も走っていました。
 
Dsc_6920____mini
 
 可部線は20年ぐらい前に三段峡まで乗車後に可部~
三段峡が廃止されましたが、その後、可部からあき亀山
が延伸されました。廃止された区間の一部が復活すると
いうのはあまりなく、こういった延伸区間は乗りつぶしの
対象だろうか?と思いつつ、なかなか乗りに行く機会が
ありませんでした。ひとまず乗っておこうということで
今回ようやく乗車。
 終点のあき亀山。
 
Dsc_6934____mini
 
 側線のモータカー(銘板はTMC300S-W 平成11年製)。
 
Dsc_6940____mini
 
 反対側から撮影。
 
Dsc_6946____mini
 
 周辺にこれといったものもなかったので乗ってきた列車
で折り返し広島へ。広島で黄色一色ではない115系を
撮影。
 
Dsc_6970____mini
 
 タラコ色キハ。
 
Dsc_6980____mini
 
 広島駅前で路面電車を撮影しました。
 
Dsc_6987____mini
 
Dsc_7023____mini
 
Dsc_7026____mini
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

115系代走?

 新井行き快速と越後線柏崎行き。新潟駅での一瞬の
並び。高架化後ははたして?
 
Dsc_3353____mini
 
 上は21日で、こちらは24日。同じく新井行き快速。入線
時、E129系と併走で入ってきました。
 
Dsc_3712____mini
 
 柏崎行きとの並び。晴れると2列車の先頭部の明るさに
差ができて撮りにくくなります。
 
Dsc_3730____mini
 
 新井行きに乗車し、新津へ。
 
Dsc_3739____mini
 
 新津で「SL村上ひな街道号」を撮っていたら115系が
やってきました。この時間帯、115系はないはずと思い、
行き先を見てみたら新発田行きでした。通常はE129系
ですが、この日は115系が代走したようです。
 
Dsc_3770____mini
 
Dsc_3788____mini
 
 せっかくなので乗車。新発田からは白新線新潟行きに。
 
Dsc_3795____mini
 
Dsc_3798____mini
 
 新潟~新津~新発田~新津を115系のみで移動しました。
 
Dsc_3811____mini
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

30年前 青函連絡船と特急かがやき

 今日3月13日は30年前の1988年に青函トンネルが開通
し、同時に青函連絡船の最終日となった日。13日だけは
どちらも運行(運航)されました。
 
 高校生だったこともあり最終日は行けなかったですが、
4日前の3月9日に青函連絡船に乗りに行きました。初の
北海道で当時としては大旅行。
 
 8日に日本海側を北上し、夜に青森駅に到着。青函
連絡船の夜行便で函館に向かう予定でしたが、すでに
青森駅の連絡船待合室には大勢の人が。指定券はなく
乗船時刻まで並んで待つのみ。
 臨時便が出て2便となったこともあり、無事に定期便の
カーペットスペースで横になることができました。乗った
のは十和田丸。
 
Img_2_mini
 
 この時、横にいた男性と話がはずみ、当時は住所交換
は珍しくなかったので、しばらく手紙や年賀状のやりとりを
していましたが、今はもう途絶えています。
 
 夜行便の函館到着は4時頃。函館駅には接続する「北斗
1号」と「北斗3号」が並んでいました。1986年11月改正まで
は1本が小樽経由の「北海」でしたが、この時はどちらも
「北斗」に。
 偶然ですが、3タイプの先頭を撮ることができました。
 
Img_0344_mini
 
Img_0345_mini
 
Img_0346_mini
 
 キハ183系の「北斗」も今週で終わりですね。
 
 函館駅はこんな感じでした。
 
Img_0347_mini
 
 1泊2日の強行日程で、10時ぐらいには函館を出発。
初北海道滞在は約6時間。帰りは摩周丸でした。ちなみに
当時、青森~函館は約4時間。30年後、同じ約4時間で
東京~函館が移動できるようになるとは想像もしていな
かったです。
 
Img_6_mini
 
Img_7_mini
 
 ここまでは3月9日のことで、改正当日の13日はというと、
この日から運転開始した特急「かがやき」の1番列車を
撮っていました。
 
Img_0353_mini
 
Img_0355_mini
 
Img_0352_mini
 
 長岡駅での上越新幹線と北陸方面の接続が強化され、
長岡始発終着の速達特急「かがやき」が設定されました。
この後「かがやき」は増発、「北越」も一部が長岡始発終着
になり、多客期には臨時特急が運転され、長岡駅に特急
が並ぶのも珍しくない時代に。1997年にほくほく線が開業
し、越後湯沢接続の「はくたか」にバトンタッチするまで
長岡駅が輝いていた時代でした。
 2015年に北陸新幹線が開業し、「かがやき」「はくたか」
はともに新幹線の列車になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧